« 山形民家襲撃事件の謎!その1 | トップページ | 山形民家襲撃事件の謎!その3 »

2006/05/08

山形民家襲撃事件の謎!その2

逮捕された容疑者は近所に住む24歳会社員。
私としては容疑者の供述に腑に落ちない点があるんだよね。
まずは、続報から書きましょう。
1)凶器は供述通り容疑者が乗り捨てた車から数百mはなれた山の中で地面に突き立てられた状態で発見された。凶器は全長70cm、刃渡り45cm、柄の部分が25cm、全体に血痕がついていた。
2)死亡した60歳と27歳男性はほぼ即死だった。死因は失血死。
3)犯行の順番は最初に60歳男性を襲い、次に27歳男性、最後が57歳女性を襲っている。(細かな所は不明、もしかすると、女性が2番目かもしれない)
4)27歳男性は複数箇所刺されている。刺し傷は10cm以上もある深い傷だった。
5)動機は「人間関係のもつれがあった」「幼いころに27歳男性から繰り返しいじめを受け、恨みに思っていた」
6)容疑者と被害者は親戚関係があり、容疑者は本家で被害者一家は分家の分家と言う関係だった。
7)容疑者は事件前夜の6日の夜は家族一緒に夕食を取っており、変わった様子は無かった。

とこんな所なんですが・・・・
この事件少々腑に落ちない点があるんだよな。
それは、動機についての供述で「幼いころにいじめられて・・・」と言うのがある。

もちろん、この手の事件は珍しくはない。いじめを恨みに思い、同級性全員を毒殺しようとした事件もずいぶん前にあったな。

私が気になっているのは「幼い頃」と言うキーワードなんだよな。
これが中学、高校時代ならそんな事もあるだろうなと思うのだが、幼い頃とは何時頃の事だろう?
私は小学校時代ではないかと推測する。高校時代なら「幼い」とは言わないだろう。
でそれがどうしたの?と言う事だけど、いなかの小学校でそんなに「酷いいじめ」があるのだろうか?と言う疑問なんだよね。

たしかに、27歳男性に対しては複数の傷を負わせており、怨恨と言う動機を裏付けているようにも思える。刃渡り45cm、全長70cmの刃物は普通にホームセンターで入手できるような物ではないだろう。専門店かネットなどで入手したように思う。この点からも以前から殺害計画を立てていた事を読み取れるし。未明の4時前と言う時間も強い殺意を感じる。

けれど、その動機が20年ぐらい前の「いじめ」と言うのが腑に落ちない。
ホントの動機はもっと別の所にあるのではないか?
いじめと言うのは被害者を殺害しても良いという容疑者が自分に与えた理由の一つに過ぎないのではないだろうか?

容疑者はメンタルに問題はないのか?
仕事や私生活で強いストレスを受けていなかったのか?
このあたりを警察には調べて欲しいけどな。

参考リンク
山形民家襲撃事件の謎!その1
山形民家襲撃事件の謎!その3

|

« 山形民家襲撃事件の謎!その1 | トップページ | 山形民家襲撃事件の謎!その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山形民家襲撃事件の謎!その1 | トップページ | 山形民家襲撃事件の謎!その3 »