« 栃木小1殺害事件の謎!その39 | トップページ | 川崎男児転落事件の謎!その7 »

2006/04/15

栃木小1殺害事件の謎!その40

さて、合同捜査会議が開かれたようだが、そんな事には関係なく今回は犯人はなぜ「刺殺」したのか?について考えてみたい。

そもそも今回の事件ホントに快楽殺人なんだろうか?
私は以前からこの点には以下の理由で疑問を持っている。
・遺体の体が綺麗すぎる(傷が少なすぎる)
・最初に心臓を刺していて女児は即死している。
・遺体からいたずらや性行為の痕跡がない。
・遺体の遺棄現場に儀式的な装飾などがない。

もし、この事件が快楽殺人でないとしたら、なぜ犯人は刺殺を選んだのだろうか?
拉致から殺害までには10時間以上時間があったはずで、犯人はそれなりに処置を考える時間があったはずだよな・・・刺殺自体は血液の処置など犯人にとっては手間のかかるだけで、それほどメリットがあるとは思えないしな。もっとも、犯人の趣味と言われればそれまでだが・・・

でここからは、いつもの妄想なんだけど
この事件で特に目立つ項目は二つだ。
1)拉致現場と遺棄現場が60kmも離れている事。
2)女児の胸に複数の傷がある事。

1)については、捜査のかく乱と考えている。
それでは2)にはどんな意味があるのだろう?
ホントの所は犯人の自供を待つしかないが考えると(^_^;)
実はこの2)も1)と同様に捜査のかく乱の為だとしたらどうだろう?

そこでまで手間をかけるか?と言う疑問もあるだろうが、なにしろ60kmも離れた場所に遺棄している点だけでも相当な手間だよね。
犯人の住居がもし今市方面にあるなら、往復で4時間も掛けている事になる。それだけ手間を掛けるぐらいなら、刺殺して複数の傷をつける事ぐらい手間のうちに入らないだろう。

そう考えると、更に謎が出てくる。
なぜ、それほどに捜査をかく乱しなくてはならないのか?
それはなぜか?
大沢小学校の周辺で女児が失踪したり殺害されたりしたら、犯人は自分が警察に疑われると自覚していたのではないだろうか?

理由はわからないが、性犯罪歴があるとか、レンタルビデオでそれらしい物を大量に借りているとかかな?
しかし、プロファイルも出ているし、そんな事ならとっくに警察がマークしているはずなんだよな・・・・
プロファイリング情報が出てから2週間以上たつが、逮捕の気配はなしか・・・
容疑者をマークしていて、裏付けを探している段階だと良いのだけどね。

|

« 栃木小1殺害事件の謎!その39 | トップページ | 川崎男児転落事件の謎!その7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 栃木小1殺害事件の謎!その39 | トップページ | 川崎男児転落事件の謎!その7 »