« 栃木小1殺害事件の謎!その13 | トップページ | 栃木小1殺害事件の謎!その14 »

2006/01/30

未来予測能力

27日午前1時ごろ、金沢市で寝ていた17歳少年に灯油をまいた上で火をつけられる事件が発生している。火をつけたのは同じ家に同居している高校2年生の2人の少年だった。
被害者は顔や胸に1ヶ月のやけどを負った。

さて、なぜ同居の高校生は被害者に火をつけたのか?
理由は「眠気をどれだけ我慢できるかゲームをして、先に寝た人には火をつける」というゲームをした結果だったようだ。

なんだかとても、なさけなく、そして日本の未来を悲観してしまいそうな事件だよね。

被害者も含めて、この3人の17歳は灯油をかけた上で火をつけたら、どんな事になるのか予測できなかったのだろうか?

ゲームならゲームなりの程度と言うものがあるよね。先に寝たのなら、罰ゲームでちょっとライターで手の甲でもあぶる程度で十分だっただろう。それで「アッチッチー!」てなわけで、笑い話でよかったんだよね。

それがだ、灯油をかけた上で火をつけたら、熱い程度ですむはずが無いって事になぜ気づかないのかな?

未来は誰にも分からないとはドラマなんかでよくあるセリフだけどさ。
これをやったら、10秒後や1分にどうなるかぐらいは予測できてもいいと思うのだけどね。

やはり、日本の将来は暗いかもね(@_@)

|

« 栃木小1殺害事件の謎!その13 | トップページ | 栃木小1殺害事件の謎!その14 »

コメント

本当に情けないくらい・・・なぜこんなことにって感じ。自分も子供の頃ホチキスで指をとめたらどうなるのか???って実際にやってみちゃったけれど灯油とはね(--)焚火とかゴミを自宅で燃やす(今じゃできないっすね)とかやったことないのかなぁ

投稿: 火サス | 2006/02/02 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 栃木小1殺害事件の謎!その13 | トップページ | 栃木小1殺害事件の謎!その14 »