« 徳山高専殺害事件の謎!その5 | トップページ | 徳山高専殺害事件の謎!その6 »

2006/09/02

稚内主婦殺害事件の謎!その6

続報です。
1)実行犯の15歳高校1年男子は、両親が離婚したうえ、父親が自殺し、生活環境が大きく変わっていたようだ。父親の自殺の理由は不明だが、経済的に困窮していたらしい。

2)9月1日に容疑者少年二人に弁護士が接見した。
長男は「何でこんなことをしてしまったのか」と後悔しているようだ。
また、共犯の少年に対しては「もし自分が殺害を頼んでいなければ楽しく生活していたはずなのに、申し訳ない」と話しているらしい。(しかし母親への謝罪などはないらしい)
実行犯の少年は「当日まで冗談だと思っていた」「謝れるなら謝りたい」と話しているらしい。

3)長男の供述では事件後に父親に引き取ってもらい、更に父親も殺害するつもりであったと話しているらしい。幸せそうに暮らしている父親が許せなかったらしい。

とこんな所ですね。
しかし、3)は驚きだね。かなり屈折しているように思う。
どうも自分自身の不幸のを許せないのか、自暴自棄となって不満を爆発させているように見えるね。
両親の離婚後に長男にどんな事が起きていたのか?
そのあたりが事件の真相のように思える。

続報を待ちましょう。

参考リンク
稚内主婦殺害事件の謎!その5
稚内主婦殺害事件の謎!その7

|

« 徳山高専殺害事件の謎!その5 | トップページ | 徳山高専殺害事件の謎!その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徳山高専殺害事件の謎!その5 | トップページ | 徳山高専殺害事件の謎!その6 »