« 神奈川男性殺害事件の謎!その2 | トップページ | 帯広警官殺害事件 »

2006/11/25

神奈川男性殺害事件の謎!その3

続報です。容疑者が逮捕されました。
逮捕されたのは被害者の小中学校の同級性で横浜市鶴見区生麦のアルバイトの20歳男性。
「遊びに行くたびに一方的に金を払わされ、殺してやろうと思っていた」と動機を供述。殺害も認めているようだ。
容疑者は「長い間、(被害者に)金を無心され、殺してやろうと思っていた。包丁で首を刺し、見つからないよう山に捨てた」とも話しているようだ。
凶器は見つかっていないが、容疑者は「1~2週間前に包丁を購入し、殺害後に捨てた」と話している。(長い間と言うのは2年前からみたいだね)

容疑者は被害者の遺体を自分のワンボックスカーに乗せて運転し、22日午前1時半ごろ、秦野市三廻部(みくるべ)の林道脇に遺棄したと思われる。
11/24日夜、「私が犯人です」と自宅から110番し、任意で事情聴取を受けていたようだ。
容疑者は、11/21日夜、被害者と2人で車で出かけ、11/22日午前0時ごろ、助手席にいた被害者の首を「用意した包丁で切りつけた」と話している。

さて、予想通り早い時期に容疑者逮捕となったね。もっとも自首のようだけどね。
動機は金銭トラブルとオーソドックスな所だな。
被害者と顔見知りと言うか近い存在だったと言うのも予想通りだったが・・・

しかし、予想外の部分もある、
1)以前から殺してやろうと思っていて、1週間以上前に凶器の包丁を購入している。
これは突発的な事件と考えたいたのだが、見込み違いだったな。

2)「見つからないよう山に捨てた」っと話しているようだが、私の感覚では林道から2mしか離れていた場所に見て遺体と分かる状態で放置する事は隠す事にならないと思うのだが・・・認識の違いと言う所だな。

しかし、計画的犯行にしては、どうも思慮が浅いよね。車の中で刃物で殺害したら、シートや床についた血痕は隠せないと思うんだよね。

それから、前回書いた、殺害状況の疑問なんだけど
「首を切られた事による失血死」と言うのが疑問な点なんだよ。
これは、逆に言えば、首以外には目立った外傷が無いと言う事だと考えている。

そこで疑問はと言うと普通に考えて、人を刃物で殺害しようとしたら、やはり胸や腹を刺すのがセオリーだよね。
例えば対峙するような状態で首を切ろうとしたら、当然相手は反射的に避けたり、ガードしたりするでしょ?
だから、腕などに防御創が無いと言う事は被害者は無防備な状態で首を切られていると言う事だと私は考えたわけです。

それでどんな状況で殺害したのか?と思っていたけど、車の助手席に無防備にいる時に首を切ったんだね。

最後に書くと、被害者が加害者になってしまう事件は意外に多い。
今年の春に起きた山形民家襲撃事件も子供の頃の出来事に対する復讐だった。
家庭内暴力で息子や父親を殺害してしまう事件なども毎年あるね。
復讐とは言え、犯罪は許される事ではない。復讐をしても気分が良いのは一瞬だけだ。
その後はつらく長い後悔だけが残るだろう。

私からのアドバイスは
「殺したいような、そんなヤツとは縁を切ってしまえ」
場所をしらせずに、遠くへ離れてしまえば、もう会う事もないだろう。
親兄弟でも関係ない。二度と会うな。と言う所かな。
つまらないヤツを殺して、自分の人生を棒に振る方がもったいないぞ。

07/05/23追記
5/21 横浜地裁で判決がありました。
犯行は残虐、凄惨で極めて悪質として」懲役13年を言い渡した。(求刑は16年)
裁判長は、「犯行は相当に周到な準備の上、計画的に行われた」と指摘した上で、「被害者との交際を絶ちたいのなら他の方法があったことは明らかであるにもかかわらず、殺害に至ったのは短絡的で強い非難に値する」と断罪した。

参考リンク
神奈川男性殺害事件の謎!その2
神奈川男性殺害事件の謎!その4

|

« 神奈川男性殺害事件の謎!その2 | トップページ | 帯広警官殺害事件 »

コメント

こんにちは。助手席の相手を殺したのであれば、
庖丁を用意しての、頸動脈切断は「妥当」です。

刺殺方法を講釈しても、しょうがないけど(笑)
一般的に「急所」とされるのは脳と心臓だけど
頭蓋骨や肋骨が保護していて,庖丁は疑問です。

離れた相手に「近づいて致命傷を与える」には、
右翼テロリストは、腹を刺すのが、定石ですが。
浅沼稲次郎社会党委員長や,オウムの村井幹部、
社民党の石井紘基代議士のケースで分るように、
刃物を体の前で構え、体当たりするように刺す。

振り回して、相手に防御創を与えるのは、稚拙。
「必ず殺す」ではなく、カッとなったか、威嚇。
殺害を計画していたなら、この方法は採らない。
「殺害したい相手」のほうが「強そう」だし(笑)

首の頸動脈は皮膚の表面に近く、止血が難しい。
首を絞めての止血はないから、圧迫するぐらい。
この場合「相手に近く」ないと、不可能だけど。
相手が車の助手席なら、おあつらえ向きですね。

いわれる通り,出血が多く、車は血の海のはず。
跡をどう処理するかも、考えてたんでしょうが、
返り血も,半端じゃなかったものと、思います。

殺された男が、引っ越して、一人暮らししてたのが
加害者の実家近くだったのが、遠因じゃないかな?
実家近くでは「逃げられない」と思ったんじゃない。

ただ「ケンカすれば、いい」だけだと、思うけどね。
「弱っちい自分がやられる」のが、嫌だったんだろ。

投稿: あんぐら〜 | 2006/11/29 13:46

あんぐらーさん、こんばんは
事件後の車はどうしたんでしょうね?せっせと掃除したのかな?
隠せないと思って、あっさり自首したのかもしれないですね。

投稿: ASKA | 2006/11/29 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神奈川男性殺害事件の謎!その2 | トップページ | 帯広警官殺害事件 »