« 未来予測能力、その2 | トップページ | 世田谷一家殺人事件再考その30 »

2006/02/17

滋賀園児殺害事件の謎!

17日午前9時5分ごろ、滋賀県長浜市相撲町で女児と道に倒れ、男児が側溝に落ちているとの事件があった。女児、男児ともに5歳だった。
2人は体を数箇所刺されており、病院に運ばれたが死亡しました。

逮捕されたのは、二人の同級生の母親で中国国籍の34歳女性だ。
車の中から血のついた包丁が発見され、容疑者も犯行を認める供述をしている。

この被害者が通っていた幼稚園では、集団登園といわれる4人一組で登園するシステムを行っていた。
4人の保護者で班をつくって、毎朝、順番に子どもたちを幼稚園に車で送ると言うシステムで、今日は容疑者が送る日だった。

園児が搬送された病院の会見では
男児は上半身に約20箇所の刺し傷があり、蘇生手術を行ったが死亡、女児も複数の刺し傷があり、死亡した。

このあたりが事件の概要です。
またしても、ショッキングな事件なんですが・・・・さて、何があったのか?
集団登園のシステムでいくと、犯行時に容疑者の子供も同じ車に乗っていた可能性が高いよね?
子供の目の前で凶行が行われたとしたら、十分なメンタルケアが必要だね。
とにかく、容疑者は逮捕されていて、犯行も認めている事から事件の真相はいずれ見えてくるだろうね。
以前にも、似たような事件があったな、あの時は親同士の問題が背景にあったようだけどね。

人の親なら、もっと別の方法があったと思うのだが、何が彼女をそうさせたのか?
続報を待ちましょう。

参考リンク
滋賀園児殺害事件の謎!その2

|

« 未来予測能力、その2 | トップページ | 世田谷一家殺人事件再考その30 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 未来予測能力、その2 | トップページ | 世田谷一家殺人事件再考その30 »