ASKAの事件簿へコメントされる方、引用される方へのお願い

 ASKAの事件簿を読んで頂いてありがとうございます。
始めは自分の考えを整理する為に始めたブログだったので、これほど多くの方に読んでいただけるようになるとは考えていませんでした。

 多くの方からコメントを頂くようになったのですが、このブログの趣旨を誤解された方も時折おられるようなので、コメントされる場合の注意事項を記載しておこうと思います。

ASKAの事件簿は誰かを傷つける事を望んでいません。その事を前提に以下の点についてお願いいたします。

1)逮捕以前に個人を特定できるような内容で犯人像を書く事はやめてください。
2)誰かを誹謗、中傷する書き込みはやめてください。
3)誰かに危害を加える事をうかがせる書き込みはやめてください。
4)被害者、遺族に関するコメントはその人達に対する配慮をお願いします。
(報道された情報は仕方がありませんが、報道されていない状態で憶測により、被害者や遺族が傷つくような事がない事を希望します。できれば犯人に対する誹謗、中傷も控えて欲しいと思います。)

この4つに該当する場合は無条件で削除、あるいは一部を編集訂正する事があります。

5)当サイトの画像、文章、URLについて、NAVERまとめ、及びhttp://sharetube.jp(シェアチューブ)に転載、引用、リンクすることを禁止します。

6)Aな人はB と言った因果関係的な表現をする場合は注意をお願いします。

まーぷるさんのコメントを引用
***ここから***
でも大事なコトを忘れていました。偏見が何故いけないかというと、やはり人が傷ついたり嫌な思いをするからですね。"Aな人はBである"に該当する人が嫌な思いをするだけでなく、傷つく人がいるコトに気付いた人も嫌な思いをする。
***ここまで***

詳しくは
コメントに対するASKAの考え方
こちらの2018年6月4日のまめさんのコメント、それに続く、ASKA、まーぷるさんのコメントを参照願います。

それから、ブレインストーミングのルールと同じでコメントの内容を否定するコメントはやめましょう。見当違いなコメントもあるかもしれませんが、否定してしまうと、次のアイディアが出てこなくなってしまう事もあるので、「その場合はこんな疑問もありますね」といった程度が良いかと思います。

 ASKAの事件簿は基本的に毎日起こっている事件の記録をする事を目的にしていますが、時々、事件の推理もしています。
ただ、実際の事件の推理で「誰が犯人か?」を推理する事は基本的に不可能だと考えています。
ASKAの事件簿で推理するのは「誰が犯人か?」ではなく「なぜ、犯人はそう行動したのか?」犯人の行動の理由です。

詳しくは私の推理方法推理の見えない落とし穴爆弾はもう一つあるかもしれない。を参照願います。
それから、特にレイプ事件についてのコメントについてはレイプ事件を考える時の注意点を参照願います。

18/06/05追記
6)の因果関係的表現についての注意項目を追加

17/07/07追記
http://sharetube.jp(シェアチューブ)への転載、引用、リンク禁止の項目を追加

16/12/12追記
NAVERまとめへの転載、引用、リンク禁止の項目を追加

16/08/16追記
コメントする時のハンドル名(HN)は基本的に自由ですが、以下のHNおよび類似のHNは禁止とします。
NOBU」、「nobu」、「のぶ
理由は「おわび」を参照願います。2010年の事で、この事を知らない人も多くなりましたので、追記いたします。

08/11/09追記
コメントに対するASKAの考え方も参照願います。
それと、このブログを犯人も読んでいる可能性がありますので、犯人に対して逃走や証拠隠滅を促すようなコメントも自粛してください。

08/11/21追記
ASKAの事件簿運営委員会も参照願います。
ASKAの事件簿へのご意見、問題点のご指摘はこちらへお願いします。

08/12/14追記
ASKAの事件簿管理ポリシーも参照願います。
コメントに対する管理方針です。コメントする場合はこちらも一読願います。

08/12/28追記
現在ドコモの携帯電話からの書込みの一部に対して書込み規制を実施しております。
この為、ドコモの携帯電話から書込みが出来ない事があります

10/01/05一部追記
犯人の行動の参考ページとして「爆弾はもう一つあるかもしれない」を追記

10/09/23一部追記
レイプ事件へのコメントの注意点として「レイプ事件を考えると時の注意点」を追記

10/10/21一部修正追記
誰かに危害を加える事をうかがせる書き込みについての注意を追記しました。

16/03/31 一部追記
4)被害者、遺族に関する・・・の項目を追記

16/08/16 一部追記
禁止HNについて追記しました。

| | コメント (20)

2020/07/08

東京都大田区蒲田3歳女児餓死事件その2(続報)

1)長女は発見時、新品のおむつをつけていたが、尻がただれており、捜査1課は容疑者が帰宅後、長女の世話をしていたように偽装した可能性があるとみているとのこと。
 
別の報道では
長女のおむつは新しく、室内には空のペットボトルやパンの袋もあった。だが、捜査で119番の約1時間前に帰宅したとみられることが判明した。同課は容疑者が通報までの間に、交際相手と鹿児島県で食事をするなどして遊んでいたことを隠蔽しようとおむつを替えるなどした可能性があるとみているとのこと。
 
別の報道では
救急隊が到着する前、容疑者が長女の体を洗って新しいオムツにはき替えさせていたことが新たに分かりました。部屋からは使用済みのオムツが見つかっているとのこと。
 
2)外出先から6月13日に帰宅し、午後3時55分ごろ「子どもが呼吸をしていない」と119番した。救急隊が駆けつけると、長女は物が散乱した室内のマットレスの上に心肺停止の状態で倒れていたとのこと。
 
3)容疑者は長女を出産した後、長女の父親に当たる男性と結婚し、間もなく離婚した。2017年7月から母子で現場マンションで暮らしていた。長女は保育園に1年以上前から通っておらず、容疑者が居酒屋での仕事に行っている間は自宅に1人でいたとみられるとのこと。
 
別の報道では
長女は一時保育園に通っていたが、昨年通園をやめていた。警察や自治体、児童相談所に虐待に関する情報は寄せられていなかったとのこと。
 
捜査関係者などによると、容疑者は約3年前に長女の父親と離婚し、保育園に通わせながら働いていた。
 
4)容疑者は6月5日~13日、自宅に長女を放置し餓死させたとして逮捕された。13日までの8日間、知人男性と一緒に鹿児島県で過ごしていた。
 
5)捜査関係者によると、容疑者は5月にも長女を自宅に置き去りにしたまま、3日間外出していた。この際も知人に会いに行ったとみられているとのこと。(今回と同じ男性)
 
6)容疑者が長女を「放置しても大丈夫だと思った」と供述しているとのこと。警視庁はこれまでにも容疑者が長女を3日ほど放置して外出したのを確認していて、詳しい経緯を調べているとのこと。
 
7)司法解剖の結果、長女は死後数日が経過していた。体にあざなどの目立った外傷はなかったが、極度の脱水状態で、胃の中は空っぽだった。体重も3歳児としては軽く、普段から食事を十分に与えられていなかった可能性もあるとのこと。
 
別の報道では
長女の体重は、同じ年ごろの子どもよりも3kgほど少なく、警視庁が育児放棄の経緯を調べているとのこと。
 
8)容疑者の友人が「(容疑者は)娘を数日間放置して外出したり、深夜遅くに帰宅したりしていた」と証言しているとのこと。
 
別の報道では
容疑者は居酒屋で働きながら一人で長女を育てていた。出勤時は長女を自宅に残していたが、仕事後にパチンコに行くなどして帰宅が遅くなることもあったとのこと。
 
9)容疑者の携帯電話からこの鹿児島の知人男性とやりとりしたメッセージが削除されていたとのこと。(無料通信アプリLINEのこと)
 
容疑者は逮捕前に話を聞かれた際、長女について「数日前から具合が悪かった」などと説明しており、警視庁は容疑者が長女と一緒にいたように装ったとみて調べているとのこと。
 
時系列
2017年
時期不明 長女の父親と離婚
07月   現場マンションに母子で暮らし始める
2020年
06月05日 長女を残して鹿児島へ旅行(知人男性と過ごす)
06月13日
14:55頃 帰宅(推定)
その後、遺体を洗い、新しいおむつに替える。
その後、LINEの会話を削除(推定)
15:55頃 119番通報
その後、搬送先の病院で長女の死亡を確認
その後、容疑者が入院
07月07日 容疑者が退院、その後、逮捕
 
こんなところですね。
シングルマザーで子供を保育園に預けて仕事をしていたんですね。
仕事は居酒屋なんですよね。これだけ見ると、仕事は夜で23時ぐらいまで仕事をしていたのかな?と思わなくも無いのですが・・・
8日間、鹿児島にいたのだから、当然その間、仕事は休んでいたんですよね。
 
まーコロナの影響で緊急事態宣言が発令(4月10日)された東京では、5月25日に緊急事態宣言が解除されましたが、その後も、飲食店の営業時間は制限の要請がありましたよね。
 
※営業時間の短縮については、これまで夜8時以降から朝5時までの間に営業している店舗に対して、朝5時から夜8時までの間の営業を要請し、酒類の提供は夜7時までとすることを要請。(宅配・テークアウトを除く。)
 
まー、仕事の居酒屋もコロナ影響で暇だったと言う事で、休みがとりやすかったのかもしれませんね。
緊急事態宣言も解除されて、他県への移動の制限も無くなったので、鹿児島に行くのも、ダメってわけじゃないけど、行くなら、一緒に長女も連れて行けば問題無かったはずなんですけど・・・鹿児島の知人男性には、子供がいると言う事は話してないのかな?
 
将来的に結婚するなら、子供も同居するわけだから、この知人男性が子供を受け入れられる人間かどうかを判断する良い機会だと思うのですが・・・そんなふうには考えなかったんでしょうね。
 
警察や児童相談所への相談はこれまで無かったようです。
まーご近所さんが、「小さな子供が一人で家にいる」なんて通報でもしなければ、児童相談所の目にも止まらないかもしれませんね。
もし、通報があれば、児童相談所の注意対象になっていたかもしれません。
 

| | コメント (0)

2020/07/07

東京都大田区蒲田3歳女児餓死事件

長女(3)を自宅に放置し餓死させたとして、警視庁捜査1課は7月7日、保護責任者遺棄致死容疑で母親の女性容疑者(24)を逮捕する事件が起きている。
 
「間違いありません」と容疑を認めているとのこと。
 
逮捕容疑は6月13日までの約1週間、東京都大田区蒲田の自宅マンションに長女(3)を放置し餓死させた疑いとのこと。
 
逮捕されたのは東京都大田区蒲田1丁目の飲食店店員女性容疑者(24)。
 
別の報道では
容疑者は長女を自宅に残したまま、約8日間、鹿児島県に旅行しており、警視庁は育児放棄(ネグレクト)だったとみているとのこと。
 
捜査1課によると、容疑者は6月上旬、2人暮らしの長女(3)を自宅に放置して衰弱させ、容体が悪化しても医師の診断を受けさせず、十分な食事も与えないまま死亡させた疑いがある。
 
捜査関係者によると、同13日午後4時すぎ、「子どもが呼吸をしていない」と自ら119番通報。長女(3)は搬送先の病院で死亡が確認された。司法解剖の結果、胃の中はほぼ空っぽだった。極端にやせた状態ではなく、目立った外傷はなかったとのこと。
 
任意の聴取に対し、容疑者は当初、「長女は体調を崩して食事をとれなくなった」と説明していたとのこと。
 
別の報道では
容疑者は当時、警視庁の任意聴取に対して「数日前から体調が悪く、食欲もないため様子を見ていたら、息をしていなかった」と話していたとのこと。
 
その後の捜査で、長女(3)を自宅に1人置き去りにし、男性宅で過ごしていたことがわかったとのこと。
事件後に入院したため、警視庁は7日の退院を待って逮捕したとのこと。
 
母子に関する虐待の通報や相談は確認されていないとのこと。
 
母子が暮らしていたマンション周辺で姿を見かけられるようになったのは2年ほど前。同じマンションに住む70代男性は「女の子は今年に入ってから一度も見ていない」と話したとのこと。
 
別の報道では
捜査関係者によると、容疑者は長女と2人暮らしだった。司法解剖の結果、脱水症状などを発症していたことが分かったとのこと。
容疑者は外出先から6月13日に帰宅し、午後3時55分ごろ「子どもが呼吸をしていない」と119番した。長女(3)は搬送先の病院で死亡が確認されたとのこと。
 
時系列
06月05日? 長女を残して鹿児島へ旅行(推定)
06月13日 帰宅
15:55頃 119番通報
その後、搬送先の病院で長女の死亡を確認
その後、容疑者が入院
07月07日 容疑者が退院、その後、逮捕
 
こんな事件ですね。
逮捕当日の情報なので、分からない事も多いのですが・・・
普通に考えると、3歳児を8日も放置すれば、命の危険がある事は当然、容疑者も理解していたと思うんですよね。
 
この事件を聞いて、2010年の大阪の姉弟の放置死事件を思い出しました。
3歳の姉と2歳の弟が夏の大阪のマンションの一室に置き去りにされて、照明はおろか、エアコンも無く、食べ物も無いまま死亡した事件です。母親が戻ったのは50日後でした。
もう、涙なくしては語れない、日本の児童虐待史に残る事件です。(今でも思い出すと涙が止まりません)
この大阪の事件で容疑者は「ご飯をあげたり、風呂に入れたりするのが嫌になった。ご飯も水も与えず、子供たちだけで生きてはいけないことはわかっていた。『助けてやらなければ』という気にはならなかった。(置き去りにしてから)1週間後には死んでいるかもしれないと思った」と話していました。
 
他には「ホストクラブで遊ぶのが楽しくて育児が面倒になった。もっと遊びたくて家を出た」とも話してました。
「家に帰ってあげなかったことを後悔している。2人は私のことを恨んでいると思う」とも話していました。
 
この事件は懲役30年でしたね。
 
あの事件からもう10年が過ぎました。今回の事件の容疑者が24歳ですから、大阪の事件当時、14歳頃ですね。
当時報道されていたニュースやワイドショーを見て、この14歳の少女はどう感じていたのだろう?
 
人生はちゃんと生きないと、取り返しのつかない事ってあるんですよね。
まずは動機が知りたいです。
 
最近の続発する児童虐待事件で児童相談所などの対応が注目されていますが、この事件では児童相談所はこの母子についてどのように対応していたのだろうか?
新型コロナの影響などがあったのだろうか?
 
続報を待ちましょう。
 
最後に亡くなった女児のご冥福をお祈りします。
次に生まれてくる時は普通の家庭に生まれて欲しいです。

参考リンク
東京都大田区蒲田3歳女児餓死事件その2(続報)

| | コメント (0)

2020/07/06

埼玉県和光市特殊詐欺男性殺人事件

5月10日午前、埼玉県和光市の駐車場を管理している50代男性から「無断で駐車している」との通報があり、駆け付けた警察官が同日午後2時40分ごろ、車内で遺体を発見する事件が起きている。
 
車は盗難届が出ており、東京都内の会社で使用されていたものだった。遺体(31)は関係者から捜索願が出ていたとのこと。
 
被害者は住居職業ともに不詳の男性(31)
 
駐車場に止めてあった車から遺体が発見された現場は、東武東上線和光市駅から南東に1キロほど離れた閑静な住宅街。
 
近くのマンションに住む男性会社員男性(67)によると、遺棄されていた白い軽自動車は、4月上旬ごろから駐車場に止めてあったとのこと。「車に会社の名前が書かれていたから、気に止めなかったが、まさか中に死体があるなんて思わなかった」と話していたとのこと。
 
捜査本部によると、遺体は車の後部で発見され、上半身に刃物で刺されたとみられる複数の傷があったとのこと。
 
捜査関係者によると、遺体は布のような物で覆われており、テープが巻かれていた。傷は腹や胸などにあったとのこと。
遺体は腐敗が進んでおり、死後数日が経過しているとみられる。(5月10日報道)
 
捜査本部は5月12日、司法解剖の結果、死因は失血死だったと発表した。被害者が刃物で殺害され、車内に放置されたとみて調べるとのこと。
 
捜査関係者によると、傷は腹や胸など上半身に集中。一部は臓器に達するほど深く、これらが致命傷になった可能性がある。遺体は布のような物に包まれ、テープが貼られていた。傷みが激しく、死後数週間以上が経過しているとみられる。
 
車は4月中旬に東京都板橋区内の会社から盗まれた軽ワゴン車で、盗難届が出ていた。(5月13日報道)
 
捜査本部によると、車内からは血痕が見つかっており、一見して争ったような形跡はなかったとのこと。車は駐車場の契約車両ではなく、「1週間ぐらい前から止まっていた」という通報があったものの、それ以前から現場に置かれていた可能性もあるとのこと。
 
県警朝霞署捜査本部は5月18日、被害者が2019年2月ごろ、出身地の大分県から埼玉方面に来て生活していたとみられることを明らかにした。県警は被害者が何らかのトラブルに巻き込まれた可能性もあるとみて、その後の足取りや生活実態を調べるとのこと。(5月19日報道)
 
捜査関係者によると、東やは知人から4月中旬に捜索願が出ていた。
 
被害者とは今年4月14日以降、連絡が取れなくなっていた。
 
県警は6月13日、東やの遺体を遺棄したとして、死体遺棄の疑いで、いずれも無職で、東京都内に住む少年(19)と川越市の男(23)を再逮捕したとのこと。(6月13日報道)
 
別の報道では
川越市清水町、無職の男(23)、東京都台東区の無職少年(19)を再逮捕した。
 
再逮捕容疑は4月14日早朝、和光市白子2丁目の月決め駐車場に、被害者の遺体を積んだ軽貨物自動車を放置した疑い。県警は共犯事件として認否を明らかにしていないとのこと。
 
県警は6月3日、この事件に関連し、少年と男のほかに複数人の男を詐欺や詐欺未遂容疑で逮捕していた。その後の調べで、少年と男が被害者の死体遺棄に関与した疑いが浮上したとのこと。
別の報道では
現場周辺の防犯カメラの精査や遺棄された車の鑑識活動などから、男らが被害者の死体遺棄に関与した疑いが浮上したとのこと。
 
車内からは血の付いた包丁も発見されているとのこと。
 
さいたま地検は7月3日、死体遺棄と窃盗の罪で、川越市清水町、無職の男(23)をさいたま地裁に起訴した。地検は認否を明らかにしていないとのこと。(7月4日報道)
 
起訴状などによると、男は共謀の上、4月14日、東京都板橋区内の会社敷地内で自動車1台(時価約50万円相当)を窃取。同区内のマンションで被害者の遺体を布団でくるんでガムテープと電気コードで縛り、盗んだ車に乗せて和光市内の駐車場まで運び放置したとされるとのこと。
 
男は4月8~9日、千葉市内の高齢者方に親族を装って電話をかけ、現金100万円をだまし取ったとして、詐欺の罪でも起訴されているとのこと。6月12日付。
 
県警朝霞署捜査本部は7月5日、東京都台東区の無職の少年(19)=死体遺棄容疑で逮捕=を殺人容疑で再逮捕した。(7月5日報道)
 
逮捕容疑は4月13~14日、東京都板橋区上板橋3のマンション一室で、被害者の上半身を刃物で複数回刺して殺害したとされる。「今は何も言いたくありません」と話しているとのこと。
 
県警は6月3日、被害者の関係先として浮上していた板橋区内のマンションなど都内の複数箇所を一斉に家宅捜索。少年と川越市の無職の23歳男ら7人を詐欺や詐欺未遂容疑で逮捕した。
 
いずれも特殊詐欺グループのかけ子などとみられ、電話で親族を装うなどして複数の高齢者から現金をだまし取ろうとした疑いがあるとのこと。
 
その後も新たに2人の関与が分かり、これまでに10~30代の男計9人を逮捕。多くがうその電話をかける「かけ子」とみられるとのこと。
 
県警は6月13日、被害者の遺体を乗せた軽貨物自動車を和光市白子2丁目の駐車場に放置したとして、死体遺棄容疑で、少年と23歳男を再逮捕。その後の調べで、被害者の殺害について少年の関与が浮上した。23歳男は殺害には関わっていないとみられ、今月3日、死体遺棄罪などで起訴されたとのこと。
 
捜査関係者によると、遺体が遺棄された車内には血の付いた包丁が残されており、鑑定の結果、被害者と少年の血だったことが判明。被害者の背中や首に複数の傷があり、腕には抵抗した際にできる防御創があったとのこと。
 
東京都板橋区内のマンション一室などを拠点に活動。室内からは被害者の血痕が見つかった。県警は仲間同士で何らかのトラブルがあり、この場所で殺害された後、車で和光市内の駐車場に遺棄されたとみて調べるとのこと。
 
時系列
2019年
*02月頃 被害者が大分県から埼玉方面に引っ越して生活を始める。
2020年
*04月
上旬ごろから駐車場に問題の車は駐車されていたとの情報あり。
8日から9日、23歳容疑者が千葉市内で100万円をだまし取る。
14日早朝 遺体を軽自動車に乗せて、駐車場に放置。
この日以降、被害者と連絡が取れなくなる
*05月
10日 無断駐車の通報で駆け付けた警官が遺体を発見。
12日 司法解剖の結果、死因は失血死と判明。
*06月
03日 複数の関係者をサギや詐欺未遂の容疑で逮捕
13日 遺体遺棄の容疑で19歳少年と、23歳男性を逮捕
*07月
03日 23歳男性を窃盗と遺体遺棄の容疑で起訴
05日 19歳少年を殺人容疑で再逮捕
 
こんなところですね。
5月10日の遺体発見と同時に身元が判明しているようですね。ただ、何の情報を元に身元が判明したのか?の情報がありません。
身分証明書があって、そこから判明したのなら、その情報が出そうなんですが、それも無いので・・・あれかな?と思いますが、書きません。
 
遺体は有料駐車場に放置してますから、遺体が発見されるのは時間の問題です。
実際に無断駐車で通報された事を切っ掛けに遺体が発見されてますね。
 
なので、発見される事は想定の範囲内と言う事だと思うのですが・・・
だとしたら、普通に考えれば逃走を考えるところなんですけど・・・6月3日の一斉逮捕まで逃亡の意図はなさそうです。
 
これは、特殊詐欺を行う為に逃げられなかったのかもしれませんね。
つまり、この少年達は警察に逮捕されるより、逃亡して組織に追われる事の方を恐れていたと言う事かもしれません。
このあたりの事情や殺人に至る経緯などは、これから出てくるかもしれませんが・・・同じ理由で組織については話さないかもしれませんね。
もっとも、末端の受け子や掛け子が組織の重大な情報を知らされているか?と言うのも疑問ですが・・・
 
まーいずれにせよ、ただの振り込め詐欺容疑が、一転して殺人容疑ですからね。
人生はちゃんと生きないと、どこで道を踏み外すのか分かりませんね。
 
続報を待ちましょう。

 

| | コメント (0)

2020/07/03

京都アニメーション放火殺人事件(7月29日報道)

1)捜査関係者によると、京都府内の防犯カメラを確認したところ、容疑者が15日に京都に来ていたことが判明。新幹線を利用したとみられるとのこと。
 
2)京都府警は26日午前、殺人や現住建造物等放火などの容疑で逮捕状が出ている容疑者(41)のさいたま市にある自宅アパートの捜索をした。
自室から、京アニが制作に関わったとみられるDVDのほか、スマートフォンが押収されていたとのこと。
 
アパートからスマートフォンやタブレット端末も押収した。
 
3)2012年、コンビニ強盗。
この事件で懲役3年6か月の実刑判決を受けた容疑者は、服役後、さいたま市にある保護施設で暮らした。保護施設では、働き口の有無を問わず半年で退所を余儀なくされる。容疑者は施設を出ると近所のアパートで暮らすようになる。収入源は生活保護とのこと。
 
4)容疑者が持参したとみられる包丁は事件直後、第1スタジオ付近で発見された。5本は黒っぽいかばんの中、1本はかばんの外にあり、いずれも包装されていなかったとのこと。府警は、容疑者が建物に放火した後、外に避難してきた従業員にも危害を加えるため、すぐに使えるよう準備していた可能性もあるとみて捜査しているとのこと。
 
5)埼玉県庁で3年間一緒に働いた当時の上司:「とても真面目な良い青年で、トラブルとか全然なかったですし、職員同士でも仲良く働いていましたし、好青年という感じだったですね。トラブルを起こすような人間に育っていくというのは思えなかったですね」と話したとのこと。
 
6)コンビニ強盗後に収監された栃木県の刑務所で一緒だっと言う刑務所仲間によると、容疑者は収監中にも「小説を書いている」と話していたとのこと。また、収監中に自殺未遂も起こしたと話していたとのこと。
 
7)容疑者とみられる男が京都入り当日の15日、宇治市木幡大瀬戸の同社本社近くの路上を手ぶらで行き来している様子が防犯カメラに写っていた。
防犯カメラは、京都アニメーション本社から約100メートル北の道路沿いに設置されている。容疑者とみられる赤いTシャツ姿の男はリュックサックを背負い、15日午後2時20分ごろ、本社があるJR木幡駅方面に向かって歩いた後、同市木幡内畑の第2スタジオがある京阪宇治線木幡駅方面に引き返す姿が撮影されていたとのこと。
 
8)京アニの公式サイトでは昨年秋、同社の問い合わせフォームに特定の社員3人への殺害予告や脅迫が200回ほど書き込まれていた。書き込み内容などから同一人物とみられ、同社から相談を受けた府警が捜査してきたが、通信元の特定を困難にする匿名化ソフト「Tor(トーア)」が使われており、書き込み主の特定には至っていないとのこと。
 
9)警察は、全身にやけどを負い入院していた男性1人が新たに死亡したと発表しました。警察によりますと、亡くなった男性は20代の社員とみられ、建物の1階にいたとのこと。これで、この事件による死者は35人。また、重軽傷者の数は33人で、そのうち10人が現在も入院しているとのこと。
 
10)容疑者が15日に京都入りしてから事件が起きる18日までの間、京都府宇治市を舞台にした同社製作の人気アニメ「響け!ユーフォニアム」の「聖地」とされる複数のスポットを歩いて移動していたとのこと。
 
16日は午後2時~2時10分ごろの間に(A)宇治橋西詰(B)宇治橋西詰交差点(C)ファミリーレストラン前(D)JR宇治駅前バス停(E)JR宇治駅(F)宇治橋通り商店街の西端-の6カ所の「聖地」を手ぶらで通過していたことが判明した。17日午後1時ごろには、ガソリン携行缶を載せた台車を押し、京阪宇治線黄檗駅近くの(G)新茶屋踏切を通過したとみられるとのこと。
 
容疑者は京都入り後、スマートフォンや地図を持たずに行動していたとみられており、アニメ作品などを通じ、周辺の地理情報を得ていた可能性もあるとのこと。
 
11)定時制高校時代の同級生によると、容疑者は「中学時代はほとんど学校にいっていなかった」と話していたとのこと。
高校時代は他の生徒と同じようにしっかりと通学していたとのこと。
 
12)捜査関係者によると、容疑者はこの15日、事件が起きた第1スタジオ周辺にも立ち寄ったとみられている。よく似た男が東に約400メートル離れたJR六地蔵駅で午後3時半ごろ、京都駅方面行きの電車に乗っていたことを府警は防犯カメラの映像などで確認したとのこと。
 
第1スタジオ近くの京阪六地蔵駅も「響け!ユーフォニアム」の「聖地」の一つとのこと。
 
13)15日と16日は京都市内のホテルに宿泊し、事件前日の17日は現場近くの公園で野宿したとみられるとのこと。
 
14)容疑者(41)が、犯行前に金融機関の口座から現金を下ろしていたとのこと。銀行口座から10万円近くの現金を引き出していたとのこと。
 
捜査関係者によると、容疑者の宿泊先や立ち寄り先を捜査したところ、いずれの代金も現金払いだったという。事件までの消費額と身柄確保時の所持金を合算した金額は、銀行口座から引き出した額とおおむね一致するとのこと。
 
15)捜査関係者によると、容疑者が特定の社員を狙った形跡がないとのこと。
 
16)事件2日前と3日前、京都市内のホテルにいずれも本名で宿泊していたとのこと。
15日チェックインの際、宿泊者名簿には本名を記入し、住所と連絡先には、かつて住んでいた住所と、これまでに使っていた携帯電話の番号を記したとのこと。
 
翌16日には京都駅前のインターネットカフェを利用した後、再び宇治市へ向かった。ネットカフェでは自分の運転免許証を示し、トラブルなく出て行った。この日も再び京都市に戻って宿泊。氏名、住所、連絡先は1泊目と同じ内容を記し、トラブルを起こすことはなかったとのこと。
 
時系列
1986年頃? 父親が2番目の奥さん(実母)と離婚、父親が子供3人を引き取り、埼玉引っ越す。(時期は推定)
1993年頃? 中学2年の時に引っ越し(時期は推定)
1995年04月 埼玉県立高校の定時制に入学
      非常勤職員として埼玉県文書課に勤務(3年間)
1998年03月 定時制高校を卒業
2006年春  下着泥棒の疑いで警察に任意同行?
2009年   郵便局に勤務
2010年頃  常総市鴻野山の雇用促進住宅に入居
2012年04月06月にかけて、近隣と騒音トラブル
2012年06月 城県内でコンビニ強盗、懲役3年6月
2016年07月頃 保護観察施設を退寮、さいたま市のアパートに入居
2018年08月  大音量での近隣トラブルで通報
秋      京アニの公式サイトに殺害予告等の複数回の書き込み
2019年
03月   大音量での近隣トラブルで通報
07月
14日   容疑者が隣人とトラブルで通報
15日   新幹線で京都に移動
14:20頃 容疑者とみられる男の目撃情報(スタジオ西側コンビニ)
15:30頃 JR六地蔵駅で京都駅方面行きの電車にのる
その後、京都市内のホテルに宿泊
16日
10:30頃 JR京都駅前のネットカフェに3時間滞在
12:35頃 ネットカフェを出る
14:00頃 宇治市内の防カメに男とみられる映像
午後   現場付近を男とよく似た人物が往復
 その後、京都市内のホテルに宿泊
17日
11:15頃 現場4kmの宇治市内の防犯カメラに男と見れらる映像(午前中に携行缶等をホームセンターで購入した)
13:00頃 500m離れた公園で容疑者とみられる目撃情報
14:00頃 京アニ本社付近の防カメに男が台車を押す姿が写る
15:00頃 現場のすぐ側で容疑者とみられる人物の目撃情報
16:00頃 500m離れた公園で台車に乗った携行缶と容疑者とみられる目撃情報
その後、公園で野宿したと思われる。
18日
08:00頃 500m離れた公園で容疑者の目撃情報
09:00頃 玄関のシャッターを開け玄関を解放していた。
10:00頃 現場から150mのGSでガソリンを携行缶で販売
10:30頃 事件発生
10:35頃 通報
19日
06:20  鎮火
20日   逮捕状を取る
26日   容疑者の自宅を捜索
 
注1)16日朝  容疑者が自宅から自転車外出する目撃情報は誤報と思われる為、削除
 
こんなところですね。
事件前に10万円ほどのお金を口座から引き出しているようです。
そのお金で、ホテルに宿泊したり、もろもろを購入しています。
 
で、気になるのが17日が公園で野宿なんですよね。事件直前に現場近くのGSでガソリンを40リットル購入してます。
多分、ガソリン代でも5000円ぐらい必要なはずです。
 
逆算すると、18日の朝、容疑者は現金約1万円を持っていたと言う事になりますね。
ホテルに宿泊すると、ガソリンを購入する代金が不足すると考えて、節約の為の野宿だったのだろうと思うのですが・・・
 
残った約5000円程のお金はこの後、何に使う予定だったのだろうか?
 
例えば、ネットカフェに宿泊なら高くても3000円程度で宿泊する事ができる。
犯行後に自首や自殺と言った事を考えているなら、もうお金は必要ない。
なので、残りの残金でネットカフェに宿泊、そして食事などにお金が使えたはずなんですが・・・
 
そうせずに、敢えて野宿で捻出したこの数千円のお金は何に使うつもりだったのかな?
 
それから、容疑者本人によると中学時代はほとんど学校には通ってなかったようですね。
離婚する前後ですから、家庭的に登校は無理だったのかもしれません。
中学卒業と同時に定時制高校に入学してますから、勉強したいと言う意欲は強かったんでしょうね。
この時期に働いていた埼玉市役所でも、特に問題は無かったようです。
 
なので、2012年のコンビニ強盗の前ぐらいから、生活が変わってしまったのかもしれませんね。
容疑者の人間を変える出来事は何だったのか?気になりますね。
 
続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

2020/07/02

京都アニメーション放火殺人事件(7月25日報道)

1)JR京都駅前のインターネットカフェに滞在していた。
 
同店の運営会社によると、容疑者は16日午前10時半ごろ入店。会員登録のため身分証として運転免許証を提示し、3時間パックの利用料を前金で支払った。パソコンのあるフラット席を使用し、ドリンクバーなどを利用して約2時間後に退店したとのこと。
 
店内の防犯カメラには、赤いTシャツを着た容疑者の姿が映っていた。眼鏡を掛け、リュックサック以外に所持品はなく、特に不審な点もなかったとのこと。京都府警から20日夕に照会があり、同容疑者の利用が分かったとのこと。
 
別の報道では
ネットカフェの運営会社によると、青葉容疑者と似た男は16日午前10時半から午後0時35分ごろまで滞在。
 
2)17日午前11時15分ごろと20分ごろには、赤いTシャツに青いジーンズ姿の容疑者に似た男が宇治市のホームセンター付近の道を歩く姿が、別々の防犯カメラの映像に写されていた。
 
いずれも台車を押しており、同20分ごろの映像では、ガソリンの携行缶とみられる箱2個が載った様子が確認できる。同日午後2時半頃には、ホームセンターから約5キロ離れた京アニ本社近くで同じように台車を押した容疑者に似た男の姿が防犯カメラの映像に残されていたとのこと。
 
3)亡くなった34人全員の司法解剖が終了したとのこと。すでに判明した人も含め、焼死が26人、一酸化炭素中毒死が4人、窒息死が2人、全身火傷が1人、不詳が1人。不詳の1人についても、放火事件で亡くなっていることに間違いはないとのこと。
 
4)捜査関係者によると、現場からはこれまでライターやバケツ、包丁6本、ハンマー1本などが見つかった。青葉容疑者は身柄を確保された際、免許証と財布を所持していたが、スマホや携帯電話は持っていなかったとのこと。
同容疑者とみられる男が事件前に現場近くでスマホを操作していたとの目撃情報もあり、京都府警が慎重に調べているとのこと。
 
5)府警によると、青葉容疑者が17日午前、京都府宇治市内のホームセンターで、ガソリン携行缶や台車、バケツなどを購入したことが明らかになっているとのこと。
 
6)当時、建物内には約70人がいた。犠牲者34人のほか、34人が負傷。なお多数の人が入院し、治療を受けているとのこと。
 
7)捜査関係者によると、容疑者は「死ね」と叫びながら、バケツを使い、ガソリンをまいたという。重度のやけどで搬送された従業員らのうち、ガソリンを浴びた状態の人が数人いたとのこと。
 
8)容疑者が確保された際の容疑者の所持金は4000~5000円だったとのこと。
 
9)社員34人が死亡、その半数以上が20代から30代だったとのこと。
 
10)捜査関係者によると、容疑者の財布を押収し、運転免許証から本人の特定につなげたが、カード類などは持っていなかったとのこと。
 
11)捜査関係者によると、容疑者は17日午前、京都府宇治市内でガソリンの携行缶を購入。別にバケツを2個買っていたことも新たにわかったとのこと。
 
容疑者がガソリンをバケツ2個に入れ、現場1階で計10リットル前後をまいた可能性が高いとのこと。
 
12)容疑者は事件前日の17日、京都府宇治市のホームセンターで台車やガソリンを入れる携行缶などを購入。その後、徒歩で台車を押しながら、第1スタジオのある京都市伏見区に向かった。
 
途中で京アニの本社や第5スタジオにも立ち寄ったとみられ、1日で少なくとも数キロ、最大で10キロを徒歩で移動した可能性が高い。17日夜は現場から約500メートルの公園で野宿し、18日午前に事件を起こした。第1スタジオには、ホームセンターで台車などを購入する前にも立ち寄っていたという。
 
服装はずっと変わらず、赤いTシャツにジーンズ姿だったとのこと。
 
13)容疑者とみられる赤い半袖シャツの男が16日午後2時ごろ、宇治市宇治妙楽付近の歩道を京阪宇治駅からJR宇治駅方面に徒歩で移動する様子が防カメに写っていたとのこと。
 
14)容疑者は、引っ越しを繰り返しながらさいたま市内の公立小中学校を卒業した。中学時代は授業を休みがちで目立たない存在だったといい、卒業アルバムのクラスの集合写真にも姿はないとのこと。当時の近隣住民は「父、兄、妹と4人暮らしだった。父がタクシー運転手として働きながら、3人の子どもを育てていた」と話したとのこと。
 
15)容疑者(41)が事件発生3日前の15日に京都府内で目撃されていたことも判明した。府警は、15日には京都入りしていたとみて足取りを捜査しているとのこと。
 
16)警察によりますと、25日までに34人全員の身元を特定したということで、近く公表するとのこと。
 
17)容疑者の親類によると容疑者は茨城県常総市で、3人きょうだいの次男として生まれた。
父親は奥さんとの間に6人もの子供がいて生活は大変だった。本業の農家だけじゃ食べていけないから、幼稚園のバスの運転手も始めた。そしたら幼稚園の保育士さんと不倫をして家を出ていった。その後、残された妻子の元に不動産業者がやってきて立ち退きを求めた。父親が家と土地を勝手に売っていた。
奥さんと6人の子供は路頭に迷うことになったが、本人は知らぬ顔で再婚したとのこと。
 
その2番目の奥さんとの間に生まれたのが容疑者。ほかに兄と妹。たぶん6人の異母きょうだいとは会ったことはないと思う。再婚生活は10年もたなかったんじゃないかな。奥さんが愛想を尽かして出ていったようで、父親が3人の子を連れて埼玉に引っ越した。普通は母親が子供を連れていくことが多いのに、そうせずに出ていったんだから、よっぽど嫌だったんでしょう。容疑者が小学校低学年の頃だったと思います」とのこと。
 
中学2年時に一家は引っ越しをする。
 
一家を知る近隣住民によると「父親は、ほぼ働かずにいわゆる“ヒモ”をしていた。何番目か知りませんが、奥さんらしき女性もいましたが、彼がフィリピン人女性と不倫したとかで、刃傷沙汰になったという話もあったとのこと。結果的に家賃を滞納し追い出されたようです。
 
そんな親だから、子供たちのことはほったらかしでしたね。勉強はしていなかったみたいだし、今で言うネグレクトですよ」とのこと。
 
18)京都府警は25日、殺人容疑などで逮捕状を取っている容疑者(41)について、さいたま市見沼区大和田町在住と発表したとのこと。
 
時系列
1986年頃? 父親が2番目の奥さん(実母)と離婚、父親が子供3人を引き取り、埼玉引っ越す。(時期は推定)
1993年頃? 中学2年の時に引っ越し(時期は推定)
1995年04月 埼玉県立高校の定時制に入学
      非常勤職員として埼玉県文書課に勤務(3年間)
1998年03月 定時制高校を卒業
2006年春  下着泥棒の疑いで警察に任意同行?
2009年   郵便局に勤務
2010年頃  常総市鴻野山の雇用促進住宅に入居
2012年04月06月にかけて、近隣と騒音トラブル
2012年06月 城県内でコンビニ強盗、懲役3年6月
2016年07月頃 保護観察施設を退寮、さいたま市のアパートに入居
2018年08月  大音量での近隣トラブルで通報
2019年
03月   大音量での近隣トラブルで通報
07月
14日   容疑者が隣人とトラブルで通報
15日頃  容疑者とみられる男の目撃情報(スタジオ西側コンビニ)
16日朝  容疑者が自宅から自転車外出する目撃情報
10:30頃 JR京都駅前のネットカフェに3時間滞在
12:35頃 ネットカフェを出る
14:00頃 宇治市内の防カメに男とみられる映像
午後   現場付近を男とよく似た人物が往復
 
17日
11:15頃 現場4kmの宇治市内の防犯カメラに男と見れらる映像(午前中に携行缶等をホームセンターで購入した)
13:00頃 500m離れた公園で容疑者とみられる目撃情報
14:00頃 京アニ本社付近の防カメに男が台車を押す姿が写る
15:00頃 現場のすぐ側で容疑者とみられる人物の目撃情報
16:00頃 500m離れた公園で台車に乗った携行缶と容疑者とみられる目撃情報
18日
08:00頃 500m離れた公園で容疑者の目撃情報
09:00頃 玄関のシャッターを開け玄関を解放していた。
10:00頃 現場から150mのGSでガソリンを携行缶で販売
10:30頃 事件発生
10:35頃 通報
19日
06:20  鎮火
20日   逮捕状を取る
 
こんなところですね。
容疑者の幼少期の情報が出てきました。
容疑者の父親は相当ひどい人だったようですね。
父親は育児にも関心が無かったようですが、本人はそれでも、自力で定時制高校に進学してますから、自分の人生を自力で進もうと努力したんでしょうね。
 
しかし、努力の甲斐もなく、職を転々をしてしまう結果になり、心が折れてしまったのかもしれませんね。
その後は、コンビニ強盗事件なども起こしてますし・・・それで、完全に心が折れてしまっていたが・・・アニメが好きで小説を書いていたのかな?このあたりから、事件に進む経緯は今のところ不明ですね。
 
詳しい事は本人の供述を待つしかないかもしれません。
 
まー当日の所持金が数千円で、ホテルや旅館も使わずに野宿して、着替えも持参していない。
所持金はほぼ、事件の為の凶器の購入と準備に使うつもりだったんでしょうね。
 
なので、人生の最後に多数を道連れにした拡大自殺を考えたと言うところなんでしょうが・・・
(事件後に逃走しているので、自殺の意図があったのか?は何とも言えないですね)
 
この事件を防ぐと言う点で考えると、動機につながる部分も重要ですが、その結論に至る時の容疑者の生活がどうだったのか?と言うのも重要かもしれません。
今ある情報だと、生活費をどうやって捻出しているのか?が良く分かりませんね。
生活保護なのか?それとも、親族からの援助などがあったのか?
 
もし、容疑者が普通の家庭に育っていたら?この事件は起きなかったのだろうか?
 

| | コメント (0)

京都アニメーション放火殺人事件(7月23日報道)

1)捜査関係者によると、ネットカフェを利用していたのは犯行の数日前。容疑者は、このネットカフェを一時利用し、宿泊はしていないとみられ、トラブルは確認されていないとのこと。
 
別の報道では
容疑者は事件の数日前にJR京都駅近くのインターネットカフェを利用していたとのこと。
 
2)容疑者と同じ埼玉県内の中学校に一時期通っていた息子のいる夫婦の証言:(容疑者は)地元の小学校を卒業後、地元の公立中学校へ行きました。そこからどこかへ転校されているようです。
 
3)捜査関係者や同社の社長によると、数年前からたびたび同社ホームページに殺害予告が匿名で書き込まれていた。社員を名指しするなど悪質なものは府警宇治署に被害届を提出し、スタジオに複数の防犯カメラを設置していたとのこと。
京アニに長年勤務する男性社員によると、殺害予告が書き込まれると社内で会議を開いて情報を共有。名指しされた社員はタクシーで帰宅したり、複数の社員がまとまって帰ったりしていたとのこと。
 
4)火災前日の17日午前11時すぎ、現場から約4km離れた京都府宇治市内の防犯カメラに、路上でバケツや携行缶を2つずつ台車に載せて北西の方向に向かって歩く容疑者とみられる男の姿が確認できます。別の防犯カメラの映像によりますと、その約3時間後には、現場の1km手前の京都アニメーションの本社近くまで移動したとみられるとのこと。
 
5)警察によりますと現場の建物の玄関付近には包丁5本が入った手提げかばんのほか別の包丁1本とハンマーや台車が残されていました。近くの路上にはガソリンが残った携行缶2つも見つかっているとのこと。
 
6)ガソリンを入れた携行缶は、現場から死角となる約30メートル南の路地で見つかっているが、容疑者が、この場所で携行缶に入ったガソリンのうち約10リットルをバケツに移した可能性があるとのこと。
 
7)事件が起きた2日前(7月16日)、赤いシャツにジーンズ姿の男が京都府宇治市内の路上を歩く様子が防犯カメラに映っていたとのこと。
 
時系列
1995年04月 埼玉県立高校の定時制に入学
      非常勤職員として埼玉県文書課に勤務(3年間)
1998年03月 定時制高校を卒業
2006年春  下着泥棒の疑いで警察に任意同行?
2009年   郵便局に勤務
2010年頃  常総市鴻野山の雇用促進住宅に入居
2012年04月06月にかけて、近隣と騒音トラブル
2012年06月 城県内でコンビニ強盗、懲役3年6月
2016年07月頃 保護観察施設を退寮、さいたま市のアパートに入居
2018年08月  大音量での近隣トラブルで通報
2019年
03月   大音量での近隣トラブルで通報
07月
14日   容疑者が隣人とトラブルで通報
15日頃  容疑者とみられる男の目撃情報(スタジオ西側コンビニ)
16日朝  容疑者が自宅から自転車外出する目撃情報
     現場付近を男とよく似た人物が往復
     宇治市内の防カメに男とみられる映像
17日
11:15頃 現場4kmの宇治市内の防犯カメラに男と見れらる映像
13:00頃 500m離れた公園で容疑者とみられる目撃情報
14:00頃 京アニ本社付近の防カメに男が台車を押す姿が写る
15:00頃 現場のすぐ側で容疑者とみられる人物の目撃情報
16:00頃 500m離れた公園で台車に乗った携行缶と容疑者とみられる目撃情報
18日
08:00頃 500m離れた公園で容疑者の目撃情報
09:00頃 玄関のシャッターを開け玄関を解放していた。
10:00頃 現場から150mのGSでガソリンを携行缶で販売
10:30頃 事件発生
10:35頃 通報
19日
06:20  鎮火
20日   逮捕状を取る
 
こんなところですね。
高校入学以後の情報は出ていたのですが、それ以前の情報はありませんでした。
今回、小中学時代の話が少しだけ出てきましたね。
中学時代に転校しているのは、引っ越しなのかな?
 
続報を待ちましょう。
 

| | コメント (0)

2020/07/01

静岡県沼津市女子大生殺害事件その2(情報流出)

1)捜査関係者によりますと、男子大学生は容疑を認めていて、女子大学生に一方的に好意を寄せていたという趣旨の供述をしているとのこと。
 
2)2人は、ともに三島市にある日本大学国際関係学部に通っていました。今年に入ってからも一部の科目で同じオンライン授業を受けていたとのこと。
 
3)捜査関係者によると、容疑者は何らかの方法で女子大学生の無料通信アプリの連絡先を入手し、複数回にわたり一方的に連絡していたとみられるとのこと。容疑者はその後、女子大学生とアプリで連絡が取れなくなったことを逆恨みし、犯行に及んだ可能性もあるとのこと。
 
4)県警は30日、女子大学生が今年1月に沼津署に寄せた相談について、見知らぬ人から複数回電話があり、自身の携帯電話番号が県東部の店舗内や会員制交流サイト(SNS)に書き込まれている-などの内容だったと明らかにした。その際、女子大学生は書き込んだ人物についての心当たりはないと説明し、署員から電話番号の変更など防犯指導を受けたとのこと。
 
別の報道では
捜査関係者によりますと、女子大学生は今年1月、「SNSで自分の名前が拡散されている」という内容とともに、去年から複数回、無言電話や不審な電話がかかってくることも警察に相談していました。女子大学生が、どこで番号を知ったか尋ねたところ、電話の相手は「県東部の店の中に、あなたの名前と携帯番号が落書きされている。『私に電話をください』と書かれていたので、電話をかけた」と答えたということ。
 
時系列
01月   女性が警察に相談
その後、被害者が男につきまとわれていたとの情報あり。
06月27日
13:00頃 女性がアルバイトを終えアルバイト先を出る。
13:05から10分に容疑者の目撃情報
13:20頃 事件発生、通報、殺人未遂で現行犯逮捕
15:20頃 搬送先で被害者の死亡が確認された。(推定)
06月29日 殺人容疑で送検
 
こんなところですね。
今のところ、この氏名、電話番号の流出が容疑者の仕業かどうかは分からないです。
 
ただ、この手の情報流出と言うのは、普通に「嫌がらせ」なんですよね。
女性に好意を持っている人物による犯行なら、女性を困らせているだけなんです。
ただ、この状況で女性を窮地から救うと言う演出をする事で、女性の気を引くと言うのも古典的な手法ではあります。
 
しかし、名前や電話番号の流出の場合、一度流出した情報を無かった事にする事はできないわけで、この古典的な手法を使う事はできないんですよね。
 
そう考えると、やはりだたの「嫌がらせ」でしかないと思います。
 
問題はこの1月と言う時期です。
容疑者がアプリによる通話を受信拒否された時期が1月より前なら、腹を立てての報復と言う可能性もあるのですが・・・
1月より後だと、容疑者には動機が無い事になる。
 
まーとは言え、交際を断られたからと言って、それで殺人をするほどの動機になるのか?と言うのはかなりの疑問ですね。
過去の事例ではこんな事件がありました。
 
19歳の女性を殺害した動機は男が告白した事を周囲に言いふらされたと思い込んでの逆恨みだったんですよね。
なので、通信アプリで一方的に連絡してくる容疑者に対する嫌悪感を周囲に話していたりすれば、尾ひれが付いた噂を聞いた容疑者が、それを逆恨みしての犯行と言うのはあるかもしれませんね。今の段階では推測です。
 
とにかく続報を待ちましょう。

| | コメント (1)

2020/06/30

福井県東尋坊少年集団暴行殺人事件その2(少年2名の判決)

***論告求刑(6月16日)***
1)殺害された事件。起訴された7人のうち少年2人に対し、検察側は16日、懲役15年以下と12年以下の不定期刑を求刑した。
 
「残酷極まりない犯行で犯行の経緯に酌むべき事情はなく、反省も不十分」として、少年1人に懲役10年以上15年以下、もう一人に懲役7年以上12年以下を求刑したとのこと。
 
2)起訴状によりますと、どちらも彦根市に住むアルバイトと無職の19歳の少年2人は、去年10月他の5人と共謀して、被害男性20歳を暴行。さらに、自殺に見せかけようと企て、男性を車のトランクに閉じ込めた状態で福井県の東尋坊に連れていき、「はよ落ちろや」などと命令して、崖から飛び降りさせ殺害したとされています。
 
3)検察側は、「さしたる理由なく、長期間、多数でなぶりものにした残酷極まりない犯行」としたうえで、アルバイトの少年に対しては「男性の足を車でひくなど自ら率先して暴行し、犯行をエスカレートさせた張本人」などとして、少年法の定める不定期刑の上限である懲役10年以上、15年以下を求刑したとのこと。
 
4)無職の少年に対しては、「楽しんで犯行に加担していた」などとして、懲役7年以上、12年以下を求刑したとのこと。
 
5)弁護側は「主犯格の男に逆らうことができず、雰囲気に流されて犯行に及んだ」として積極的に関わったわけではないと情状酌量を訴えたとのこと。
 
6)検察側は論告で「殴る蹴るや車でひくなど目を背けたくなるような暴行を加え、自ら手を下さず死に追いやった」と指摘した。
 
アルバイト少年は率先して男性を痛めつけ、周囲にも暴行をあおるなど元少年に準じる役割を果たし、無職少年も強制されずに加担したとし、「2人とも行為の危険性は認識していた。年齢も成人に近く、少年としての考慮にも限度がある」と指摘したとのこと。
 
7)遺族の意見陳述が行われ、被害者の母親が「人間の仕業ではない」と話したとのこと。母親は「残忍な暴力で殺され、人間の仕業ではない。少年だから無理だとわかっているけど死刑を求めたい」と話したとのこと。
 
「息子は優しく暴力を振るわない子だったが、もう抱きしめることも叱ることもできない。被告人には自分の責任を認め償ってほしい」と厳罰を訴えたとのこと。
 
8)最終意見陳述で、アルバイト少年は「二度としてはいけないと思う」、無職少年は「肉体的、精神的に追い詰め後悔している」と述べたとのこと。
 
***判決公判(6月26日)***
1)裁判長は、アルバイト少年に求刑通り懲役10年以上15年以下、無職少年に懲役5年以上10年以下(求刑懲役7年以上12年以下)の不定期刑を言い渡したとのこと。
 
別の報道では
大津地裁は「人を人とも思わぬ悪質で残虐な犯行。理由もなく暴行し発覚を防ごうと殺害した動機は身勝手極まりない」として、少年1人に求刑通りの懲役10年から15年、もう1人に懲役5年から10年の不定期刑とする有罪判決を言い渡したとのこと。
 
裁判長は、「長時間に渡って男性に暴行・監禁し、生きることを諦めさせ肉体的・精神的に追い詰め自殺させるという卑劣で残酷な犯行」などと述べたとのこと。
 
大津地裁は「ハンマーで歯を抜くなど人を人と思わない悪質な暴行で、男性の心も体も殺した卑劣残酷な犯行」と指摘。計画性はないものの、死ぬ危険性が高いことを認識し強い殺意があったとして、1人の少年に求刑通り懲役10年以上15年以下、もう1人に「従属的な立場で関与の程度は低い」として懲役5年以上10年以下の不定期刑を言い渡したとのこと。
 
こんなところですね。
登場人物としては7人
A)滋賀県長浜市神照町、とび職U容疑者(39)・・・公判前
B)アルバイト少年(19)・・・一審判決、懲役10年以上15年以下
C)無職少年(19)・・・・・・一審判決、懲役5年以上10年以下の不定期刑
 
その他、D、E、F、Gの少年が大津市内の男子高校生(17)4名ですね。
 
まー順次公判になるでしょう。唯一成人している39歳に対しては、死亡が一人ですが極刑も可能性はあると思います。
生前の暴行が、近年でも類を見ないほど凄惨ですからね。
 
残る高校生4人も事件が酷いだけに、実刑の可能性は普通にあると思います。
以前にも書きましたが、17歳でもう、人生を棒に振ってしまって、後の祭りですよ。
こんな事件はこれが初めてでもないんですよね。
2015年に川崎で中1の少年(13)をこれも少年3人(18歳と17歳2名)が殺害した事件もありました。
5年前だと、この17歳の少年達は12歳の頃ですね。
 
川崎の事件のニュースも見ていたと思うんですよね。殺害された少年は13歳で一つしか違わないから、同じ年ごろの子供を持つ、親としては、ニュースを見ながら、自分の子供に「悪いやつとは付き合うなよ」なんて言葉をかけていてもおかしくは無いんですけどね。
 
中学生や小学生がこの記事を読んでくれていたなら。何も考えずに仲間についていくだけで、殺人の共犯者になってしまうって事がある事を考えて欲しいですね。
 
残る、公判を待ちましょう。

参考リンク
福井県東尋坊少年集団暴行殺人事件

| | コメント (0)

2020/06/29

静岡県沼津市女子大生殺害事件(速報)

6月27日、女子大学生を刃物で刺して殺害しようとしたとして、静岡県警は自称、静岡県三島市壱町田の大学生、男性容疑者(20)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕する事件が起きている。
 
県警によると、容疑者は同日午後1時20分ごろ、静岡県沼津市の路上で、同市内の女子大学生(19)を刃物で刺して殺害しようとした疑い。
 
女性は、自宅前の路上で血を流した状態で倒れており、付近の住民が110番通報。病院に搬送されたが、約2時間後に死亡が確認されたとのこと。
 
沼津署は殺人未遂容疑で、その場にいた男を現行犯逮捕した。容疑を殺人に切り替えて捜査するとのこと。
 
沼津署によると、男は同県三島市の大学生(20)と名乗っている。身元確認できるものを所持していないため、裏付けを急いでいるとのこと。
 
近所の人が、男が女性に馬乗りになって犯行に及ぶ姿を目撃しているとのこと。
 
駿東伊豆消防本部によると、救急隊の到着時はすでに女性の意識はなかったとのこと。
 
現場はJR沼津駅から南に約10キロの住宅地。
別の報道では
現場は、沼津市の水族館「伊豆・三津シーパラダイス」から、西へ約2・5キロの住宅密集地。
 
近所に住む男性は「『助けてください』と大きな声が聞こえたので家の中から外を見たら、路上で女性が倒れていた。その横には若い男がしゃがみ込んでいた」と話したとのこと。
 
女性は3kmほど離れたコンビニ店でアルバイトをしているとのこと。
この日も事件の20分ほど前の午後1時ごろまで働いていたとのこと。店のオーナーは「明るくて一生懸命働いてくれていた。最近は車の免許を取るために頑張っていたのに」と話したとのこと。
 
女性は現場近くで家族と暮らしていた。
近隣住民の中には、女性宅付近をうろつく若い男を目撃した人もおり、容疑者がアルバイト先から帰る女性を待ち伏せしていた可能性もあるとのこと。
 
別の報道では
近所の住民「午後1時10分頃だったかな、5分か10分位だった。車でて、そしたらそこの角にいたわけ。(何をしていたんですか?) スマホこうやってみながら上をこんななって向いたり、そんな感じだったね。ちょっと変な感じはしたね」と話したとのこと。
 
犯行を目撃した近所の住民によりますと、黒っぽい服を着た容疑者とみられる男が女性に馬乗りになり何度も刺していたとのこと。
 
関係者によりますと、倒れていた女子大生の脇に、凶器とみられる刃渡り15センチほどのナイフが落ちていたとのこと。
 
女子大学生は自宅付近で襲われ、助けを求めながら自宅から約70メートル離れた路地で刺されたとみられるとのこと。
 
事件前、容疑者とみられる男から逃げる若い女性が目撃されており、被害女性とみられている。
 
現場付近の住民や容疑者の知人らによると、2人はともに日本大学国際関係学部(三島市文教町)に通っており、2人は授業などで顔を合わせていた可能性があるとのこと。
 
関係者によりますと、女性は首に2カ所、腹部に10カ所ほどの刺し傷があったとのこと。
 
捜査関係者によると、男は女子大学生を刺したことを認めているとみられる。
 
女性の死因は失血死とのこと。
沼津警察署はことし1月に女性から相談を受け、防犯指導を行っていたと明らかにしたとのこと。
 
その時は容疑者の名前は上がっておらず、今回の事件と関連があるか詳しく調べるとのこと。
別の報道では
女子大学生は名前などがSNSで拡散されていると警察に相談していて、警察は事件との関連を調べています。
 
容疑者の自宅は13キロほど離れた静岡県三島市。
 
時系列
01月   女性が警察に相談
06月27日
13:00頃 女性がアルバイトを終えアルバイト先を出る。
13:05から10分に容疑者の目撃情報
13:20頃 事件発生、通報、殺人未遂で現行犯逮捕
15:20頃 搬送先で被害者の死亡が確認された。(推定)
06月29日 送検
 
こんな事件ですね。
捜査はこれからなのですが・・・ちょっと気になるのは、容疑者は被害者の自宅をどうやって知ったのか?
まー大学が同じなので、尾行すれば自宅を突き止めるのは不可能では無いだろうけど・・・
ただ、大学が三島市文教町なので、徒歩や自転車は無理だし、車は免許を女性は持ってない。
だから、女性の通学手段としては、バスや電車を使ったと思うんですよね。
電車はともかく、バスだとなかなか、尾行が難しい気がします。不可能では無いでしょうが・・・
 
それから、傷が首に2か所と腹部に10か所、馬乗りになって刺しているので、殺意は満々ですね。
そして、目撃される事も、逮捕される事も意に介せず、犯行を強行してます。
顔も隠してないようですね。
 
このあたりを考えると、自暴自棄になっての覚悟の犯行のように見えます。
 
容疑は認めているようですから、動機はこれから出てくるでしょう。
続報を待ちましょう。
 
亡くなった女性のご冥福をお祈りします。

参考リンク
静岡県沼津市女子大生殺害事件その2(情報流出)

| | コメント (2)

2020/06/27

茨城県鹿嶋市中央図書館ウサギ死骸遺棄事件

鹿嶋市は6月26日、鹿嶋市宮中の市中央図書館敷地内で、首と胴体が切り離されたウサギ1匹の死骸が見つかる事件が起きている。

市教委によると、死骸は図書館裏の非常口前に頭部が、数メートル離れた倉庫の下の隙間に胴体があったとのこと。

いずれもアスファルトの上に血痕が残っていた。6月25日(木)午前9時半ごろ、開館準備をしていた同館の女性職員が見つけ、鹿嶋署に通報したとのこと。死骸の傷は刃物を使ったような切り口だったとのこと。

市内の小中学校などで飼っているウサギがいなくなったという情報はないとのこと。

さて、こんな事件ですね。
色々と気になる点がありますね。
まず、この場所を選択した事に意味があるのか?
中央図書館のグーグルマップ
グーグルマップ、特に航空写真で見た場合、この図書館の周囲には緑が多いです。つまり、目立たなく死骸を遺棄できる場所は沢山あると言う事ですね。その気になれば、埋める事も可能でしょう。

なので、犯人は死骸を発見させたいか、または、死骸の遺棄を面倒と考えた超の付くものぐさな人なのかもしれません。

もし、犯人が死骸を発見させて、騒ぎを起こしたいと思う、愉快犯だとしたら、場所が問題なんですよね。

この図書館の隣には中学校があり、約500mの場所には小学校もある。
愉快犯で騒ぎを大きくしたいなら、学校を狙うんじゃないかな?

それをせずに、この図書館を選んだのには、犯人の目的がそこにあるからでしょうね。

この中央図書館の開館時間は火曜日から日曜日で午前10時から午後6時、職員は開館時間よりも前に来て準備等の仕事があるはずなので、職員の勤務時間としては、午前9時から、午後6時ぐらいなのかな?

だから、9時半頃に発見したのは、自然な話ですね。

ただし、発見した25日は平日です。しかも、学校は既に通常登校になっているから、子供達が朝から図書館に来るわけではありません。
平日だから、一般人も朝から来館する人も少ないでしょうね。
しかも、発見場所が非常口の前なので、普通に考えれば、普段使われている出入口では無いはですから、来館者が発見するのは難しいでしょう。

こう考えると、図書館の関係者、または職員個人を対象としての嫌がらせと言う可能性はあるかもしれません。

なので、発見した女性職員はどうして、その場所で死骸を発見したのか?と言うあたりの理由が知りたいですね。

例えば、朝の清掃の分担区域が決まっていて、非常口の前が発見した女性の担当区域だったとか・・・
もしくは、清掃当番などがあって、この日の清掃当番がこの女性だったとかね。

で、もう一つの謎が、ウサギの出所です。
普通に考えれば、学校などで飼育しているウサギを盗んで犯行に使ったと言うケースを疑いたいのですが、市内の学校ではウサギが居なくなったと言う情報は無いようです。

犯人が嫌がらせの道具にウサギを使うと考えた場合に、ウサギが対象によってよりショックを与える嫌がらせになると考えている場合もありますね。
それで、自分でペットショップで選択して購入したと言う可能性もあると思います。例えば、嫌がらせ対象の人が飼っているウサギと同じ色や同じ種類のウサギとかね。

嫌がらせの場合はまだ、継続される可能性もありますね。
とりあえず、図書館関係の方はご注意された方が良いと思います。
また、防犯カメラも必要な台数があるのか?と言う点検もされた方が良いかもしれませんね。

まーただの偶然と言う可能性もあるわけですが、被害を未然に防ぐと考えるなら、注意できる事は注意しておいた方が良いですよね。
ちなみに、ASKAの事件簿の記録では鹿嶋市での動物虐待事件の記録はありませんでした。

| | コメント (0)

«兵庫県宝塚市ボーガン家族3人殺害事件その4(計画性と動機)