« 栃木小1殺害事件の謎!その7 | トップページ | 栃木小1殺害事件の謎!その9 »

2005/12/08

栃木小1殺害事件の謎!その8

まずは、続報です。

1)凶器は竹細工で使用される特殊な刃物の可能性がある。

2)遺棄現場に、女児のO型以外の血液が見つかった。(犯人が殺害時に自分も怪我をした可能性がある)

3)事件の前に被害女児が目の綺麗なお兄ちゃんと待ち合わせを近くのスーパーの駐車場を行っていたとの情報あり。

だいぶ、キーワードが揃ってきたね。次は犯人の洗い出しのステップでしょう。

そこで、今回は犯人が大沢小学校の生徒を狙うと決めてから、どうやって、被害女児にターゲットを絞ったのかについて考えてみよう。

女児の葬儀には学校の生徒180人が参列との報道があったが、大沢小学校には、少なくとも100人以上のターゲットになりうる生徒がいたわけで、どんな理由で犯人はターゲットを1人に絞ったのだろうか?

理由として考えられるのは

・通学路に人気が無く、犯行を目撃される可能性が低い児童

う~ん、これだけか(ーー;)

殺害するのが目的なので、経済的な貧富の問題は無いし、男女も関係ないだろう。面識があっても無くても、関係ない。

だとしても、その条件に合致する児童は他にも居たはずだよね。そもそも、100人以上の児童の後をつけて、通学路を確認するなんてのはムリだろ。

どこで、女児の事を知ったのだろうか?地図を見ると、女児の住所の木和田島は有料道路を挟んで、学校の反対側にあたる。ICの近くで寂しい場所を通る児童を狙った?

山を張った場所を児童が通るかどうか、分からないもんな・・・空振りの可能性だってある。

ま~事件前から不審者の目撃情報があったから、何度か下校時刻にそのあたりを下見していた可能性はあるけど、それでも、うまく、HITする可能性は低そうなんだよね。

今回の事件がある程度、計画的な犯行だったとしたら、ターゲットの選定において、事前の準備があったと思うわけです。

最初に地域を決めていたとして、どの場所で拉致するかの選定には当然、ターゲットの通学路に合致しなければならないはずだもんな。

だから、少なくとも犯人はその場所を通学路にしている児童がいると言う事を知っていたと思うわけです。

それが、下見による物なのか?それとも別の情報だったのかは今の所分からないけど、もし別の情報だったとしたら、それは、「住所情報」だったのじゃないかな?

学校の住所はわかっているのだから、児童の住所がわかれば、通学路は地図の上である程度推測できる。それをもとに現地で下見をして確認した。ってのが一番スマートな計画だよね。

もし住所情報を犯人が事前に入手していたとしたら、それは何だ?

ま~、とにかく犯人を逮捕してからでないと、このあたりは分からないかな・・・

続報を待ちましょう。

|

« 栃木小1殺害事件の謎!その7 | トップページ | 栃木小1殺害事件の謎!その9 »

コメント

残忍さが、浮彫りになってきましたね。

即死致死にいたるまで、心臓を刺すとは

女児は、帰り道、いつもお婆ちゃんのお迎えがありました。

その日に限って、いかなかったから、事件になったようです。

女児と顔見知りとすると

犯人「あれ、今日は、お婆ちゃん来ないんだ。じゃあね、車で、おうちまで、送ってあげるよ」

投稿: sadakun_d | 2005/12/08 23:03

いつもはおばあちゃんが迎えにきてくれてたんですね。情報ありがとうございます。
しかし、そうすると、逆に突発的な犯行と言う事になるんだよね。
計画的な犯行なら、いつもおばあちゃんが迎えに来るのでこの子は拉致できないと考えてもおかしくないし。
計画的な犯行だとしたら、おばあちゃんがその日来ないことを知っていたと考えられるし。
車に乗せると言う意味では顔見知りの方が警戒されないと言うのはあるね。

投稿: ASKA | 2005/12/08 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 栃木小1殺害事件の謎!その7 | トップページ | 栃木小1殺害事件の謎!その9 »