« 滋賀園児殺害事件の謎!その2 | トップページ | 滋賀園児殺害事件の謎!その3 »

2006/02/19

堀江メールの謎!

政界では例の堀江さんから自民党の武部幹事長の二男に対して、3000万円を送金したとするメールで民主vs自民という構図になっている。

私の守備範囲ではないような気もするが、とりあえずこの騒動を考えてみようと思う。

正直私自身はちょっと、ガセか?と思っていたりするけどその理由を列挙してみよう

1)送った堀江さん側、受け取った側ともに犯罪と意識してもおかしくない行為であり、仮に犯罪では無いとしても発覚すれば相当なダメージを受ける事は双方が簡単に予測できるだろう?双方が証拠を残すだろうか?

2)メールはどこから入手したのか?
みなさんもご存知の通り、ライブドアは捜索を受けて、サーバーやPCが押収されている。
そして、現在の報道ではメールの一部が削除されている形跡があるとの事だ。
当然、問題のメールもこの時削除されていたとしても不思議ではないよね?
入手元としては
・検察側からのリーク
しかし、検察はそのようなメールは無いと発表しているようだ。
・受信した人間
当然受信した人間のPCにも受信したメールが残っていたはずなので、これが流出した可能性があるね。
民主党の発表で情報元が自殺した野口さんの二の舞になる事を恐れていると言った報道からもこの線が濃厚だろうな。

しかし、そうすると疑問な点が一つあるんだよね。
民主党の発表で情報元が自殺した野口さんの二の舞になる事を恐れているといっているが・・・・
実際にはメールを受け取った人間は数人だろう?指示を受けた人間とCCでその上司も受け取っている可能性があるけど、せいぜい数人だろうね。
そうしたら、誰からリークされたかなんて、ライブドア内部では簡単に調査できるのではないかな?
特に経営に直接関わるような立場の人間がリークするとは思えないから、多分候補は2人ぐらいに絞れるのではないだろうか?

前置きが長くなったが、この考えると、情報元を秘匿する意味があるのだろうか?
関係者の中では当然犯人探しが行われているだろう。だとしたら、秘匿するよりも公開して保護した方が情報元の生命を守る事になると思うのだが・・・

続報を待つ事にしましょう。

|

« 滋賀園児殺害事件の謎!その2 | トップページ | 滋賀園児殺害事件の謎!その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 滋賀園児殺害事件の謎!その2 | トップページ | 滋賀園児殺害事件の謎!その3 »