« 稚内主婦殺害事件の謎!その7 | トップページ | 徳山高専殺害事件の謎!その8 »

2006/09/03

ゆりかもめ異臭事件の謎!その3

続報です。
1)容疑者は4件の犯行を認め、「以前、JR総武線の駅でほかの客とトラブルになったことがあり、イライラして電車を止めてやろうと思った」と話している。
「鬱憤(うっぷん)を晴らすためなら、どの路線でもよかった」とも話しているようだ。

2)犯行の手口は数種類
2-1)塩酸入りのポリ袋を床に置いた上でクギで袋を破り異臭を発生させた。
2-2)塩酸と漂白剤を混ぜたものを使用した。

3)犯行声明も容疑者が出していた。
7月6日には千葉日報社などの報道機関に「すべて私が起こした」との犯行声明が送りつけられており、容疑者は声明を送ったことも認め、「自分の行動を広く知ってもらいたかった」と話しているようだ。

結局は個人的な憂さ晴らしだったか。
犯行声明の内容も政治的な物もなし、これでは受け取った報道機関も報道する事もないだろうね。

私が思うに、乗客とのトラブルが直接の原因ではなかったのではないかな?
他に理由があってもたいした理由ではないだろうけど・・・

ゆりかもめ異臭事件の謎!その2

|

« 稚内主婦殺害事件の謎!その7 | トップページ | 徳山高専殺害事件の謎!その8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 稚内主婦殺害事件の謎!その7 | トップページ | 徳山高専殺害事件の謎!その8 »