« 秋田4歳児変死事件の謎!その14 | トップページ | 更新再開します。 »

2006/12/05

栃木小1殺害事件再考、その14

プロファイリング結果と不審車両について再度考えてみたい。
前回はプロファイリング結果と不審車両の情報を両立する事を考えてみた。
最後にプロファイリング結果が誤っているのではないか?とも考えたのだが、
実はもう一つの可能性が残っているんだよね。

それは、プロファイリング結果は正しく、不審車両も実際に存在するが、不審車両はこの事件には関係が無い場合だ。

とは言え、この場合も裏付ける根拠は無い。
状況だけみれば、これだけの騒ぎになっているのだから、自ら名乗り出て身の潔白を訴えるはず!名乗りでないのは事件に関係しているからだろう。と考えるのも自然に思えるが、不審車両の運転手や所有者にも何か後ろめたい理由があり、警察には近づきたいと思わない場合もあるのではないだろうか?

例えば、暴走族の少年が盗難車に乗っていた場合とかね。
名乗り出れば、自分の犯罪行為も明るみに出てしまう。自ら逮捕されるような事を望むはずがないだろう。

そこで、もう一つ考えたい事がある。
祖母のお迎え問題」だ。
この事件では被害女児の帰宅時に祖母が迎えに出ていたと言う事実がある。
たまたま、事件当日は祖母がお迎えに出なかったようだ。

以前にも一度、この問題は考えていた。その時の結論は「偶然」だったのだが・・・・
仮にこの事件が計画的な物だとしたら、犯人は女児が祖母を一緒に帰るところを下見の段階で見ていた可能性が高い。
だとしたら、女児を拉致する事は難しい事を犯人は知っていたはずで、ターゲットには選定しにくいだろう?

だから、犯人は偶然に事件当日、1人で帰宅する女児を拉致したのではないか?と考えた。
つまり、祖母がお迎えに行かない事を犯人が事前に知る事は不可能なはず!と考えたわけだ。

ところが、実は事前に知る方法が一つある事に気づいた。
それは、犯人が被害者の自宅の近くか女児の帰宅ルートの周辺に住んでいる場合だ。
なぜ、事前に知る事ができるかと言うと、ポイントは速度の差にある。
女児の自宅から三叉路までが約1km。祖母が1km歩くのにどのぐらいの時間がかかるだろうか?
データが無いので何とのいえないが、山勘で30分近くの時間がかかるのではないか?と推理する。
すると、祖母は女児の下校時間の30分ぐらい前には家を出る事になるだろう?
しかも、毎日同じ時間に出発するはずだから、その時間帯に女児の家や帰宅ルートを監視する事でその日、祖母のお迎えがあるかどうか分かるわけだ。

そこで10分ほど監視し、お迎えが無いか、遅れている事を確認した後に車で拉致現場に向かえば、一人で帰宅している女児を拉致する事ができるのではないか?
車なら1km程度なら3分程度ではないかな?

(この説のポイントは祖母の歩く速度と車の速度の差が大きく違うから、祖母の出発しない事を確認してから車で移動しても十分間にあうだろうと言う事です)

このように考えると、プロファイリング結果もそれなりに説得力があるように見える。

ただね、この事件は物証が殆どないので、いろんな説に対して判断する決め手がないのが痛い。
捜査本部が捜査対象者が4000人いるなんて話をしているのは、それだけ犯人を絞り込む情報が少ないと言う事だろう?
不審車両自体は存在するだろうが、それがこの事件に直接関係するものかもわからないわけだからね。

何か決め手が欲しいな。

|

« 秋田4歳児変死事件の謎!その14 | トップページ | 更新再開します。 »

コメント

こんにちは。この事件は車を使わなければ不可能なので、
(拉致現場と死体遺棄現場が60km以上、離れているし
他の交通・運搬手段は考えにくい)車の捜査は定石です。

ただし、使用した車が、<目撃されているか>は別だし、
仮に,目撃されていても<不審車でない>と思われれば、
その時点で<不審車目撃情報>からは「排除」されます。

公開されている「目撃車両情報では特定不可能」ですね。
特徴が一致しても、白や黒の、セダンやワゴンは、多数。
「自分の車は不審車ではない」と思えば、名乗り出ない。

祖母を監視してたとの説は疑問。一日だけはあり得ない。
田舎道に知らぬ車が毎日止まっていれば、完全に不審車。

この説を採れるのは「不審車でない」場合だけでしょう。
近所に住んでて監視できるか、毎日その道を通ってるか。

毎日「祖母が迎えに出ないことを、期待して」待つのは
悠長で「個人的に動機がある」場合しか、考えられない。
「動機を持つ」人間は、ピックアップしていると思うし、
その人(車)が,毎日目撃されてれば、もう捕まってる。

話は変わるけれど、羽村市の小学校教員が、児童の遺族に
幼児死体愛好者サイトを運営し、幼児の死体写真を無断で
使用したり、幼児ポルノ画像を掲載したと、告発された。

栃木の事件は猟奇的で変質的。一度で本当にやめたのか?
宮崎勤事件じゃないけど、この種の犯行は繰り返される。

秋田藤里・大曲と、通常捜査をし関係者を告発してるが、
「幼児死体愛好者の犯行」という可能性は捜査したのか?

共通する疑問は、犯行可能時刻と(死因)死亡推定時刻の
「時差」です。児童の状況は違うが(藤里不明、大曲瀕死)
容疑者である児童の母親は、児童を放置したので死んだと、
考えたんだと思う。が、放置時刻と死亡時刻に時差がある。

藤里女児の場合は、午後7時頃放置、死亡は半日後の早朝。
大曲男児は、午後4〜5時放置、死亡は2〜3時間後の夜。

児童が放置されたあと、誰かが通っても,不思議じゃない。
藤里は橋だし,大曲も道路脇の用水路。ともにICが近く、
(例えば栃木の犯人のような)変質的な児童死体愛好者が
偶然でなく、子供が一人になるのを狙ってた可能性もある。

栃木今市(去年,晩秋)秋田藤里(今年,春)大曲(晩秋)
半年毎?ま。今の段階では,ただの「妄想」ですけど(w)

投稿: あんぐら〜 | 2006/12/05 09:57

こんにちは。栃木・今市・大沢の事件は、かなり迷走してるんですね。
http://www.shimotsuke.co.jp/hensyu/kikaku/imaichi/index.html
直ぐに、犯人が捕まると思っていたんですが。えらく長期化してる。
半径5キロじゃなく、捜査範囲外から、犯人が来てんじゃないかな?
そもそも,拉致現場(大沢)と遺棄現場(三美)を「結ぶ道路」を、
犯人が使ったという「仮定に、誤りがある」ような気がしています。

大沢小だって「大沢インターに近い」だけで選ばれたかも知れない。
http://www.totidoko.or.jp/road-nikkou.html
「インターで下りて一番近い」小学校を狙い,車を隠せて人目のない
通学路を通る子供を狙い,一人になった子供を狙い。もし失敗したら
ICから逃げやすいし,うまく拉致できたら、来た道とは違う道から
自宅に帰ることができる場所を、ランダムに選んだのではないか?
この場合、拉致現場と遺棄現場を「結ぶ道」は、まったく通らない。
拉致と遺棄の間に12時間あり、この道を通ると考える理由はない。

ASKAさんのかいた地図、少しだけ違うようです。問題の三叉路は
アパートと記された地点、もしくはその先の三叉路だと思います。
三叉路は,宅地造成途中で放置された区画に続く道で、行き止まり。
しかし、自宅への近道でもある。http://www.mapfan.com/m.cgi

犯人が被害者周辺に特定の動機(怨恨など)を持っていない場合。
幼児性愛者&死体愛好者だった場合などは、拉致しやすい児童を
ただ物色していただけだろう。近くに「住んでいない」人間なら、
失敗したら「逃げればいい」だけ。この場合、可能性が高いのは,
三叉路を右に入った人気のない造成中の空地に自分の車を隠して、
付近に人がいないか確かめ。拉致または誘い込んだと考えられる。

この事件の特徴は,鋭利な刃物で左胸を何回も刺すという残虐性。
「繰り小刀」や「ペティナイフ」などが凶器ではないかとされたが
「繰り小刀」は持つ人が限られているし「ペティナイフ」は両刃。

死体愛好者,あるいは「死体を刺すことで、異常に興奮する」なら
鳥獣を殺して、鳥獣の死体を刺すことに、飽き足りなくなった人。
死体遺棄現場が、猟場として有名だったという話もあったようだし、
狩猟&ナイフマニアの「和式ハンティングナイフ」の可能性もある。
(銃器を使わないのは,所有者・購入者が限られて「足がつく」し,
「離れて撃ったのでは、殺しの実感がなく」興奮しないからだろう)

ちと、気になっているのは、栃木大沢、秋田藤里、秋田大曲の類似性。
ともに、最寄りのインターと、より近いインター予定地を持っている。
日光宇都宮道路の大沢インター,秋田自動車道の能代、大曲インター。
大沢には土沢IC、藤里には二ツ井ICが予定され,いまは「工事中」だ。
秋田大曲の近くにも、飯田ICがあって。事件時には「工事中」だった。
工事関係者がアヤシイとは言わないが,余所者がいても不審でない。
他所の人が田舎町にいても,怪しまれない状況ではなかったか?

いつもなら、誰かと一緒だが,そのときには「たまたま一人」だった。
しかし,いつも一緒にいる人間が「決まっている」なら,群然にせよ、
その人間が「いないときを狙えばいい」という結論になるではないか?
もちろん、栃木大沢小事件には「残虐な刺殺」の特異性もあるのだが。
異常性癖が「犯行によって変異している」可能性もあるのではと思う。
女児刺殺、女児窒息死、男児窒息死、男児窒息死。根拠は全くないが、

自動車道インターのある地方での児童拉致殺害事件。車を使った犯行。
下校途中の児童。夕方の拉致。深夜未明の殺害遺棄。母子家庭の児童。
手応えを「感じてる」ような殺害方法(数回もの刺殺。水辺の窒息死)
児童虐待や児童殺害「報道で、触発された」側面も否定できないので。
何とも言えないが、変な事件なのに「似すぎている」ような気がする。

投稿: あんぐら〜 | 2006/12/08 10:50

一連の児童殺害事件で栃木の事件だけが「刺殺」で異彩を放っている。
「うまくいった」変態性欲者の犯罪なら、再犯性があるように思うが。
しかし、栃木の事件以来、特殊な凶器を使った、児童殺害事件はない。

「凶器を処分した」とも考えられるが、死体に血があまりなかったこと
(「洗った」と見られている)殺害から12時間後に遺棄したなどから
「刺殺では、出血が多過ぎて,後始末に困った」のではないだろうか?
つまり「刺殺」を「血のでない殺害方法に変えた」可能性もあると思う。

小学校一年生の女の子に「怨恨」や「金銭トラブル」などはあり得ない。
どう考えても、幼児性愛者&死体愛好者の「異常性のある犯罪」だろう。
おそらく矮小な殺人者が、自分より弱いもの(幼児など)を殺すことで、
倒錯した「優越感」を感じているのだろう。捕まえられないのは危険だ。

投稿: あんぐら〜 | 2006/12/08 22:53

訂正です。
「殺害から12時間後に遺棄した」は「殺害して、全裸で遺棄した」です。

情報を精査すると、死亡推定時刻、遺棄時刻は,はっきりしないようです。
http://www.shimotsuke.co.jp/hensyu/kikaku/imaichi/060601.html

分っているのは、いなくなったのは、2005.12.1.の午後2時50分以降で
狩猟の下見に来た2人に、遺体が発見されたのは、翌12.2の午後2時過ぎ。

胃の内容物から給食以降はものを食べておらず、死されたのは夜間らしい。
遺体は全裸で、いたずらされておらず、粘着テープ跡が口と両手首にある。

死因は、刃物による心臓損傷・失血死。鋭利な刃物の刺し傷は10カ所前後。
凶器は刃渡り十数cm、刃幅約1.5cm(特に「片刃」とは特定されてない?)
斜め上方からの刺し傷、残留血液が少なく、死後付着血液を洗ったらしい。

遺棄現場付近にまとまった血塊があり、早朝に目撃されていないことから
遺棄は早朝以前と思われるということ。犯人の目撃情報なし、遺留品なし。

これらの情報からでは「拉致現場(大沢小付近)半径5kmに居住」という
プロファイリングの根拠は分らないけれど、未発表の情報があるのかな?

投稿: あんぐら〜 | 2006/12/09 09:28

再訂正です。三叉路の位置ですが。
新聞記事によると,学校から西に1km。
距離を測ると、ASKAさんの地図だと
さらに学校から離れた、日光宇都宮道路(ガード)手前の三叉路みたいです。
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&nl=36/41/38.327&el=139/45/2.288&grp=route&scl=25000

投稿: あんぐら〜 | 2006/12/09 21:58

あんぐらーさん、こんばんは
地図については、私も自信がありません。
多分、あのあたりにある3つの三叉路の内の一つでしょうね。

警察は何か未発表の情報を持っているでしょうね。
それは犯人しか知らない情報でしょう。
発表されるのは裁判の中だけじゃないかな。

この事件は別の角度から見てみる事も必要かもしれません。
次はそのあたりを考えてみましょう。

投稿: ASKA | 2006/12/10 01:29

ううむ。警察情報は、どこまで「情報公開」されているんでしょうか?
女の子が友達と別れたという「三叉路」と,女の子の遺体に残っていた
「胃の内容物」については、メディア報道が,混乱しているようです。

ASKAさんの地図は「読売の記事」から、推測したんじゃないですか?
読売新聞では、大沢小学校から三叉路まで、約700mとしています。
三叉路から約120m先に丁字路。丁字路を南に折れて、宅地分譲地。

下野新聞では,小学校から女児の家までは約2km。友達と分かれた、
木和田島の三叉路は、ほぼ中間点。小学校から西へ1kmとしてます。

胃の内容物も,読売だけは「給食以外の胃の内容物があった」と伝え。
毎日・下野、朝日は「給食以外の胃の内容物はなかった」と伝えます。
残量もまちまちとか(↓による)読売の記事は確認できませんでした。
http://inthepaper.exblog.jp/2096531/

要するに。最初、伝えられた「連れ去られ、すぐ殺された」のでは、
ないらしいということだけですね。給食はほとんど消化されていた。
それ以外のものが、ないのか?あったのか? まだ、未発表ですね。

投稿: あんぐら〜 | 2006/12/10 21:45

あんぐらーさん、おはようございます。
この事件では事件発生当初の報道内容がかなり混乱しています。
最後の食事についても、正反対の報道がありました。
捜査が混乱していたのかもしれませんね。

投稿: ASKA | 2006/12/12 07:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋田4歳児変死事件の謎!その14 | トップページ | 更新再開します。 »