« 栃木小1殺害事件の謎!その12 | トップページ | 未来予測能力 »

2006/01/30

栃木小1殺害事件の謎!その13

前回の記事で、遺体の遺棄の状態から、犯人は事件の隠蔽をする事を強く意識していなかったとしたら。また一つ疑問が浮かぶ。

犯人が遺体が発見される事を前提に考えているとしたら、女児の着衣はどうだろう?

女児は発見された時、全裸だった。着衣やランドセルと言った女児の持ち物は発見されていない。この点に私は疑問がある。

つまり、女児の遺体が発見される事を前提に考えているならば、女児の着衣や持ち物を隠す必要が無いのではないだろうか?着衣や持ち物から女児の身元を隠そうとしたのなら、やはり、発見されにくい方法で遺棄するだろう。遺体が発見されればその時点で行方不明で背格好が同じ女児が第一に候補になる事は予想できるよね。
だから、着衣を隠す必要は無いわけだ。

それに、リスクの問題で、遺体を遺棄するリスクと、持ち物を処分するリスクの二つを負うなら、遺体と持ち物を同時に遺棄した方がリスクは低いでしょ?一回分なんだから。手間も一度で済むしね。
遺体を遺棄した以降、持ち物を保管する必要はないよね?

また、普通に考えると、刺殺後に遺体から着衣を脱がすよりも、着衣を脱がせてから刺殺した方が作業が楽だろうね。まして、血液の付着した着衣を不用意に処分すれば、それを不審に思った人間に通報される恐れさえある。着衣を処分するにしても、着衣には血液は付着していない方が処分しやすいはずだね。この点から着衣は殺害前に脱がせていたと考える方が自然だと思う。

犯人はなぜ、別々に処分しようと考えたのだろうか?

あるいは単純なミスかもしれない。しかし、この犯人はそんなケアレスミスをするとも思えないんだけどね。

もし、同時に遺棄する事ができない理由があったとしたら?理由を列挙してみると

1)犯人を特定する情報が着衣や持ち物に付着していた。遺体の遺棄を優先した為、後で持ち物を処分しようと考えた。

2)犯人のコレクション(戦利品)として保存しようと考えている。この場合、マジな快楽殺人が疑われるのですが、その場合もランドセルは危険すぎるだろう。
例えば独身男性の部屋の押し入れにランドセルがあれば誰でも不審に思うだろうな。
この犯人がそんなリスクを犯すとも思えないので、多分この場合でも、目立たない物を残して残りは処分しているだろうね。

3)殺害は隠したままで、持ち物を利用して身代金を要求する。確率は低いような気もするが、遺体が発見されなければ、営利誘拐も疑われる状況だよな。その場合、殺害方法が残忍すぎるのが、腑に落ちない点ではあるけどさ。

この3つぐらいだろうか。いづにしても、栃木に限らずローカルな場所ではゴミの野焼きなどはそれほど、珍しい事でもないし。隠す山林、流す川は幾らでもあるからね。既に処分されていたとしたら、犯人が自供しない限り発見は難しいかもしれないね。

|

« 栃木小1殺害事件の謎!その12 | トップページ | 未来予測能力 »

コメント

犯人の住所を4角形にして特定してみました。
効率的な操作方法は考え付きました。
この犯人も早く捕まえたいです。

投稿: 通りすがりの者 | 2006/01/30 10:05

それはぜひ、おしえてほしいですよ
発生から2ヶ月、なんとしても逮捕したいですね。ただ、この事件は車を使って長距離を移動しているので、結構範囲も広いですよね。

投稿: ASKA | 2006/01/30 22:42

私の推理では、概略のみ掲載します。
犯人の住まいは誘拐場所よりは死体遺棄場所に近いと思います。
それから、誘拐に行くときは必ず高速を使っていると思います。
殺害場所は、ずばり自宅だと思います。

投稿: 通りすがりの者 | 2006/01/31 20:47

以前、栃木の事件を少し解析しようとしていた者です。まだこだわってます・・・
askaさんがなおこの事件を追及していることに敬意!
このエントリーくらいから未読でしたのでぼちぼち読ませてもらいます。

犯人が遺体を見えるように置き、しかし衣服などを消去していたという事実は、自分には初めから矛盾ではありません。
この事件の直前に広島のヤケの事件があり、被害者の衣服に残っていた汗(?)などの犯人由来の残留物から、ヤケの犯行が同定されたとの報道がありました。コレを意識したんでしょうね。

被害者の持ち物は、エントリーにもあるようにすべて処分されたと思っていました。
また書くかもしれません。その節はよろしく・・

投稿: きれい眼お兄ちゃん | 2006/04/20 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 栃木小1殺害事件の謎!その12 | トップページ | 未来予測能力 »