« 世田谷一家殺人事件再考13 | トップページ | 善意システムは崩壊した »

2005/10/12

殺人依頼!彼女を責められるか?

闇サイトでの殺人依頼の事件が意外な展開を見せている。

はじめは、不倫の果てに、不倫相手の妻を殺害しようとした、三角関係のもつれだと思っていたのだが・・・

なんと、この不倫相手がとんだ鬼畜男だったようだ。

この男は職場の上司という立場を悪用しての嫌がらせなどは言うにおよばず暴力をふるい、犯人を骨折させたり、それどころか、日常的に金銭を要求していたとか・・・

久しぶりに鬼畜な奴を見たと言う印象だ。

殺人を依頼した犯人はこの時どんな精神状態だったのだろうか?

日常的な暴力や嫌がらせ、お金もせびられて、お金も500万ほど渡していると言う・・・

多分、サラ金にも手を出しているだろう。相当精神的に追い詰められていた事は簡単に想像できる。

そんな中で彼女はこう考えたのではないだろうか?

不倫相手と正式に結婚すれば、この苦しみから解放されるのではないだろうか?

ま~依頼した相手がしょうもない相手だったし、自分で実行しなかったおかげで、彼女はそれほど重い罪にはならないだろうが、誰が彼女を責められるだろうか?

不倫相手も傷害でパクられたようだが、どのちみ重い罪にはならないから、多分、重くても執行猶予付きの判決だろう。

この先、彼女と不倫相手、そしてその妻の3人の人生がどうなるのか・・・・

公務員でこの事件だ、彼女と不倫相手は懲戒免職って所かな、彼女の方は早く立ち直って欲しいと願うのだが、問題は不倫相手だな。

不倫が妻にばれて、果たして正常な夫婦関係を維持できるものか・・・と言うか、この不倫相手の家庭はどうだったのかな?不倫相手には暴力を振るうが妻には優しい夫だったのだろうか?それとも、ドメ夫だったのか?

多分この事件の続報はもう報道される事はないだろうな。不倫相手の男が更に鬼畜な所業をしていなければね・・・

|

« 世田谷一家殺人事件再考13 | トップページ | 善意システムは崩壊した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷一家殺人事件再考13 | トップページ | 善意システムは崩壊した »