« 徳山高専殺害事件の謎! | トップページ | 稚内主婦殺害事件の謎!その2 »

2006/08/28

稚内主婦殺害事件の謎!

8月28日午前0時ごろ、北海道稚内市宝来1の3の1階で、市立稚内病院臨時職員、46歳主婦が胸から血を流し倒れているのを16歳長男が見つけ、隣人を通じて119番通報した。救急隊員が駆けつけたが、被害者は既に死亡していた。胸に刃物による複数の刺し傷があることなどから、稚内署は殺人事件として捜査を開始したとの事。

警察の調べでは、被害者は浴室前の脱衣所で、バジャマのズボンをはき、上半身は裸の状態で仰向けに倒れていた。
遺体を発見する直前、長男が「2階から1階のトイレに行く途中に見知らぬ男が玄関から逃げて行くのを目撃した」と話しているらしい。
長男によると、目撃された男は身長170~175センチぐらい、金髪で水色のパーカのような上着と灰色のズボンを着用しており、玄関は半開きになっていたとの事。

さて、この事件は引っ掛かりますね。
被害者が殺害された場所とその状況が気になる。
被害者は風呂上りで上半身裸の状態だったのだから、知らない人に気づけば、女性なら悲鳴をあげそうな状況だよね。

悲鳴をあげたのなら、2階にいた長男が気づいたはずだ。
だから、ここは悲鳴をあげていないと仮定して推理してみよう。
悲鳴をあげない理由は二つ考えられる。

1)被害者が犯人に気づかなかった場合。
風呂上りで濡れた頭髪などをタオルで乾かしていたので、周りが見えなかった場合だ。
しかし、この場合は犯人の目的が最初から殺害する事にあったと言う事になるね。

2)被害者が犯人に気づいていたが、悲鳴をあげない場合。
犯人が親しい人物ならば、犯人に気づいても悲鳴をあげる事はないだろう。

そこで、私が気になるのは、「足跡」なんだよな。
長男の目撃情報だと、男が玄関から逃げるところを見たと言う事だが、靴を履いていたなんて事は報道していない。
だから、土足で上がり、被害者を刺して直後に逃亡している事になる。

この事件は急展開もありそうな気がするよ。
捜査の行方に注目です。

参考リンク
稚内主婦殺害事件の謎!その2

|

« 徳山高専殺害事件の謎! | トップページ | 稚内主婦殺害事件の謎!その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徳山高専殺害事件の謎! | トップページ | 稚内主婦殺害事件の謎!その2 »