« 多摩コンクリ詰め事件の謎! | トップページ | 静岡3人殺害事件の謎! »

2006/12/22

函館タクシー事件の謎!

12月21日午前7時15分ごろ、函館市港町3の函館港岸壁で、北斗市のタクシー会社「しんわ交通」のタクシーが止まっているのを、探していた同社社員が見つけた。車内は無人で血痕があったりトランク内で、この車の運転手、42歳男性(北斗市中山在住)の遺体を発見した。
ワイシャツ、ズボン姿の被害者が胸や腹など数カ所を刃物のようなもので刺され、うつぶせ状態でトランクの中から見つかった。

タクシーのドアやトランクは閉まっていた。売上の入ったバッグが見つかっていない。
被害者の財布も見つかっていない。

被害者は20日午後6時から勤務についていた。21日午前3時ごろ、「客を探しに行く」と言い残して営業車で会社を出た。同6時前に出勤した交代要員の運転手が被害者の車が戻っていないことに気付いた。

現場は函館港沿いの「北海道ガス函館みなと工場」脇の岸壁。近くのパチンコ店の客待ちのため、現場で時折待機するらしい。

被害者は二十一日午前三時ごろ、北斗市七重浜で客を乗せ、渡島管内七飯町方向に向かった。タクシー会社の衛星利用測位システム(GPS)では、同四時ごろ、七飯町峠下の道路付近にいたのが確認されている。

このあたりには大量の血痕と、被害者のものとみられる携帯電話やマイカーの鍵が残されており、警察は被害者はここで殺害されたとみている。
殺害現場とみられる場所は国道5号から約百メートル入った未舗装の道路で、土地勘がなければ立ち寄らない場所らしい。

血痕は車内には少なく、車体にも付着していた。このため、被害者は車外で殺害された後、約十五キロ離れた函館港岸壁の遺体発見現場に運ばれたとみられている。

遺体発見現場からフェリー乗り場まで約四百メートルと近いことから、警察は犯人がフェリーに乗船し、本州方向へ逃げた可能性もあるとみているようだ。

さて、計画的な犯行なのかな?
およそ数万円の売上金目当てに殺害してしまったのか・・・
それだけ、お金に困っていたと言う事かな。

多分、現場に物証はかなり残っているだろう。
犯人にたどり付くのも時間の問題だと思う。

捜査に期待です。

|

« 多摩コンクリ詰め事件の謎! | トップページ | 静岡3人殺害事件の謎! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多摩コンクリ詰め事件の謎! | トップページ | 静岡3人殺害事件の謎! »