« 岡山老女殺害事件の謎!その5 | トップページ | 京都小6殺害事件の謎!その8 »

2006/06/20

光市母子殺害事件、高裁差し戻し!

この判決は私も非常に興味がありました。
私は犯罪を考える時、できるだけ冷静に見るように注意しているつもりです。
でも、時々遭遇する犯罪の中には、思わず感情的になってしまう事件もある。
この事件はそんな事件の中の一つです。

私がこの事件で一番許せないのは、被告人が「乳児」を殺害している点です。
しかも、殺害する必要はまったくない状況でです。
犯行後に乳児を殺害していますが、目的のレイプを終わらせているわけで、目的達成の障害にはなりません。
また、乳児なわけで、「犯人はおまえだ!」と証言する事もできません。
乳児を生かしておいても、被告人にとっては全く不利になる材料は無いはずです。

それなのに、乳児を殺害しているのはまったく必然性が無い、無益な殺生です。
単に気に入らなかったのかもしれないが、この点がどうしても私は許せません。

今回、最高裁で高裁での無期の判決を破棄し、死刑にしない理由はないと判断した点は評価したいと思います。
しかし、また次の判決が出るのは一体何年先になるのか?
是非スピードアップして欲しい。

最後に書くけど、弁護人の弁護活動もちょっと私としては許容できない点があるな。
私が見るに、被告人は反省している様子はないな。
それでも、弁護人に言われるままに謝罪の手紙を遺族に出した所でどんな意味があるのか?
そして、遺族が開封もしていない手紙のコピーを裁判資料として提出している。
ホントにそれでいいのかい?と私は言いたいね。

|

« 岡山老女殺害事件の謎!その5 | トップページ | 京都小6殺害事件の謎!その8 »

コメント

被告人は早くから母をなくし…みたいなことが犯罪の理由に据えられているようですが、そのような境遇だからと言って情状を容れる余地のない犯行だと私も思います。
ASKAさんの仰るように、乳児の殺害には心理的な異常性や境遇から来る不幸より、むしろ激しい反社会性を感じます。
「失ったもの、手に入らないものを必死に求めた」というより、「投げやりで暴力的な破壊と、理由のない、かつ対象を限定しない怒り」が犯行の心的要因ではないかと…

早く正しい判決が出ることを祈ります。

投稿: 迷探偵にゃんこ | 2006/06/21 22:50

にゃんこさん、こんばんは
育った環境と言うのはあまり情状の材料にはならないと思います。いろんな事件で言われていますけど、例えば兄弟がいて他の兄弟はまっとうな人生を歩んでいるのに、犯人だけが非行を行っている場合がありますからね。
また、長い時間がかかるかもしえませんが、遺族の方にはがんばって戦って欲しいですね。

投稿: ASKA | 2006/06/21 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岡山老女殺害事件の謎!その5 | トップページ | 京都小6殺害事件の謎!その8 »