« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/27

暴走事件の行方

4月に仙台でアーケード街をトラックが暴走、3人が死亡、4人が怪我をする事件の裁判が始まった。

弁護側は「人がいるという認識も殺そうという意識もなかった」と殺人について無罪を主張した。

って事なんですが・・・この事件の行方には注目しています。

ま~弁護人としては、他に選択子が無かったんだろうね。

3人が死んでいる、有罪なら死刑は当確なんだよね、日本じゃ1人は無期、3人以上は死刑当確、2人はグレーゾーンと言うのが慣例だからね。

裁判長はどんな判決を言い渡すのか注目です。

| | コメント (2)

2005/10/26

人が物に変わる時

2002年大阪で小学6年生の12歳男子が虐待され、餓死する事件があった。容疑者は実の母38歳とその友人の40歳女性だ。

男子の母は97年ごろから、友人の40歳女性に子供の世話をお願いするようになっていた。母親は離婚したが、借金返済の為、昼夜働いていた。

この時、友人の40歳女性が子供の言動がおかしいとの事から、部屋に監禁し、一日一度の流動食を与えるだけだった。

実の親のする事とは思えないが、しかし虐待事件はこんなケースが大半だ。

「死ぬとは思わなかった」とは二人の容疑者の言だが・・・・

骨と皮になった姿を見て、死ぬと思わなかったとは・・・既にこの二人の目には被害者男子は人の姿をした人形にしか見えなかったのかもしれないな。

裁判長は次のように述べたらしい(実名部分は被害者に変えました)

「助けを求めても非情な仕打ちを受け続け、その声が誰にも届かないまま一命を奪われた被害者の苦悩や絶望は想像を絶する」

まったくその通りだ、もし自分が同じ状況に置かれたら、どう思うのか?どう感じるのか?

二人の容疑者に聞いてみたい。

| | コメント (1)

2005/10/25

心中の謎

今年8月に携帯の有料サイトの高額請求を苦に一家心中をする事件についての公判が名古屋地裁で始まっている。

心中は失敗したが、長男1歳が死亡、3歳長女も包丁で刺されている。容疑者は父親36歳男性だ。

この事件の原因はと言えば、容疑者が携帯有料サイトからの高額請求により、預金を使い果たしてしまった為、将来を悲観してとの事なんだが・・・・

今年8月に最初の56万、2度目に50万、3度目に100万を請求され、最後に手切れ金として100万が請求される。

ざっと300万を請求されているわけだが、「支払わないと、一生請求するぞ」と脅されてもいたようだ。

さて、この請求だが、どうみても不当な請求だよな。最初に支払った事でカモネギ状態だったんだろうな。搾り取れるだけ搾り取ろうと言うのが、犯罪者のやり方だ。なにしろ、不当請求なんてのは時間の勝負で短時間にどれだけ稼いで、店を畳むかが問題だもんな。

男性の奥さんも、早くから警察や市役所に相談するように説得していたらしいが、説得に応じず、結局は心中の決断をしてしまったらしい。

この事件、何が問題だったのだろうか?よくある事件で児童虐待のケースなどでは、夫婦や同居人が虐待を止めるどころか、一緒に虐待してしまう事で最悪の事態を迎えてしまう事が多い。

しかし、今回は男性の妻は事態を冷静に把握して、警察や市役所に相談するように説得している。男性はこれを無視してしまっている。

弁護人が「事件当時、本人は心神耗弱状態だった」と言う主張ももっともだと思われる。

けどな・・・何が彼をそこまで追い詰めたのだろうか?

普通に考えて、最初の不当請求から100人中99人は支払わないだろうな。

ここで疑問は、なぜそんな見え透いた不当請求に本人が応じてしまったのだろうか?

年齢も36歳で、ま~分別のある年齢と考えられる。それがなぜ?

世の中には極端に気の弱い人、気の小さい人がいるのだが、例えば、最近の事件で消防官が不倫相手の妻の殺人を依頼して、騙されたと警察に訴えた事件もあったし、小学校、中学校の同級生に多額のお金を脅しとられたと警察に訴えた事件もあった。

何が言いたいかと言うと、最後は死よりも警察へ訴えると思うのだが・・・・

どうも、本当の理由は他にありそうな気がするんだけどね・・・

それが、不当請求に応じた理由とも関係があるのか?ないのか?・・・謎だね。

| | コメント (0)

2005/10/22

世田谷一家殺人事件再考15

今回も犯人の生活環境について考えてみる。

まずは、手の怪我についてだ。警察は犯人が手に結構大きな怪我をした事が分かった時点で、多分、都内を含め近郊の医療機関に情報の提供を依頼したはずだ。

ところが、有力な情報が出ていない。これは、犯人が医療機関で治療をしていないのか、治療しても情報が漏れていないのかどちらかだろうね。

情報が漏れないとしたら、家族が犯人でそれをかばったって事になるだろうが、その確率は結構低いだろう。

それから、考えると、犯人は医師による治療を受けていないので、今でも手に大きな傷跡が残っている可能性が高いね。これは犯人の手がかりの一つだろう。

また、犯人は被害者宅の近所に住む一人暮らしの人間では無いと思われる。

なぜか?と言うと、警察は事件後なんども、付近の住民に対して聞き込みをしているだろう。犯人が手に怪我をしている事が分かってからは、当然、手の怪我はそれとなく調べているはずだろうね。

家族と住んでいれば、本人が警察官と話す事はないだろうが、一人暮らしではそうはいかないからね。

それから、手の怪我は日常生活に相当、不便だよね。食事は自分で作る事は難しいだろう。かと言って、外食や弁当ってのも事件直後は相当目立つはずだ。

ま~冬なので、手袋をしていても不思議ではないが、手袋をして外食は相当変だし、弁当も会計の時、片手は手袋をして、もう片方の手で支払いをしているって事だよね。

もし、犯行直後も日本で生活していたのなら、犯人は家族や同居人と生活していて、食事の世話をしてもらっていたのではないだろうか?食べるだけならスプーンやフォークでも可能だろう。

そして、犯行の前後を通して、日本で生活していたとすると、仕事も学校にも行っていないニートな人間である可能性が高い。

しかし、例えば、高校3年生や大学生の場合、正月あけにほとんど学校に行かなくても良いような状態だったって事も考えられるし、派遣のように短いスパンで職場が変わる場合や、自宅待機なんて場合もあるので、なんともいえないけどね(^^ゞ

とりあえず、この事件についてはこのあたりで、いったんクローズにします。

最後に事件を再現するつもりだったけど、相当酷い事件なので、そのあたりを考えると、酷い気分になりそうなので止めました(^^ゞ

それでは、また今度( ..)φメモメモ

| | コメント (0)

2005/10/20

ストーカー殺人再び・・・警察は何を学んだか?

19日に大分県で22歳母親とその娘4歳が包丁で刺される事件が起きている。4歳の女の子は病院に搬送されたが死亡している。

犯人と思われるのはこの母親の元交際相手の31歳無職の男性。現場に警察が駆けつけた時、犯行現場の女性の自宅の2階の部屋で自分の胸を包丁で刺していた。

この事件、なんとストーカー被害の結果だった。被害者は何度も地元警察にストーカー被害を訴えていたのに、この事件がおきている。

桶川ストーカー殺人事件から警察は何を学んだのだろう?

1999年、埼玉県桶川市で21歳の女子大生がストーカー被害の末に殺害されている。この時も、被害者家族は何度も、警察に相談しストーカー被害を訴えていたと言うのに・・・

さらにこの時は警察の告訴取り下げ対応も問題になっている。

警察が桶川ストーカー殺人事件から何かを学んでいたのなら、今回の大分のストーカー被害は防げたのではないだろうか?

今は被害にあった、4歳女児のご冥福を祈りましょう。

| | コメント (0)

2005/10/19

母撲殺、少年はACか?

大阪府枚方市で、中一の12歳の少年が母親を撲殺する事件が発生した。

概要としては

父親(43)が昨年、東京に単身赴任を始めたころから母親への暴力が始まった。

両親は8月に離婚していた。

どうも、両親の離婚を前に暴力が始まったあたりが、ACの雰囲気あるんですけど・・・

成績もトップクラスで、学校では暴力をふるうような事はなかった。

ACっぽいよね。加害者が12歳の少年だからこれ以上、報道される事もないだろうが・・・

この事件、防げたかもしれないな・・・・

| | コメント (0)

2005/10/18

世田谷一家殺人事件再考14

今回は犯人の生活環境について考えてみたい。

まず素朴な疑問だが、「この犯人はなぜ逮捕されないのだろう?」

つまり、あの松山ホステス殺人で指名手配されて、時効直前まで逃亡していた、あの女性犯罪者にしても、整形までしていたと言うのに、結局、働いていたスナックの常連客に見破られて、逮捕されてしまった。

なにを言いたいかと言うと、この世田谷一家殺人事件の犯人について、なぜ、有力な情報が出てこないのだろうか?と言う事なんだよね。

例え、仮にこの犯人がこの世に既にいないとか、あるいは外国にいるとしても、しかし、犯行直前までは日本にいて生活していたわけだろう?なぜ、有力な情報が出てこないのだろうかか?

犯行後の状況について考えてみよう。警視庁のHPにも犯人の服装や靴が公開されている。そして犯人が犯行時に利き腕の手の平に怪我をしている事もだ。手の傷は結構深いものだろう。そして、遺留品から犯人は某アイドルがドラマで使用していたトレーナーも着ていた事が分かっている。

流石に顔写真や似顔絵があるわけではないが、かなり有力な情報である事に違いは無い。

例えば、トレーナーだが、犯人がドラマを見て購入したのだとしたら、ちょっとは人に自慢したくなるのが人情じゃないだろうか?周りの人間には見せていても不思議じゃないだろう。

それなのに、なぜ有力な証言が出てこないのだろう?ましてこの事件には賞金すらかけられている。

このあたりから考えて犯人はかなり、社会活動と言うか世間とのつながりがかなり希薄な生活を送っているのではないだろうか?

普通の生活をしているとしたら、職場や学校に通っているとして、正月明けに利き手に結構大きな怪我をしていたとしたら、相当目立つよね?

学校なら笑い話だが、仕事となるとしゃれにならない。特に手を使う仕事なら仕事その物ができないって状態だからね。かといって、長期の休み明けに、更に怪我をしたので何日も休める程、日本の企業は甘くないだろう?しかも2000年の頃ってまだまだ不景気のどん底って状態だったはずだ。

犯人がもし職業を持っていたのなら、通常の会社勤めなら、やはりなんらかの情報があってもよさそうだよね。正月休み明けに、利き手に怪我をした怪しい奴がいるって情報が出てきてもよさそうだ。

このあたりから考えて、犯人は学校や職場には通っていなかったのではないだろうか?

あるいは、怪我をしていても珍しくないような状態なのかもしれないな。そのあたりをいくつか考えてみると。

1)以前から世間との接触がほとんどない。

2)犯人が反社会的な集団に属しており、周りの人間も警察とはかかわりを持ちたくない。

3)特定の人間と定期的に会うような職業ではない。

4)全く疑われないような立場にいる。

これらに加えて、犯人が現場に残した指紋がポイントだな。つまり、警察に指紋データが残されていないと言う事だろ?つまり犯罪歴が無い。とすると、少なくとも、国内で犯罪は犯した事が無いって事で、2)の場合は考え難いわけだ。

また、平成11年8月に外国人登録法が改正されて廃止されたが、それまでは16歳以上で1年以上滞在する外国人は指紋を登録する事になっていた、このデータにも残っていないって事でしょ?外国人だとしたら、不法入国か事件の1年前よりこっちで入国しているのかな?

これだけでは、まだはっきりした事はいえないね(^^ゞ

続きはまた今度( ..)φメモメモ

| | コメント (1)

2005/10/15

善意システムは崩壊した

日本では昔から、道徳や善意と言った物を前提に作られたシステムが多い。

今だと、国勢調査の回収方法は任命された回収員による回収だが、案の定、個人情報を目当てに成りすます奴が出てきた。昨今の振り込め詐欺の大被害を助ける一つの原因が個人情報の流出にあるからね。

他にも、役所の戸籍登録、閲覧とかも、昔から地面師による犯罪に利用されてきたが、ちょっと前に架空の婚姻関係を作り、勝手に借金をするなどして問題になった。その結果、ようやく役所の窓口で個人を確認するようになったって事もあるし。

NHKの受信料支払い問題にしても、国民には支払う義務があるらしいが、実際には支払いは個人の善意に基づく物だろう。ま~今回の問題では、NHK側にこそ、問題があるけどね。視聴者の支払った視聴料を何に使ったんだ!どの口がそんな事言ってんだ!と普通の人なら考えるよね。

道路公団の談合問題には呆れたというか、唖然でしたね。道路公団の副総裁があれだけ、A会を知りませんと言っていて、その本人が逮捕されちゃったし。

日本は社会システムを考え直さなければならない時に来ているかもしれないね。善意やモラルによって成立しているシステムは考え直さないと、犯罪の温床になりかねない。

| | コメント (0)

2005/10/12

殺人依頼!彼女を責められるか?

闇サイトでの殺人依頼の事件が意外な展開を見せている。

はじめは、不倫の果てに、不倫相手の妻を殺害しようとした、三角関係のもつれだと思っていたのだが・・・

なんと、この不倫相手がとんだ鬼畜男だったようだ。

この男は職場の上司という立場を悪用しての嫌がらせなどは言うにおよばず暴力をふるい、犯人を骨折させたり、それどころか、日常的に金銭を要求していたとか・・・

久しぶりに鬼畜な奴を見たと言う印象だ。

殺人を依頼した犯人はこの時どんな精神状態だったのだろうか?

日常的な暴力や嫌がらせ、お金もせびられて、お金も500万ほど渡していると言う・・・

多分、サラ金にも手を出しているだろう。相当精神的に追い詰められていた事は簡単に想像できる。

そんな中で彼女はこう考えたのではないだろうか?

不倫相手と正式に結婚すれば、この苦しみから解放されるのではないだろうか?

ま~依頼した相手がしょうもない相手だったし、自分で実行しなかったおかげで、彼女はそれほど重い罪にはならないだろうが、誰が彼女を責められるだろうか?

不倫相手も傷害でパクられたようだが、どのちみ重い罪にはならないから、多分、重くても執行猶予付きの判決だろう。

この先、彼女と不倫相手、そしてその妻の3人の人生がどうなるのか・・・・

公務員でこの事件だ、彼女と不倫相手は懲戒免職って所かな、彼女の方は早く立ち直って欲しいと願うのだが、問題は不倫相手だな。

不倫が妻にばれて、果たして正常な夫婦関係を維持できるものか・・・と言うか、この不倫相手の家庭はどうだったのかな?不倫相手には暴力を振るうが妻には優しい夫だったのだろうか?それとも、ドメ夫だったのか?

多分この事件の続報はもう報道される事はないだろうな。不倫相手の男が更に鬼畜な所業をしていなければね・・・

| | コメント (0)

2005/10/11

世田谷一家殺人事件再考13

犯人像の続きです。今回、犯人の遺留品については、特殊な鉱石があったとかなんて事はあまり注目していないんだよね。

それが、そのまま、犯人に結びつく物かどうかも怪しいしさ。そんなわけで、例によって犯人の行動から犯人像を考えよう。

今回注目しているのは、「靴」です。

今までの推理で、犯人は何か交渉する為に、被害者宅を訪れ、口論の末に犯行にいたっている。つまり、最初から殺害するつもりではなかったと推理しています。

って事は、犯人の犯行時の服装ってのは、普段の生活を表しているって事だよね。

で、なぜ「靴」に注目しているか?って事ですが、警視庁のHPの犯人の服装を見ると。普通に考えて、ビジネスって感じじゃないでしょ?

もし犯人がビジネス上のトラブルについて交渉しようとしていたのなら、日本の習慣として、やはり、ジャケットにスラックス、革靴ってのが常識的な服装になるよね。もちろん、仕事がらそういった物をあまり着ないような場合もあるだろう。個人商店とか、小さな工場の経営者とかね。しかし、それでも、スラックスに革靴は外せないと思うわけです。

それから、考えると、トラブルは仕事上の物ではないように思えますね。

犯人の靴は韓国製のテニスシューズって事ですが、やはり、これは一般的なスニーカーと言う意味意外には考えなくて良いでしょう。犯人は普段の生活にこのスニーカーを使っていた程度の事ですね。

実は一つ気になる点がある、犯人は「腕時計」をしていただろうか?

袖が血で汚れた為、着ていたトレーナーを犯人は現場に残して、代わりに被害者のトレーナーに着替えて現場を後にしている。もし、犯人が腕時計をしていたら、腕時計も血だらけになっていただろうね。犯人の身なりから考えて、高価な腕時計をしたいたとは思えない。

血まみれの腕時計も現場に捨てていってもよささそうなんだけどな・・・・

最初から腕時計はしていなかったのか?それとも、犯人が腕時計は持ち帰ったのか?

1)腕時計をしていなかったとしたら、腕時計が無くても生活できるような状態だったって事だろうな。

2)逆に腕時計を持ち帰ったとしたら、腕時計が必要な生活環境だったと考えられる。または、腕時計だけは捨てたくなかったって事もあるかな。

次回も犯人像を考えてみよう。( ..)φメモメモ

| | コメント (0)

2005/10/03

世田谷一家殺人事件再考12

まとめようと思ったが、最後にこれだけは考えなきゃいけない事がある。

犯人像なんだよね。

正直これも難しい。警視庁のHPに犯人の服装があるけど、それだけでは、なかなか犯人像を絞り込めないだろうね。それでも、ちょっとだけ考えてみよう。

まず分かることから考える。犯人と被害者の関係だね。

何から分かるかと言うと、と言うかこれまでの推理で犯人は玄関から入り、ま、ドアは被害者が開けたとしているけどね、その後、被害者と口論となり、その後殺害している。

で何がキーワードかと言うと、足跡だ。この事件では犯人の足跡が60以上も残っていたらしい。これがキーワードなんだけど、親しい友人なら部屋に上げるだろ?つまり、この犯人は土足で家にあがり、被害者を殺害しているわけだ。

と言う事は、ドアは開けたけど、家には上げなかったって事だろ。これは何を意味しているかと言えば、「犯人はドアを開けるぐらいの面識はあったが、家にあげる程、親しい関係ではない」と推理する。以前は親しかったのかもしれないが、現在は険悪な状態だったかもしれない。

しかし、もし、殺害される事を予見できるほどに険悪な状態なら、ドアは開けなかっただろうね。時間も遅いしさ。

この事から考えられる犯人と被害者の関係は

1)近所で顔ぐらい見た事があるが、近所づきあいは無い場合

2)仕事で何度か面識がある程度の場合。

仕事の同僚や友人、親戚なら家に上げるだろう。しかし、同僚、友人、親戚の場合でも既に険悪な状態になっていれば、家には上げない可能性はある。

しかし、警察の調べでも被害者の周りでのトラブルが出てきていないって事はどうよ?

これは、ホントにトラブルが無いのか?それとも警察が調べてもトラブルを探せなかったのか?どちらかだよね。

もし、警察が捜査しても見つけられないようなトラブルだとしたら?それは何か?

よほど、他人はおろか友人、家族にも秘密にしなければならない事だよね。そして、その事情を知っている者も警察には話せないような事かな。

かと言って、家族全員が殺害されているわけだから、友人や親戚で事情を知っている人がいれば、警察に話すだろうな多分ね。

とすると、ホントにトラブルは無かったって事か?

しかし、世の中では、下着泥棒がばれると思って、口封じに一家を襲った事件とかもあるからね、表面にはトラブルとして現れないが、犯人にとってはやはりトラブルなんだろうな。

次回は犯人像をもう少し考えてみようφ(..)メモメモ

| | コメント (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »