« 東大阪集団暴行死事件その2(嘘と殺意) | トップページ | 栃木小1殺害事件再考、その2 »

2006/06/28

お金持ちのリスクと自覚

東京渋谷区で有名女医の大学4年生21歳の長女が男3人組に身代金目的で誘拐される事件があった。事件は13時間でスピード解決と嬉しい事ではあるのだが・・・
事件の詳細については、他の報道に任せるとして、私としてはちょっと変わった角度からこの事件を見てみたいね。

被害者の母親は美容整形外科としてはその方面では有名な人物らしい。
それ自体は仕方が無い事なんだよね、お金持ちが犯罪者に狙われるのは世の常だからさ。
だけどね、被害者側の行動に今回の事件を呼び寄せる物は無かったのかな?
テレビや雑誌に「お金持ち」として露出し、顔も公開して、自宅のおおよその位置まで公開しては、犯罪者なら見逃さないだろうな。
もちろん、犯罪を行った犯人が悪い事は間違いないが、日本はそんなに安全な国でないないよね?
大人だから誘拐されないなんて事はない、あの怪人21面相事件では、84年に当時のグリコ社長が自宅で入浴中に侵入してきた犯人グループに誘拐されている。

お金持ちと自覚しているなら、犯罪に巻き込まれないように行動する事を心がけないとね。今回は犯人が「間抜け」だったから無事にすんだだけで、次もこうなるとは限らない。

あのマイケル君が趣味の悪いマスクを子供につけさせているのは、我々庶民にとっては奇異にうつるけど、本人達は大まじめなんだよね。

07/05/23追記
23日の東京地裁で身代金目的拐取と監禁致傷などの罪に問われた、中国籍の30歳男性と、岩手県出身の50歳男性の両被告に対して検察は
「娘の安否を気遣う親心を利用した、人間性の片りんも見いだせない悪質な犯行」と述べ、両被告にいずれも無期懲役を求刑した。判決は7月4日に言い渡される。

08/04/23追記
中国籍の無職、30歳男性と無職、51歳男性両被告に対し、最高裁第2小法廷は22日付で、上告を棄却する決定を出した。1、2審の無期懲役判決が確定する。

|

« 東大阪集団暴行死事件その2(嘘と殺意) | トップページ | 栃木小1殺害事件再考、その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東大阪集団暴行死事件その2(嘘と殺意) | トップページ | 栃木小1殺害事件再考、その2 »