« 神奈川男性殺害事件の謎!その4 | トップページ | 愛知女性変死事件 »

2006/12/07

北九州遺体放置事件その2

続報です。
この事件で、3遺体のうち1遺体が布で全身をくるまれ、室内に「猿田彦」などと記された物があったことが2日、福岡県警の調べでわかったようだ。
また、この部屋を所有する65歳女性は1987年、近くのマンションに布で全身を包まれた母親(当時74歳)の遺体を放置したとして、死体遺棄容疑などで書類送検(不起訴)されていた。女性は当時、「猿田彦の神の娘」と称して死者を蘇生(そせい)させるとする祈とう師に傾倒しており、県警小倉北署は関連を捜査しているとの事。

この話だと87年の事件との関連が疑われるね。
続報を待ちましょう。

参考リンク
北九州遺体放置事件

|

« 神奈川男性殺害事件の謎!その4 | トップページ | 愛知女性変死事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神奈川男性殺害事件の謎!その4 | トップページ | 愛知女性変死事件 »