« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/29

アジアの時限爆弾

最近、中国で河川に有毒物質が流出する事故や、都市部の地下水の9割が汚染されているとかの報道があったけどさ、やはり、将来的にはかなりヤバイような気がする。

これらの報道もやはり、氷山の一角だと思うわけです。
今回報道の河川への流出事故も規模が大きかった為に報道されただけで、多分小規模な物はそこらで起きてるんだろうね。

日本の高度成長期にも、大規模な公害が幾つか発生していてさ。何十年もかけて企業や国と和解してたりする。

現在、猛烈な速度で成長している中国だけど、環境問題などを軽視したりすると、将来かなりヤバイ状態になりそうな気がするよ。
日本でも過去にあれだけの公害が問題になったが、中国の場合その規模が数倍になりそうでしょ?もし、中国で大規模な公害問題が発生すると、経済活動で日本も影響がでるだろうね。
この前の靖国問題でやたら、デモして日本企業なでを襲っているぐらいだから、一度政情が不安定になると、何が起こるか分からない。

対岸の火事といわず、しばらくは中国の動きには注目しておく必要がありそうだ。

| | コメント (0)

2005/12/27

人が壊れる時

仙台のアーケードで25日、ワンボックスカーが暴走し、7人が負傷する事件が発生している。現行犯逮捕されたのは52歳トラック運転手だ。

動機は少々不明なんだけど、「たくさん人がいる場所に突っ込もうと思った」と話していると言う。

また、仙台では4月にも同様の事件が発生している。当然、この容疑者もこの事件の事は知っていたようだ。

また、容疑者は県内などのテレビ局に電子メールを送っていた。メールでは4月の事件に触れ、職場での人間関係の悩みなども記していたという

どうも、逮捕されれば「楽になる」なんて事も言っているようだ。

通常の感覚からすると、相当おかしな事件なんだけどさ・・・

私は「正常な判断ができていない」状態だったのではないか?と考えている。
だからと言って、心神耗弱で罪は無いと言っているわけではない。通常の生活には支障がないのだから、やはり罪を償うべきだ。

ここで言いたいのは、最近あったのあの京都小6殺害事件の容疑者も包丁2本とハンマーを用意していたなんて事があったけど、これも、普通に考えて必要ないよね。この容疑者も既に事件を起こす前から、正常な判断ができない状態にいたのではないだろうか?

このように、事件を起こした犯人は既に人間として、正しい判断ができない状態だったのではないだろうか?と考えてしまうんだよね。これを「人が壊れる」と言う事じゃないかと思っている。

じゃあ、壊れない為にはどうすればよいのか?って事なんだけど、やはり大半の原因は「ストレス」にあると思う。まあ、犯人の資質もあるかもしれないけどさ。

かと言って、ストレスが無い生活なんて、現代社会ではムリだろうな。だから、ストレスと上手に付き合う事が大事なんだと思う。

ストレスを溜めて、ある上限値を超えると正常な判断ができなくなるのではないかな?
これは仮説だけどね。正常な判断ができないので、上手くストレスも処理できずに、どんどん悪い方向に進んでしまう悪循環になってしまうのではないだろうか?

| | コメント (0)

2005/12/22

世田谷一家殺人事件再考その20

続報です。NHKのニュースでこの事件の犯人行動について、今まで私の知らない事が報道されたので、メモしておきます。

1)進入経路は2階の浴室の窓だった。
 家の脇にあるフェンスに立ち、壁にある風呂釜の室外機に足を掛け、鍵の掛かっていない。窓を開け。そこから進入しているようだ。
 足跡の泥の量が2階の物が比較的多かったと言う事と、室外機下のパイプの塗料がはげていた事が根拠のようだ。
 進入には相当の筋力が必要で犯人は運動能力が高いと思われる。

2)進入後に2階にいた子供1人を殺害。その後、着ていた衣類を畳んでいる。
 帽子やジャンパーを畳んでソファーや椅子に掛けている。
 この事から、犯人は几帳面な性格のようだ。

3)階段を下りる時に階段を端を横向きに下りている。
 足音を立てないようにする為と思われるが、階段を途中までおりた所で、壁際に向きを買えている。

4)1階で旦那を殺害、3階で寝ていた。奥さんともう1人の子供を殺害。
 3階では奥さんが子供を手当てしようとした見られる痕跡もあった。
 この時、犯人は欠けた包丁の代わりの包丁を台所で探していたようだ。

奥さんが子供を抱えて逃げようとしたが、力尽きて梯子から転落、その奥さんに対して、犯人は50回以上も刺している。

とこんな所かな・・・・
しかし、これだけ几帳面そうな犯人なら、犯行も計画的に進めそうなんだけどね。
計画的じゃないと思う理由は、金目当てに盗みに入るのならば、なぜ家人が在宅している時を狙ったんだろうか?と言う点にある。

これだと、最初から殺害しようと考えていたように思える。殺害しない方法なら他にもあったのにね。

例えば、2階で殺害した子供を人質に取って金を要求すればよかったんだよ。2階の窓から侵入した程の運動能力を持っていれば、子供1人を抱えても特に、動作に支障はないだろう。

しかし、最初に子供を躊躇なく殺害している。

それともう一つ、衣類を脱いで畳むのも妙だね。これから、残りの家人を殺害しなければならないと言う時に落ち着いて、服を畳む余裕があるだろうか?それに足音を立てないように階段を横に下りるとか・・・
これだけ見ると、最初から家族全員を殺害する事を決めていたように思えるね。しかもそれを冷静に実行している。

しかし、階段を横に下りるなんて事、普通思いつくかな?どうも「訓練」された動作のように思えるけど。

そうすると、訓練された人間が最初から家族全員を殺害する為に進入し、殺害したとして、その後、10時間以上も現場に留まる理由は何だろう?また、現金を盗み、カードの暗証番号を推理するなんてのも、妙だよね。

現金については「行き着けの駄賃」とも受け取れるが、カードなんて足がつきやすい物に固執するかな?

・・・・あとは続報を待つとしよう。

| | コメント (4)

2005/12/20

繰り返された凶行

大阪姉妹殺害事件で驚きの事実が判明した。

逮捕された容疑者はこう話しているらしい。

「姉妹と面識はなく、金を取る目的だった」と容疑を認める一方、「母親を殺したときの感覚が忘れられず、人の血を見たくなった」と供述したという。
 山地容疑者は平成十二年七月、山口市の自宅で母親=当時(50)=と口論になり、金属バットで頭などを数回殴って殺害。十五年十月に中等少年院を仮退院していた。

誰でもいいから殺したかったとも言っているらしいけど、最近こう言うのが多いけどさ、これって快楽殺人だよな。
しかも、前の事件の後逮捕されているし、更生ってのはどうなんだろうね。

少なくとも、この容疑者に対しては更生は失敗したって事だろうな。更生というよりはむしろ治療が必要なのかもしれないね。

今回の場合、事件前に不審な人物(容疑者)を見かけていて、その容疑者に殺害されているわけだからね。その時、もっと別の対応なり対策ができていれば、違った結果になったかもしれない。

| | コメント (2)

2005/12/19

時効の行方

札幌信金OL殺人が時効へ 指名手配の男、15年逃亡

確かに、時効になったが、果たして彼はこのあと、世間に復帰できるのだろうか?

確かに法により罰せられる事は無くなったかもしれないが、それでも、社会的な罰はこの先も受ける事になるだろう。それも、無期限にね。

多分、自首していれば、1人の殺害だったのだから、15年もあれば出所できのではないかな?

逃亡中でも本名は使えないわけで、それこそ、正社員と言った仕事には付けなかったろうし、人間関係も深い物は作れなかったろう。

以前に保険詐欺事件で自分自身が死亡した事にした男がいたが、彼は孤独に勝てずに、妻に接触してしまい、事件が発覚してしまったなんて事もあった。

逃亡した15年の代償は犯人にとって、どんな物だったのか。もし犯人の手記やドキュメントが出れば読んでみたいね。

| | コメント (0)

2005/12/17

世田谷一家殺人事件再考その19

 この事件について、発生五年目を迎え、捜査本部で動きがあった。
犯人に目的は何か?といった問い掛ける事などもしている。これなんか今までの警察の捜査にはなかった事だろうね。
 また、捜査会議を公開したりしてるんだけど、これら一連の動きは何を意味しているのだろうか?、どうも捜査本部は事件を風化する事を防ぎたいと考えているようだね。

 それは悪い事じゃない。なにしろ、未だに犯人を絞り込めていないしね、このブログでもこの世田谷一家殺人事件についての記事も今回で19回目になる。犯人逮捕まで続けていきたい。

 さて、本題です。今回の目立った警察の動きに便乗してか協力してか、マスコミ報道から今まで私の知らない事実が報道されたので、メモして置きたい。
ちなみに、警視庁のこの事件についてのLINKはこちら未解決事件No.8事件ファイルです。

・犯人はビールを飲まなかった。
 事件当時被害者宅の冷蔵庫にはビールと麦茶、そして冷蔵庫の横の床にはペプシが10本程度置いてあった。その状況で犯人は麦茶を飲んでいる。

・犯人は食べたアイスのカップを几帳面に重ねていた。
 犯人は一家を殺害後に冷蔵庫にあったカップアイスを2つ食べているが、食べ終わったカップを二つ重ねている。犯人は以外に几帳面な性格のようだね。

・犯人はタバコを吸わない。
 この根拠を忘れてしまったけど、多分、現場に吸殻がなかったか、血液からニコチンが検出されなかったって事だろうね。

 これ以外にも何でも21項目の情報があるらしいが、上に書いた警視庁のリンクにはこのあたりが書かれてないのが残念だ。

 これらの追加情報から考えて、犯人は結構計画的にこの事件を行っていたのかもしれないと言う印象をもったよ。
 しかし、そうだとすると、カードを並べて暗証番号を推理していたなんてのが不思議だよね。そんなの、殺害する前に聞きだしていなければならないはずだもんな。

 このあたりから、考えると、やはり最初から殺害するつもりではなかったのではないかな?
 私の妄想的推理では、
犯人は借金を申し込みに被害者宅を訪問した、この時、断られた事を考えて、凶器の包丁をもって、脅し取ろうと考えていた。
いざ、借金を申し込むと、予想通り断られたが、この時言い争いになってしまった。
激した犯人は被害者を脅す事も忘れて被害者(旦那)を殺害してしまう。しまったと思ったが、事件を隠蔽する為に残りの家族も咄嗟に殺害するしかなかった。
 一家を殺害後に当初の目的だったお金を探して、家の中を探してみたが、思うような現金が見つからなかった。
 カードを発見したのだが、暗証番号が分からない為、被害者宅のPCの中のデータやその他、参考になる資料を集めて、推理していたのだが、結局朝となってしまった。
 隣の家の親戚が訪ねて来たため、慌てて被害者宅を飛び出した。

ってな所かな・・・とにかく、犯人の逮捕をまつだけですね。

| | コメント (0)

2005/12/15

栃木小1殺害事件の謎!その11

今回は犯人の住所または、殺害現場について考えてみたい。
実際のところ、警察でさえまだ、手がかりが無い状態のようなので、当然、私の妄想的推理になりますのであしからず。

まず、今回の事件で犯人の住所または殺害現場を考える上でのポイントとしては、

・殺害現場が自宅の場合とそうで無い場合
・高速道路を使っている場合とそうで無い場合

高速道路を使っているか?と言う点については、大沢小学校の地理的条件からの推理で特に決め手があるわけではありません。

この二つがポイントで組み合わせると4通りになる。

1)殺害現場と自宅が同一の場合
2)殺害現場と自宅が異なる場合
A)高速道路を使っている場合
B)高速道路を使っていない場合

 なぜ、こんな事が重要になるかと言うとこれも地理的条件を見ると分かる
今市、常陸大宮の全体地図高速道路路線図を見るとわかるが、拉致現場と遺棄現場の間を結ぶような高速道路は無い。
 これがどう言う事かと言うと遺棄現場に行く為には一般道路使わなければならないはず、つまり、どうしても一定の移動時間が必要になるわけです。

 ところが、拉致現場の近くには高速道路のICがあり、高速道路を使うと拉致現場には一般道路を使うよりも短時間に到着する事ができる。
 また、高速道路を使うと言う事は、IC以外では高速道路から降りれないわけで、IC近くに犯人の住居または殺害現場がある事になる。(それでも範囲は広いけどね)

 ここである法則が成り立つと思う。高速道路を使って拉致現場が遠方になると、遺棄現場への移動時間が長くなり過ぎると言うわけです。ここから、常識的な判断で犯人の住所または殺害現場が推理できるのではないか?と考えているわけです。
 しかし、高速道路を使わない場合と自宅と殺害現場が違う場合などは、もっと違う見方をしなければならないので、場合分けするわけです。

推理の前提条件と言うか常識的判断基準として
 ・殺害現場から遺棄現場までの時間距離は2~3時間
 ・同様に自宅と拉致現場までの距離も時間距離で3時間以内
と考えます。

1-A)自宅で殺害し高速道路を使っている場合
 先ほどの高速道路の経路図で高速道路での予想時間を見ると、宇都宮-大沢間が約10分、さらに、栃木県最北の那須-宇都宮間でも約40分で一般道の移動時間を30分と見ても1時間20分で拉致現場に到着できる。

 つまり、高速道路を使えば、高速道路沿いと言う条件が付くが栃木県全域が候補地になるわけだ。
 もう少し離れて、東京方面の三郷-宇都宮間だと4時間30分となる。一見遠すぎるようにも思えるが、常磐道の三郷-那珂間は1時間10分だから、高速道路を使えば大回りしても実は犯行が可能になる。

ちょっと、整理すると
 ・高速道路を使えば、栃木県北部から南部までの栃木県全域が犯行可能地域になる。しかし、栃木県北部は遺棄現場への移動時間が3時間ぐらいになりぎりぎりだね。
 ・高速道路を使えば、なんと外環道付近が住居でも犯行は可能になる。

1-B)自宅で殺害し、高速道路を使わない場合
 この場合は移動が一般道に限られる為、拉致現場、遺棄現場は一定の範囲以内に入る事になる。拉致現場への移動時間を考えると、犯人の自宅は宇都宮を中心として限られた範囲になるだろう。それでも、栃木県の半分は犯行が可能な範囲に入るだろうな。

2-A)自宅以外で殺害し、高速道路を使っている場合
 犯人が相当慎重な場合ですね、自宅から数10km離れた場所に殺害できる場所を確保していると言うのは、かなり現地の地理に詳しいとか、お金に余裕があって、殺害場所の貸家または別荘などを保有しているのだろうね。
 しかし、実際にはホントお金に余裕がないと難しいだろう。下見の為でも高速料金が片道7700円、往復で約15000円ですからね。

2-B)自宅以外で殺害し、高速道路を使っていない場合。
 この場合も十分に考えられる。多分、拉致現場、遺棄現場を両端とするような円の中に殺害現場がありそうだね。それでも、範囲はかなり広いな。
 また、この場合は自宅はその円の外でも十分に犯行は可能なわけだよ。1-B)と同様に宇都宮を中心に栃木の半分ぐらいが犯行可能範囲になるかな。

とま~こんな感じなんだけどさ・・・・あまり範囲は限定できてないけどさ
逆に範囲が広がってるけど・・・それが、今回のポイントかな(^^ゞ
ルートは一般道だけじゃないかも

もし、高速道路を使って、東京方面から移動していたとしたら、犯人は9時間も運転しているから相当疲れただろうね。
家についたら寝てしまったと言うのもありそうな話だね。

いずれにしても、全く根拠の無い妄想的推理でした。

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

2005/12/13

京都小6殺害事件の謎!その6

続報です。

・容疑者は塾の正社員の募集に応募していた。

う~ん、彼は法学部なんだよな。その方面には就職せずに、塾の講師になりたかったんだね。

やはり、塾の講師は彼にとって、相当大切な何かだったんだろうな。

それは何かわからないけどさ・・・・

参考リンク
京都小6殺害事件の謎!その5
京都小6殺害事件の謎!その7

| | コメント (0)

2005/12/12

京都小6殺害事件の謎!その5

続報です。容疑者の自供やその他の情報が入ってきました。

1)「被害女児がいなくならなければ、生きていけない」

2)「女児にキモイと言われそれが自分の中から消えない」

3)「誰にも見られたくなかった」「誰にも邪魔されたくなかった」

4)自宅では、時々「奇声」をあげる事があったようだ。

5)他の女子生徒をデートに誘うような事があったようだ。

こんな所なんですが、1)の「女児がいなくならなければ生きていけない」と言うのはどんな意味なんだろうね?

仮に女児とのトラブルが原因で塾の講師(アルバイト)を解雇されたとしても、名の通った大学で成績も優秀なんだから、別のアルバイトぐらいすぐに見つかると思うけどね。

また、塾の講師を辞めたく無いと言う可能性もあるけどさ、これも同じ理由で、他の塾や家庭教師だって、他に見つけられると思うのだけどね。

なんと言うか、「思い込みの激しい人」なのかな?
彼の人生の中で一番幸せな場所だったのかもしれないね。

塾で説明会があって、塾側に批判が出たようです。
「どんな基準で容疑者を採用したのか?」
ま~自分の子供を通わせる親の立場としては、言いたい所だけどさ。

逆の立場だったらどうだろう?
私が塾の経営者だったら?まさか、有名大学の生徒が教え子を殺害するような事はそれこそ夢にも思えないないよな。
学歴はあり、多分家庭もしっかりしている。そして、面接しても不審な点もなければ、「採用」してしまうのではないかな?

正社員が3人でのこり9人がアルバイトがまずいと言われても、正社員の数を増やせば、その分月謝の額に上乗せしなきゃならないしさ。これは難しいよね。

今回の事件を防ぐ事ができなかったのか?と言うのも考えてみたいけど。
正直難しいと思う。今回の事件は不幸な偶然がかなり重なっているように思えるね。

まず、彼が犯罪を犯そうとする事を事前に予見できる人間が彼の周りにいたのだろうか?

彼と過ごす時間の長い人間を挙げていくと
・家族
・大学の友人
・塾の同僚
・塾の生徒
多分この4種類の人がいると思うのだが、これらの人たちが全て今回の事件を予測する事ができていないよね。

女児とトラブルがあって、相性が悪いと知っていたのは被害女児と被害女児の親、そして、塾の人間だったけど、その人達もまさか、こんな事になるとは思っていなかったろう。

もし彼に親しい友人がいたら、この事件は防げたかもしれないね。なぜか?

正直仕事が上手くいかない事なんて、誰にでもある事でしょ?

そんな時でもさ、友人とお酒を飲んで、ぐちって、カラオケでもいけば大抵は気がはれるでしょ?

それに、言ってしまえば彼はただの「アルバイト」なんだもんな。よく言えば「責任感の強い人」だったのかもしれないけど。大学を卒業してもその塾に就職するつもりでいたわけでもないだろうに・・・なぜ、そこまで、講師にこだわったのか?

続報を待ちましょう。

参考リンク
京都小6殺害事件の謎!その4
京都小6殺害事件の謎!その6

| | コメント (0)

京都小6殺害事件の謎!その4

続報です。

1)事件後、警察に通報する前に父親に携帯電話で電話している。

2)凶器の包丁は事件の1週間前に購入し、ハンマーは1日前に購入していた。

今回の注目は通報する前に、父親に電話している点かな。

通報したのは、父親の勧めだったのかもしれないね。

参考リンク
京都小6殺害事件の謎!その3
京都小6殺害事件の謎!その5

| | コメント (0)

2005/12/11

京都小6殺害事件の謎!その3

ちょっと、唖然とする事件でしたが、少し冷静に考えてみよう。

1)女児を殺害するまでのプロセスに計画的な面がみられる。

2)執拗に傷を負わせており、十分に殺意が感じられる。

3)しかし、殺害後は自ら携帯電話で通報している。

4)動機については、未だ不透明な部分もあるけど、相性と言う言葉が出ている。

この事件の特徴はこんな所だと思う。

私がここで注目しているのは殺害はしたが、しかし、自分で通報している所です。
これはどういう事だろう?

つまり、殺害する事が最大最優先の目的で、その後、自分が逮捕されるとか、逃亡しようとか、言う事がすっぽりと抜けているような気がします。

例えば、これが何らかの経済的なメリットを狙った犯罪であれば、犯行後、自分が逮捕されないような工作をしているはずでしょう。そのあたりから考えると、「恨みを晴らせば、それでいい」と言うような、すごく感情的な犯行のように思えます。(それでいて、緻密に計画されている点が怖い所ではあるのですが・・・)

そう考えると、犯行前に凶器の準備、カメラの細工、部屋に鍵を掛けるといった、一連の行動がすごく計画的であるにも関わらず、犯行後は自ら通報している事がうまく説明できると思います。

この事件のポイントは犯人がなぜ、そこまで強い感情を被害女児に対して持ってしまう事になったのか?と言う事でしょうね。

容疑者は大学生で両親との関係が通常であるならば、経済的な問題はあまり考えられないと思います。つまり、女児の言動や行動により、経済的な不利益が生じそれを恨みに思ったと言う事は私は事件の原因にはなりずらいと思っています。

自分の稼ぎで生活しているのであれば、この点も原因になりうるかもしれないけどね。

いずれにしても、逮捕されているわけで、本人の口から真相を語ってもらいましょう。

参考リンク
京都小6殺害事件の謎!その2
京都小6殺害事件の謎!その4

| | コメント (0)

2005/12/10

京都小6殺害事件の謎!その2

続報です。

1)110番通報したのは容疑者の大学生だった。
2)容疑者はアルバイトの塾講師で同志社大法学部四年、23歳男性
3)当日はテストが行われていたが、二人は空き教室で内側から鍵を掛けた状態だった。
4)被害女児は全身数十カ所に傷があり、頸(けい)動脈が切られ、それが致命傷になったとみられる。暴行を受けた跡はなかった。
5)教室には刃渡り約十三センチの出刃包丁二本と金づちが落ちていた。
6)教室の様子を見るモニターの線が切断されていた。
7)容疑者はは平成十三年四月に入学し、十五年六月、京都府警に強盗致傷容疑で逮捕され、一年半の停学処分を受けていた。
8)被害女児は容疑者を嫌っており、容疑者の国語の授業を受けていなかった。また被害女児から「からかわれていた」との情報もある。

しかし、事前に凶器を用意していたと言うのは、最初から殺意があったって事なのか?
全身を十数か所も刺しているのだから相当感情的な部分があったんだろうね。
小学6年生にからかわれていたぐらいで、それが殺意に変わるのかな?

なんだろう、自分を制御できないって事なのか?もちろん、誰にでも感情があり、つい激してしまう事なんて事もあるけどさ。
大抵の人は殺意までは発展しないし、仮に殺意が生まれても、実行はしないもんだよね。

何かメンタルに問題でもあったのかな?

逮捕されているので、あとは自供を待ちましょう。

参考リンク
京都小6刺殺事件の謎!
京都小6殺害事件の謎!その3

| | コメント (0)

京都小6刺殺事件の謎!

10日午前9時頃、京都府宇治市明神石塚のビルの2階の学習塾でアルバイト講師23歳男性が教え子の小学6年12歳女児を包丁で刺殺する事件が発生。容疑者がその場で現行犯逮捕される事件が発生している。

容疑者の話では、朝から女児と二人だけで授業を行っていたが、口論となり、女児を刺した。話しているらしい。

・・・なぜ、口論になったぐらいで刺すんだ?
・・・なぜ包丁を持っているんだ?

なんと言うか、私の中にある常識と言う物がなんだか、意味の無い物のように思えてくる。
23歳ってさ、もう大人だよね?
最近の成人式の馬鹿げた行動をみると、8割引きぐらいで考えないとダメなのかな・・・
でもさ、23歳ってのは大学を卒業して就職する新人がその年齢って事で、イヤでもその人達と仕事をする事になる人は日本には沢山いるんだよね。

参考リンク
京都小6殺害事件の謎!その2

| | コメント (0)

2005/12/09

栃木小1殺害事件の謎!その10

続報です。

・女児の死亡推定時刻は2日の午前3時ごろであった。

そろそろ、情報も出てこなくなってきたな。

今回は死亡推定時刻について考えてみる。この時間が何か意味があるのか?って事を考えるとね、拉致されたのが1日の午後3時頃なわけで、拉致後、殺害までは12時間も掛かっているって事なんだよね。

それがどうかしたの?素朴な疑問だけどさ、その間、犯人は何をしてたのさ?

多分、拉致後3時間もあれば、犯人の自宅か殺害場所にたどり着けると思わないかい?

犯人は拉致した女児を目の前にして、9時間も何をしてたんだろう?これまでの報道では、いたずらされた様子は無いとの事だし。

かと言って、報道されているように、犯人の車で連れまわされたってのも変でしょ?犯人は女児と車でブラブラとあてもなしに、ドライブして満足してた?そんなわけないだろう。

(仮に車で6時間もドライブしていたのなら、一度は給油してるんじゃないかな?それは警察の捜査を待ちましょう)

もし、そうだとしたら、この事件は突発的な事件で、殺害場所を犯人は考えていなかったと言う事になるよ。そんな出たトコ勝負の犯行には思えないな。

と言うわけで、私の妄想的な推理では、犯人は殺害場所に早い時間に到着していたと思います。そこで、女児を監禁していたと思うのですが・・・それでは、女児を目の前にして、犯人が何もしていないって事の説明ができない。

犯人は何もしなかったのではなく、何もできない状態だったとしたら?

ずばり、犯人は「仕事」をしていたのではないだろうか?つまり、夜の仕事と考えると、意外に多くの事が説明できる。

1)昼間に拉致現場の下見をしたり、昼間に拉致を実行できるのは、昼間は仕事をしてないからだよ。

2)午前3時に殺害しているのは、夜の仕事から帰ってから殺害したからだよ。

犯人の行動としては、拉致後、2から3時間程度で殺害現場に到着、女児を拘束監禁して、夜の仕事にむかう。そして、午前1時頃に仕事を終え、殺害現場に帰る。これが午前2時ごろ、それから、殺害の準備をして殺害。

殺害後、後片付けをしつつ、遺体を放置し、血液が抜けるのを待つ。約1時間後に遺体を車に乗せて、遺棄現場へ移動。遺棄現場までは2から3時間で到着。

ってのが私の妄想的推理です。なぜ、遺棄現場まで3時間と考えているかと言うと。いくら人気のない所とは言え、やはり、遺棄の現場を目撃されないようにしたいと思うのが、犯人の心理じゃないだろうか?だとしたら、日の出前の薄暗い時間に遺棄したいと考えても不思議じゃないと思うわけです。

ま、これも全く根拠の無い妄想的推理です。警察の捜査を待ちましょう。

| | コメント (3)

2005/12/08

栃木小1殺害事件の謎!その9

まずは続報です。

1)女児の右頬に殴られたと思われるアザがある為、犯人は左利きの可能性がある。

2)遺棄現場の林道に残っていたのは動物の血だった。

3)胸の傷は12箇所で規則正しく、つけられていた。

こんな所かな、傷の具合や殺害時の女児の状態などから、大方の見方として、快楽殺人と言う見方が支配的のようですね。

さて、今回は犯人にとって、遺棄現場がどんな場所なのかと言う事を考えてみたい。つまり、犯人は遺棄現場をどんな理由で選択したのだろうか?

今回の事件は計画的な犯罪だと思う。犯行がスムースだからね。そんな犯人だから、遺棄現場を選ぶにもそれなりに理由があったはずだよ。ちなみに、遺棄現場は捜査をかく乱する事が一つの目的だったと私は考えています。

まず、犯人は遺棄現場を何らかの理由で事件以前に知っていたわけだよね。とりあえず、適当にドライブして人気の無い場所で遺棄しようと言うタイプの犯人じゃないだろう。まして、検問にでも掛かって、車内の遺体を発見されたら、元も子もない。

そんなわけで、ある土地を知っているってのはどんな場合か考えてみよう。

1)昔、住んでいた事がある。

2)昔、仕事をした事がある。

3)友人知人、親戚が住んでいる。

4)遊びに行った事がある。

とこんな所かな・・・この中で知り合いが居る場所ってのはどうだろう?遺体を遺棄する前後で偶然にでも知り合いに目撃されたりしたら、かなり困った事になるよな。知らない人が横切っても気にならないが、知っている人を見かけたのなら、かなり記憶に残るからね。

そんなわけで、知り合いが多く居る場所ってのは、遺棄現場としては選びにくいだろう。

また、10年前に一度行った事がある場所なんてのも、無いと思うな。現在がどんな状況なのか、把握している場所でないと、行ってみたが、民家や交番の近くでは話にならない。

このあたりから、犯人は遺棄現場を年に数回は訪れているのではないだろうか?それでいて、知り合いなどは殆どいない場所を遺棄現場に選んでいると私は考えている。

それってどんな場所だよ?

遺棄現場の地図はこちらを参照してください。

ぱっと見て、目に付くのは、近辺にゴルフ場が多い事。それから、久慈川と那珂川だな。

また、常陸大宮市のHPはこちらを参照してください。

大宮地域の観光ガイドを見たが、特に目立つ物は無いようだ。私としては、那珂川、久慈川の鮎釣りってのが気になるけどね。

まずは、ゴルフ場か・・・ゴルフに来た事がある?しかしな、ゴルフ場からは外れたポイントだと思うし、流石に看板とかで案内してるし、ナビにだって出るでしょう。偶然見つけるような場所でも無いと思うけどね。

山菜取りに?そんなの栃木側にだって沢山ポイントはあるし、こんなに遠くまではこないだろう。

本命の鮎釣りだけど・・・確かに川はあるが、那珂川、久慈川には離れすぎてるよね?もう少し拡大してみると、拡大図こんな感じで近くに細い川が流れている。

現場を見ていないので分からないけど、もしかして、この川に何かあるのか?・・・渓流釣りか?

栃木にも那珂川が流れていて、鮎釣りが盛んだけど、釣り人は結構遠くまで釣りに行くからね。とは言え、鮎釣りにしてはポイントがずれているような気がする。

犯人が逮捕されれば、このあたりの理由もわかるかな・・・

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

栃木小1殺害事件の謎!その8

まずは、続報です。

1)凶器は竹細工で使用される特殊な刃物の可能性がある。

2)遺棄現場に、女児のO型以外の血液が見つかった。(犯人が殺害時に自分も怪我をした可能性がある)

3)事件の前に被害女児が目の綺麗なお兄ちゃんと待ち合わせを近くのスーパーの駐車場を行っていたとの情報あり。

だいぶ、キーワードが揃ってきたね。次は犯人の洗い出しのステップでしょう。

そこで、今回は犯人が大沢小学校の生徒を狙うと決めてから、どうやって、被害女児にターゲットを絞ったのかについて考えてみよう。

女児の葬儀には学校の生徒180人が参列との報道があったが、大沢小学校には、少なくとも100人以上のターゲットになりうる生徒がいたわけで、どんな理由で犯人はターゲットを1人に絞ったのだろうか?

理由として考えられるのは

・通学路に人気が無く、犯行を目撃される可能性が低い児童

う~ん、これだけか(ーー;)

殺害するのが目的なので、経済的な貧富の問題は無いし、男女も関係ないだろう。面識があっても無くても、関係ない。

だとしても、その条件に合致する児童は他にも居たはずだよね。そもそも、100人以上の児童の後をつけて、通学路を確認するなんてのはムリだろ。

どこで、女児の事を知ったのだろうか?地図を見ると、女児の住所の木和田島は有料道路を挟んで、学校の反対側にあたる。ICの近くで寂しい場所を通る児童を狙った?

山を張った場所を児童が通るかどうか、分からないもんな・・・空振りの可能性だってある。

ま~事件前から不審者の目撃情報があったから、何度か下校時刻にそのあたりを下見していた可能性はあるけど、それでも、うまく、HITする可能性は低そうなんだよね。

今回の事件がある程度、計画的な犯行だったとしたら、ターゲットの選定において、事前の準備があったと思うわけです。

最初に地域を決めていたとして、どの場所で拉致するかの選定には当然、ターゲットの通学路に合致しなければならないはずだもんな。

だから、少なくとも犯人はその場所を通学路にしている児童がいると言う事を知っていたと思うわけです。

それが、下見による物なのか?それとも別の情報だったのかは今の所分からないけど、もし別の情報だったとしたら、それは、「住所情報」だったのじゃないかな?

学校の住所はわかっているのだから、児童の住所がわかれば、通学路は地図の上である程度推測できる。それをもとに現地で下見をして確認した。ってのが一番スマートな計画だよね。

もし住所情報を犯人が事前に入手していたとしたら、それは何だ?

ま~、とにかく犯人を逮捕してからでないと、このあたりは分からないかな・・・

続報を待ちましょう。

| | コメント (2)

2005/12/07

栃木小1殺害事件の謎!その7

続報です。

1)遺体から唾液と見られる付着物から口の粘膜組織を採取された。(DNA鑑定、血液型が調べられる)

2)殺害時刻は1日夕以降と思われる。

3)傷の幅が一定で凶器は一種類と思われる。

4)遺体が発見されたのは、2日の午後2時頃

5)遺棄現場から犯人の物と思われる足跡(運動靴)が発見されていた。(一種類なので単独犯かもしれない)

6)日光有料道路の大沢ICの映像には女児は映っていなかった。

7)口にもガムテープが張られた痕があった。(手足を縛り、猿ぐつわをしていたって事だね)

8)「黒い車」の不審な目撃情報があった。

こんな所かな。

6)のICの映像の件だけど、逃走には日光有料道路を使わなかったかもしれないが、入りには使っているかもしれないので、引き続き調査が必要と思うね。少なくとも、データは保管しておくべきでしょう。できたら、他のICの映像も保管しておくと更に安心なんだけどな。

また、犯人はかなり体力があるタイプだね。遺棄現場で多分女児でも20kgぐらい体重があったろう。それを何十メートルも抱えて、運び、更に急な斜面を女児を抱えたまま降りているようだし。

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

栃木小1殺害事件の謎!その6

今回は犯人がなぜ、女児をターゲットに選んだのか?について考えてみる。

osawa 左の図は小さいが、被害女児の小学校を中心(赤点)に周りの小学校の位置を白点でプロットした物です。見て分かるとおり、大沢小学校の周りにも10km以内に少なくとも3つの小学校がある事がわかる。車で移動すれば10分程度の範囲のはずだ。

なぜ、犯人は被害女児をターゲットに選んだのか?これを見ると、どうやら、近くの大沢ICを使う事を想定しているように思えるね。

これが、拉致後の逃走の為なのか?それとも、ターゲットを絞り込む為に現場に通うのに都合が良い為なのか?が問題かな。

もし、犯人がターゲットを選ぶ為に都合が良いので、大沢小学校の生徒を選んだのだとしたら、犯人は宇都宮日光有料道路を使って、拉致現場に通っていた可能性が高いと思う。

しかし、まてよ、この有料道路のICは他にもあるし、大沢小学校のように、ICの近くにある学校だってあるよ。図の左上の方の今市市街にも小学校があり、ICにも比較的近いね。

また、遺棄現場を遠方の茨城にした理由もひっかかる・・・・

もし、遺棄現場を茨城に選んだ理由が、捜査のかく乱が目的ならば、反対方向が殺害現場かもしくは、犯人の住居って可能性があるね。

いずれ、警察の捜査が答えを出してくれるだろう。

さて、最後に今回の事件で、栃木県警の能力が無いとかのネットの書き込みを見たが、ちょっと的外れな感じがするな。どうやら広島事件が比較的早期に解決したのに、栃木の事件が長期間かかるようなら、能力を疑うと言う事らしいが・・・

広島と栃木の事件を同じ物と考えてしまっては、栃木県警が気の毒と言うもんだろうな。

現地でも一番怪しい人間で、目撃情報もあった広島事件と、多分計画的に拉致殺害している栃木の事件では、似たような事件だけど、内容が全く違うよ。

栃木県警もがんばっているし、成果も出ている。結論を出すのはまだ早いよ。

捜査関係のみなさん、寒い時期ですが、捜査がんばってください。

| | コメント (0)

2005/12/05

栃木小1殺害事件の謎!その5

続報です。

1)遺体から犯人の汗と思われる成分が検出された。(DNA鑑定が可能かも)

2)遺体の頬の部分には殴られたと思われる皮下出血があった。

3)遺体の血液は殆ど無い状態だった。

4)遺棄現場に通じる、山道に複数のタイヤの後が残っていた。

5)11/28から30に掛けて、「犯罪予備軍ロリコン」のハンドル名で掲示板に犯罪の予告と思われる書き込みがあった。(書き込みは6回だったらしい)28日午後0時23分、同35分、11時46分、30日午後4時55分。

6)遺棄現場付近を白いワゴンが低速で2日午前8時頃に目撃されている。

7)遺体の手足に縛られた痕があった。

8)胃の中は殆ど空だった。(つまり1日の昼食が殆ど消化されていると言う事)

とこんな所かな。掲示板への書き込みはちょっと、別じゃないかな?と思ってたりします。もし犯人の書き込みなら、犯行後にも書き込みがあるはずでしょ?この書き込みは広島の騒ぎに便乗して書いた物だったけど、実際に類似の犯行が起きた為に、ビビって後の書き込みができてないって事じゃないかな?まったくの憶測ですけどね。

今回の情報から、犯人は女児が逃げたり暴れたりしないように、手足を縛っていた事がわかる。つまり殺害するまでのあいだ、縛っていた事になるわけだ。また、頬を殴っている事も分かった。

容疑者を洗い出すにはやはり、移動に使った車が一番大きな手がかりかな。

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

栃木小1殺害事件の謎!その4

続報です。

1)最後の食事は1日の学校給食だった。(以前の報道内容と食い違うけど)

2)日光宇都宮有料道路の大沢料金所のカメラに白いワゴン車に乗った男性と被害女児と見られる映像が残っていた。

3)殺害に使用した凶器は細長い特殊な刃物で一般の家庭では使われる物ではない。

4)女児の傷は胸に集中し12箇所におよんでおり、他に刺す所が無いぐらい異様な状況だった。

5)いたずらされたような痕跡はなかった。

さて、凶器が特殊な物との事から、入手経路から犯人を追い詰められるでしょう。また、移動経路の解明も時間の問題だね。

ここで、注目は最後の食事が給食だったって事といたずらの痕跡が無いと言う事。情報が錯綜しているかもしれないが、これが本当ならば、女児は拉致後の意外に早い時期に殺害されている事になり、その上、いたずら目的ではなく、殺害する事が目的となる。

最後に長野でも3日に子供が失踪しているけど、まさかだよな・・・2日に犯行を終えたばかりで3日に次の犯行って事はないよね・・・

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

栃木小1殺害事件の謎!その3

今回は遺体の遺棄現場と拉致現場が60km以上離れている点について考えてみよう。

実は、遺体の遺棄現場が離れている点は不思議な事じゃない。問題は場所とその目的だろうね。今回の場合は人気のない場所に遺棄して、事件その物を隠蔽する事が目的だったと思う。

そうすると、一つ疑問がうかぶ。なぜあの場所じゃなきゃダメなんだ?

つまり、遺体を隠そうとするのであれば、拉致現場の栃木県の今市と言う所はもう少しで、日光と言う場所で、山林ならいくらでも近くにある場所なんだよね。

例によって場合わけして考えよう。

1)犯人の住所が拉致現場や遺棄現場から離れている場合。

この場合も十分考えられる。なぜなら、自分を捜査範囲に入れない為には、自分の住まいから離れた場所で犯行を行おうと考えるのは自然な事だからね。ただし、この場合はターゲットの選定をどうやったのか?ってのがまた別の問題になるけどね。わざわざ遠方からターゲットを選定する為に拉致現場に通う事になるんだよね。

2)拉致現場の近くに住んでいる場合。

この場合はターゲットの選定が楽だ。しかし、近所で失踪事件があれば、捜査範囲に入る可能性は大きくなる。また、女児に面識があったりすると、そりゃ大変だよね・・・・

3)遺棄現場の近くに住んでいる場合。

これはどちらかと言うとあまり、犯人にとって、有利ではないと思うな。なぜか?それはターゲットの選定に手間がかかるし、遺棄現場に近い事で捜査範囲に入ってしまう事になる。かと言って、今回の場合は、遺棄現場がかなり人気の無い場所で、場所を知らずに入り込める場所じゃないだろうな。

今回は犯人が拉致現場の近くで遺棄しなかった事が注目される点だよね。

それは、栃木内で都合のよい遺棄現場を知らなかったからなのか?それとも、知っていて、あえて、遺棄現場に選ばなかったのか?

知らなかったのであれば、知っている場所に遺棄すれば良い事で、自然だよな。しかし、知っていてあえて、遺棄しなかったのであれば、それには理由があるだろう。その場合は、拉致現場と遺棄現場が同じ地域にあるとなれば、捜査範囲はこれらの地区に集中する事になるよね。それを犯人が嫌ったと考える事もできるかな。

いづれにしても、今回はこの移動距離が長い事で犯人は不利な状況を作っている事に違いは無い。Nシステムが役に立つはずだ。

続報を待ちましょう。

| | コメント (1)

2005/12/04

栃木小1殺害事件の謎!その2

続報です。

1)死因は心臓に達する刺し傷で、ほぼ即死状態だったとの事。

2)検死の結果、死亡推定時刻は1日午後から2日の朝との事。

3)胃の内容物から給食以外の食べ物が検出されている。この事から拉致後に犯人から食べ物が与えられていた可能性が高い。

4)遺体が発見された場所と県道の間には300mに渡って、血痕が発見された。

5)不審者情報としては、1週間前から不審者が目撃されていた。

6)目撃されていた、不審な車は「白」だった(前回の訂正です。)

とこんな所かな。今回の注目は3)の拉致後、犯人が食べ物を女児に与えていると思われる点だね。最初から殺害する事が目的なら、食べ物を与える必要は無いだろう。その為にコンビになどに立ち寄る事になれば、目撃情報を残す事にもなりかねない。しかし、複数回にわたり胸を刺している事から強烈な殺意を感じる。

そもそも、女児は何処で食べ物を食べたのだろう?女児が最後に食べたのは1日の昼の給食だろう。そうすると、確かに1日の夜には空腹になって、食べ物をねだっていてもおかしくない。しかしそうすると、女児は犯人と会話ができる状態だったって事なんだよな。

普通無理やり拉致されたら、子供でも暴れたり、叫んだりするだろう?その為に猿ぐつわや、手足を縛ったりと言う事になる。今の所の報道では、手足を縛られていた痕跡があったとの報道はない。

すると、女児は普段の状態で車や屋内にいた事になるわけで、犯人が言葉巧みに女児を連れ出していた可能性が高いのかな?そうなると、犯人は意外に女児に対して優しく接していた可能性があるって事だよな。

それともう一つ、犯行日時なんだけど、行方不明になったのが1日(木)で遺棄されたのが2日(金)の早朝って事でしょ?両方とも、平日なんだよね。普通に考えて仕事はどうしてるんだろう?って疑問が起きないかな?また不審者の目撃情報も1週間前からあったって事だから、犯人は無職か、相当時間が自由になるような仕事って事が考えられる。

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

2005/12/03

栃木小1殺害事件の謎!

まさか!と思っていたが、残念ながら最悪の結果になってしまった。

12/1の午後2時50分頃、学校の下校途中で行方不明になっていた。小学一年の女児7歳が茨城の山林で遺体で発見された。

まずは、情報を整理すると

1)事件の発生は12/1の下校途中で自宅から1kmの所で友人と分かれたところで行方不明になっている。この付近は人通りの少ない場所だった。

2)同日の夕方に、警察に捜索願いが出され捜査が開始された。

3)女児の学校からの情報では、前日の11/30にヒゲをはやして眼がねを掛けた人物が現場付近で女児に声を掛けている所を父兄に目撃されている。また、付近に黒のセルシオが止めてある事が何度か目撃されている。

4)遺体が発見されたのは茨城県常陸(ひたち)大宮(おおみや)市三美(みよし)の山林内女児の自宅からは約65kmも離れている。

5)遺体は全裸で着衣や眼がね、靴などの持ち物も現場からは発見されていない。

6)胸に複数の刺し傷があり、口からも血が流れていたらしい。

なんだか、怒りすら感じてしまう事件だが、冷静に考えよう。

まず、第一に犯人の動機はなにか?現在の所、女児の司法解剖の結果が出ていないので、はっきり分からないが、いたずら目的で拉致し、拉致後、顔を見られた為に殺害したと言うのが有力かな。

もう一つの可能性としては、事件のタイミングが非常に気になるよ。広島の事件がこれだけ大々的に騒がれている中で、なぜこのタイミングで犯人は犯行を行ったのだろうか?「世間を騒がせてみたい」といった事が動機だったら、絶対に許せないけどな。

第二に遺体の状況を考えると。

A)遺体が全裸で、持ち物が発見されていないのは、犯人が遺体の身元を隠す為だろう。

B)また、遺棄された場所も普段は人が入るような所ではない所なので、強く事件の隠蔽を意識した物と思われる。

C)遺体が発見された場所が60km以上も自宅から離れている事から、犯人は車で移動していると思われる。

D)胸に刺し傷があるのが疑問な点ですね。なぜか?犯人が成人男性と仮定すると、小学1年の女児に対して圧倒的に体力に差があり、まず、女児の行動を支配できたはずで、わざわざ、刺殺する必要は無いはずだし、また、刺殺するのが目的なら「複数の傷」と言うのもおかしい。この点からは「快楽殺人」の匂いもする。

あとは続報を待ちましょう。

いずれにしても、今回、偶然だが遺体が早期に発見された事で犯人を追い詰める証拠が多数発見されたのは、犯人逮捕にかなり有効に働くはずだ。

| | コメント (2)

2005/12/02

世田谷一家殺人事件再考その18

続報です。
事件当時、被害者宅の2階の居間のソファーの上に被害者夫妻のキャッシュカードや免許証、手帳などが並べられていたらしい。
警察が、金目当ての犯行と考えている根拠はこのあたりからなんだろうね。
たしかに、暗証番号を探していたようだけど・・・
この犯人は意外に気が長いタイプだよね。

普通さ、窃盗目的なら、足の点かない、現金を狙うのが定番でしょ。
最初からカードを狙ったのなら、暗証番号を聞き出してから殺害するよな?
それに、暗唱のいらない、通帳はどうなんだろ?

貴金属は被害はなかったのかな?
結構貪欲に物色しているようだし、婦人の指輪ぐらいあったと思うのだが・・・
盗品を現金化しているのであれば、それからたどれるかもしれないね。

それから、手帳や免許証を調べようとした点から、警察は犯人は漢字が読めるぐらいの日本語の知識があったようだと考えているらしい。
この点は私もインターネットの日本語サイトを見ている点からそう推理していましたけど、なんか今更って感じだな。

最後に、この報道を見て驚いたけど、「ホントに逮捕して、裁判を行うつもりがあるのかな?」
今回の報道ってさ、まさに「犯人しか知らない事実」ってやつだろ?
大丈夫かな・・・・頼みますよ。
まあ、指紋、血液型、DNAと犯人を特定する決定的証拠があるからかもしれないけどね。

| | コメント (0)

2005/12/01

広島女児殺害事件の謎!その18

容疑者、女児殺害を自供!

さて、逮捕された容疑者ですが、女児の殺害を自供したようです。報道によると、アパート前を通りかかった、女児に声を掛けたところで、アパートの階段付近で殺害、女児をその場に置き、部屋からコンロのダンボールを持ち出し、梱包して近所の空き地に遺棄したとの事だ。

また、女児に声を掛けてから、気が付くと女児が横たわっていた。何が起きたのか分からない。とも言っている。

逮捕当初、否認していたのだが、昨夜、女児が夢にでてきて、神に祈ったら、体から悪魔が抜けたとして、一転自供する事になったらしい・・・・

それから、彼の部屋を捜索した時には、問題のコンロが台所にあるはずが、部屋の物入れの中に隠されていたとの報道もある。

正直、現在の情報だけでは、何がホントで何が嘘なのかわからないね。

私として、遺体の梱包と遺棄を認めた点でこれ以上、嘘をつく必要は無いと思う。また、覚えていないと言うのもあながち、嘘でもないかもしれない。(メンタル面で問題があったのかもね)

とも思うのだが・・・しかし、これまでの行動の殆ど全てが証拠隠滅を強く意識しているよう思えて、本当なのか?と言う疑念はまだ捨てきれない。

いづれにしても、まだ少し冷却期間が必要だろう、本人にとっても、遺族や社会にとってもね。

そういえば、彼の母国ペルーでの報道はちょっと行き過ぎじゃないかと思うけどな・・・

犯罪を犯したのは本人で、家族を取材するってのはどうかな?と思うのだが・・・

なんでも、ドアを開けて家の中に入ろうとする、地元記者までいるそうで・・・

ま~タリウム事件の時を思い出せば、耳の痛い報道機関もあるだろう。

今は家族をつるしあげるより、何が彼をそこまで追い詰めてしまったのか?を考えるべきじゃないかな。同じような境遇の人間は日本にあとどのぐらいいるのか?ってのもあるしさ。

| | コメント (0)

広島女児殺害事件の謎!その17

容疑者のDNAが遺体から検出したDNAと一致!

どうやら、予想通りの展開ですね。警察の追及に対して容疑者は「事件があった時には、職探しのため、親族のいる広島県呉市や三原市などに電車で行っており、現場周辺にはいなかった。不当逮捕だ」とアリバイを主張しているそうだ。

また、ダンボールについては、同型のコンロを購入した事を認めた上で、「事件当日の朝、家庭で出た小さなごみを入れ、所定のゴミ置き場に捨てた」と主張しているらしい。

アリバイを主張するのも予想通りだけど・・・・なんだか、トレインミステリーみたいになってきたな。事件当日、何時に広島市に居た証拠がある。それでは、現場からの移動時間から犯行は不可能と言う論法をとるつもりなのかな?

マジで?電車で移動した事を偽装して、実は他の方法でより早く広島に到着してるのかな?でも、その場合は車しかないだろう?だとしたら、日本の誇るNシステムに引っかかっている可能性があるな。

ダンボールについては、妥当な言い訳でしょうね。予想外に自分の指紋が出ていたとしたら、自分の物では無いと主張した場合、明らかに嘘と判断されて、裁判では不利になりそうだからね。

あとは、自白を待つばかりだね。

| | コメント (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »