« 神奈川男性殺害事件の謎! | トップページ | 神奈川男性殺害事件の謎!その3 »

2006/11/24

神奈川男性殺害事件の謎!その2

続報です。被害者男性の身元が分かったようだ。
被害者男性は横浜市鶴見区在住、職業不詳、20歳

再度場所の確認だけど秦野市と横浜市の位置関係
さて、問題は被害者の住所が横浜市と言う事だ。
直線距離にしてざっと30kmぐらいだろうか。この場合距離が問題と言うよりは、なぜ秦野市なのか?なぜ山なのか?の方が気になるね。
もし横浜市で被害者が殺害されたのなら、遺棄するのは海なんじゃないかな?
あえて30km運ぶ理由は何だろうね?

もし、横浜市で殺害されたとしのなら、運んだ理由は二つぐらいだろうか
1)横浜市周辺で遺体が発見されれば、身元が簡単に分かってしまう。そこで、離れた場所に遺棄し捜査をかく乱しようとした。
2)遺棄場所に土地鑑があった。

逆に横浜市以外で殺害されたと考えると。
殺害場所が遺棄場所の近くだったって事も考えられるね。

それから、死因が失血死か、殺害の状況が気になるね。
多分、刃物で切られたと思うのだが、ちょっと普通じゃないよな。
遺体を運んだ車は誰の物なのか?

職業不肖、20歳、目に青いコンタクト・・・
続報を待ちましょう。

参考リンク
神奈川男性殺害事件の謎!
神奈川男性殺害事件の謎!その3

|

« 神奈川男性殺害事件の謎! | トップページ | 神奈川男性殺害事件の謎!その3 »

コメント

こんにちは。この事件の被害者の自宅は、鍵がかけられていて。
殺害現場ではないようです。失血死だと出血は多いでしょうし。

神奈川ですが。横浜・横須賀など、海岸沿いに市街化が進んて、
遺体を捨てるには不向きです。工場敷地・港湾敷地は立入禁止。
神奈川で遺体を捨てられるのは、三浦半島の先ぐらいでしょう。

が、逗子でルーシー・ブラックマンさん殺害事件がありました。
容疑者は資産家で,自分のモーターボートをもっていましたが、
彼女の遺体は三浦半島の諸磯海岸近くの洞窟に埋められました。
近くの海に捨てないで、洞窟に隠して見つからなかったのです。

死体遺棄が、殺害を隠す目的なら、海に捨てるのは不向きです。
そのまま海に捨てれば、ガスで死体が浮き、海岸に上がります。
浮き上がるのを避けるには、重い錘をつけることになりますが。
そうすると、大きく・重くなるので、船で沖に捨てるしかない。

船の調達も、操船技術もいる、錘を付けて、夜捨てるしかない。
船に積み込むときに目立つし、船から捨てるときに人目につく。
貨物船も、客船も、フェリーも、観光船も、漁船も、遊漁船も、
プレジャボートも、船の基地マリーナも、神奈川には多いです。

山に捨てたのは、殺害現場に近いからか、人目につかないからか
いずれにしろ、山に捨てたのは、海に捨てるより、合理的です。
山だと「都市計画」で、家を建てる地域が、規制されています。

投稿: あんぐら〜 | 2006/11/25 09:14

続報です。被害者の近所に住む、小学校以来の「幼なじみ」が
自ら110番して,金の無心で殺害したと、逮捕されたようです。

被害者はゲーマーで、いくつかの職業を転々としていたようで。
定職はなく、容疑者とは、とくに親しい友人だったみたいです。

投稿: あんぐら〜 | 2006/11/25 10:36

あんぐらーさん、こんばんは
なるほど、都市部では海に簡単に遺体を遺棄できない、と言うのは抜けていましたね。
どうも田舎の感覚で考えてしまうクセがあるようです。反省ですね。

投稿: ASKA | 2006/11/25 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神奈川男性殺害事件の謎! | トップページ | 神奈川男性殺害事件の謎!その3 »