« 世田谷一家殺人事件再考その19 | トップページ | 繰り返された凶行 »

2005/12/19

時効の行方

札幌信金OL殺人が時効へ 指名手配の男、15年逃亡

確かに、時効になったが、果たして彼はこのあと、世間に復帰できるのだろうか?

確かに法により罰せられる事は無くなったかもしれないが、それでも、社会的な罰はこの先も受ける事になるだろう。それも、無期限にね。

多分、自首していれば、1人の殺害だったのだから、15年もあれば出所できのではないかな?

逃亡中でも本名は使えないわけで、それこそ、正社員と言った仕事には付けなかったろうし、人間関係も深い物は作れなかったろう。

以前に保険詐欺事件で自分自身が死亡した事にした男がいたが、彼は孤独に勝てずに、妻に接触してしまい、事件が発覚してしまったなんて事もあった。

逃亡した15年の代償は犯人にとって、どんな物だったのか。もし犯人の手記やドキュメントが出れば読んでみたいね。

|

« 世田谷一家殺人事件再考その19 | トップページ | 繰り返された凶行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷一家殺人事件再考その19 | トップページ | 繰り返された凶行 »