« 秋田4歳児変死事件の謎!その6 | トップページ | 秋田4歳児変死事件の謎!その7 »

2006/11/14

警官郵便局強盗その3

続報です。今年6月と8月に起きた2件の郵便局強盗事件についても犯行を認める話をしているようだ。

動機は借金と言う事だね。
調べによると、容疑者は住宅ローン以外に、複数の消費者金融に約800万円の借金があったことが判明。2001年に4500万円のローンで群馬県伊勢崎市内に住宅を新築し、車も頻繁に買い替えるなどしており、車のローンなど約200万円の計約5500万円の借金があり県警は借金の返済に困った容疑者が、郵便局強盗を重ねた疑いが強いとみて調べているとの事。

6月5日の伊勢崎市・東小保方郵便局と、8月7日のみどり市・笠懸鹿郵便局の強盗事件で、計535万円が奪われた。犯行時間帯やカウンターを乗り越えて局員に刃物を突きつけるなどの手口が酷似。防犯カメラに映っていた犯人の特徴も容疑者に似ていた。事件のあった日、容疑者はいずれも非番だったようだね。

容疑者は約16年前埼玉県内から、妻の実家のある大田市内に家を建てて引っ越したが、01年に市内に再び2階建ての自宅を新築。一方で容疑者は車が趣味で、車検ごとに新車に買い替えるなどしていた。県警はこうした浪費で住宅ローンの資金繰りが難しくなり、消費者金融で借金をして返済のために別の業者から借りる“自転車操業”に陥ったらしい。

さて、この事件だけど転落の理由がわかってきたね。
案の定、借金だったか。現在44歳だから家を新築した2001年は39歳だね。
39歳で4500万のローンってすごくない?
60歳まででローンを組んだとしたら21年間だから、ざっと利子を含めて1.2倍として5400万で年間257万円の返済と言う事になるかな。
均等払いで毎月21万円の返済かな。

30年ローンだとしてざっと1.3倍で5850万だと年間195万円、均等払いで毎月約16万円ってところかな。

妻(40歳)と3人の子供の5人暮らし。年齢からみると子供は10代後半から下と言う所かな。
容疑者の年収がどのぐらいか分からないけど、600万ぐらいはあるのかな?
公務員だから、リストラの心配は無いし、会社の経営が傾いてボーナスカットなんて事もないわけで、計画的に借りた住宅ローンなら返済は民間人に比べれば楽だと思うな。
ローンの返済に困って消費者ローンから借りてしまった点で返済計画は破綻してるよな。

これだけの金額なので、ちゃんとした所で組んだ住宅ローンだろうから、貸す側も審査はしたはずだよね。だとしたら、借りた時は返済可能なローンだったと言う事だな。

つまる所、浪費が事件の原因と言う事だね。
この事件で思うのは、人間には2種類の人間がいると言う事だね。
それは、欲望を制御できる人間とそうでない人間と言う事だな。

全国の警察官の皆さんもローンは計画的に!浪費に注意しましょう。

|

« 秋田4歳児変死事件の謎!その6 | トップページ | 秋田4歳児変死事件の謎!その7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋田4歳児変死事件の謎!その6 | トップページ | 秋田4歳児変死事件の謎!その7 »