« 広島女児殺害事件の謎!その16 | トップページ | 広島女児殺害事件の謎!その18 »

2005/12/01

広島女児殺害事件の謎!その17

容疑者のDNAが遺体から検出したDNAと一致!

どうやら、予想通りの展開ですね。警察の追及に対して容疑者は「事件があった時には、職探しのため、親族のいる広島県呉市や三原市などに電車で行っており、現場周辺にはいなかった。不当逮捕だ」とアリバイを主張しているそうだ。

また、ダンボールについては、同型のコンロを購入した事を認めた上で、「事件当日の朝、家庭で出た小さなごみを入れ、所定のゴミ置き場に捨てた」と主張しているらしい。

アリバイを主張するのも予想通りだけど・・・・なんだか、トレインミステリーみたいになってきたな。事件当日、何時に広島市に居た証拠がある。それでは、現場からの移動時間から犯行は不可能と言う論法をとるつもりなのかな?

マジで?電車で移動した事を偽装して、実は他の方法でより早く広島に到着してるのかな?でも、その場合は車しかないだろう?だとしたら、日本の誇るNシステムに引っかかっている可能性があるな。

ダンボールについては、妥当な言い訳でしょうね。予想外に自分の指紋が出ていたとしたら、自分の物では無いと主張した場合、明らかに嘘と判断されて、裁判では不利になりそうだからね。

あとは、自白を待つばかりだね。

|

« 広島女児殺害事件の謎!その16 | トップページ | 広島女児殺害事件の謎!その18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広島女児殺害事件の謎!その16 | トップページ | 広島女児殺害事件の謎!その18 »