« 大阪タクシー事件の謎!その10 | トップページ | 世田谷一家殺人事件再考その46 »

2006/10/10

大阪タクシー事件の謎!その11

続報です。
1)容疑者は捜査本部の調べに「強盗して金が手に入れば病気を治せると思った」と供述しているらしい。事件数日前に予定していた入院をやめていたらしい。
つまり、入院するお金(治療費)が無くて強盗する事を考えたと言う事のようだね。

2)返り血を浴びることを予想して着替えを用意し、凶器のナイフも事前に購入しているらしく、計画的な犯行と思われる。

3)9日の司法解剖では被害者の白骨化が進み、死因は分からなかったようだ。

4)遺体には刃物で切られたような跡もあった。捜査本部は身につけていた時計などから遺体を運転手さんと断定。また、被害者の財布も見つかった。

5)先月17日未明、自宅前の路上に止めたタクシーの中で被害者を刺殺。遺体を約600メートル東の空き地に捨てた後、別の場所に隠しておいた着替えを取りに行き、タクシーを同府茨木市内の山中に放置後、自宅まで約10キロを歩いて帰ったらしい。遺棄した遺体上半身には殺害翌日の18日に高槻市内のホームセンターでセメントを購入しセメントをかけたと話しているらしい。

6)容疑者は「凶器のナイフとサングラスは吹田市内に捨てた」と話しており、捜査本部は重要な証拠として捜査するようだ。

7)容疑者自宅から、犯行に使われたものと同じ種類の粘着テープなどが見つかっているようだ。

さて、動機も出てきたんだけど・・・・
思考の個々のパーツは正常のように思えるが、大きな所、根っこの所で間違っているよね。
治療費が無くても合法的に家族親戚友人などから借りる事もできたと思うんだけどな。
それに、もとは強盗する為に車が必要だった。それでタクシーの車両を奪う事を考えたと言う事だと思うのだが、強盗するのに、強盗殺人と言うもっと重い罪を犯してしまうと言うのがなんだか正常な判断ができていないようにも思える。

しかし、事件の計画性や念入りな車両の遺棄、遺体の遺棄方法などから責任能力はあると思うけどね。

それにしても、車両遺棄後に自宅まで10kmを徒歩で帰るとは考えていなかったな。
私もまだまだ修行が足りないようです。

参考リンク
大阪タクシー事件の謎!その10
大阪タクシー事件の謎!その12

|

« 大阪タクシー事件の謎!その10 | トップページ | 世田谷一家殺人事件再考その46 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪タクシー事件の謎!その10 | トップページ | 世田谷一家殺人事件再考その46 »