« 栃木小1殺害事件の謎!その24 | トップページ | 未来予測能力、その2 »

2006/02/15

アジアの時限爆弾、その2

中国がインターネットを検閲していると言う事でアメリカ反発している。

私としては、そんな事より「日本向け牛肉の検査をちゃんとしろ!」と言いたい所なんだけどさ。
そもそも、問題の本質が少しずれているような気がする。

私が考えるに、中国がネットを検閲する事が問題じゃなくて、「中国政府がネットを検閲しなければ、国家的な問題の原因になると考えている事」なんじゃないかな?
そう、中国政府はネット検閲を行わなければ、中国の現在の国家が維持できないと考えているのではないだろうか?

中国政府自身がそのぐらい重大な不安要素を内部に抱えている事を自覚している事の方が重大な問題だよね。

何かあれば国中がパニックになるような自体が発生してもおかしくないって事なんだよな。

近隣の国の人間は対岸の火事と楽観はできないだろうな。
特に日本は経済的なつながりが大きいですから、影響は大きいですよね。
いつ何がおきても大丈夫なように準備して置くのが吉ってところでしょうね。

|

« 栃木小1殺害事件の謎!その24 | トップページ | 未来予測能力、その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 栃木小1殺害事件の謎!その24 | トップページ | 未来予測能力、その2 »