« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/31

過去の快楽殺人事件

栃木小1殺害事件の参考に日本の過去の快楽殺人をピックアップしてみました。

年代 年齢 事件名 概要
2006年 23歳男性 大阪姉妹殺害事件 母親を殺したときの感覚が忘れられず、人の血を見たくなったと言う理由で若い姉(27)妹(19)を刺殺し、現金を盗んで部屋に放火した。2000年に母親(50)を金属バットで撲殺し少年院に入っていた。
2005年 36歳男性 自殺サイト殺人事件 人が苦しむ姿に性的興奮を得る性癖があり、自殺サイトで目を付けた自殺志願者を誘い出し、次々に3人を自殺にみせかけて殺害した。殺害する様子をビデオテープに録画したりカセットレコーダーに録音していた。殺害時も何度も口を塞ぎ失神させ、蘇生しと言う事を何度も繰り返した。またこの事件以前にも50件以上の首絞め事件を起こしている。
1997年 14歳男性 酒鬼薔薇事件 女児がハンマーで殴られ重症、女児が金槌で殴られ死亡、男児が絞殺され首が切断されて頭部が犯行声明と共に学校の校門に放置された。
1988年 27歳男性 宮崎勤事件 4歳、7歳、4歳、5歳の女児が絞殺された事件。犯人は部屋に5000本を超えるビデオテープを所有しその中には被害者の遺体の映像などもあった。犯行声明や遺骨を遺族に送るなど異常な行動が目立つ
1971年 36歳男性 大久保清事件 150に及ぶ女性に声を掛けて、うち10人以上と関係を持ち、その中の女性8名を絞殺、遺体を造成地などに遺棄する。遺体遺棄については天才的と言える。

これら5件の事件が快楽殺人と言われているようです。
5件中2件で被害者が児童。
5件中2件で殺害の様子や遺体をビデオで録画している。
5件中2件で犯行声明やそれに類する文章を書いている。
07/01/02追記
全ての事件で被害者が複数人
全ての事件で犯人が男性

| | コメント (1)

世田谷一家殺人事件再考その57

捜査会議の情報が報道されている。
1)捜査本部は、一家が殺害された深夜の時間帯に大規模な聞き込みなどを実施した。

2)捜査本部は指紋にとらわれない“脱指紋”ともいえる方針で、幅広い捜査を展開してるようだ。(前回のNステの報道とも一致しているね)
捜査本部が力を入れているのは「マタカン」と呼ばれる、犯人そのものでなくても犯人を知る人物や周辺者を探る捜査らしい。

3)外国人の可能性も引き続き視野に入れており、不審外国人を知る周辺者を探る捜査も行われている。

4)聞き込みで現場近くの駅で犯人と同じ身なりをした人物の目撃情報があった。

5)ヒップバッグの中の微物(チタン酸バリウム)がスケートボードに使われる物質と同じことも判明。現場前の公園にスケボー練習用コースがあり、愛好者への捜査にも力を注いでいる。

6)犯人がハンカチに穴を開けて包丁の柄に巻く特異な滑り止めをしていた新事実も公表。過去の犯罪で例がなく、犯人がどこかで見聞きした方法の可能性があるとみて、情報提供を求めている。
(ASKAの事件簿でも情報提供を求めていますが、今の所過去の事件で同じ使用方法があったと言う情報が1件ありました。この点は調べてみる予定です。)

昨年もそうだったが、この時期には捜査情報が捜査本部から発表されているね。
事件の風化を防ぐ事が目的だろうし、私も賛成なのだけど、どうも情報が断片的なのが残念だ。
どうせなら、警視庁なり成城署がHPで情報をまとめて欲しいんだけどな。
昨年報道された内容などは未だに警察関係のHPには記載されていないし・・・・
このブログを含めて、民間の多くのHPやブログがこの事件に取り組んでいるのに、警察の対応が片手落ちのような気がする。
警察のHPについては
警視庁のHPとか上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件を参照して欲しい。

| | コメント (17)

世田谷女性殺害事件の謎!その3

続報です。事件のいきさつが分かってきました。

1)事件の1週間ほど前に被害者の部屋の合鍵をアルバイト先の居酒屋のロッカーから持ち出し作っていた。

2)事件の一週間ほど前にアルバイトからの帰宅時に尾行し、被害者の自宅を割り出していた。

3)被害者を食事に誘ったが断られた。ふられて、もうダメだと思った(これが犯行を計画した理由と思われる)

4)容疑者は自分の指紋のついた被害者のカードケースや血痕の付着したティッシュペーパーを持ち帰っていた。

5)ボタンが取れたブラウスなどがポリ袋に入った状態で被害者宅に残されていたが、「持ち帰るつもりで、気が動転して置き忘れた」と話しているようだ。

6)事件当日、容疑者は被害者宅で待ち伏せし、被害者が帰宅した直後に暴行しているようだ。

こんな所だね。
容疑者は被害者に好意をもっていたと言う事なのだが・・・
彼が欲しかったのは何だろうね?
彼女を暴行して、彼は何かを手にいれる事ができたのだろうか?
この点を考えると好意ではなく、欲望の対象でしかなかったのではないかと思えてくる。

この事件に限らないが、最近の若年層による事件は自分を制御する事ができない事が原因ではないだろうか?
中学生がホームレスを襲撃したのも金が欲しかったからだしね。
これが「ゆとり教育」の成果だとしたら、日本中に犯罪予備軍がいる事になるけどな。

参考リンク
世田谷女性殺害事件の謎!その2
世田谷女性殺害事件の謎!その4

| | コメント (2)

2006/12/30

世田谷一家殺人事件再考その56

今回はニュースステーションで報道された内容をメモしておきます。

1)韓国製スニーカースラセンジャー(28cmは国内では販売されていない)
しかし、個人輸入なら入手可能

2)警察は現場から3km杉並区高井戸、環八沿いでに住んでいる番組関係者に聞き込み4枚の写真を見せる。
4枚の写真
・1枚目 30歳前後の男、目が釣りあがり、鼻が大きい
・2枚目 20代から30代の女、東南アジア系
・3枚目 どこにでも居る中年女性(50代)
・4枚目 30歳前後の男、めがねをかけて、小柄で細身、日本人以外のアジア系にも見える

3、4枚目は吉祥寺周辺で撮影した

3)警察は大久保、吉祥寺を中心に捜査をしている。

4)侵入した2階の窓は横30cm×縦40cm

5)ボーイスカウトの経験
生理用ナプキンにA型の血液(家族の物ではない)部屋や風呂場で発見
止血の為にナプキンを使う方法は自衛隊で教えている。

6)黒いハンカチ、刃物に巻いて返り血を防ぐ

7)30日午後11時30分以降に侵入、翌日午前1時18分と午前10時にパソコンを使用
1階2階の棚をあさった。大量の書類を浴槽にぶちまけた。何かを探している。
下調べをして家族4人を殺害すれば、邪魔されずに見つけられると考えたのではないか?

8)2度目のパソコンを使用している最中か、終った後に呼び鈴が鳴った為、犯人は逃走した、その結果、大量の遺留品や証拠を残したのではないか?

こんな所かな

| | コメント (2)

2006/12/29

徳山高専殺害事件の謎!その25

今回は最後に報道された、「最初に手で首を絞めた」事について考えてみたい。
私は前回の記事で「最初から殺害しようとした可能性もあるかも?」と書いたがこれは間違いだろうな。

つまり、最初から殺害するつもりなら、手で首を絞めた段階で殺害したはずじゃないか?
2度目にビニール紐で首を絞めて殺害しているのだから、最初に手で首を絞めた時は殺意は無かったと言う事だろうね。

以前の推理でも私は彼に殺意は無かったし、自殺するつもりも無かったと考えていた。
ずいぶん遠回りしてたどり着いた推理だったけど。
この最初に手で絞めたと言う情報があれば、もっとはやく結論に辿り着く事ができたかもしれないな。

とりあえず、この最初に手で絞めたと言う情報を加えて、殺害の状況を考えてみよう

紐を用意していたにも関わらず、最初に手で絞めているのはなぜか?
これは、紐を用意している時間が無かったんだろうね。
最初に手で絞めた時の状況はわからない、警察が発表しないからね。
手で絞めた痕の方向によって、後ろから絞めたか前から絞めたか?によって少し違うけど・・・
私の推理としては、紐を用意していたのは、隙を見て紐で絞める計画だったと思う。
しかし、研究室では勉強を教えてもらう名目で呼び出しているのだから、当然、勉強しなければならない。

2人で勉強するとしたら、どうする?
机に座る位置は二つだろう。机を挟んで正対するか、椅子を並べて横に座るかだね。
いづれにしても、部屋には2人しかいないので、ごそごそ紐を出したりする隙は無かったろう。
そこで、まず手で首を絞めた。正対して座った場合、彼女が暴れて座っていた椅子を倒す可能性があるので、私としては、横に座った状態で絞めたのだと思う。
あるいは、研究室に入りドアを閉めた直後、椅子に座る前の可能性もあるな。

その後、彼女は意識を失い無抵抗な状態になる。
彼は当初の計画を実行する。
しかし、その途中彼女は息を吹き返しそうになる。
慌てた彼は用意した紐で更に絞める。
再度無抵抗な状態になる。
で彼は中断した計画を継続する。

で目的を達成した後で彼女が死亡している事に気づいたのではないだろうか?

と言う事でこの事件の推理はこれで終わりにします。

| | コメント (0)

新宿バラバラ事件の謎!その4

続報です。遺体の下半身が発見されました。
12月28日午後3時10分ごろ、東京都渋谷区神山町の民家の庭で、男性の下半身を通行人の女性が見つけ、交番に届け出た。
DNA鑑定の結果この下半身は新宿で発見された遺体と同一人物と判明した。

1)民家は一戸建てで母屋と離れの2棟が建っている。発見した女性は犬の散歩中で、犬が民家の門扉付近で立ち止まったため、敷地内をのぞいたところ、門扉から約7メートルの場所に男性の下半身が置かれていた。

2)遺体は腰から下の部分がうつぶせの状態で置かれ、衣服はつけず、切断された跡があった。検視の結果、死後2週間前後とみられ、一部が腐敗。26日の大雨にうたれたためか、すね毛がすべて同じ方向に向いていた。

3)周囲に血液が流れた形跡がなく、別の場所で切断後、運ばれたとみられ、遺体に付着した土砂の状況から死亡後、すぐにこの場所に遺棄された可能性が高く、遺棄も約2週間前とみられる。

4)門扉わきには施錠されていないくぐり戸があり、ここから庭に侵入、遺棄したとみられる。

5)下半身が発見された現場は上半身が発見された場所から約4km離れている。

さて残りの部分はどこへ行ったか・・・・
特に頭部が問題だね。
どうやら、遺体は一度に遺棄しているようなので,いずれ発見されるだろうが、相当腐敗が進んでいるかもしれないね。

| | コメント (0)

世田谷女性殺害事件の謎!その2

続報です。容疑者が逮捕されました。
警視庁北沢署捜査本部は12月29日、殺人容疑で、同じ店で働く28歳男性アルバイト店員(世田谷区八幡山)を逮捕した。
調べに対し、容疑者は容疑を認め、「内緒で作った合鍵で部屋に入り、帰宅した被害者を暴行しようとしたが、抵抗されたので手で絞めて殺した」と話しているようだ。

予想通り早い時期に逮捕されたね。
犯罪の陰に女と金と言うのが定番だけど・・・・
どこまでも欲望からは逃れられないのが人の性と言う事かな・・・・

暴行されそうになって、抵抗しないはずが無いのだろうに、未来を予測する事ができないんだろうな。

徳山高専の事件もそうだったが、もう少し未来を見通す能力が欲しいな。
10年先とは言わないが1日先とか1時間先のレベルでよいのだけどね。

参考リンク
世田谷女性殺害事件の謎!
世田谷女性殺害事件の謎!その3

| | コメント (0)

大阪ビニール紐事件の謎!その2

情報の少ないこの事件だが、ただ一つ確かな事がある。放送された番組だ。
今回は放送された番組の内容から事件を考えてみよう。

まず事件の概要を参照してほしい。今回はさらに補足情報を追加する。

スタンド裏の無数の紐の映像が出た所で
探偵トミーズ雅もスタッフも、これは何か触れてはいけない物事なのではと考え捜査打ち切りにした。
「本件に関する情報は今後一切受けつけません」というテロップがデカデカと出て、上岡も他の探偵も腫れ物に触れるかのごとく何も言わずとっととCMへ。

ここからは、私のいつもの妄想です。
まず、番組はなぜ、この事件を封印したのだろうか?
最後に「本件に関する情報は今後一切受けつけません」というテロップまで流している。
さらにこの事件は再放送もされていないらしい。

普通に考えれば、番組や局にとって、とても都合の悪い事が起きたような印象だね。
でそのあたりを考えると
1)番組のやらせ、意外性を盛り上げる為の演出
2)番組や局にとって無条件でイメージが悪化するような問題に発展するような事態

こんな所かな
1)については、全てが「やらせ」でもともと事件自体が捏造だったと言うのもありそうなんだけど・・・・
しかし、放送された映像は確かに存在するわけで、もし捏造された事件であれば、現場周辺の住民が番組スタッフがビニール紐を結んでいる所を目撃しているはずだよね。
突然、大量のビニール紐が現れれば、周辺住民の注意を引くだろう。
だとしたら、「やらせ」と言う情報がネットに出回ってもおかしくないだろうな。
それが無いと言う事はやはり、放送された内容は真実なんだろうな。

そこで残るの2)の場合だ。
そもそも、番組や局にとって大変都合の悪い事態になるのが分かっていれば、最初から放送しないのではないかな?

そう考えると、都合の悪い事態は番組の放送中に発覚したのではないだろうか?
放送中に視聴者からの通報で事件の真実を知った番組責任者が、番組のタイミングを見て中断、封印したのではないだろうか?
(現場のタレントに番組の内容をどうこうする権限があるとも思えないしね)
と言うのが私の推理です。

番組や局にとって都合の悪い事態としては
A)差別問題
B)人権問題
この二つぐらいだろうか?とにかく反論ができないような一方的に番組側が悪いと言うような事だろうね。

もしそうなら、ネットに書かれているような内容もそれなりに説得力があるよね。
とは言え、これも私の根拠のない妄想です。

参考リンク
大阪ビニール紐事件の謎!

| | コメント (6)

世田谷女性殺害事件の謎!

12月28日午後6時10分ごろ、東京都世田谷区大原1のアパート1階、22歳女性居酒屋店員方で、22歳女性がベッドの上で、うつぶせで倒れているのを訪ねてきた27歳の姉(が発見、119番通報したが既に死亡していた。

1)首を絞められたような跡があった。
2)玄関や窓が施錠されていた。
3)被害者は衣服を身に着けていなかった。
4)遺体には、首まで毛布が掛かっていた。
5)ワンルームの室内には、衣装ケースから引っ張り出された衣類が散乱していた。
6)鍵や現金数千円入りの財布、被害者の携帯電話などは残っていた。

さて、この事件だが・・・解決は早いかもね。
死亡推定時刻は検死解剖の結果待ちだけど、その時間帯によっては相当絞られるだろうな。
寝込みを襲われたとしても、全裸で就寝はしないだろう?
抵抗の形跡などは報道を待たなければならないが、死因が絞殺なら犯人を示す証拠が残っている可能性があるしね。
警察はもう容疑者を任意同行ぐらいしてるかもしれないな。

続報を待ちましょう。

参考リンク
世田谷女性殺害事件の謎!その2

| | コメント (0)

2006/12/28

多摩コンクリ詰め事件の謎!その4

続報です。コンクリ詰めの遺体の身元が判明しました。
1)DNA鑑定の結果、発見された遺体はこの家に住む、元都職員、66歳男性と特定した。

2)被害者が購読していた新聞の販売店によると、10月14日朝、被害者の名を名乗る男の声で「入院するので今日の夕刊から新聞を止めてほしい。再開する時には連絡する」との電話があった。10月末、同店の従業員が集金に行くと、大きな錠で門扉に鍵がかけられていた。その後数回訪問したが、人が住んでいる気配はなかったという。容疑者らは10月13日に被害者の銀行預金を不正に引き出したとして詐欺容疑で逮捕されている。
被害者は6月から新聞を購読し、集金には自分で応対していた。しかし9月29日だけは女性が応じたという。こうした状況から捜査本部は、10月上旬までには被害者が殺害されていた可能性が高いとの見方を強めているらしい。

容疑者は逮捕されているので、あとは事件の全容解明に全力を尽くしてもらいたいところですね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
多摩コンクリ詰め事件の謎!その3
多摩コンクリ詰め事件の謎!その5

| | コメント (0)

2006/12/27

長野女性変死事件の謎!その6

続報です。被害者の元交際相手が指名手配されました。
松本署捜査本部は、死体遺棄容疑で住所不定、41歳男性容疑者の逮捕状を取り、12月26日、指名手配した。

容疑者は以前、石山さんと交際していたらしい。
被害者の借りたレンタカーについて捜査本部は、車内の鑑定結果などから、容疑者がレンタカーを使用したとみているようだ。

さてと、以前から連絡の取れない知人男性がいると言われていたので、いつ指名手配するのかと思っていたが、やっと指名手配しましたね。

多分、事件に関わったとする物証の分析に時間が掛かっていたのかな。

それでもね、発生が11/28だからもう1ヶ月経っている。
さて犯人は何処にいるのかな?

犯人逮捕に期待しましょう。

参考リンク
長野女性変死事件の謎!その5
長野女性変死事件の謎!その7

| | コメント (0)

2006/12/26

世田谷一家殺人事件再考その55

今回は現場の遺留品に工作の可能性がないか?と言う点について考えてみたい。
まず最初に考えるのは現場の偽装や細工にはどんな意味があるのかと言う事を考えよう。
普通に考えれば、犯人自身が逮捕されない為に捜査をミスリードする為の物だろうね。
自分が逮捕されない為にどうしたらよいのか?と考えると偽装は幾つかのパターンに分けられるだろう。
A)証拠を残さない。
例えばオームの坂本弁護士一家殺害事件のような物だね。偽装とは言えないが、逮捕されない為の工作と言う意味では基本でしょう。

B)動機を隠す。
例えばトラブルから激して殺害した場合などに遺体からお金を盗む事で、物盗りの犯行に見せかけるわけです。

C)犯人像を隠す。
日本ではあまり無いのですが、現場に別人の毛髪や他人の衣類などを残す事で犯人像を絞らせないと言うわけですね。あるいは別の犯人像にミスリードするわけです。

この事件の遺留品について考えて見ましょう。
1)指紋
2)血液(DNA)
3)毛髪(警察発表は無いが、長時間滞在している事から考えて残っていると思う)
4)足跡
5)衣類
6)凶器の包丁
7)ハンカチ
8)止血バンド
9)ヒップバッグ(中の幾つかの粉状の物質を含む)
10)残虐な殺害方法
11)盗まれた現金
12)その他、奇妙な行動

ざっとこんな所かな。この事件の場合はA)は無いので、B)かC)と言う事になる。
B)の動機に関連した物としては10)と11)と言う所だね。
10)は怨恨を匂わせるが、11)は物盗りのようにも思える。どちらかが偽装だとも思えるのだが、12)のその他の奇妙な行動が余計だよね。それでもこの点については偽装の可能性はあると思う。
しかし、犯人がホントに意図して行っているかは分からないけどね。

C)の犯人像について考えると、関連する項目は1)、2)、3)の犯人を特定する情報と体形に関わる4)、5)さらに、犯人の生活環境に関わりそうな7)と9)と言う所だろうか。

ここで注目は2)と3)だな。
血液と毛髪はそれぞれ同じ情報をもたらすので、もしどちらかが偽装だとすると当然、二つの情報は食い違う事になるので偽装の可能性が考えらる。
今のところ、複数犯と言う報道は無いので、この二つの情報は一致しているのだろうね。

体形に関わる4)、5)そして7)と9)は偽装しやすい物だね。例えば、自分とは逆の性別の衣類、自分のサイズよりも大きな靴なんてのは簡単に用意できるだろう。
しかし、それは荷物になるよな。この事件の場合は2階の浴室の窓から侵入している。
余計な荷物を持った状態で侵入できる経路ではないだろうな。

で7)のハンカチ、9)のヒップバックは偽装にしてはミスリードするには方向が定まっていないような気がする。つまり、偽装ならもっと明確に方向付けした情報だと思うんだよね。
例えば性別を連想するような物とか、国籍を連想するような物とかね。

もし私が偽装するなら、1)と2)、3)だな。この3つを偽装すれば、捜査線上から外れる事ができるだろうね。
しかし、前述したように2)と3)はDNA鑑定で同じDNAかの判断が可能なので、偽装するなら同一人物の血液と毛髪を用意する必要があるだろう。毛髪はともかく、血液は難しいでしょうね。

最後に残るのが1)の指紋だな。
技術的にはダミーの指紋を作る事は可能だろう。正確にはコピーになるだろうが・・・
問題は2000年当時にそれが可能だったかが不明だね。
最近では指紋認証する機器が増えてきたので、その手の裏情報も比較的簡単に入手する事ができるけど・・・
2000年の頃はどうだったろうな。

もし、犯人がその道のプロなら1)、2)、3)を偽装する事も可能だろうけど今の段階では判断する決め手が無いね。

私の印象としては、偽装するならA)の「証拠を残さない」の方が簡単だと思う。
少なくとも3)と4)以外は犯人が注意すれば証拠を現場に残さない事ができたと思う。
その意味では、偽装の可能性は低いのではないかと考えている。

| | コメント (16)

2006/12/24

大阪ビニール紐事件の謎!

探偵!ナイトスコープと言う番組で放送された事件について少し考えてみる。
概要は
1992年3月20放送の話で、事件の依頼は東大阪市の鴻池付近で、電柱や歩道の柵などのあちこちに色のついたビニール紐が括り付けられているので原因をしらべて欲しいというものでした。
あちこち結ばれている場所を辿って紐を切っていってたのですが、行けども行けども紐だらけ。
そして夜になり、少しだけ引き返してみると、さっきは紐が無かった場所に紐あった!(スタジオ騒然)
最後は、スタッフのクルマを給油しに行った時にスタンドの従業員に紐を見せて何か知ってるかと 聞くと、「原因は知らないがうちの裏にいっぱいくくってる」と言われた。
見てみると、スタンド裏の汚い排水口のところ一面に数え切れない程の青い紐の結び目があった・・・(スタジオ奇声)
それを見て探偵トミーズ雅もスタッフも、これは何か触れてはいけない物事なのではと考え捜査打ち切りにした。
と言う事件です。

2016/03/31追記
注意:「そして夜になり、少しだけ引き返してみると、さっきは紐が無かった場所に紐あった!」の描写については、実際の番組映像には無いとの指摘がありましたので、ご注意ください。
記事本文は10年前の記事で考察自体には影響が無いと思いますので、文章自体はそのままの状態を継続します。

ネットで検索して、この事件の理由や続報を探ると
1)ビニール紐は障害者学級の生徒が行っていた。
2)放送の後、役所の人が何百ものヒモを全部回収したらしい。
3)紐は捨て看板止めた紐で。看板回収して紐だけが残った。
4)電柱とかポストとかガードレールとかビニールの紐がくくれそうなところにはほとんどくくってあった。
5)以前北野誠がラジオで言ってたよ。「心の病気の人の仕業やったんです」
6)くくりつけている人が判明したそうです。
「どうして、ビニールひもでくくるの?」
「なんのためにこんなことするの?」
と聞かれても
「わからへん、、、、でも、くくらなあかんねん、、、、」
と答えていたらしい。

とこのあたりの情報しか出てこない。
どの情報もネットの掲示板やブログの中で個人が発信している物でしかない。
ネットを検索していて感じたのだが、大元の情報源は一つでネットの中で水平に伝播したような印象だね。

公式に報道された情報などがあれば、もう少し色々考える手がかりになるのだが・・・・
そこで、東大阪市や警察と苦情、トラブルなどをキーワードに加えて検索してみたが、関連する情報は出てこなかった。
もし、住民の方が迷惑に思っているのであれば、担当する東大阪市役所や警察に苦情などが出ていたと考えたわけです。
ところが、それらしい情報はネットには無いようですね。

・・・・さて、放送されたテレビ番組には大量のビニール紐が映っていたのは間違いないね。
しかし、それについて付近の住民は公式に苦情を出してはいないようだね。
この点を考えると付近の住民は誰が行っているのか知っていたのではないか?
そして住民同士の話し合いで問題が解決されているとすれば、公式な動きが無い事は矛盾しないかな。
あるいは、これだけ大量に結んでいるのであれば、当然、周辺住民が目撃している可能性が高いわけで、それでも誰も見ていないと話すのは、この件に触れるを故意に避けているのかもしれない。それは同情といった感情かもしれないし、触らぬ神に祟りなしと言う理由かもしれない。

ビニール紐を結ぶ行為については、理由や目的があると思うが、しかしそれが論理的に説明ができる物かは分からないけどね。
あの、白い宗教団体がいたる所に渦巻きのカードを張って電波を防ぐと話しているでしょ。我々には理解できない事も当の本人は大まじめなんだよな。

それでも、可能性をいくつか考えると
A)遊びや、マーキングなど
B)嫌がらせ
C)呪術的な「まじない」、「魔よけ」など

ネットには捨て看板のあとの紐と言う説もあったが、ガソリンスタンドの裏の排水口には看板はつけないだろうから、この可能性は低いだろうな。

A)は落書きのような、自分のテリトリーなどを主張するマーキングの一種のようにも思えるが、これも汚い排水溝などにはつけないだろうから可能性は低いと思う。

B)の場合は、住民が苦情を出しそうだから、その動きが何も無いのはおかしいよね。
住民同士で解決している可能性はあるけどな。

最後に残るのがC)だね。
この場合は本人に聞いてみないと分からない、さっきの渦巻きの話もあるし、本人にしか分からない理由があるかもしれません。

この事件については、情報が少なすぎてこれ以上の調査は難しいと言うのが印象だね。
一つ興味があるのは、現在はどうなのか?と言う所だ。
現在もこのような状況なのかな?ネットにそれらしい情報は無かったので、その後は発生していないと思うのだが・・・・

参考リンク
大阪ビニール紐事件の謎!その2

| | コメント (19)

多摩コンクリ詰め事件の謎!その3

続報です。遺体は別の場所で切断された可能性が出てきた。

特捜本部で被害者宅を検証した結果、遺体が床下に隠されていた台所や風呂場などからは、遺体を切断した際に流れ出る大量の血液の跡や、骨片などが見つからなかったほか、血液の化学反応が室内や排水管からも出なかった。このため、遺体の切断は、別の場所で行われた可能性が高いようだ。

さて、推理が外れたな・・・・
他の場所で切断し、あえて、被害者宅に隠したのか・・・
捜査される事を予想しなかったのか?それとも発見されないと考えたのか?

自供を待ちましょう。

参考リンク
多摩コンクリ詰め事件の謎!その2
多摩コンクリ詰め事件の謎!その4

| | コメント (0)

静岡3人殺害事件の謎!その3

続報です。
1)長男の首には母親らと同種のひもが巻かれ、下腹部の刃物傷からひどく出血していた。

2)12月18日午後、同容疑者のアパート近くで長男が目撃されていた。同日午後9時ごろには、母親の部屋で争う物音を住民が聞いている。19日に出国した同容疑者は、その数日前に静岡市のチケット店で航空券を買っていた。

3)関係者によると、母親は1年半前に日系ブラジル人の夫と別居。昨年から容疑者が部屋に来るようになったが、数週間前にソニアさんが出ていくよう告げたらしい。

4)容疑者は白人系ブラジル人で、大学卒業後の93年に来日。日系女性との結婚歴があるといい、国内永住資格を持ち、貸金業や貸しビデオ業を営んでいたようだ。

5)長男の複数の同級生によると、兄弟は容疑者を嫌っていた。部屋に居着いた時も2人に怖い声で命令していたといい、数週間前、塾帰りに長男が「母さんが容疑者を追い出した」と話したらしい。

さて、殺害の前に帰国用のチケットを予約してたところをみると、計画的な犯行のようにも思えるが・・・・
動機がわからないよね。
金目当てと言うわけでもなさそうだが・・・・

続報を待ちましょう。

参照リンク
静岡3人殺害事件の謎!その2

| | コメント (0)

2006/12/23

多摩コンクリ詰め事件の謎!その2

続報です。女性容疑者が主導したとの話が出てきた。

1)逮捕された男性容疑者は中国出身の女性容疑者が被害者の殺害をほんめかされたと話しているようだ。

2)男性容疑者は「2人で被害者の家に行き指紋をふき取った」とも話し、遺体が置かれた台所の床下収納付近から指紋が検出されなかったことから、証拠隠滅を図った疑いが強いと思われる。

3)解剖結果から遺体は腰付近から2つに分断され上からコンクリートが流し込まれていた。遺体はのこぎりのようなもので切断したようだ。

4)2人は10月13日、新宿区内の銀行で前島さんの通帳と印鑑を使用し、口座から現金34万円を引き出したが、この日は2カ月に1度の年金入金日だった。捜査本部は以前、被害者と交際し、口座の入金状況を熟知した女性容疑者が犯行を主導したとみている。

5)被害者は元都職員で今年5月まで府中市内の一戸建てに居住。
長男は東大に進学したが死亡したといい、その後「家にいたくない」と住宅を売却し現場となった家を購入し一人で暮らしていたとの事。

だいぶ状況がわかってきたけれど・・・・
年金だって2ヶ月で34万円だろ、月17万円なんだよな・・・・
そのわずかなお金の為に殺害したのか・・・
まんまと乗せられた男性容疑者も64歳なんだけど、どう思ったのかな?
金の切れ目が縁の切れ目とは言うけれど、次は自分の番かもしれないとは思わなかったのかな?

続報を待ちましょう。

参考リンク
多摩コンクリ詰め事件の謎!
多摩コンクリ詰め事件の謎!その3

| | コメント (0)

静岡3人殺害事件の謎!その2

続報です。容疑者とされるブラジル国籍の男は既に出国しているようだ。

1)12月23日午前3時50分ごろ、母親と二男が発見された自宅から約800メートル離れた母親の知人の男の焼津市東小川のアパートの部屋で、中学3年の15歳長男が発見された。

2) 3人の首にはひもが巻かれ、絞められたような跡があったことから殺人と断定された。

3)死亡した母親の交際相手で、長男の遺体が見つかった部屋に住む43歳ブラジル人について、長男殺害に対する殺人容疑で逮捕状を取り、指名手配した。

さてと、問題は出国している容疑者を逮捕拘束できるのか?と言う所だね。
警察は、あるいは政府はどう動くのかな?

続報を待ちましょう。

参考リンク
静岡3人殺害事件の謎!
静岡3人殺害事件の謎!その3

| | コメント (0)

静岡3人殺害事件の謎!

12月22日午後7時30分ごろ、静岡県焼津市のアパート2階の一室で、この部屋に住む日系ブラジル人の派遣会社員の41歳女性と小学4年の二男10歳とみられる2人が死んでいるのを焼津署員が見つけた。
また、行方が分からなかった15歳長男は母親の知人宅で死亡しているのが発見された。

二男が12月19日から学校を欠席していたため、市から連絡を受け、警察官が安否確認のため訪れた。入り口には鍵がかかっており、女性は居間のカーペットの上で、男児は寝室のベッドの上で倒れていた。2人の着衣に乱れはなく、布団がかけられていた。室内からひものようなものも見つかったとの事。

まだ、詳しい事は分かっていないが・・・
二つの場所で遺体が発見されたのがポイントかな。

続報を待ちましょう。

参考リンク
静岡3人殺害事件の謎!その2

| | コメント (0)

2006/12/22

函館タクシー事件の謎!

12月21日午前7時15分ごろ、函館市港町3の函館港岸壁で、北斗市のタクシー会社「しんわ交通」のタクシーが止まっているのを、探していた同社社員が見つけた。車内は無人で血痕があったりトランク内で、この車の運転手、42歳男性(北斗市中山在住)の遺体を発見した。
ワイシャツ、ズボン姿の被害者が胸や腹など数カ所を刃物のようなもので刺され、うつぶせ状態でトランクの中から見つかった。

タクシーのドアやトランクは閉まっていた。売上の入ったバッグが見つかっていない。
被害者の財布も見つかっていない。

被害者は20日午後6時から勤務についていた。21日午前3時ごろ、「客を探しに行く」と言い残して営業車で会社を出た。同6時前に出勤した交代要員の運転手が被害者の車が戻っていないことに気付いた。

現場は函館港沿いの「北海道ガス函館みなと工場」脇の岸壁。近くのパチンコ店の客待ちのため、現場で時折待機するらしい。

被害者は二十一日午前三時ごろ、北斗市七重浜で客を乗せ、渡島管内七飯町方向に向かった。タクシー会社の衛星利用測位システム(GPS)では、同四時ごろ、七飯町峠下の道路付近にいたのが確認されている。

このあたりには大量の血痕と、被害者のものとみられる携帯電話やマイカーの鍵が残されており、警察は被害者はここで殺害されたとみている。
殺害現場とみられる場所は国道5号から約百メートル入った未舗装の道路で、土地勘がなければ立ち寄らない場所らしい。

血痕は車内には少なく、車体にも付着していた。このため、被害者は車外で殺害された後、約十五キロ離れた函館港岸壁の遺体発見現場に運ばれたとみられている。

遺体発見現場からフェリー乗り場まで約四百メートルと近いことから、警察は犯人がフェリーに乗船し、本州方向へ逃げた可能性もあるとみているようだ。

さて、計画的な犯行なのかな?
およそ数万円の売上金目当てに殺害してしまったのか・・・
それだけ、お金に困っていたと言う事かな。

多分、現場に物証はかなり残っているだろう。
犯人にたどり付くのも時間の問題だと思う。

捜査に期待です。

| | コメント (0)

2006/12/21

多摩コンクリ詰め事件の謎!

12月21日午前9時過ぎ、東京都多摩市連光寺6の66歳男性方で、住宅の床下にあったコンクリートの塊に、人間の遺体が埋められているのを警察官が発見した。

20日午前、66歳男性の知人の男性から、「10月以降、男性が行方不明になっている」と届け出があった。同署で男性宅を調べたところ、1階台所の床下の収納スペースに、コンクリートを流し込んだ跡があり、人間の足の指先のようなものがのぞいていたため、21日朝からコンクリートを壊し、男性とみられる遺体を確認した。

その後の警察の動きとして
66歳男性の預金通帳を不正に使用したとして同市聖ケ丘1、自称作家、40歳女性と同居している無職、64歳男性の両容疑者を詐欺などの容疑で逮捕した。女性容疑者は66歳男性とも交際していた。捜査本部は死体遺棄との関連も追及するようだ。

女性容疑者らは今年10月13日、新宿区の銀行で、66歳男性の預金通帳を不正に使用して66歳男性の口座から現金34万円を引き出した疑い。66歳男性は元東京都職員で、口座には年金が振り込まれていた。両容疑者とも通帳の不正使用を認めている。

さらに、両容疑者は66歳男性方から約1キロのところに居住。64歳男性容疑者が20日、「知人の66歳男性が今年10月から行方不明になっている」と警察に通報していた。
つまり、警察に最初に通報した人間が被害者の預金通帳からお金を不正に引き出していたわけだ。
また女性容疑者は中国出身で、別の日本人男性と結婚した際に日本国籍を取得、この男性とは死別したいるらしい。

発見された遺体は1階床下の地面であおむけに寝かされ、ワイシャツ姿で発見。コンクリートで固められており、頭部と下半身は布状のものでくるまれていた。死後2~3カ月経過しており司法解剖で死因を調べるようだ。

66歳男性は都精神医学総合研究所などに勤務し、00年に都を退職した後、嘱託職員として02年7月まで都立衛生研究所(現・健康安全研究センター)に勤めていた。今春、府中市から転居し現場の自宅に住んでいた。
この男性の息子さんは大変優秀だったようだが、自殺、さらに奥さんもなくなられたようで、その後は1人で暮らしていたようだ。
そんな生活の中で女性容疑者や他の外国人男性などが66歳男性の家に出入りしていたようだ。
これら外国人との関係がどんな物だったのかな?

さてと、こんな所なんだけど・・・・
多分、殺害されたのは自宅だろうな。他で殺害されたなら、わざわざ自宅に戻さないだろう。
しかし、この逮捕された容疑者の行動がわからないな・・・・
通報すれば、男性の自宅を警察官が調べる事は予想できたろうに・・・・
例え、殺害に関与していないとしても、男性の預金を勝手に引き出した事が犯罪である事は明白だから、彼らにとってはあまり歓迎する状況ではないはずだけどな。

安易に「通報した人間は疑われない」と思い込んでいたのかな?

いずれにしても、事件を解く糸口はあるので、捜査の進展に期待です。

参考リンク
多摩コンクリ詰め事件の謎!その2

| | コメント (0)

2006/12/19

世田谷一家殺人事件再考その54

ハンカチの報道について、整理して考えてみよう。
ハンカチの使い方の報道をみるとハンカチの使い方を説明した図があるのでわかりやすい。
犯人はハンカチを巻くことで滑り止めにするとともに、布の余った部分で返り血を防ごうとしたとみられるという。ハンカチには被害者の血液が大量に付着していた。

さて、このハンカチの件だけど意外に重要で犯人の動機を推理する事ができるかもしれない。

私はこの事件で黒いハンカチが2枚、現場から発見されたと言う報道を見た時、「犯人からのメッセージかな?」と考えていた。
なぜなら、普通の場合、男性はハンカチを2枚も持たないよね?
だから、2枚のハンカチにはなにか理由があると考えていた。

そこで、今度の報道で2枚のハンカチの使い方が分かったのだが・・・
これが、犯人の動機につながりそうなんだよね。
ポイントは「犯人は自宅を出る時にハンカチを2枚用意していた」と言う事だ。

そして、報道にあるようにこのハンカチが返り血を防ぐ事や刺した時のすべり止めに使う事を目的にしていたとしたら、どうだろう?
つまり、家を出る時には用意した包丁で刺す事を予定していると言う事になるでしょ?

と言う事は、金目当ての物盗りなどではなく、最初から殺害する事を計画している事になるよね。

そこで「ハンカチ」が再度登場するが、このハンカチが返り血を防ぐ為に使われたとしたら、もう一つ推理できる。
普通の人ならハンカチを使って返り血を防ぐなんて事を考えつかないだろう?
だから、この犯人は事前に何度も犯行をシュミレーションして返り血があるだろうと言う事。そしてそれを防ぐ方法を考えたと言う事になるよね。

つまり、犯行は計画的な物だと思うわけです。
犯人は被害者を殺害する事を何度も頭の中で考えていたんだろうね。
ここから推理する動機は「怨恨」と言うのが出てくるのだが・・・・
もう一つ、奇妙な事件のような事例で「人をめった刺しにして殺害してみたい」なんて動機もありそうな気がする。

今の段階ではどちらも決め手はないけどね。

さて、話は変わって、この返り血の防ぎ方についてだが・・・・小説や漫画で同じような方法を扱った物をご存知ないでしょうか?
私は犯人のオリジナルとは思えないんだよね。
何か参考になる事例が何かに書かれていたのではないか?と疑っています。

ちなみに私が連想したのは名探偵コナンの映画「瞳の中の暗殺者」(だったと思うのだが)の中で犯人が硝煙反応を消す為の傘のトリックが近いのかな?と思いました。
2000年4月公開なので、犯人がここからヒントを得たかも?とも思うけど・・・
傘とハンカチでは離れすぎているかな。

もし返り血の防ぎ方の事例に心当たりのある方はコメントください。お願いします。
それから、遺留品が犯人の偽装では?と言う件については次回書く予定です。

| | コメント (25)

東大阪の化学工場で爆発事故

12月19日午後1時30分ごろ、大阪府東大阪市鴻池徳庵町、化学工業製品製造会社「明和化学工業」の工場兼倉庫が爆発、炎上した。
爆発はその後15分間で2回続き、工場の屋根を吹き飛ばし、鉄骨平屋の工場兼倉庫約250平方メートルを全焼した。
この火事で、工場内で作業中だった従業員の33歳男性と、30歳男性が顔や背中などに全治約1か月のやけどを負った。

爆発当時、3台ある円筒型かくはん機(直径約2メートル、高さ約3~4メートル)でアルミニウム粉末などを混合し、鋳造用の保温剤を製造する作業をしていたとの事。

さて、どうやら粉塵爆発の可能性があるようだが、これだけ大規模な爆発で死者が出なかったのは不幸中の幸いだね。

しかし、粉塵爆発か・・・・静電気で発火したのかな?
冬場は静電気が起きやすいですからね。

続報をまちましょう。

| | コメント (0)

切り裂きジャックは2人いた?

イギリスで売春婦5人が殺害された事件で、警察当局は12/19日、5人の殺害容疑でイプスウィッチ在住の48歳の男を逮捕したと発表した。

容疑者の名前や容疑の具体的な内容は公表されていない。警察は12/18日、同容疑で、スーパー店員、37歳男性容疑者を逮捕している。

これに関連し、19日付の英紙ザ・タイムズは、「真犯人」が現在も逃亡している可能性があり、警察当局が別の容疑者5人を追跡していると伝えているようだ。

なんだろね。
怪しいヤツを全部逮捕するつもりなのかな?
他に真犯人がいると言う事だと、次の被害者が出てしまうわけで、それは誰もが避けたい所だろうね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

2006/12/18

切り裂きジャック逮捕!

イギリスで話題の現代版切り裂きジャックが逮捕されたようだ。
英東部サフォーク州の州都の警察当局は18日、5人全員の殺害容疑で現場近くに住む37歳の男を逮捕したと発表した。

容疑者は英大衆紙サンデー・ミラー(17日付)の単独インタビューに応じ、殺害された大半の女性と関係を持っていたことや警察から4回にわたって事情聴取を受けたことなどを明らかにしていたようだ。

さて、あとは精神分析の出番かな。
この事件は1ヶ月たらずで5人を殺害している、かなり短期間の犯行なんだよな。

| | コメント (0)

徳山高専殺害事件の謎!その24

続報です。容疑者は被疑者死亡の為、不起訴となった。

山口地検は12月18日、殺人容疑で指名手配中に自殺した同じ研究室の殺人、強姦(ごうかん)致死容疑で書類送検した19歳男子学生を被疑者死亡のまま不起訴処分にしたと発表した。

調べでは、男子学生は8月28日午前、課題を教えてほしいと研究室に呼び出した被害者の首を手で絞め、さらにビニールひもを巻き付けて窒息死させ強姦したと思われる。

こんなところだね。被疑者死亡で不起訴と言うのはよくある事だね。
さて、それより意外だったのは、最初に首を手で絞めている事だな。
これだと、最初から殺害するつもりだった可能性も出てくるな・・・・
しかし、彼の几帳面な性格が、気絶して無抵抗になった後も念のため、首に紐を巻いて絞めたと言うのもありそうな気もする。

それともう1点、首を手で絞めた時は後ろから絞めたのか?それとも前から絞めたのか?
少々気になるね。これによって犯行時の状況がだいぶ変わってくるからね。

| | コメント (0)

新宿バラバラ事件の謎!その3

続報です。
1)遺体発見の約4時間前、遺棄現場付近に不審な黒い車が止まっていた。
目撃者の話では窓に黒いフィルムをはった国産高級車で、エンジンをかけたまま止まっていた。現場は一方通行で道幅も狭く、普段はほとんど路上駐車がないため不審に思ったらしい。

2)胴体は二十数キロあり、運搬には車を使ったと思われる。

3)使用された、ごみ袋は90リットルの大型で都指定の業務用。量販店などでしか販売されておらず、コンビニでは扱っていない。主にオフィスで発泡スチロールや紙類などの軽いものを捨てる際に利用されているという。

4)ごみ袋は2重になっていた。ごみ袋は皺が多く、新品ではないようだ。

5)遺体の切断面の分析で、切断にはへそから下にはのこぎりのほかに、鋭利な刃物が併用されていたことも新たに判明。

6)遺体は解剖の際の骨の成分鑑定や、動脈の弾力性などから20代男性と断定された。

7)現場の道路は抜け道に使われることもあるが、週末の早朝は人の流れが途絶えるため、捜査本部は、犯人が周辺の地理に詳しかったとの見ているようだ。

8)発見約40分前の16日午前6時30分ごろに、付近の路上を清掃員が掃き掃除をした時には、遺体が入っていたゴミ袋は、現場に置かれていなかったことがわかった。
つまり、遺棄時間は午前6時30分から7時10分までの間と言う事だね。

9)周辺のパチンコ店など複数の店舗の防犯ビデオを分析した結果、遺棄場所の道路は、午前0時~7時までの通行量が20~30台と少なかったようだ。

10)袋は業務用の大型タイプで、都内で一般に販売しているのは十数店に限られる。
ビルメンテナンス会社や官公庁の食堂など計約70社に直接販売されたほか、一部は都内の大手ホームセンターなど十数店にも置かれ、一般向けに販売されていた。

ずいぶん情報が出てきたな・・・・
この調子だと遺体の身元より先に犯人の車が特定されそうだね。

さて、ここまでの情報でちと妙だと思うのは、犯人は車を持っていて、遺体を運び現場に遺棄したと言う事なんだけどね・・・
それってどうよ?普通に考えれば、車を持っているのだから、繁華街近くの通りの植え込みには遺棄しないのじゃないか?
もっと遠くに移動して、人気の無い所に遺棄する事ができるんじゃないか?

なぜ、犯人は近い将来に遺体が発見されるような場所に遺棄したのだろうか?
やはり見方は二つかな
A)犯人は新宿周辺以外の地理に詳しくない。
B)例え遺体が発見されても、自分は逮捕されない自信がある。
C)捨て場所に困って、近場に捨てた。

もしかすると、外国人による犯行の可能性もあるね。

| | コメント (0)

2006/12/17

新宿バラバラ事件の謎!その2

続報です。
1)遺体を入れたゴミ袋は16日午前0時ごろから同日早朝の間に発見場所に放置されたようだ。

2)遺体に少量の土や砂が付着していた。警視庁新宿署捜査本部は、屋外で切断された可能性もあるとみて調べているようだ。

3)遺体は死後三日以内、20代男性、血液型はA型、身長1メートル70ぐらい、日本人かアジア系外国人とみられる。

とこんな所だね。
しかし、土や砂が遺体についていたからと言っても、解体作業が屋外で行われたと言うのは少々疑問だけどね。
もし、屋外で解体したとしたら、
・外部の人間に目撃されないような閉じた場所やよほどヘンピな所。
じゃないかな。

| | コメント (0)

2006/12/16

新宿バラバラ事件の謎!

12月16日午前8時ごろ、東京都新宿区西新宿7のJR山手線沿いの路上で、「マネキンのようなものがある。死体かも知れない」と、近くに職場がある団体職員の47歳男性から110番通報があったらしい。

新宿署で調べたところ、山手線の高架脇の植え込みの縁石部分に、首がない人間の胴体部分が入ったゴミ袋が置かれており、捜査1課は、死体遺棄の疑いで特捜本部を設置、捜査を始めたとの事。

遺体に着衣はなく、東京都指定の90リットルのゴミ袋に入れられており、へそ下5センチから下半身が切断され、両手のうち左腕はひじから先がなく、右腕も手首から先がなかった。いずれも切断面の状況から、のこぎりのようなもので切られたとみられる。胸部や肌の状態から、捜査1課は、若い男性とみているようだ。

なんだか、年末のせいか最近殺人事件が頻発しているような気がするな。
本題にはいろう。
遺体の解体方法が少々気になるね。
今の時点で発見されているのは胴体のみ、見つかっていないのは、首、左腕のひじから先、右腕の手首より先、へそから下の下半身。
左右の腕の切断方法が違うでしょ?
それに、胴体も切断している。これは結構大変な作業のはずだ。
複数犯かな?もっとも、作業の途中でより効率の良い方法を見つけたとか、機械を使って切断している可能性もあるのでなんとも言えないけどね。

いずれにしても、遺棄されていれば残りの部分も近く発見されるだろう。
被害者を特定した後が捜査の本番と言う所だね。
新宿か昔のセオリーが通用する事件じゃないだろうな。

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

栃木小1殺害事件再考、その15

さて、今回はこの事件を今までとは違う角度から考えてみたい。
過去の児童殺傷事件からこの事件を考えてみよう。
この事件の特徴を挙げてみると
1)下校途中の小1女児が拉致殺害されている。
2)拉致されたのはおよそ下校途中の30分間と推測される。
3)女児は失踪翌日の昼過ぎに60km離れた茨城県の山中で発見される。
4)遺体は全裸で林道脇の斜面に置かれていた。
5)遺体の胸には複数(10箇所前後)の傷があり、心臓まで達する物もある。
6)即死だと思われる。
7)遺体に血液は殆ど残っていなかった。

とこんな所だよね・・・で一番目立つのが胸の複数の刺し傷だ。
過去の事例から見ると、複数回刺されているような事件は「滋賀園児殺害」と「京都小6殺害」の二つの事件だ。基本的に「怨恨」が動機の物だね。
これらは、被害者本人やその両親などに恨みがあって犯行に及んでいる。

しかし、この事件は怨恨が理由とは思えないんだよな。滋賀事件も京都事件も殺害できる状況になった時点で殺害しているし、遺体についても無造作に遺棄しているし、事件後の事もあまり考えていない場合が多いように思う。
なにより女児を全裸にする理由が無いでしょ?

怨恨で無いとしたら他に似た事件はないのか?と考えると、遺体に対する損壊が気になる。つまり女児は即死しているのだから、10箇所前後の刺し傷は死亡後に刺されていると言う事ではないのか?
とこの方向で考えると、過去の事例で遺体を損壊しているのは、性的暴行目的の奈良事件と快楽殺人と言われる2件の事件が浮かんでくる。

奈良事件の場合は損壊自体が性的暴行が目的だったようなので、この事件の傷とは方向が違うような気がする。
で最後に残るのが快楽殺人と言う事になるのだが・・・・血液が抜けていた事も犯人が血液を採取したと考えると、なおさら快楽殺人説も説得力が出てくるね。

しかし、そう考えるとちょっと疑問な点もある。
過去の快楽殺人事件では複数の事件を起こし、被害者も複数なんだよね。
FBIのプロファイリングの教本などにも快楽殺人は定期的に事件を起こすなんて事が書いてあったと思う。
つまり、事件後1年も経つのに犯人はなぜ同様の事件を起こしていないのだろうか?
この事件が快楽殺人であったと仮定して、その理由を考えてみよう。
A)犯人は既に死亡している。
B)犯人は犯行が不可能な環境にいる。(入院や収監など)
C)犯人は日本国内にはいない。

とは言え、いつもの妄想なんだよな。
次回は過去の快楽殺人事件についてまとめてみようと思う。

| | コメント (4)

炎上した車に遺体

12月15日午後8時50分ごろ、愛知県豊橋市下条西町南の豊川堤防左岸で車が炎上しているのを近くの人が見つけ、119番通報したとの事。
県警豊橋署員がワンボックスカーの車内に死体が発見した。
警察の調べでは車は堤防道路の約3メートル下で燃えていた。事故と自殺の両面で調べているようだ。

さて、この事件も気になるな。
自殺の可能性もあるが、他殺の線は無いのかな?
焼身自殺と言うのはなかなか選択できる自殺方法じゃないと思うんだよね。

| | コメント (0)

娘はなぜ死んだのか?

少々気になる事件の報道があったのでメモしておく。
2005年7月18日に中学1年の女生徒が岐阜県恵那市の自然食品研究所研究所で病死する事件があった。
母親は女生徒と一緒に7月15日に研究所を訪れ、翌16日に自分だけ帰宅。糖尿病だった女生徒にインスリンを持たせずに滞在させたため、同18日に女生徒は死亡した。

この事件に対して県警捜査1課などは12月15日、51歳母親(神奈川県葉山町在住)を過失致死容疑で、同研究所製造の健康食品を販売していた47歳女性(同県逗子市在住)を同容疑と薬事法違反容疑で書類送検した。

また、女性は研究所職員から生徒の体調が悪化したことを知らされながら、インスリン投与などの措置を取らなかった疑い。さらに、同研究所製造の健康食品に効能がないのを知りながら、関東の女性3人に販売したとの事。

昨年にずいぶん騒がれた事件だったのだが・・・・この報道のポイントは
1)母親がインスリンを持たせなかったのが死亡の原因
2)47歳の女性は女生徒が体調悪化した事を知りながら、必要な処置を取らなかった

で「過失致死容疑」と言うわけだ。

ちょっとしっくりこないな・・・・
つまり母親はこの研究所の健康食品が効果が無い事を知っていたのか?と言う所なんだけどね。
まー常識的に考えれば、そうなのだが、誤解する人間は世間に沢山いるわけで、母親が誤解していたのか?と言う所は非常に重要な事になるよね。
だって、この研究所の健康食品で「糖尿病が無くなる」と公演などしていたわけで、その話を母親が真に受けていた可能性だったあるはずだけどな。

仮に母親が効果が無い事を知りながら、娘にインスリンを渡さずに研究所に預けたのであれば、過失なのか?
この過失とは何を指しているのだろうか?健康食品に効果があると信じた事が過失なのか?

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

職務中に盗みに入る

鎌倉署地域課の38歳巡査長が勤務中に顔見知りの女性宅に侵入し現金を盗んだと神奈川県警が12月15日に発表し、問題の巡査長を窃盗と住居侵入容疑で逮捕した。

また、事件捜査のためと偽って協力依頼文書を作成し個人情報を不正入手したとして茅ケ崎署警務課49歳巡査部長を虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで逮捕した。

さて、この報道だけど、38歳と49歳なんだよね、若い警官がつい・・・と言うわけではないのがより深刻な問題のような気がするね。

| | コメント (0)

2006/12/15

世田谷一家殺人事件再考その53

続報です。現場で発見されたハンカチについて新たは報道があったようだ。
警視庁成城署の特捜本部は15日、特殊な切れ込みが入ったハンカチが現場に残されていたことを発表したようだ。

捜査本部では、犯人がこのハンカチで凶器の包丁の柄を包んでいた可能性が高いとみており、イラストを公開して情報提供を呼びかけているようだ。

現場からは、犯人が持ち込んだとみられる黒いハンカチ2枚が見つかった。特捜本部によると、うち1枚は、真ん中に長さ約3センチの切れ込みが入り、そこにハンカチの一部がねじ込まれて、袋状になっていたとの事。

凶器の柳刃包丁が近くに落ちていたほか、ハンカチから犯人や被害者一家の血液が検出されていることから、特捜本部では、犯人が、手が滑るのを防いだり、返り血を浴びるのを避けたりする目的で、袋状にしたハンカチで包丁の柄を包み込んでいたとみている。

とこんな所だね。残念ながら、イラストは見つからなかった。
いずれどこかで入手できる事に期待しよう。

さて、この情報だけど・・・・はたして犯人逮捕に役立つかな?
そもそも、犯人はなぜそんな事をしたんだろうね・・・
柄が血で濡れてすべる事を嫌ったのか?
でも、それなら、もっと滑らない方法があったはずだよな?
柄に指紋が付く事を嫌ったのか?それなら手袋を使うだろうな。

どうも犯人の何らかの意図があったのかもしれないが、常識では説明できないような事かもしれないね。

それからもう一つ、この情報は犯人しかしならい情報だったはずだ。
つまり「犯人しか知らない秘密」だったんだよね。
それを発表しなければならないほど、捜査は追い詰められていると言う事だろう。
犯人特定には指紋と言う決め手があるからだろうけどね。

それでも、犯人逮捕につなげる為には、「これと同じ事をしている」人間を知っていると言うのが一番可能性が高い情報かな。
しかし、そんな事ってあるのだろうか?まさか自宅で料理に使っている包丁にそんな事をするはずが無いよね?
「棒状の物で握る部分をハンカチを袋状にして被う」さて何があるだろうな?

例えば、テニスかバトミントンのラケット、ゴルフクラブ、バイクのグリップと言う所かな。
あるいは、職業関連だとしたら、ノミみたいな物かな。

| | コメント (23)

2006/12/14

落下下敷き事故

12月14日午前8時20分ごろ、静岡県富士宮市沼久保の工事現場で、重さ約4トンの鉄製の箱をつり上げていたナイロン製ロープが切れた。
この為、鉄箱が落下し、作業員2人が下敷きになった。このうち、30歳男性作業員(名古屋市昭和区御器所)が死亡、24歳男性作業員(福岡県八女市長野)が頭を打ち重傷を負った。

さて、昨日に続いて、工事現場での落下下敷き事故だね。
なんだろう、この時期は事故が多いのだろうか?
納期を間に合わす為にムリな作業などがあるのだろうか?

今回の事故はロープが切れたのが原因との事だが、過大な重量だったとか、あるいはロープが痛んでいたなどが原因だとしたら、人的災害である可能性もあるかな。

何かと忙しい年末の仕事ですが、十分に注意が必要ですね。

| | コメント (0)

切り裂きジャックは日本にも居る

イギリス東部サフォーク州で12月に入った短期間に売春婦5人が連続して殺害される事件が起きている。

現地警察当局によると、女性5人は19~29歳で、いずれもイプスウィッチ周辺で売春婦として働いていたらしい。10月末から次々に行方不明となり、今月2日以降、小川や雑木林で遺体が相次いで見つかったようだ。このうち3人は、全裸で発見されたが、暴行された形跡はなかったとらしい。死因は窒息死との情報もあるが不明。

さてとイギリスで売春婦の連続殺害と言えば「切り裂きジャック」を連想するのは仕方ないだろうな。

で本題はこれからだけど、実は日本でもこの手の事件は起きている。
「その手の仕事」をしている女性が連続して殺害された事件だ。
1996年に広島で起きている。5ヶ月間に4人の女性を殺害する事件があった。

それだけ、危険な仕事だと言う事だな。

| | コメント (0)

2006/12/13

凶行の行方

昨年の12月の記事だけど繰り返された凶行、大阪で姉妹が殺害された事件の判決が出た。

判決は「死刑」・・・妥当な所だろうね。
強盗目的で2人を殺害している。これだけだと、無期と言うのもありだったろうが・・・・
2人を殺害したのは、以前に母親を殺害した時に味わった快感を得たいを言う、快楽殺人だからね。

裁判長は
「2人の命を奪った残忍、冷酷、非道な犯行で結果は重大。被告の殺人を欲求する特異な性格・性癖は相当に強固といえ、何ら反省せずに、更生への期待は難しく、責任は余りにも重い。極刑をもって臨むしかない」と話したようだ。

と言う事なんだけどね・・・・
過去の快楽殺人と言われた事件で、犯人が社会復帰しているケースがある。
過去の児童殺傷事件を参照して欲しいのだが・・・
これ以外にも女子高生コンクリ事件とかね。

更生あるいは治療ができていれば良いのだが・・・・もしそうでなければ、結果は予想できるよな。
警察関係者は十分なケアが必要だろうね。
この事件と同じように、あの時、野に放たなければ、次の事件が起きなかっただろう。なんて事にならないようにね。

| | コメント (0)

橋梁落下事故

13日午前11時半ごろ、和歌山県上富田町の橋りょう工事現場で、「建設中の橋が崩れた」と119番があった。

クレーンで吊り上げた重さ72トンの橋げたが落下し、作業にあたっていた59歳作業員が下敷きになって死亡、作業員3人も軽いけがした。

死亡した作業員は、橋げたの上に乗って作業していたが、突然、クレーンのバランスが崩れ、橋げたもろとも6メートル下の河川敷に落下した。警察は、クレーンのオペレーターらから状況を詳しく聴いて、事故の原因を調べているとの事。

建築現場の事はよく知らないが・・・・
クレーンで吊り上げた重量物の上に命綱無しで作業員が乗ったりするのは普通の事なのかな?

続報を待ちましょう

| | コメント (0)

2006/12/12

高速道路変死事件の謎!

12月12日午前5時5分ごろ、兵庫県三木市吉川町福吉の中国自動車道下り線で、路肩に停止している車両から足を刺された男性が見つかった。
通行車両から「尾灯をつけたままの乗用車が路肩に止まっている」と110番があり、男性が発見された。

停止していた車両には運転席で脚から血を流してぐったりしていた男性が見つかり、病院に運ばれたが間もなく死亡した。
県警三木署は自他殺両面で捜査しているようだ。
警察の調べでは、男性はスーツ姿で50歳ぐらい。
左太ももに刃物による刺し傷があったが、凶器は見つかっておらず、車は道路の左路肩に斜めに駐車しており、ドアの鍵は掛かっていなかったとの事。

さて、自殺か?他殺か?と言う点で見れば、やはり他殺の線が濃厚じゃないかな?
1)足を刺した刃物が見つかっていない。
 自分で刺したのであれば、車の中にあっておかしくないよね。

2)高速道路で自殺はしないだろう。
 そりゃ全く可能性が無いかと言えば、ゼロではないだろうが、やはり事故を起こしてしまい他者を巻き込む事を考えると、可能性は低いだろうね。

この事件のポイントとしては
A)もし他殺なら、犯人はどうやって逃走したのか?
B)なぜ、被害者は刺されたのか?

犯行時に車両が走行中だったとしたら、犯人も同乗していたわけだから、刺せば事故になる可能性がある事は犯人もわかっていたはずだよね。
それでも、刺さなければならない状況だったのかな?

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

2006/12/11

化学工場爆発事故

12/11日午後2時15分ごろ、富山市日俣の医薬品メーカー「金剛化学」本社工場内で、爆発による火災が発生したようだ。
1人が死亡、2人が顔面熱傷などの重傷、4人が軽傷を負ったようだ。
消防車29台が消火に当たり、約50分後に鎮火した。

原因は今の所わかっていないようだ。
過去の化学工場の爆発事故を挙げると

2005年6月 福島県いわき市の郡山化成いわき工場で爆発。作業員1人が重症

2003年8月 三重県多度町のRDF発電所で爆発事故、消防2人死亡、5人負傷

2000年8月 愛知県武豊町の火薬工場で爆発事故、負傷者51名

2000年6月 群馬県尾島町の「日進化工」群馬工場で爆発、従業員4人が死亡。

意外に多いよね。2000年から今回の事件で6件・・・1年あたり1件のペースで起こっていると言う事になるな。

| | コメント (0)

2006/12/10

過去の児童殺傷事件

栃木小1殺害事件を考える参考に過去の児童殺傷事件をピックアップしてみました。

事件名 容疑者 被害者 年代 殺害方法 特徴 動機
香川3人殺害事件 61歳男性 5歳女児
3歳女児
07年11月 刺殺 祖母を殺害するつもりだった、子供に騒がれた為殺害 巻き添え
秋田4歳児殺害 31歳女性
43歳男性
4歳男児 06年11月 暴行後に用水路へ放置
秋田小1殺害 33歳女性 9歳女児
7歳男児
06年5月 (1)川へ突き落とし(2)絞殺
滋賀園児殺害 34歳女性
中国国籍
5歳男児
5歳女児
06年2月 刺殺 20箇所以上刺す 怨恨
京都小6殺害 23歳男性 12歳女児 05年12月 刺殺 数十箇所を刺す 怨恨
栃木小1殺害 7歳女児 05年12月 刺殺 犯行予告あり?
胸に複数の傷
広島小1殺害 30歳男性
ペルー国籍
7歳女児 05年11月 絞殺 遺体を梱包
大阪府園児殺害未遂 17歳男性 4歳 05年4月 ハンマー キーワード
奈良小1殺害 37歳男性 7歳女児 04年11月 絞殺 遺体を一部損壊
岡山小3殺害 9歳女児 04年9月 絞殺か刺殺 首を絞めた痕と胸に3箇所の刺し傷
小山兄弟殺害 40歳男性 4歳男児
3歳男児
04年9月 橋の上から川に投げ落とす 犯人は覚醒剤を使用していた。虐待が発覚するのを恐れて殺害 怨恨
佐世保小6殺害 12歳女性 12歳女児 04年6月 カッターで首を切る 怨恨
高崎小1殺害 26歳男性 7歳女児 04年3月 絞殺
長崎男児誘拐 12歳男性 4歳男児 03年7月 突き落とし
池田小事件 37歳男性 1年生、2年生計21名を殺傷 01年6月 刺殺 不満
てるくはのる事件 21歳男性 7歳男児 99年12月 刺殺 犯行声明 不満
酒鬼薔薇事件 14歳男性 (1)小6女児2名
(2)10歳女児
(3)11歳男児
97年2月 (1)ハンマー(2)金槌(3)絞殺 (3)の時に遺体の首を切断
犯行声明
快楽
宮崎勉事件 27歳男性 (1)4歳女児
(2)7歳女児
(3)4歳女児
(4)5歳女児
88年8月 4件とも絞殺 遺体をビデオ撮影
遺骨の一部を郵送
犯行声明などを郵送
快楽

さて、小学生以下の児童を殺害した事件をピックアップしてみました。
動機の欄は以下の内容を示す
他  :動機が児童が邪魔になったとか、暴行を隠そうとかいう物
怨恨 :被害者個人への恨みや被害者の親などへの恨み
性  :性的暴行目的
不満 :社会に対する不満など
快楽 :快楽殺人、殺害する事に性的興奮を覚えている。
キーワード:キーワードを参照願います。
巻き添え:本来殺害される予定ではなかったが被害者の巻き添えで殺害されてしまった。

これらの動機は私が勝手に解釈していますので、多少の異論はあるかもしれません。
ちなみに、「てるくはのる事件」の容疑者は死亡した為、被疑者死亡の為「不起訴」となっています。
事件の詳細はそれぞれ、調べてください。

変更履歴
06/12/17 小山兄弟殺害事件を追加
08/01/02 香川3人殺害事件を追加
08/02/24 岡山小3殺害事件を追加

| | コメント (1)

2006/12/08

長野女性変死事件の謎!その5

続報です。
1)レンタカーは白いワゴン車で1週間ほど前から駐車場に放置されていたということです。被害者は自分の車を持っていないようだ。

2)遺体の顔には大きな傷があることが分かったようだ。
これまでの調べで遺体の顔の部分はつぶれたような状態で、大きな傷があることが新たに分かりました。
傷は鈍器のようなもので殴られるなどして出来たものと見られている。
顔の傷と死因との因果関係は分かっていない。

今回の事件では女性の顔が激しく焼かれていましたが、身元を分からなくすることに加え、傷を隠す目的もあった可能性もあるようだ。
また、現場からは女性のもの見られる化粧品が見つかっているようだ。

ここまでの報道では、遺体の死因については出てなかったが、顔の大きな傷は死因につながりそうだね。
けれど、念入りに身元を隠そうとしているので死後に損壊した可能性もあるけどね。

捜査の行方に注目ですね。

参考リンク
長野女性変死事件の謎!その4
長野女性変死事件の謎!その6

| | コメント (0)

愛知女性変死事件その2

続報です。
大阪府豊中市のビジネスホテル駐車場で7日に遺体で発見された男性は、愛知県一宮市今伊勢町の自宅で変死した銀行員の27歳女性の56歳父親であることが8日、県警一宮署の調べで確認された。屋上から飛び降り自殺したとみられる。
また同日までに、新たに父親の自室から「朝起きたら娘が死んでいた。家出する。後を頼む」とのメモが見つかった。内容は遺体の上着から見つかったメモとほぼ同じだった。

さて、発見されたメモをみると、娘が死亡しているのを最初に発見したのは自殺した父親だったようだね。
そこで、疑問なのは普通、家族が倒れていれば救急車や警察などに連絡すると思うわけで、父親がそれら当然とるべき行動を行っていないのは、かなり不自然だろうな。
そして、なぜ自殺する必要があったのか?

続報を待ちましょう。

参考リンク
愛知女性変死事件

| | コメント (0)

新日鉄事故

8日午前10時40分ごろ、愛知県東海市東海町の新日鉄名古屋製鉄所で、下請け会社の46歳男性社員(同市荒尾町)がベルトコンベヤーに挟まれ、病院に運ばれたが死亡する事故が発生した。
調べでは、男性社員は午前7時から、同僚2人とともに、鉄鉱石などを高炉に運ぶベルトコンベヤーを点検していた。男性社員がローラーとベルトの間に入って点検中、突然機械が動きだし、ローラーに体を挟まれたという。

この製鉄所では8月にも、別のベルトコンベヤーを点検していた下請け会社の社員が、機械に挟まれ死亡した。

また、10月には千葉県君津市の新日本製鉄君津製鉄所で下請け会社の作業員2人が機械に挟まれて死亡する事故が起きている。

ここまで事故が多いと、この会社に組織的な問題があるのではないか?と思えてくる。
製鉄所で仕事をする人は要注意ですね。

怪我と弁当は自分持ち」とは言うが、自分の身は自分で守れ!と言う言葉を胸に刻んで仕事をしよう。

| | コメント (0)

2006/12/07

愛知女性変死事件

7日午前6時55分ごろ、愛知県一宮市今伊勢町馬寄の56歳男性宅から「娘の様子がおかしい」と119番があった。連絡を受けた一宮署員が現場に駆け付けたところ、男性の長女で27歳会社員が自室で死亡していた。
首にひものようなもので絞められた跡があり、同署は殺害された可能性が高いとみて捜査を始めるとともに、連絡が取れなくなっている56歳男性の所在確認を急いでいるようだ。

しかし、不明の56歳男性は7日、大阪府豊中市のホテルの駐車場で遺体で見つかった。
ジャンパーのポケットに「家のことを頼む」などと書かれた妻あてとみられる遺書が入っていた。豊中署などは身元の確認を急ぐとともに、6階建てホテルの屋上から飛び降り自殺した可能性が高いとみて調べるようだ。  

さて、この事件、父と娘の間に何があったのかな?
当事者2人が死亡しているので、真相は闇の中かな・・・
続報を待ちましょう。

参考リンク
愛知女性変死事件その2

| | コメント (0)

北九州遺体放置事件その2

続報です。
この事件で、3遺体のうち1遺体が布で全身をくるまれ、室内に「猿田彦」などと記された物があったことが2日、福岡県警の調べでわかったようだ。
また、この部屋を所有する65歳女性は1987年、近くのマンションに布で全身を包まれた母親(当時74歳)の遺体を放置したとして、死体遺棄容疑などで書類送検(不起訴)されていた。女性は当時、「猿田彦の神の娘」と称して死者を蘇生(そせい)させるとする祈とう師に傾倒しており、県警小倉北署は関連を捜査しているとの事。

この話だと87年の事件との関連が疑われるね。
続報を待ちましょう。

参考リンク
北九州遺体放置事件

| | コメント (0)

神奈川男性殺害事件の謎!その4

続報です。容疑者を殺人罪で再逮捕されました。
神奈川県秦野市の林道脇斜面で、横浜市鶴見区に住む20歳男性が他殺体で見つかった事件で、県警秦野署捜査本部は5日、殺人などの疑いで元同級生で20歳アルバイト男性を再逮捕した。
容疑者は容疑を認めた上で「2、3年前から金を無心されていた。2、3カ月ぐらい前からは『払わないのなら、両親に金を払わせる』と言われ、殺害を決意した」と供述しているようだ。

しかし、この話だと高校時代から金を渡していたようだね。
その上、両親に金を払わせようとは・・・犯罪その物でしょうが
これでは、殺されても仕方がないか・・・
被害者は「窮鼠猫を噛む」と言う言葉を知らなかったようだね。

参考リンク
神奈川男性殺害事件の謎!その3

| | コメント (1)

長野女性変死事件の謎!その4

続報です。被害者が判明しました。
長野県松本市安曇の市道脇で上半身が焼けた女性の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、長野県警松本署捜査本部は5日、DNA鑑定の結果から、女性は熊本県出身で愛知県稲沢市国府宮の24歳会社員と断定した。
調べでは、被害者は11月24日夕に愛知県内の勤務先の会社を出た後、行方が分からなくなった。知人が携帯電話にメールを送っても返事がなかったという。同居する24歳女性から連絡を受けた家族が同29日、警察に届け出ていた。

愛知県北名古屋市内の複合遊技施設の立体駐車場内で5日、被害者が借りたレンタカーが発見されたことが分かった。長野県警松本署捜査本部は、犯人が被害者の遺体を遺棄した後、レンタカーを放置したとみて調べているようだ。
調べでは、レンタカーは被害者が11月24日に愛知県一宮市内で借りたものだった。5日夕、施設管理者から「立体駐車場に1週間前から駐車されている不審車両がある」と通報があった。

また、被害者の知り合いの40歳代の男性が行方不明になっていることが分かった。松本署の捜査本部は男性が事件について何らかの事情を知っているとみて、男性の行方を探しているようだ。

遺体の状況についても報道があった。
遺体は上半身を中心に焼かれており、顔は判別できず歯も損壊していた。両手は指紋が分からないほどだったという。身元確認を遅らせるため、火を放ったとみられる。

こんな所だね。
遺体の状況をみると、身元を隠す為に歯型を損壊し、指紋も焼いき、顔を焼いたと言う所のようだ。
犯人はこの女性が変死すると、必ず自分が疑われると考えていたようだね。

さて、タイムテーブルにまとめると
11/24 夕方 レンタカーを愛知県一宮市内で借りる
11/24 その後失踪
11/28 午後 長野県松本市で遺体で発見される

普通に考えれば、車を使って週末の小旅行を楽しもうと言う所だったのかと思うのだが・・・
幾つか疑問が浮かぶね。
1)なぜ彼女は自分でレンタカーを契約したのだろうか?
2)なぜ彼女は周囲の人間に旅行に出掛ける事を話さなかったのだろうか?
3)なぜ、レンタカーは愛知県北名古屋市に放置されたのだろうか?

普通に考えれば、愛知県内で犯人と待ち合わせしてドライブに行ったが、28日にトラブルとなり殺害され遺棄された。
犯人はレンタカーを使って愛知県に戻って来た。という所かな。

やはりポイントは周囲の人になぜ話さなかったのか?
交際の事実を話せないような人だったのかな?

続報を待ちましょう。

参考リンク
長野女性変死事件の謎!その3
長野女性変死事件の謎!その5

| | コメント (0)

山形民家襲撃事件の謎!その7

続報です。
山形県飯豊町で5月、カメラ店経営当時60歳の一家3人が殺傷された事件で、殺人と同未遂罪に問われた近所に住む元会社員24歳男性被告の初公判が6日、山形地裁で開かれた。
被告は罪状認否で、27歳長男の殺害については「死んでもいいと思った」と起訴事実を認めた。一方、「ご両親については何の恨みもなく殺意を持っていなかった」と述べ、両親2人に対する殺意は否定した。

さて、いよいよ裁判が始まりましたね。
まだまだ、謎の多いこの事件、真相が語られるのかな?

しかし、長男だけがターゲットなら他の人間を巻き込まない方法はあったと思うけどね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
山形民家襲撃事件の謎!その6
山形民家襲撃事件の謎!その8

| | コメント (0)

更新再開します。

5日から始まった50時間以上におよぶ、ココログのメンテナンスも終了したので、更新を再開します。

事件が頻発して忙しい時に更新できなかった為、記事がタイムリーでないかもしれませんが、ご容赦ください。

| | コメント (0)

2006/12/05

栃木小1殺害事件再考、その14

プロファイリング結果と不審車両について再度考えてみたい。
前回はプロファイリング結果と不審車両の情報を両立する事を考えてみた。
最後にプロファイリング結果が誤っているのではないか?とも考えたのだが、
実はもう一つの可能性が残っているんだよね。

それは、プロファイリング結果は正しく、不審車両も実際に存在するが、不審車両はこの事件には関係が無い場合だ。

とは言え、この場合も裏付ける根拠は無い。
状況だけみれば、これだけの騒ぎになっているのだから、自ら名乗り出て身の潔白を訴えるはず!名乗りでないのは事件に関係しているからだろう。と考えるのも自然に思えるが、不審車両の運転手や所有者にも何か後ろめたい理由があり、警察には近づきたいと思わない場合もあるのではないだろうか?

例えば、暴走族の少年が盗難車に乗っていた場合とかね。
名乗り出れば、自分の犯罪行為も明るみに出てしまう。自ら逮捕されるような事を望むはずがないだろう。

そこで、もう一つ考えたい事がある。
祖母のお迎え問題」だ。
この事件では被害女児の帰宅時に祖母が迎えに出ていたと言う事実がある。
たまたま、事件当日は祖母がお迎えに出なかったようだ。

以前にも一度、この問題は考えていた。その時の結論は「偶然」だったのだが・・・・
仮にこの事件が計画的な物だとしたら、犯人は女児が祖母を一緒に帰るところを下見の段階で見ていた可能性が高い。
だとしたら、女児を拉致する事は難しい事を犯人は知っていたはずで、ターゲットには選定しにくいだろう?

だから、犯人は偶然に事件当日、1人で帰宅する女児を拉致したのではないか?と考えた。
つまり、祖母がお迎えに行かない事を犯人が事前に知る事は不可能なはず!と考えたわけだ。

ところが、実は事前に知る方法が一つある事に気づいた。
それは、犯人が被害者の自宅の近くか女児の帰宅ルートの周辺に住んでいる場合だ。
なぜ、事前に知る事ができるかと言うと、ポイントは速度の差にある。
女児の自宅から三叉路までが約1km。祖母が1km歩くのにどのぐらいの時間がかかるだろうか?
データが無いので何とのいえないが、山勘で30分近くの時間がかかるのではないか?と推理する。
すると、祖母は女児の下校時間の30分ぐらい前には家を出る事になるだろう?
しかも、毎日同じ時間に出発するはずだから、その時間帯に女児の家や帰宅ルートを監視する事でその日、祖母のお迎えがあるかどうか分かるわけだ。

そこで10分ほど監視し、お迎えが無いか、遅れている事を確認した後に車で拉致現場に向かえば、一人で帰宅している女児を拉致する事ができるのではないか?
車なら1km程度なら3分程度ではないかな?

(この説のポイントは祖母の歩く速度と車の速度の差が大きく違うから、祖母の出発しない事を確認してから車で移動しても十分間にあうだろうと言う事です)

このように考えると、プロファイリング結果もそれなりに説得力があるように見える。

ただね、この事件は物証が殆どないので、いろんな説に対して判断する決め手がないのが痛い。
捜査本部が捜査対象者が4000人いるなんて話をしているのは、それだけ犯人を絞り込む情報が少ないと言う事だろう?
不審車両自体は存在するだろうが、それがこの事件に直接関係するものかもわからないわけだからね。

何か決め手が欲しいな。

| | コメント (8)

2006/12/04

秋田4歳児変死事件の謎!その14

続報です。31歳女性、43歳男性の2人の容疑者が殺人罪で起訴されました。
男性容疑者は「人目につかない場所に捨てろと指示した」と供述。地検は、男性容疑者についても殺害への関与を認定したようだ。

これで、一応の事件の区切りになる、事件は法廷へ舞台を移す。
法廷でどんな話が出てくるか・・・

続報を待ちましょう。

| | コメント (2)

2006/12/03

憑き物殺人事件

最近ではさすがに、聞かなくなったが、戦後の日本でもこんな事件が起きていました。

昭和30年5月 埼玉県大里郡寄居町 36歳主婦が死亡、体全体に鶏卵大の黒いアザがあり、皮膚は膨れ上がっていた。オオサキ狐を払う為に主人37歳と近所の知人男性3人の4人に殴り殺された事件。

昭和45年12月 青森県蟹田町 18歳男性を母親47歳がムジナを払う為に暴行し殺害した事件、現場には夫と娘も居た。

これらの事件は加害者に殺意があったわけではなく、むしろ治療してやろうとか救ってやろうと言う「善意」によって暴行が加えられている。
そして、加害者と被害者が家族である事が悲劇と言える。

地元のローカルな信仰や言い伝えなどが事件の背景にあるようだ。
ただ、この種の事件の中には集団催眠状態といった精神的に正常な判断ができない状態で事件が起きている場合もある。

例えば、祈祷師がお祓いや除霊を行うのだが、そこは密室状態でその中に祈祷師、被害者、そしてその家族が夜通し祈祷を行うわけだ。
そんな異常な状態が長時間続くうちに被害者が嫌になって苦情などを言うと、それは霊や憑き物が言った事として捕らえられ、ふとしたきっかけで暴行が始まるともう止まらないわけで、被害者が動かなくなると除霊やお祓いが終了する。
ところが、その時には被害者は死亡しているわけだ。

治療のはずが、自ら最愛の人間を死なせてしまうこの種の事件は悲劇だよね。

| | コメント (0)

北九州女性殺害事件の謎!

12月1日、北九州市小倉北区西港町の岸壁から10mの海上で女性の遺体が浮かんでいるのが発見された。

女性は年齢50歳前後。司法解剖の結果、
女性は11月29日から30日ごろにかけて死亡したとみられ、全身に打撲痕があり、肋骨(ろっこつ)が折れていた。手首と足首には縛られたようなあとも残っていたという。また向精神薬とみられる薬物成分も検出された。死因は出血性ショック死か薬物中毒死の疑いがあるらしい。

女性はセーターとズボン姿だったが身元につながる物は何も見つかっておらず、女性の特徴に似た行方不明者の届け出もないという。身長は約155センチ、体重約51キロ、血液型はA型だったとの事。

さて、この事件だけど、ただの事件ではないような気がするね。
続報を待ちましょう。

09/12/16追記
2008年2月、長女が警田川署に捜索願を出し、指紋や歯の治療痕から被害者と判明
死体は、身長155センチ、体重約35キロ
2006年6月ごろ行方不明になった時点の体重約50キロが、約5カ月間に15キロも減っていた 

2008年7月、福岡県飯塚市西町、無職、TM(43)、TH(36)両容疑者と 飯塚市椿、自称トラック運転手GH(57)容疑者を死体遺棄容疑で逮捕

3人は06年11月下旬ごろ、飯塚市内で死亡した被害者をTHの車に乗せて運び、北九州市小倉北区西港町の岸壁から遺体を海中に遺棄、3人とも死体遺棄容疑を認めている。
捜査本部は殺人容疑についても追及。

2006年11月下旬、飯塚市椿飯塚市西町GH容疑者方で死亡
2006年7月から11月下旬ごろ、飯塚市西町TM方で容疑者宅を訪れた関係者に複数回目撃されている。

TM容疑者は関係者に対し、被害者がいたとみられる部屋を指して「入るな」などと話していた。被害者がベランダに座らされていたこともあったという。
調べに対し、TM容疑者らは、一緒に逮捕されたGH容疑者(57)宅で被害者が死亡したと供述している。
目撃情報から県警は、被害者が死亡する直前までTH容疑者宅にいたとみている。
一方、TM容疑者は事件前に被害者を殴るなどしていたことを認め、被害者の死後、「警察に疑われると思って遺体を捨てた」と供述。
被害者の遺体には全身に殴られたような跡があり、両手足には縛られたような跡もあった。

また、被害者は遺体で発見された際、行方不明になる前よりかなりやせており、体内から睡眠剤や向精神薬に含まれる成分も検出されるなど、精神的に衰弱していた可能性があるという。 このため県警は、両容疑者が被害者を自宅の一室に閉じこめて暴行を加え、食事などもあまり与えていなかった可能性があるという。

傷害致死と死体遺棄の罪に問われた同県飯塚市西町、無職TM被告(44)の判決公判が09年12月15日、福岡地裁小倉支部であった。

裁判長は「動機は自己中心的で、証拠隠滅を目的に遺体を捨てたことは悪質」として、懲役7年(求刑懲役8年)を言い渡した。

TM被告は公判で「死亡するほどの暴行はしていない」と主張。判決は「サンダルを履いた足で7、8回、背中を踏み付け、重篤な状態に陥らせた」とし、暴行と死亡の因果関係を認定した。

判決によると、TM被告は06年10月下旬から11月下旬まで、自宅に居候していた被害者の態度に腹を立てて暴行を断続的に加え、11月30日に出血性ショックで死亡させた。翌日、夫や知人と共謀し、遺体を日明岸壁に運び、海に捨てた。

| | コメント (0)

2006/12/02

成田ミイラ事件

宗教にまつわる事件の事例として、成田ミイラ事件についてメモしておこう。

起訴状などによると、被告は1999年7月、脳内出血で倒れて兵庫県伊丹市の病院に入院した当時66歳男性が、男性の32歳長男らに連れ出され、千葉県成田市のホテルに運び込まれると、医師による治療を受けさせず、頭を手のひらでたたく「シャクティ治療」をしただけで、たんをのどにつまらせて死亡させ、同年11月に見つかるまで、ホテルのベッドに66歳男性の遺体を放置したとされる。(遺体はミイラ化していた。男性の長男はこの宗教団体のメンバーだった。そこで被告に相談し独自の治療を行おうとしたようだ)

保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕され、検察により殺人罪で起訴、その後、一審で懲役15年の判決が下された。

この事件で被告人がマスコミなどに対して、話した内容としては
1)成田で発見されたミイラ化した男性はあの時点では生きていたと話している。(定説と主張)
2)ミイラ化遺体についてもドイツ最高裁の判決文に生きていると記載されていると主張した。(判例&定説として主張)

この宗教団体のセミナー参加料は最高で500万に達していたらしい。
(バブル期には1万人がセミナーに参加したらしい)

2006/11月末に発生した北九州の事件でマンションの部屋で3人の遺体が放置された事件で、「蘇生信仰」の影響が疑われたので、過去の似た事例を探してみました。

| | コメント (0)

北九州遺体放置事件

11月30日午後4時半ごろ、北九州市小倉北区砂津2のマンションの一室に3人の遺体があるのを通報により駆けつけた警察官により発見された。

通報の内容は「住んでいるお年寄り女性の姿が2~3カ月見えないので確認してほしい」との事だった。

遺体は死後長期間経過し、1体は女性、他の2体の性別は不明。
遺体は10階建てマンション2階の201号室の和室と洋室、リビングから各1体見つかった。リビングから見つかった女性が最近死亡したらしい。かなり痩せており餓死したと思われる。残り2体は成人の男女と見られるがいずれもミイラ化・白骨化していた。着衣の乱れや目立った外傷はなかった。玄関には鍵とドアチェーンが掛かり、室内に争った形跡はなかったようだ。

この事件で、部屋を所有する65歳女性が1987年に祈とう師とともに、死亡した母親(当時74歳)の蘇生を信じて遺体を放置したとして送検されていた。祈とう師は当時「私は猿田彦の神の子。お告げに従えば蘇生する」などと語っていたようだ。

今回遺体が見つかったマンションの住民によると、部屋からは時折太鼓の音やお経を読む声が聞こえていたといい、福岡県警小倉北署は女性の行方を捜すとともに今回の遺体放置と「蘇生信仰」との関連を慎重に調べているとの事。

この部屋にはマンションの別の階に住む80歳女性が同居していたとみられるが、行方は分かっていない。今回見つかった3遺体は腐敗が激しく、身元の確認は難航しているようだ。

さて、この事件だけど・・・信仰心によるものか、あるいは他にも理由があるのか?
特に経済的な活動との関係など興味がありますね。
続報を待ちましょう。

参考リンク
北九州遺体放置事件その2

| | コメント (0)

2006/12/01

警官郵便局強盗その4

続報です。
郵便局員を脅すのに使った包丁は、勤務先の同県警加須署の台所から盗んだ包丁だったことが30日、調べで分かった。同日、窃盗と銃刀法違反容疑で前橋地検に追送検した。

容疑者は泊まり勤務中の11月7日午前6時ごろ、加須署1階台所から包丁(刃渡り17センチ)を盗み、翌8日午後4時40分ごろ、群馬県太田市の世良田郵便局を襲う際に所持していたようだ。

「自宅の包丁を使うと、妻に知られると思った」と話しているらしい。
同署では包丁の盗難に誰も気付かず、包丁は強盗後の逃走で乗り捨てた車から見つかった。
調べに対し容疑者は、8月に現金約400万円が奪われた同県みどり市の笠懸鹿郵便局、6月に135万円が奪われた伊勢崎市の東小保方郵便局の強盗事件も自供したらしい。

もう強盗する事を決めた段階で、何でも有りになってしまったんだろうな。
しかし、警察署の備品が強盗に使われるとは、笑えないジョークと言う所かな。

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »