« 北九州遺体放置事件その2 | トップページ | 新日鉄事故 »

2006/12/07

愛知女性変死事件

7日午前6時55分ごろ、愛知県一宮市今伊勢町馬寄の56歳男性宅から「娘の様子がおかしい」と119番があった。連絡を受けた一宮署員が現場に駆け付けたところ、男性の長女で27歳会社員が自室で死亡していた。
首にひものようなもので絞められた跡があり、同署は殺害された可能性が高いとみて捜査を始めるとともに、連絡が取れなくなっている56歳男性の所在確認を急いでいるようだ。

しかし、不明の56歳男性は7日、大阪府豊中市のホテルの駐車場で遺体で見つかった。
ジャンパーのポケットに「家のことを頼む」などと書かれた妻あてとみられる遺書が入っていた。豊中署などは身元の確認を急ぐとともに、6階建てホテルの屋上から飛び降り自殺した可能性が高いとみて調べるようだ。  

さて、この事件、父と娘の間に何があったのかな?
当事者2人が死亡しているので、真相は闇の中かな・・・
続報を待ちましょう。

参考リンク
愛知女性変死事件その2

|

« 北九州遺体放置事件その2 | トップページ | 新日鉄事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北九州遺体放置事件その2 | トップページ | 新日鉄事故 »