« 茨城社長殺害事件の謎!その5 | トップページ | 栃木小1殺害事件再考、その11 »

2006/11/07

栃木小1殺害事件再考、その10

この事件もあと1ヶ月で発生から1年になろうとしている。この事件をもう一度見直す事にする。

まずは、場所の確認だ。
拉致現場は
Photo_6 拉致現場は実ははっきりしていない。
左の図は私が報道されている内容から推測した物です。
報道されている情報は
・三叉路は自宅と学校のほぼ中間地点(学校から1kmから700m)
・三叉路の先120mにアパートがある。
・被害者の自宅住所は報道されていないが、検索するとわかる。(番地は分かったが場所はわからなかったのでポイントは大きくしている)
まず、大沢小学校から被害者の自宅をナビソフトで下校ルートを推測する。
そのルート上で三叉路、その近くにアパートのある場所を探すとと図のようになる。

ただし、警察の調べで
「関係者から詳しく話を聞いたところ、自宅に向かってさらに約300メートル先を左折する田んぼのあぜ道だったことが判明。細くて車が入れず、捜査本部はこの道での連れ去りは困難と判断した。」
と言う事があり、図の帰宅ルートは誤っている。女児はアパートの先300mで田んぼのあぜ道を通り帰宅していたようだ。

警察発表の最新情報(6/2発表)だと
「三差路で同級生と別れた後、約120メートル先の丁字路角にあるアパート付近で、目撃されていたことも分かった。」
と言う事で、拉致現場はアパートからその先300mのあぜ道の間300mの区間と言う事になるね。 (地図ではこの付近はちょうど民家途切れる場所になるようだ)

次に遺体の発見現場だ。報道されている情報は
・おおみや広域聖苑の南東450m
・通りから林道を200m入る
報道から推測した遺体発見現場の航空写真
「地図+写真」モードで見ると分か易いのだが、聖苑Bから南の方向に延びる102号線から東に延びる林道が見える。
この林道を200mほど入った場所が三叉路になっている。この付近が遺体発見現場だろうと推測する。
更に現場を拡大した航空写真
これを見ると、周囲は全く人気が無い事がわかる。北側は山林、南側に田園でこれでは目撃情報も少ないだろう。
農作業に来ていた人が不審な車の目撃をしていたのが奇跡的に思えるね。

しかし、この遺棄現場にはちと驚く事がある。
当初、行き止まりと報道されていたのだが、実際には通り抜けができるんだよね。
07/01/31訂正
某掲示板で指摘がありました。どうやら、当初の報道通り、通り抜けはできないようです。
グーグルの地図データが古いみたいですね。


それにしても、ゴーグル様様ですね。航空写真で現場の事が良くわかります。
(でもナローバンドにはつらいです)

|

« 茨城社長殺害事件の謎!その5 | トップページ | 栃木小1殺害事件再考、その11 »

コメント

「犯人は事件当時、被害者の自宅から南に100メートル以内に一人暮らしをしていた25歳から30歳の男。そして顔見知り」

▽犯人像
・年齢は25歳から30歳で男。
(犯行が拉致、殺害、遺棄が一晩で行われ、遺棄現場の斜面を抱きかかえて置く体力などから)
・性的な傷害をもつ。
(遺体にはいたずらのあとはなく、メッタ刺しにしたのみ。しかし裸にして刺している点。アメリカの猟奇殺人では成人女性との通常のSEXが不能な犯罪者によくみられる典型的なケース。思春期に性傷害が出て10年後に爆発的な事件を起こすのが一般的で年齢推定の根拠にもした)
・一人暮らし
(遺体に血が残っていないことから大量の返り血を浴び、殺害現場も血の海になっている。これは同居者がいる空間では難しい。家族と同居した場合も離れに住んでいると思われるがこの可能性は低いと思われる)
(殺害場所が車内である可能性は低くなった。車内の血を完全にふき取ることができず、臭いが出て使えなくなる。車は廃車しているはずだが、廃車を警察が徹底的に調査しており、ここから足が付いていないことから処分はしていないと思われる。また処分していても痕跡を残していないことになる。したがって車内の殺害はない可能性が高い)
(おそらく駐車場に後進で車をとめ、トランクの目の前に玄関がくるアパートの1階に住んでいる。遺体の運び入れを見られていない)
(実家も近くにある。両親は離婚している。簡単なアルバイトを何度かやっているが、事件当時は無職。金は両親、特に母親が工面しており不自由はない)
・大沢小の卒業生
(大沢小を卒業しており、被害者が拉致された通学路を使っている。自宅に近く土地鑑の有る場所は足が着きやすいと考えるかも知れないが、絶対に誰にも見られないという自信のある場所でしか犯行は行えない。報道では否定されているが、有希ちゃんはあの日に限り、人気のない分譲放棄地を歩き、犯人に発見され、車に乗った)
・犯人は拉致現場から南に100メートル以内に居住
(それ以上行くと、隣の小学校の範囲になってしまう。細かいことは言えないが、拉致現場の通学路を使う範囲はかなり限られる)
・犯人は顔見知り
(おとなしい有希ちゃんを選んでいる。無作為に女の子を狙い、その女の子が激しく抵抗する子の場合、成立しない犯行だからだ。近所に住む犯人は自転車を練習する有希ちゃんを何度も見ていた)

投稿: 名無し | 2006/11/08 09:23

名無しさん、こんばんは
ずいぶん、具体的な推理ですね。本編の方で掲載させていただきました。
ちなみに、現地の捜査の状況はご存知ですか?
最近発売された週刊誌などみると、秋葉に聞き込みに行ったとか、主婦の噂を捜査する婦警の捜査チームを作ったとか、どうも行き詰まってるような情報しか出てこないようです。

投稿: ASKA | 2006/11/09 00:08

川が流れてる
モリかな

投稿: 10 | 2014/04/20 01:33

やはり…という感じで半落ちのままですね。それでも専従捜査班ほんとうにがんばったと個人的には思います。
殺害現場は秘密の暴露に触るから発表できないのでしょうか。森中、ありそうですね。

投稿: トモナガ | 2014/04/26 11:20

北関東は森中か田中ばかりですよね。多くの家・施設も森傍か田傍__侮辱してません。自然が好きでよく訪ねます

投稿: 屋敷林 | 2014/04/26 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茨城社長殺害事件の謎!その5 | トップページ | 栃木小1殺害事件再考、その11 »