« 岩手母娘不明事件の謎!その12 | トップページ | 香川女性殺害事件の謎!その6 »

2006/08/11

大阪女性監禁事件の謎!その8

続報です。
1)2004年3月、変死した女性美容師(当時29歳)の母親の弁護士が10日、記者会見し、母親は死因や現場の状況などについて、府警から説明を受けていないことを明らかにした。
相解明を求めて15日にも、同容疑者を傷害致死容疑で府警に告訴するようだ。

2)2004年3月に変死した女性美容師が失跡後、広島県内の母親に手紙2通を送っていたようだ。
美容師は03年9月に奈良市内の寮から失跡した。1通目は同11月に届き、「彼と一緒にいる。心配させてごめんなさい」という内容。同12月の2通目には「生活費が必要なので振り込んで」とあった。すでに美容師の携帯電話につながらない状態だったことなどから、母親は不審に思い、応じなかったらしい。

こんな所です。
しかし、被害者に手紙を出させて、お金を振り込ませようとするなんて、かなり狡猾だよね。
続報を待ちましょう。

参考リンク
大阪女性監禁事件の謎!その7
大阪女性監禁事件の謎!その9

|

« 岩手母娘不明事件の謎!その12 | トップページ | 香川女性殺害事件の謎!その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岩手母娘不明事件の謎!その12 | トップページ | 香川女性殺害事件の謎!その6 »