« 秋田4歳児変死事件の謎!その13 | トップページ | 神奈川男性殺害事件の謎!その2 »

2006/11/23

神奈川男性殺害事件の謎!

11月22日(水)午後1時40分ごろ、神奈川県秦野市三廻部(みくるべ)の林道の斜面に男性が血まみれで倒れているのを、通りかかった市内の会社員(55)が発見、男性は既に死亡していた。

死因は刃物で首を切られた事による失血死とみられ、首の周囲を骨を残して肉がえぐられ、首を切断しようとしたものとみられる。
死亡推定時刻は21日(火)ごろ(ちょっとアバウトだね)と見られる。

遺体の特徴は
・20歳から30歳の男性
・身長約170cm
・ベージュのジャケットにグレーのジーパン
・目に青いカラーコンタクトをしていた。

遺体から約2メートル上の林道上に少量の血痕があり、別の場所で殺害後、現場まで運ばれたと思われる。

さてこの事件だけど、まずは場所の確認だ
秦野市三廻部の航空写真と地図場所の詳細は分からないので、秦野市三廻部周辺の地図を見てみよう。
ここで、重要なのは秦野市の市街地から2から3km程度の場所で人里離れたと言うような場所ではないと言う事だね。
犯人は車で遺体を運んだんだろうね。

そして、遺体の首を切断しようとしているが、途中で断念している点も重要だ。
切断自体は難しい事ではない、道具と時間があれば可能だ。
道具が無ければ用意すればよいわけで、犯人が切断を断念した理由は、時間が無いからだろうね。これは、遺棄現場が都市部からそれほど離れていない事や遺体を斜面に放置している点からも伺える。

それを考えると、殺害は計画的ではなく、突発的だったと言う所かな。

そして、犯人が首を切断しようとした理由がポイントだね。
普通、遺体を解体しようとする場合は二つの理由が考えられる。
1)搬送に邪魔な為、コンパクトにしたい。
2)遺体の身元を隠したい。

の二つだね。1)が理由ならば当然、両手両足を先に切断するだろうな。
その意味で首のみと言う事なので、2)の遺体の身元を隠そうとしたと言う所だろう。

では、犯人はなぜ遺体の身元を隠そうと考えたのだろうか?
それはずばり、被害者の身元がわかれば、その周辺の捜査から犯人に繋がると考えたんだろうな。

突発的な事件なら遺体やその周辺に証拠が残っている可能性があるね。

私の予想通りなら、事件は早い時期に動きがあるだろう。
続報を待ちましょう。

参考リンク
神奈川男性殺害事件の謎!その2

|

« 秋田4歳児変死事件の謎!その13 | トップページ | 神奈川男性殺害事件の謎!その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋田4歳児変死事件の謎!その13 | トップページ | 神奈川男性殺害事件の謎!その2 »