« 井の頭バラバラ事件再考その2 | トップページ | 秋田小1殺害事件の謎!その49 »

2006/08/05

大阪女性監禁事件の謎!その4

続報です。
1)今回の女性を監禁したマンション3階の一室の脱衣所から、微量の血液反応が広範囲にわたり検出されたことが5日分かった。
女性は「トイレの前の脱衣所に立たされ、木の棒などで執拗(しつよう)に殴られた」と証言しており、激しい暴行の事実を裏付ける重要な物証とみられる。

2)5件の監禁事件のうち昨年3月から約2カ月間、監禁された20歳代の女性は、和歌山県内で警察に保護された後、「マインドコントロールされていた。逃げ出そうと思えば、逃げられたが、怖くて逆らえなかった」と家族らに打ち明けていたらしい。

3)1995年にも、当時20歳の女性を6カ月間、別のマンションに監禁していた疑いがあることが5日、府警捜査本部の調べで分かった。被害者が府警に届け出た。これで容疑者の関連した監禁事件は6件となる。

4)6件目の被害者とは伝言ダイヤルで知り合ったといい、同容疑者は数珠を手に、「霊能力がある。死霊が取りついている。言うことを聞かないと大変なことになる」と脅し、監禁したらしい。

5)6人のうち3人はこのマンションのそれぞれ別の部屋で監禁状態に置かれていたという。府警は、容疑者が女性を誘い入れるため、複数の空き室を使い分けていたようだ。

6)今回の女性を物色して参加したお見合いパーティーにはその前に車でホテルを転々としながら監禁状態に置かれ2ヶ月間監禁した女性が保護された直後であったらしい。

さて、こんな所なんですけど、10年で6人を監禁、内1人が死亡、もう1人が栄養失調か・・・
この容疑者はどうも、嗜好依存症なんじゃないかな?
「監禁依存症」だと思う。
誰か女性を監禁していないと精神の安定が保てないのではないかと思う。
果たして、矯正というか治療が可能なのか?

1人が死亡してはいるが、死刑は微妙な所だろう。
被害者は多分全員がPTSDになっていると思うし。
被害者の人生を狂わせた罪は重罪だと思うのだが・・・・

なぜ彼がこんな行為を好むようになったのか?そのあたりが知りたいね。
続報を待ちましょう。

参考リンク
大阪女性監禁事件の謎!その3
大阪女性監禁事件の謎!その5

|

« 井の頭バラバラ事件再考その2 | トップページ | 秋田小1殺害事件の謎!その49 »

コメント

こんばんは。訪問ありがとうございました!
うれしいやらはずかしいやら。。

この事件については、女の私には分からないけど
メイドカフェが流行ってるとこからみて
男にはもともとそういう類の願望があるんだろうと思います。
服従されることや虐げることによって征服感に得て、他に
自分を慰めたり楽しいことがないとしたら。
>「監禁依存症」
奴隷への暴力は自傷行為の裏返しのような気もします。

投稿: コロ | 2006/08/06 23:36

コロさん、こんばんは
ま、監禁物のビデオとかありますからね。
男性としては、そんな妄想を持つ人も多いでしょうね。

>奴隷への暴力は自傷行為の裏返しのような気もします。
この監禁は性的欲望の背景がありそうな気がするんですが・・・

投稿: ASKA | 2006/08/07 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 井の頭バラバラ事件再考その2 | トップページ | 秋田小1殺害事件の謎!その49 »