« 秋田小1殺害事件の謎!その41 | トップページ | 秋田小1殺害事件の謎!その42 »

2006/07/16

香川女性殺害事件の謎!その3

続報です。
・容疑者は一年ほど前から被害者と交際していた」と供述していることが二日、観音寺署の調べで分かった。
・観音寺署の調べに対し、容疑者は「(事故当時は)死んでいるかどうか分からない状態だった」と依然殺害を否認している。

・逮捕されたY容疑者50歳の供述から、事故を起こしたY容疑者が逃亡する事を手助けしたとして、犯人隠避の疑いで高松市高松町、職業不詳H容疑者29歳を逮捕した。同容疑者は容疑を認めている。(逮捕されたとの報道は7月6日に報道されている、だから7月5日ぐらいに逮捕されたのかな)
H容疑者は事故が起きる前に、Y容疑者から連絡を受け、Y容疑者の車を軽乗用車で追走していたらしい。観音寺署が死体遺棄への関与などについても追及している。

ちょっと記事を書くのが遅れてしまいました。
ローカルな事件は全国版には報道されないので、地方版をチェックしないと見逃してしまうんだよね。

これらの報道からみると、
1)容疑者と被害者は顔見知りで1年前から交際があり、容疑者のアパートへ出入りしていた。長い時は一週間ほど滞在しているらしい。

2)容疑者は被害者の遺体を車に乗せた時点で共犯者Hに電話をして呼び出している。当然、目的地まで後を突いてきて欲しいと言う事だね。(車に乗せた段階では死亡していたか分からないと容疑者は供述している)

普通に考えれば、死んだかどうか分からない人間(瀕死の状態)が居たとしたら、当然病院に運ぶか、あるいは救急車を呼ぶのが自然な行動だろうな。
病院に運ぶなら共犯者を呼ぶ必要はないだろうね。
それから、容疑者の職業は自称金融業だと言う事だね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
香川女性殺害事件の謎!その2
香川女性殺害事件の謎!その4

|

« 秋田小1殺害事件の謎!その41 | トップページ | 秋田小1殺害事件の謎!その42 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋田小1殺害事件の謎!その41 | トップページ | 秋田小1殺害事件の謎!その42 »