« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/31

新宿バラバラ事件の謎!その11

続報です。容疑者が殺人容疑で再逮捕されました。

容疑者は
(1)夫の暴力
(2)自分の両親への対応の悪さ
(3)争いごとがあっても謝らない
(4)夫の借金など経済的問題
(5)夫の異性関係

などの不満を漏らしている。
「何度も離婚を考えたが、これまでの仕打ちに慰謝料をもらうだけでは収まらない」と話しているようだ。
殺害後の心境については「夫との争いに決着がついた」と話しているらしい。

どうも結婚からの生活にずいぶん不満が鬱積していてそれが、事件の背景にあるんだね。

でもさ、人間誰しも思い通りにならない事はあるよね。
進学、就職、結婚、思い通りにならずに失敗だったと思う事もあるかもしれないが・・・
だからと言って、犯罪行為で憂さを晴らした所で、気分が良いのは一瞬だからね。
犯罪が発覚して逮捕でもされれば、もっと憂鬱な毎日が待っている。

復讐など忘れて、ポジティブに人生を楽しむ事を考えた方が吉って事だろうね。
彼女にしても、まだ若いのだし、嫌な結婚生活も笑い飛ばせるぐらいの幸福を掴もうと考えていればこんな結果にはならなかったのではないかな?

犯罪行為を考えたら、実行する前にその後、どうなるのか?を考えてみてほしい。

07/02/01追記
被害者の胴体部分を新宿までタクシーで運ぶ途中、運転手に「においますね」と指摘されたため慌てて下車し、その場に放置したようだ。

なぜ、目立つ場所に放置したのか不思議だったけど、こんな理由だったんだね。

| | コメント (0)

2007/01/30

杉並親子殺害事件の謎!

1月28日(日)午後2時30分ごろ、東京都杉並区桃井2、85歳女性方の近所の住民から、「女性宅の郵便受けに新聞がたまっているので様子を見てほしい」との110番通報があった。

1階寝室で85歳女性がパジャマ姿で死亡、2階寝室で長男の61歳男性も死亡しているのが見つかった。2人とも左胸などを刃物で刺されており、室内が物色され、現金などが無くなっていたことから、強盗殺人事件として捜査が開始された。

被害者宅は2人暮らし。85歳女性は1階ベッドで、長男は2階の敷布団の上で、それぞれ布団を掛けた状態で発見された。玄関はカギが掛かっていたが、裏の勝手口の扉はカギが開いていた。室内は1、2階のたんすの引き出しが開けられ、床に衣類などが散乱。2階にあった長男のものとみられる財布には、紙幣がなく、カード類が散らばっていたらしい。

女性は左胸を刺され長男は左胸と右ももに刺し傷があり、両手に刃物を防ごうとしてできた傷もあった。

女性はパジャマ姿、東南はセーターに下着姿で、2人とも布団がかけられていた。布団周辺しか血痕がないため、就寝中を襲われた可能性が高いようだ。長男の遺体のそばに、凶器とみられる血のついた刃物も落ちていたとの事。

1月24日午後8時ごろ、女性が地方にいる家族と電話で話した際には異常はなかった。女性は25日の会合を欠席しており、24日夜以降に殺害されたとみられる。
新聞販売店の担当者が同日午前11時ごろに集金に訪れた際にも応答がなかった。捜査本部は24日夜から25日朝の間に殺害されたとみている。

司法解剖の結果、2人は失血死で死後4~5日。

現場で足跡が発見された、靴跡が見つかったのは、1階の廊下や玄関のほか、裏手にある勝手口付近などで、靴跡はいずれも同じだった。

階段の両側の壁に手袋でこすったような血痕が付いていたことが分かった。捜査本部は、犯人が指紋を残さないよう手袋をはめて侵入したとみているようだ。

長男のパソコンのコードがコンセントから抜かれていたことも判明した。

被害者宅はタンス以外にも流し台の戸や階段下の収納までもが荒らされていたが、指紋はなかった。物色が激しいものの、カード類は残されており、犯人が金品以外のものを探した疑いが出てきた。このため捜査本部では、被害者一家のトラブルの有無について調べる方針のようだ。

調べでは、25日午前3時ごろ、近くの住民が被害者宅の方から「ガタガタ」という音がするのを聞いた。通りに面した同宅の門扉を開け閉めする際の音に似ているという。また同じ時間帯、別の近所の住民が砂利を踏みしめるような音を聞いていた。

犯人がたんすの引き出しを開けて中の物を出し、再び閉めるなどしていたようだ。
下段から順に開けていく盗みの常習犯にみられる手口でなかったことなどから、捜査本部は盗みに不慣れな者による犯行との見方を強めているらしい。

長男は、一級建築士の肩書を持ち、在宅で仕事をしていた仕事部屋の書類が物色されていたことも判明。金品以外のものも探していた可能性もあるようだ。

被害者宅は2階建てで、物色は主に1階のたんすや衣類ケースなどで、激しく荒らされていた。一方、2階(3部屋)は手がつけられていない部屋もあったようだね。

こんな所なんだけど・・・・
世田谷一家殺害事件に似てるよね。捜査の行方に注目です。

07/01/31追記
遺体発見時には「浴室の電気がついたままだった。」ようです。

参考リンク
杉並親子殺害事件の謎!その2

| | コメント (79)

茨城女子大生殺害事件の謎!

2004年1月31日午前9時ごろ、茨城県美浦村舟子の清明川河口付近で、若い女性がうつぶせで浮いているのを、近くに住む男性が見つけ110番する事件があった。
遺体は1月31日(土)の午前0時から2時ごろ自宅(茨城県阿見町阿見)を出たきり消息不明となった茨城大農学部2年の21歳女性だった。

遺体の状況
1)衣服を身に付けていない(全裸)

2)死因は首を絞められた事による窒息死

3)首と左肩に各1カ所、胸から腹にかけて1カ所、刃物で大きく切られていた(左胸から腹の傷は長さ約20センチに及ぶ。)腕や太ももに打撲痕があった。
  
4)遺体の、のどや胸など数か所に深い切り傷は、司法解剖の結果、いずれも殺害後の傷と判明。首や胸の傷は死後数分以内に刃物でつけられた切り傷だった。

5)死亡推定時刻は30日夜から31日早朝にかけて(死亡推定時刻は食後約4時間)

6)発見現場近くの土手に、血の付いた黒いジャージーのズボンがあった。斜面には点々と血痕が残っていた。

7)発見現場に争った跡はない。周囲は田園地帯で、最も近い民家からは約300メートル離れている。

8)自宅と発見現場は6kmほど離れている。

被害者の特徴と失踪前の状態
A)視力0・1程度の近視だが、コンタクトレンズや眼鏡、財布、携帯電話は自宅に残されていた。
  女性が所有する車は自宅に残されていた。

B)30日午後9時ごろに帰宅、茨城大農学部4年(当時)の男子学生と自宅で飲食した。男子学生は「自分は酒に酔ってうたた寝をしたが、31日午前0時ごろに女性が外出する気配がした」と証言。テーブルには女性の筆跡に似た字で書かれた「出かけてくる。遅くなる」というメモが置かれていた。

C)2月4日(水)に自宅から3km離れた土浦市小岩田西1丁目地内の空き地で被害者の自転車が発見される。1月31日午前には目撃されていた。

D)自転車の鍵と一緒にした女性の部屋の鍵一個が所在不明になっていることが二日、江戸崎署捜査本部の調べで分かった。

とりあえずメモ
 遺体から分かる事
・全裸だったのは身元を隠す為だけだはないかもしれない、被害者は身元が分かるような物を持っていなかった。

・性的暴行、あるいは同意の上での行為があったかもしれない。

・殺害直後に遺体を傷つけている理由は何か?

・のどの傷が首を切断しようとした物だとしても、胸の傷が意味不明

・死亡推定時刻が食後約4時間だとすると、21時から食事なら23時には終っていただろう。死亡時刻は3時前後2時間と言うあたりかな。(つまり2時から4時の間)

失踪時の状況から分かる事
・目の悪い被害者がコンタクトレンズや眼鏡もせずに、夜間自転車で出歩くとは思えない。

・財布をもって出なかったのはお金を使う事がないと考えていたからだろう。

・携帯電話を置いて出たのは、電話に出たくないからではないか?

・部屋の鍵を犯人が奪ったのだとしたら、犯人は被害者の部屋に入らなければならない理由があると言う事だね。

・メモを残したのは帰るまで待ってて欲しいと言う事か?、心配せずに帰ってほしいと言うあたりかな。

疑問点
・被害者の失踪時の服装、遺体発見現場に黒い血のついたジャージがあったとの事だが、上下ジャージだったかな?(これは重要な点です、服装についてご存知の方はコメントください。)

・遺体から犯人につながる証拠は見つからなかったのか?

・被害者の部屋の鍵を持っていたのは何人いたのか?

茨城県警の事件の情報提供を呼びかけるページはこちらを参照願います。
多分、あまり参考になりませんが、公式のページはこれだけなんですよね。

どうも犯人は咄嗟に偽装工作をいろいろしているようなんですが・・・
次回から少しづつ考えていきましょう。

| | コメント (4)

2007/01/27

世田谷一家殺人事件再考その68

今回は犯人の探し物について、あれこれ考えてみよう。
1)犯人は探し物を見つけたのか?
 書類を捜す目的がナガイさんの指摘の通りこの3つぐらいだよね。
A)なんて書いてあるか確認したい
B)回収又は奪取したい
C)無効化したい

もし、現場に目的の書類が残っていたのなら、その書類を警察が捜査しないはずがないと思うのです。
しかし、例外もあるだろうね、例えば、
1-1)書類がありふれた物で警察が事件性を疑わなかった。
1-2)犯人の求めている情報が読み取れなかった場合。(暗号や特殊な処理がされている)

2)そもそも書類って何?って事。
普通に考えて、経済的な価値がある物と思うのだが・・・・
これもナガイさんの推理で
手形、L/C、告訴状、誰かの何かの証明証、何かの設立文書や添付書類、示談書、談合文書、照会に対する回答文書、外国の新聞記事

など考えられるのだが・・・ちょっと変だと思わないかい?
自宅に書類なんだよな。普通に考えて、自宅に仕事関係の書類があるのかな?
事件当時みきおさんは会社に所属していたわけで、会社の書類を持ち出すと言うのはちと考えにくいだろう。
これは微妙な所なんだけどね、コンプライアンスや情報漏洩の騒ぎが頻発して、今は仕事の情報を持ち出す事は厳しく禁じられているのだが・・・
2000年当時はどうか?と言うと今よりは、緩かったと思う。

けれど、みきおさんの所属していた会社が外資系だと、このあたりはよりシビアだった可能性があるでしょ?

それから、現場の1階の再現された部屋をみると、本棚に相当の数のファイルがある。
ここがまた、疑問なんだよな。
あれが、みきおさんの書類でない可能性もあるし、泰子さんの塾の資料である可能性もある。

その意味では目的が泰子さんの書類である可能性もあるけど・・・・塾関係の書類にそれほどの価値があるとも思えないんだよな。

あとは、みきおさんはアニメ関係の活動を熱心に行っていた。
それらの資料は当然持っていただろうな。しかし、これも同様にアニメ関係の資料に値打ちがあるだろうか?
セル画とか、巨匠の漫画本とか・・・・これほど凶悪な事件に結びつくかな?

もう一つはみきおさんの「アルバイト」の書類と言う所かな。
会社とは別にみきおさんが独自に行っていたアルバイトがあったのか?と言うあたりは非常に重要な項目になるね。

ある個人のブログにバブルの頃の仕事に関係があかもしれないと言う事が書かれていた。バブルの頃と言えば「土地」と「株」なんだけど。
みきおさんの大学時代に勉強していた事が森林風致計画学を専攻し、建造物が風景に与える影響などを研究していたと言う事なので、土地関連が可能性としてはあるかもしれない。

ただ、この方向で考えると、事件が発生したのが2000年の年末と言うのがちと引っ掛かる、2000年ならとっくにバブルは崩壊していた頃だ。景気はどん底で地価も下がっていた。土地の取引も少なくなっていたはず・・・

バブル期に投資したり入手した土地がバブル崩壊で値下がりして、大損した客がみきおさんを恨んだと言うのはありそうだが、書類に結びつかない。

犯人がどんな書類を捜していて、それが犯行の動機にどう繋がるのか?
みきおさんのアルバイトの内容の情報が必要になるな。
仕事ならかならず、仕事相手がいたはずなんだけど、警察はどのあたりまで捜査したのかな?
このあたりの情報の入手はかなり難しいね。
ご存知の方がおりましたら情報提供お願いします。

| | コメント (77)

2007/01/26

世田谷一家殺人事件再考その67

この事件を考えていたら、突然ひらめいたのですが、犯人が探していた物はなにか?と言う事について今回は考えてみます。

書類をあさっているので、書類の中にありそうな物と言う事ですよね。

私は以前の推理で土地の権利証のような物だと考えていました。
しかし、それだと他の行動が説明できないんですよね。

そこで、ひらめいたのが「借用書」です。
犯人はみやざわさんに多額の借金をしていた。その借用書が宮澤さんの自宅にある事を犯人は知っていた。
多分、犯人は借金を返済できずに、宮澤さんから返済を催促されていたのですが、返せず、しびれを切らした宮澤さんが不動産の差し押さえなどと言葉にしたのでしょう。

驚いた犯人は宮澤さんの殺害を決意する。
しかし、問題がある、みきおさんを殺害しても借用書が残れば、残った家族から返済を要求される可能性がある。
その為、犯人はみきおさんの殺害と借用書を奪わなければならない・・・・
がそれでも、問題が残る、家族が借用書の事や借金の事を知っていれば、みきおさんが殺害され、家から借用書がなくなれば、やはり犯人が疑われるのは簡単に想像できる。
そこで、借金の存在を知っているかもしれない、妻の泰子さんも殺害しなければならない。

子供を殺害する必要はないが、成り行きで全員殺害してしまった。

借用書は犯人が見つけて持ち去った。もし現場に残っていれば、警察が疑わないはずがないからね。

しかし、この説では犯人が長時間滞在した理由が説明できない。
犯人は家族全員を殺害し、借用書を見つけた段階で目的を全て達成したはずで、それ以上現場に留まる理由がないからだ。

ところが、よく考えると、犯人は借金が返せないような人物なので、お金に困っていたはずだよね。
犯行の目的は達成した。次は自分の生活の為に現金などを奪う事に目的がシフトしたと言うわけです。
で銀行カードなどを見つけて、その暗証番号の解読などを行っていた為、時間が過ぎてしまった。

また、一番の目的も達成した事で安心してPCなどいじってみたと言う所かな。
手の出血が止まるまで待つとか、返り血を浴びたズボンを洗濯して乾かすとかそんな事に時間が掛かったかもしれませんね。

とりあえず、この説だと事件全体をうまく説明できると思います。

ただ、もし金銭トラブルなら警察は当然捜査しているはずなんだよね。
犯罪の陰に女と金と言うのは定番だからね。
異性トラブルと金銭トラブルは念入りに調べていると思うのだけどね・・・・

この借金は宮澤さんも犯人も周囲に漏らしていないと言う場合もあるかもね。
借用書が無く、証言もなければ、その存在に誰も気付かないというのもあるかな。

そう言えば、年賀状の事も説明できるかもしれない。
犯人はみきおさんの交友関係を知りたかった。つまり、みきおさんが、この借金の事をだれか友人に話していないか?と不安に思ったとしたら?
犯人はみきおさんの顔見知りだと思う。
(知らない人に多額のお金は貸さないだろう?と言うのが根拠なんだけどね)

みきおさんの友人にそれとなく、借金の事について探りを入れようとその連絡先を知る為に持ち去ったと言うのはどうかな?
宮澤さんが死亡している事を口実に連絡すればよいわけだしね。
もし、知っている人間がいたら、うまくごまかすつもりだったんだろうね。もう返済したとかさ。

しかし、この説を否定する材料もある。
犯人像が若年者だとすると、若年者に多額のお金を貸すかな?と言うのが疑問だけどね。この点でいくと、犯人はやはり25歳から30歳ぐらいと言う事になるかな。

とは言え、裏付ける証拠は何も無いので妄想なんだけどね。

07/01/29追記
3日ほど考えたのだが、実は借用書だけじゃない事に気付きました。
例えば、経済的に価値のある物を借金の担保や借金のカタにみきおさんが相手から取り上げた場合です。
みきおさんを殺害しても、担保を奪わなければ意味がない。
しかし、みきおさんを殺害して、担保を奪っても事情を知る奥さんに疑われる。
その為、みきおさんと奥さん2人を殺害しなければならない。
と考えると、高価な物なら何でもこの推理は当てはまると言う事ですね。

| | コメント (44)

世田谷一家殺人事件再考その66

今回は犯人が書類を風呂場に散乱させた事について考えてみよう。
これを考える上で関連する情報としては
・1階の引き出しを2階の風呂場に運んだ(2005年秋の週刊現代)
・1階の書斎から書類を大量に持ち出し、浴室で物色(2002年1月の週間文春)
・犯人による室内の物色の跡は、2階部分に集中していた。2階の居間では、タンスや机などのほとんどの引き出しが開け放されたり、ひっくり返されたりしていた。仕事関係の書類などが床に散乱していたほか、ふろ場の浴槽内にも書類が持ち込まれ、散乱していた。
1階はほとんど手つかずで、本棚わきには、何かの支払い用とみられる現金がポリ袋に入ったままの状態で置かれていた。(2001年1月朝日新聞)
・室内の暖房を一晩中つけずにいた(2002年2月新潮45)
・アイスクリームのカップは風呂場に1つ、キッチンに1つ、1階PC脇に2つ(2005年秋週刊現代)

風呂場に散乱した書類は1階の書類か2階の書類かは不明だが、とにかく犯人は風呂場に書類を散乱させたのは間違いなさそうだ。

これをどう考えるか?と言う事なんですが、まず前提条件として、犯人が風呂場に入ったのは何か理由や目的があったとします。
かといって手がかりは何もないんだよね。そこで、風呂場のイメージから考えます。
風呂場から連想するイメージを列挙すると
1)水、お湯
2)シャワー、浴槽
3)寒い(冬の風呂場は寒いだろう、当時はまだ風呂場暖房とか無いしね)

次に現場の家の中の場所としてのイメージは
4)2階
5)公園側の閉ざされた空間
6)犯人の侵入路

最後に書類のイメージは
7)重要な物、汚してたり、ぬらしたり、破いてはいけない物
8)廃棄するなら、シュレッダーなどで安全に廃棄しなければならない物

これらのイメージから犯人の目的を推理します。
そこで、現場で重複するイメージを消去していくと
1)水、お湯は2階のキッチンにもある。風呂場の必要性はない。
3)寒い。部屋が暖房されていなかったと言う情報もあるけど、仮に暖房があったても、トイレや廊下などなら相当寒かったはずで、風呂場の必要はないだろう。
4)2階。2階である場所は他にもある。

と言う事で5)と6)あたりに意味がありそうだ。

(07/01/26以下追記、書類のイメージについての記述が抜けてました)
書類についてはどうかと言うと
ハサミで切ったり、手で破いたりしたとしても、書類を破棄した事にはならない。
書類の断片から警察は内容を読み取るだろう。
つまり、これらの行動は犯人にとってあまり意味が無いだろう。
もし、現場で書類を破棄するなら、小さくちぎってトイレに流すか、燃やすだろうね。

さて、ここからはいつもの妄想です。
現場の家は玄関が1階に一つだ、勝手口もないようだ。つまり、警察や誰かがこの家に入ってくるとしたら、1階の玄関からだろうね。あるいは訪問者が1階窓から何で倒れているみきおさんを見て緊急事態と判断しても、1階の窓を破ってはいるぐらいでしょ、いずれにしても誰かが入ってくるのは1階だろうね。

そして、1階で夜中に明かりが点いていれば、不審に思う人間もいるだろうし、ペンライトなどを使ったとしても、逆に小さい光が移動していれば不審に思われるだろうな。
犯人が1階をあまり物色していないと言うのはこのあたりが理由だろうと思う。

だから、1階の書類を2階に運んで調べる行動はそれなりに自然に思える。
問題はなぜ風呂場なのか?と言う点だね。
2階のリビングもあらされているので、風呂場に運ぶ必要は無いだろう。

しかし、犯人にとって予想外の事が現場で起きたのではないか?と私は考えています。
それは例の「ドスン、ドスン」と言う隣家にまで響いた大音響だ。
他の人間にはただの物音だろうが、殺害現場にいる犯人にとっては、それだけではすまないだろう。
「誰かが来るかも?」と考えても不思議じゃないよね?
そこで、犯人はこの家の中で最も逃亡しやすい場所へ逃げ込んだのではないか?
と言うのが私の推理です。
しかし、まだ探し物は見つかっていないので、風呂場に書類を持ち込み探しながら、様子をみていたと言う所かな。

しかし、そこで問題が発生する。
風呂場に逃げ込んだのは良いのだが、ではいつまで隠れていればよいのか?その判断が犯人にはできなかった。
風呂場の外で物色を続けたが続けたいが(07/01/27訂正)、誰が何時くるか分からないと言う状況で強いストレスを受けていたんじゃないかな?
それで、手元にあった不要な書類をこれまた、手元にあったハサミで切って暇つぶしをしたり、冷蔵庫からアイスクリームを出して食べたりしたのではないだろうか?

そうこうして時間が経過し、もう大丈夫だと判断して、長居を決め込んだんだろうね。

とこんなところが私の推理です。
ただし、例えばキッチンの流し台には夕食の食器などがあって、使えなかったと考えると、「水」や「お湯」と言うのも考えられる。
例えば、水に濡らすと文字が浮かぶ物とか、逆に水に溶ける水溶紙とかね。
しかし、この方向で考えるとモナザイトに絡む核物質の不正取引なんて事を連想してしまうけどね。

さて、私の推理通りに犯人が逃げやすい場所に隠れていたと言う事になると、もう一つの事がわかる。
つまり、「探し物が見つからなくても誰かが来たのなら犯人は逃げよう」と考えていたと言う事なんだよね。
これは重要な事で、犯人にとって探し物はそれほど重要な事ではないと言う事なんだよね。
もし、犯人の人生を左右するほど重要な物なら、物音に不審に思い現場を訪れた人間も殺害して探し物を探すのではないだろうか?
しかし、この時、犯人は利き手の手の平に傷を負っていて、戦闘できる状態ではなかったかもしれない。

もっとも、逮捕されてしまえばほぼ死刑なわけで、逮捕されない事を優先したとも思えるけどね。

今回の内容だけみると、犯人は意図しない大きな物音に驚いて、風呂場に隠れて様子を見ていたなんて犯人像になり、私としては若年者のオドオドしたイメージになるけどな。

今回の推理は正直な所、あまり自信がありません(^_^;)

| | コメント (12)

茨城バラバラ事件の謎!その7

続報です。予想通り下半身と上半身は同一人物と断定されたようです。

1)司法解剖とDNA鑑定の結果、遺伝子情報や切断面が一致した。

2)遺体は50歳前後で、上半身と下半身は鋭利な刃物で切断されていた。血液型はO型で身長約175センチ、盲腸の手術痕があった。

3)死後約2週間

4)目立った外傷はない。

5)下半身の発見現場の足元付近には血痕のついた黒いビニールシートがあった。

こんな所だね。
死後2週間と言うのは24日に下半身が発見された日から2週間だろうね。
そうすると、1/10ぐらいと言う事だね。
上半身は1/11に発見されているので、上半身は遺棄後1日程度で発見されたと言う事だろうね。
1/10(水)、前後1日ずれても1/9(火)、1/11(木)いずれにしても平日だね。

死亡が食後1時間ぐらいだから、死亡時刻はほぼ3パターンだよね。
A)朝食後、8時から9時ごろだろうね。
B)昼食後、13時から14時ごろだろうね。
C)夕食後、19時から21時ごろかな。

他の情報とあわせて考えると、いろいろ想像できるけど・・・・

やはり問題は未だに被害者の身元が分からない事だね。
似顔絵を公開してしばらくたつよな。
13日に公開しているからもう2週間ほど経つ。

被害者が日本国内に住んでいて、社会と関わりをもって生活していたのなら、何らかの反応があるはずだ。
警察は身元を掴んでいないのか?それとも、身元を掴んでいて発表していないのか?
どちらかな。

犯人逮捕に期待です。

参考リンク
茨城バラバラ事件の謎!その6
茨城バラバラ事件の謎!その8

| | コメント (0)

2007/01/25

茨城バラバラ事件の謎!その6

続報です。不確定ですが、被害者の下半身と思われる遺体が発見されました。

1月24日午前7時50分ごろ、茨城県石岡市小幡の山林で、切断された男性の下半身が遺棄されているのを散歩中の近所の男性(59)が見つけたとの事。

下半身は腰の部分で切断されていた。衣服や靴などは身につけておらず、舗装された道路から数メートル入った山林内にうつぶせの状態で遺棄されていたようだ。

下半身の周辺には、黒いビニールシートのようなものが落ちていたという。

さてとこんな所だね。
同時に複数のバラバラ遺体が同じ地区に出るとも思えないので、やはり前回発見された上半身と関連を疑うの自然だろうね。

仮にこの下半身と前回発見された上半身が同一人物だと仮定していつもの妄想をしてみると・・・
まず場所なんだけどね
Photo_7 この図のような感じですね。場所は正確な場所がわかっていないので、ざっとそのあたりと言うように見てください。

地図を見て気付くのが、二つの地点と平行に高速道路が通っている。
これが犯行に使われたかどうかは今の所、分からない。

まず、遺体の遺棄のしかたは二つの見方になるだろう。
1)二つの現場をつなぐ延長方向に犯行現場がある。
2)二つの現場を両端とする直線の垂直方向に犯行現場がある。

ナビソフトからこの2点の移動時間を計測すると、45分(一般道)から50分程度(高速道使用)だね。

この事件では身元を隠そうと言う意図はあまりなさそうなんだよね。
しかし、犯行現場や被害者の住所の近くに頭部のある上半身を遺棄するのは心理的に難しいような気がする。手がかりはより遠くに遺棄したいと考えそうだよね。
そうすると、下半身側、つまり茨城県北部方面に犯行現場があったのではないか?
と思ったりする。

しかし、その反面、上半身の埼玉版の新聞をどう見るか?と言う所なんだけど。
この事件は殺害の直後に切断作業を行っていて、これを計画的な犯行とみると、この新聞も偽装の疑いが出てくる。
けれど、単純に遺棄を急ぐ理由があったとすれば、新聞は身近にあった物と考えられるわけだ。

それともう一つ、下半身の遺棄場所からわかる事がある。
当然の事のようだが、犯人は車を使って遺棄しているだろうな。
しかし、それなら、なぜ胴体を切断する必要があったのか?と言う疑問が浮かんでくるでしょ?
車なら遺体を切断する事なく運ぶ事ができたはずだ。

だから、今回の場合はこの切断した理由が事件のポイントになるよな。

オーソドックスに「重くて運べない」と言う理由だとしたら、犯人は単独犯で1人では遺体を運べないような体力の持ち主と言う所かな。(07/01/25一部訂正)

もうひとつ、上半身の遺棄場所が車の通りの多い道路の近くでその上、工場の駐車場の近くでもある。
このあたりから、もしや遺棄現場付近の地理に不案内なのでは?と言うのも疑問の一つだね。
下半身の遺棄場所は筑波山の近くで山を目指して移動したとも思えるな。

今のところ1)と2)どちらも断定するほどの材料はないかな。

捜査の進展に期待です。

参考リンク
茨城バラバラ事件の謎!その5
茨城バラバラ事件の謎!その7

| | コメント (1)

2007/01/22

世田谷一家殺人事件再考その65

今回はニャンコさんの発案で「言い争う声」について考えるページを作ってみました。
この「言い争う声」と言うのは

「午後11時前後に、被害者宅から「争う声」がしたのを近所の人が聞いています。」

その約30分後にドスンと言う大きな物音がした。

ニャンコさんの意見としては
>1「言い争う声」が、「男女の場合」「男性同士の場合」で分けて考えてみる。
>2 次の「はしごを上げる音」までは30分
こう言う事だったんですが

この言い争う声が犯人と被害者と言う前提に立っているのだけど、
条件を少し広げてみようと思います。つまり、この言い争う事の当事者が
1)犯人と犯人
2)犯人と家人
3)家人と家人

組み合わせとしてはこの3つがあるよね。
1)犯人と犯人の場合
 これは複数犯と言う事になります。今の所、複数犯を肯定する材料はありません。
逆に否定する材料も無いので検討は必要だと思います。
 この場合は、二つ可能性が考えられるかな。
 1-1)被害者を全て殺害した後で、犯人同士が方針や意見で衝突したと言う場合。
 1-2)被害者が犯人同士の言い争いに立ち会っている場合。
    (この場合は犯人と被害者が顔見知りと言う事になる)

2)犯人と家人の場合
 この場合に更に4つの場合に別れるが、犯人は男性と言う前提で2-2)と2-3)は無いだろう。
 2-1)犯人(男性)と家人(泰子さん)
 2-2)犯人(男性)と家人(みきおさん)
 2-3)犯人(女性)と家人(女性)
 2-4)犯人(女性)と家人(男性)

 2-1)犯人と泰子さんが言い争っていた場合
  この場合は、その場所が問題になる。
 2-1-1)ロフトで言い争う場合。
  泰子さんはロフトで襲われているので、ここで犯人と言い争ったと言う可能性はあるね。この場合はみきおさんが殺害された後と言う事になるだろうな。

 2-1-2)ロフト以外で言い争った場合。
  例えば、リビングで言い争った後に、ロフトに移動し襲われたと言う事になる。
 この場合もみきおさんが殺害された後だろうな。ロフトで襲われた後にハシゴから墜落したところで犯人と言い争うのは、体力的に厳しいでしょう。

  2-2)犯人とみきおさんの場合(07/01/23追記)
  侵入した犯人に1階階段の上の方で襲われた時に犯人と言い争った場合だろうな。
  あるいは、襲われる前に犯人と何か交渉や会話があって、言い争いに発展と言う場合も可能性はあるかもしれないね。

3)家人同士つまり、みきおさんと泰子さんの場合。
 可能性としてはあるが・・・・この場合は原因や内容が分からない。
 そして、夫婦が言い争った直後に犯人が侵入し事件を起こしたと言う事になるよね。
ただの偶然か?それとも言い争った内容に関連があるのか?謎だね。

こんな所なんだけど・・・・
一つだけ、私が気になっている事があります。
みきおさんの殺害時の服装です。「外出着」だったと言う事。
みきおさんの服装はセーターにコールテンのズボン。
泰子さんは上下のスエット。
長男と長女はトレーナーにジャージ。

外出着と言っても、スーツと言うわけでもないので思い過ごしかもしれないのだが・・
みきおさんはこの夜、誰かと会う約束でがあったのではないか?と言う疑問です。
警察発表を疑う事になるのですが、犯人は玄関から入り、みきおさんと口論となり、殺害と言うシナリオなんですよね。

まずは、言い争った相手とその内容について考えましょう。
コメントください。

| | コメント (25)

世田谷一家殺人事件再考その64

今回はkishiさんが発見してくれた、事件現場建物の再現セットの写真についてまとめてみたい。
現場建物再現セットを参照してほしい。
詳細は分からないが、どこかの番組で現場建物を再現したセットを作成したようだね。
その写真がHPに公開されていた。
ただし作成者がどんな方なのかは不明です。多分番組関係者ではないかと思いますがわかりません。

私が思うに、部材や人件費など相当の金額が掛かっているので、あまりいいかげんな物は作っていないと思います。
少なくとも、建物の構造についての情報は比較的簡単に入手できるでしょう。
ただ、部屋に何が置かれていたのか?については遺族の協力などがあったのではないかと思います。

信憑性を裏付ける調査は必要ですが、とりあえず今回はこの情報を私なりにまとめておきたいと思います。

1)ロフトへ上がるハシゴは折りたたみ式で、通常は天井に収納しているタイプのようです。
また、構造的には下の人間は上げ下げができると思いますが、ロフトにいる人間には上げ下げはできないと思われます。
ハシゴの構造と同じようなタイプだと思われます。

2)ハシゴは1階へ下りる階段の正面を塞ぐような形で下りている。
(犯人が1階の引き出しを2階へ運ぶ時には相当邪魔だったろうね)

3)2階の子供部屋には子供用の2段ベッドがある。
多分いつもは、子供部屋で子供2人が寝ていたのだろう。
(あのベットでみきおさんが寝るのはちょっとムリのような気がする。)
とすると、みきおさん夫婦はロフトが寝室と言う事になるんだろうね。

4)1階は完全にみきおさんの仕事スペースのようだ。
(ここでどんな仕事をしていたのか?が少々疑問だけどね。)

5)ソファーは2階のリビングにしかない。
報道で犯人が銀行カードなどをソファーに並べていたとあるが、それはリビングと言う事になりそうだね。

6)脱衣所の正面は1階に下りる階段になる。

こんな所かな、もし抜けている点などありましたら、補足のコメントください。
今回の情報で重要なのは、ハシゴのタイプが分かった事と子供部屋のベッドが2段ベッドだったと言う事だね。
私はてっきり、みきおさんと長男が子供部屋で寝ていると考えていました。
しかし、子供用の2段ベッドでみきおさんが寝るのは難しいでしょう。
ここから、ロフトが夫婦の寝室と言う事が推測できますね。

犯人がハシゴを上げた理由ですが、1階の引き出しを2階に持ち上げていますから、この時ハシゴが邪魔になって上げたのではないかな?

この時、ドスンと言う大きな物音になった。

この事と風呂場に書類を散乱させた事が繋がるかもしれないと思っています。
書類を風呂場に散乱させた理由は次回にでも考えてみましょう。

| | コメント (11)

2007/01/20

過去のバラバラ事件

過去のバラバラ事件を犯人と被害者の関係を中心にピックアップしてみました。
54件をピックアップしてみましたが、
54件中、犯人が家族または夫婦や同居人が22件で41%
今回の渋谷バラバラ事件のような兄妹は無いが、兄弟は1件ある。
一家5人全員を殺害した事件も1件ある。(世田谷事件の参考になるかもしれない)

07/01/21 59年の愛知の事件が表になっていなかったのを修正、あわせて件数も46件に訂正
08/01/02 2007年中の事件を追加、全体で49件とする、同時に関連する分析情報も修正
08/12/30 2008年中の事件を追加、全体で54件とする、同時に関連する分析情報も修正

No. 月日 事件名 犯人 被害者 被害者との関係 備考
54 2008 12月20日 沖縄県大宜味村バラバラ事件 50歳男性

沖縄県大宜味村バラバラ事件沖縄の畑からバラバラの遺体が発見された事件。未解決
53 2008 7月11日 千葉港女性バラバラ事件 30歳女性

千葉港女性バラバラ事件千葉港で女性のバラバラ遺体が発見された事件。未解決
52 2008 5月17日 琵琶湖遺体遺棄事件 50から60歳ぐらい男性

琵琶湖遺体遺棄事件遺体の一部が発見された事件、未解決
51 2008 4月18日 江東区女性バラバラ事件 33歳男性 23歳女性 マンションの同じ階の住人

江東区女性バラバラ事件暴行目的で女性を拉致するが警察の捜査が早かった為、口封じに殺害、解体してトイレに流す
50 2008 4月3日 東京お台場女性バラバラ事件 48歳男性同居人 22歳フィリピン女性 同居人

お台場女性殺害事件無視された事でカッとなり共同生活をしていたフィリピン女性を殺害、遺体を解体し遺棄した。犯人は2000年にもフィリピン女性を殺害している。
49 2007 6月14日 同居の元妻殺害事件 47歳元夫 40歳元妻

元夫
(同居)

4年前に離婚していたが、元夫の家の1階に中学生の子供と同居、同じ家の2階に元夫と同棲する女性と生活していた
48 2007 5月15日 会津母親殺害事件 17歳息子 47歳母 息子
47 2007 1月11日 茨城バラバラ事件 46歳妻 47歳夫 夫婦
46 2007 1月3日 渋谷短大生バラバラ事件 21歳兄 20歳妹
45 2006 12月16日 新宿渋谷バラバラ事件 32歳妻 30歳夫 夫婦
44 2001 4月7日 大宮看護婦バラバラ事件 23歳女性 23歳女性 3角関係
43 2000 5月4日 ルーシー・ブラックマン事件 48歳男性 22歳女性 交際相手
42 1999 7月10日 インストラクター殺人事件 22歳男性 26歳女性
41 1999 3月6日 秩父バラバラ事件 30歳妻59歳母 32歳夫 夫婦
40 1997 8月12日 大阪マンションバラバラ事件 45歳妻 51歳夫 夫婦
39 1997 2月10日 酒鬼薔薇事件 14歳男性 11歳男児 知人
38 1996 4月21日 小野悦男事件 59歳男性 41歳女 同居人
37 1995 5月12日 大阪連続バラバラ事件 54歳男性 5人を殺害
36 1995 3月17日 大阪ミナミバラバラ事件 52歳男性 54歳女性
35 1995 1月5日 埼玉愛犬家連続殺人事件 53歳男性38歳先妻 愛犬家5人
34 1994 4月23日 井の頭公園バラバラ事件 不明 35歳男性
33 1994 2月27日 福岡美容師バラバラ事件 38歳女性 30歳女性 恋敵
32 1989 8月15日 バラバラ死体プランター隠蔽事件 26歳女性主婦30歳夫 48歳男性
31 1987 2月22日 藤沢悪魔祓いバラバラ事件 39歳男27歳夫婦 32歳男性 従兄弟
30 1987 12月18日 コインロッカーバラバラ事件 49歳男性 詐欺仲間 詐欺仲間
29 1986 5月15日 新潟ラブホテル肉片バラバラ事件 37歳男性 49歳女性 夫婦
28 1983 6月27日 練馬一家5人殺し事件 48歳男性 一家5人 土地建物を貸していた相手一家を殺害
27 1981 6月11日 パリ人肉嗜食事件 32歳男性 25歳女性オランダ人 交際を断られて殺害、遺体を食べる、心神喪失状態で不起訴、精神病院に入院
26 1980 8月1日 千葉ホステスバラバラ事件 26歳男性 38歳女性
25 1980 1月15日 バラバラ死体と2年間同居事件 32歳男性 30歳女性 同居人
24 1979 11月4日 福岡病院長殺人事件 33歳男性27歳女性 61歳病院長
23 1978 7月5日 手首ラーメン事件 男性暴力団員 29歳男性(兄貴分) 29歳男性 兄貴分
22 1978 3月5日 陰部切り取りバラバラ事件 32歳男性 39歳男性 同性愛関係を迫ったが断られた為殺害
21 1978 3月1日 大阪ノミ屋バラバラ事件 33歳男性 46歳男性
20 1977 1月17日 神戸親子3人で女性バラバラ事件 54歳男性29歳長男27歳二男 愛人 29歳事務員
19 1976 3月3日 夫の愛人バラバラ事件 42歳女性 35歳女性 夫の愛人
18 1976 1月28日 主婦の手首切り落とし事件 47歳主婦 40歳主婦 隣人
17 1975 3月20日 横浜妊婦バラバラ事件 28歳夫 19歳妻(妊娠中) 夫婦
16 1972 9月10日 愛知バラバラ事件 50歳夫 42歳妻 夫婦
15 1972 6月23日 岐阜夫バラバラ事件 36歳妻と28歳女性 32歳夫  夫婦
14 1970 9月24日 文具店店主バラバラ事件 29歳妻、27歳男性(マッサージ師)と29歳妻 30歳夫(文具店店主) 夫婦
13 1969 4月25日 高校生生首切り落とし事件 15歳男性 15歳男性 同級生
12 1967 11月6日 銀場バーマダムバラバラ事件 23歳男性 28歳女性
11 1963 11月18日 名古屋-大阪バラバラ事件 30歳男性 32歳兄 32歳兄
10 1960 3月3日 床屋店主バラバラ事件 27歳妻と21歳男性 34歳夫(理髪店店主) 夫婦
9 1959 9月25日 愛知バラバラ事件 42歳飲食店店主 17歳女性 乳房や陰部をえぐり取る
8 1958 大西克己事件 27歳男性 30歳男性 殺害事件で逃亡中の犯人が身元を偽装する為の替え玉を殺害した事件
7 1957 4月2日 人肉ホルマリン漬事件 26歳男性 12歳息子 父親 遺体は細切れにして水槽にホルマリン漬にしていた。2度の入院歴有り、以前から男児にいたずらなどしていた。この犯行を日記につけていた。
6 1954 9月5日 人違いバラバラ事件 29歳男性 19歳女性 22歳女性の元交際相手と間違えて殺害
5 1953 3月13日 SM妻バラバラ事件 35歳夫(麻薬常習者) 32歳妻 夫婦 32歳妻セックスの最中に殺害
4 1952 5月10日 荒川放水路バラバラ事件 26歳内妻と51歳母親 28歳夫(警官) 夫婦
3 1949 4月21日 名古屋バラバラ事件 男性(精肉業) 36歳妻 夫婦
2 1949 3月26日 福岡バラバラ事件 59歳男性 58歳夫、62歳妻の夫婦
1 1946 2月15日 横浜女性バラバラ事件 33歳男性 22歳女性 暴行後絞殺し、解体

| | コメント (1)

異常者説

今回はkishiさんの説を紹介します。

1)動機あるいは犯人像
  動機:「むかついた」事があったからor何かに触発された
  犯人像:高校〜大学生くらいの男性

2)家族全員を殺害した理由
  例えば路上で人ひとりを殴るような「しょぼい」犯罪ではなく、もっと「スゴイ」ことがしたかった。

3)書類を物色した理由
  スゴイ事はしたいけど捕まるつもりはないので、強盗を装って家中を物色。それに自分が殺害した家族のことをよく知りたかった。

4)PCを操作した理由
  これも最初は家族の人となりを知ろうと思って家人のブックマークを見ていたが、さっぱり自分には理解できない内容だったからすぐやめた(接続1回目)。でも朝になってふと、あのブックマークにあった「劇団四季」のサイトからチケット購入の予約を入れたら、これも偽装工作にできるかも?と思って再度開いてみたのだけどうまくいかなくて(or内線電話がかかったor誰かが門前にやってきた気配で慌てて)すぐやめた(接続2回目)。

5)長時間現場に留まった理由
  (暖かい家庭で親に扶養されている身分だからして)そもそも遠くに逃亡しようという発想などなく、自分が帰る場所は家族の待つ家。家に帰るか、外をぶらぶらするか、このまましばらくここにいるか、という無意識の発想での三択しかなく、年末年始の休み中に(隣家が親類だと知らないゆえ)すぐ誰かが(よもや合鍵を使ってまで)この家に来るわけでもないだろうし、疲れたし、どうしようか考えたいし…、と考えてたらちょっと寝てしまった(???)。

6)現金を盗んだ理由
  強盗を装うとなると現金ははずせない。お小遣いにもなるし。

7)この説のポイントや弱い所など
  不可解な事件ゆえ、「頭のおかしい」犯人像を想像してしまうのですが、そうなるともう「頭がおかしいんだからなんでもあり」となってしまい…。それでも一応この説を主張するとして、「弱い所」と言えば、おそらくは初犯で?いくら頭のおかしい犯人だからと言って、ここまで残虐な行為ができるものかな?という部分、侵入後に上着を脱ぐなどの、妙に冷静な部分、じゃあなぜ近隣地域でのローラー作戦にひっかからない?というところでしょうか…。
  返り血のついた衣類を畳んでいる点は、本人は脱出までにもっと時間的猶予があると思っていて、バッグなどに入れて持ち帰るつもりだった(生活環境の現れ)、指紋を残したのも「あとでゆっくりふけばいいや」くらいの思いだったかも?と。
  遺留品の衣類等については(その販売時期等と整合性を持たせるとすれば)、すべてのアイテムを犯人自身が日常的に使用していたわけではなく、数点は家人(兄、父など)が使い古し仕舞い込んであったものを借用。なので全体のイメージとして見たとき、身近な友人等には犯人に直結するイメージがわかない、家族は薄々orあきらかに知っているが、未来のある息子をかばって沈黙。

以上がkishiさんの推理です。
実際、私もメンタルに問題がある人と言う犯人像も視野に入れています。
奇妙な事件を参照して欲しいのですが、明らかに常識では考えられないような事件が現実に起きています。
問題はそれが、外見上わからない事があるんですよね。
通院や入院歴がある人ばかりではないので、逮捕され精神鑑定を行ったらそうだったと言う事もあるかもしれないですね。

| | コメント (6)

探し物説

今回はナガイさんの説を紹介します。

1)動機
 探し物

2)家族全員を殺害した理由
  経過的にそうなった

3)書類を物色した理由
  探し物が文字か数字、または画像の情報だから。

4)PCを操作した理由
  探し物がPCでも調査可能で、PCを使えたから。

5)長時間現場に留まった理由
  探し物に時間がかかる

6)現金を盗んだ理由
  現金があったから

7)この説のポイントや弱い所など
  ・・・・
以上がナガイさんの推理です。
これから肉付けしていかれると思います。
探し物を重視するとこう言う推理になりますね。
散乱した書類や物色された部屋などをみると、探し物説は外せないですね。

| | コメント (6)

怨恨説

今回はmattewさんの説を紹介します。
1)動機あるいは犯人像
怨恨(組織的なものに関するものかもしれない)
プラスして情報の探索

2)家族全員を殺害した理由
動機に同じ。一方的かもしれないが、恨みがあったので、
当初から全員の殺害を想定していた

長男だけ刺殺ではない点だが、服を畳んだりなど
これからの殺害のための準備している時見つかったり、
騒がれたりすることを嫌ったため、静かに絞殺した

畳んだ衣類は逃走時に着用することを想定していた
ジャンパー・帽子・マフラー
しかし、慌てて逃げたためそのまま現場に残すことになった

3)書類を物色した理由
何らかの情報に関すること
犯人にとって気になる情報
情報の隠滅・破棄も考えられる

4)PCを操作した理由
上記の理由と同じ

5)長時間現場に留まった理由
物色する対象が具体的でないため長時間になった
あるいは、具体的な対象があったが見つからなかった
ため長時間滞在することになった

想像の域を出ないが、着用していた衣類・靴の
血を洗い流して乾燥させることにも時間を使ったと思う

隣家から親族が訪問してこなかったら
もっと長い時間滞在していただろう

6)現金を盗んだ理由
ただ見つけたので持ち帰った

7)この説のポイントや弱い所など
動機に関して弱いわけだが、それがセミナーに関することなのか、
宗教絡みなのか、それ以外なのかまったくわからない
しかし、薄いつながりであっても、10年近く前の被害者との
関係であっても動機としては充分だろう

以上がmattewさんの説です。
シンプルでオーソドックスな推理です。
計画的な犯行と考えると、怨恨説は外せないんですよね。

| | コメント (6)

逆恨み説

今回は迷探偵ニャンコさんの説を紹介します。
1)動機あるいは犯人像
20前後の男性。金はあまりないが発売直後のエアテックジャケットを通常着用。
黒のハンカチには流行りのコロン。凝り性ではないがオシャレ。友人は多い。身長180近い。
仕事は造園関係の下請け業か?。その後不如意ながら廃棄物処理の仕事(非破壊検査)に携わる。(ユニクロエアテックジャケットの砂、ヒップバックの内容物から。)
仕事ではいつも「その場での行動力」を問われる危険な作業をしている。足のサイズは大きい。人物特定されるのを嫌い、「スラセンジャー」は犯行用に購入した。国籍は不明だが、東京周辺に一年以上は住んでいる。韓国との関係はある。

家族、友人あるいは仕事仲間が放射能の影響で死んだ、あるいは病気になった(という妄想を持っている)。
劣等感からの社会への憎悪というより、宮澤氏個人と関係者を強く恨んでいる。

自分の行動を「正義」と思い込んでいる。

2)家族全員を殺害した理由
放射能廃棄物を扱うはめになった原因が宮澤氏にあると思い込んでいる。家族ないし親密な人物を失った腹いせに「同様の思い」をさせたいと考えた…
ただし、宮澤氏の殺害だけは絶対にやり遂げたいと思っていたため、長男だけは音のしない方法で殺害している。

3)書類を物色した理由
宮澤氏と自分(達)の関係がわかるような書類を抹殺したかった。あるいはその関係を再確認したかった。

4)PCを操作した理由
自身が関係した造園業を仲介した大学の研究室、放射能処理に関しては科学技術庁など、すべて3)と同様の理由で宮澤氏のブックマークをチェックした。(怪我によりマウス操作のみ)
劇団四季のサイト閲覧、チケット予約失敗の意味は不明。(あるとしたら、閲覧履歴が残ると思い、偽装のつもり。)
また、5)に言う「届け物」が届くまでの時間つぶしの意味もある。

5)長時間現場に留まった理由
殺害後の怪我の治療と「届け物待ち」。
殺害を行なう「度胸」は十分な犯人も、殺害後の怪我の治療と、血だらけの身なりの始末には困り、動揺した。侵入時は実は「ユニクロエアテック」ではなかった。着ていた上着が血だらけなため、家族あるいは親しいものに携帯で連絡を取り、エアテックを持ってこさせた。家族ないし親しい人物は、犯人が宮澤氏を恨みに思う経緯を良く知っており、仕方ないことと思う。通常着用しているエアテックを届けようと犯人に現場の住所を問い合わせた。このとき年賀状が利用される。朝になりようやく届けられたエアテックを犯人はなにかの袋から取り出したが、畳んだままで着用する間もなく逃げ出した。(着ていた血だらけの上着はその袋に突っ込んで持ち帰った。同時に、PCのコードも引き抜いた。)
この期間、家族ないし親しい人物と携帯でやり取りをしながら。怪我の治療もこの人物の指示によるものである可能性あり(自衛隊、軍隊、ボーイスカウトなどの経験のある人物か?)

6)現金を盗んだ理由
犯人の所得は低い。3)の行動の派生的な意味合いでアシのつきにくい現金のみ盗んだ。偽装的な意味合いを含めた「行きがけの駄賃」。
あるいは連絡を取っていた人物の教唆。

7)この説のポイントや弱い所など
「ポイント」
A 遺留品のほぼ全てに整合性を与えた。(上着畳みを含む。)
B 現場の実行犯は一名と見られているが、行動は分裂症ぎみ。これを説明するために「消極的な共犯者」を設定した。
C 殺人という「一大事」で現れる「行動の特性」と、犯人の職業を関連付けた。

「弱い所」
A ポケットの砂=カリフォルニアは検疫で輸入が想定できない。(研究職と見るか?)
B ヒップバックの「ガラス球」は非破壊検査で試験用に用いるものよりサイズが大きい。
C 殺害方法は「怨恨」とわかるやり方だが、女性2人の殺害方法が一部で流布している通りなら、若干ずれる。

その後、「やましさ」を感じた犯人は家族(ないし親しい人物)とともに現場近くに「地蔵」を置いて手向けとした。「地蔵」は造園業の経験があるため、出元がバレにくい方法で入手(盗み?)した。職務質問にも耐えられる状況で運び込んだ。

「12月30日」
造園はじめ土木業一般は公共事業(予算消化)との関連から「年末」は忙しい。28日までは仕事の可能性あり。
一方、「宮澤家一家」が揃い、かつ「公文式」が営業されておらず、家族以外の人物がいない時期も「年末」。
年始は親戚、知人などが挨拶に来ることを警戒した。

以上が迷探偵ニャンコさんの説です。
私も今分かっている情報を上手に説明しようとすると、こう言う推理になると思います。

| | コメント (12)

にわかホームレス説

今回はこのブログにコメントしていただいた、あんぐらーさんの説を紹介します。
ちなみに、推理は要点を絞る為、
1)動機あるいは犯人像
2)家族全員を殺害した理由
3)書類を物色した理由
4)PCを操作した理由
5)長時間現場に留まった理由
6)現金を盗んだ理由
7)この説のポイントや弱い所など
と言う事で書いていただいています。

1)動機
  年末,住むところを失った男(たち?)が、寝場所を求めて侵入盗を計画。
 犯人像
 殺害犯人像:身長175?185cm。肩幅の狭いヒョロっとした長身。懸垂力、握力が強い。
人との対話接触が苦手。(外国人も可能性もある)粗暴で動物的。知性や感性はない。
(犯行時、柳刃の刃を上にして頭を刺したので,庖丁が滑り、親指から手の平に深い傷)
窃盗共犯像:殺害犯と24時間営業のネット喫茶やゲーセンでの「夜明かし」で知り合う。
「生活力なし」の遊び人。買い食いしか出来ず、人当たりが良く、外見は普通の若い男。
(事件発生時「現場付近から、逃走して行くところを、目撃されている男」と思われる)

既に、住まいを失った「にわかホームレス」だが「段ボールや小屋に住んでいないから、
自分たちはホームレスじゃない」と思っている。カネがなくなり、寒くてたまらない。 
数日前から,侵入盗を考えてるが、住宅密集地が多く人目につく。現場は、4つある
「最寄りの駅」からも遠く。公園拡張計画で人家がほとんどない。夜間は人がいない。
公園(トイレ・水)から、たまたま「二階浴室の窓が、少し開いていた」のが見えた。

2)家族全員を殺害した理由
 侵入した時に成り行きで長男を殺害、家人に見つかって逃亡するが、粗暴犯が現場に取り残され、家族全員を殺害した。

3)書類を物色した理由
 窃盗犯としては初心者で、物色の仕方が稚拙。箪笥を下から開けるなどしており、
書類目的ではなかった。アイデア勝負の人の財産は頭の中なので、大した書類はない。

4)PCを操作した理由
 血の付いたズボンを洗ったので,乾くまでの「ひまつぶし」ネット喫茶で覚えた。

5)長時間現場に留まった理由
 逃げても、帰る「暖かい場所」がなかったからそこにいた。家人に見つかった時、自分を置いて「逃げ出した共犯者(日本語通訳?)が戻ってくる」のを待っていた。

6)現金を盗んだ理由
 カネがなかったから。・・というより、最終的には、金銭が「目的」だった。

7)この説のポイントや弱い所など
 ポイントは「にわかホームレス」なら、殺害現場に朝までいても、当然なことと。
<多くの遺留品がありながら、容疑者にたどり着かない理由>が、説明出来ること。

目的が達成されたか,されないかに関わらず、4人を殺した現場にいる理由はない。
怨恨・快楽など《殺人が目的》なら、その殺害現場に「留まる」理由はないし危険。
金銭・探し物など《殺人目的でなく、成り行き殺人》でも、「留まる」理由はない。

「にわかホームレス」が留まったのは、帰る場所がなく「外が寒い」からといえる。
「にわかホームレス」でカネがなく、衣類を買わず「拾い物」で暮らしているなら。
遺留品が「拾いもの、貰いもの」ということもありうる。拾得物ならば捜査対象外。

(弱点は、犯人が「この家を、なぜ安全と考えていたか」を、説明できないこと)
現金も20万円だけ,多くの遺留品があるということは,かなり「寛いで」いた?
午前10時までいたのは居座るつもりだった?来訪者があったので慌てて逃げた?
逃走経路は、玄関からか、2階浴室の窓からか。ともにリスクがあり、五分五分。

以上があんぐらーさんの説です。
この事件を考える時、大きく二つの見方に分かれると思います。
計画的な犯行か?無計画な犯行か?
無計画な犯行だと考えると、このにわかホームレス説も説得力があります。
私が特に説得力を感じているのが長時間滞在した理由が「他に行くところが無かった」と言う点ですね。

| | コメント (4)

推理のメモ

このカテゴリでは世田谷一家殺害事件についての我々の推理を掲載する事にします。
このページは各情報についての推理を整理していく予定です。

・ドスンの音
「隣家の親族は午後11時30分過ぎ、被害者宅から「ドスン、ドスン」と言う大きな物音がするのを聞いていた」の証言だけど、警察は色々物を落としたりと実験した結果、ハシゴを上げた時に大きな音がしたようだ。
ただし、向かいの家の男性は「大きな物音、悲鳴」は聞いていと話していたようだね。

 ・ハシゴを上げた理由
 ハシゴは2階の階段踊り場にある為、通るのに邪魔だったと言う事のようだ。
 私が思うに、犯人が1階の引き出しを2階に運ぶ時に邪魔だったのだろう。

言い争う声
近所の住人が事件発生時刻と思われる午後11時前後に被害者宅から争うような声がしたのを聞いていた。
事件当日の30日夜、通行人が被害者宅で男女が口論する声を聞いていた。
別々に二つの口論があったのか?それとも、同じ口論の事なのか?は不明。
犯人同士の口論、犯人とみきおさん、犯人と泰子さんの3つの場合が考えれる。

| | コメント (1)

2007/01/19

世田谷一家殺人事件再考その63

「ドスン」の物音は週間朝日によると、ロフトへのハシゴを上げる音だと言うのだが・・・
そう考えると音が1度だった理由が説明できるのだが・・・
しかし、別の疑問も浮かんでくるんだよな。

なぜ、犯人はハシゴを上げたのだろう?

そもそも、ハシゴはどんなタイプのハシゴなのかな?
我が家にも屋根裏に上る為のハシゴがあるのだが、収納式で通常は屋根裏に収納されているタイプなんだけどさ。
同じようなハシゴだとしたら、ハシゴを上げたら当然だけどロフトへの行き来ができなくなるでしょ?

つまり、もしロフトに泰子さんと長女がいたら、ハシゴをおろさなければ2階に下りられないだろう?

あるいは、泰子さんと長女がハシゴから墜落した後に上げたのとしたら、なぜ上げる必要があったのか?

2階踊り場に墜落した泰子さんと長女にとどめを刺す為に邪魔だったのかな?

しかし、そうするとその後の家捜しでロフトを探せないだろう?
事件発覚時のハシゴの状態はどうだったのかな?

| | コメント (36)

2007/01/18

新宿バラバラ事件の謎!その10

続報です。あいかわらず偽装工作の情報です。
1)遺体を運ぶ際に使用した台車や旅行用キャリーケースを殺害後に購入していた。

2)切断前の二日間、遺体は、土を入れて横にした衣装ケースの中に保管していたという。殺害直後、遺体の頭部から大量の血液が流れ出したため培養土を使ったらしい。

3)園芸用の土を大量購入し、遺体切断は土を敷き詰めた衣装ケースの中で行った。
購入した土は合計180リットル

4)殺害した際に大量の血が飛び散ったベッドのマットレスを新潟市の実家に送っていた。

5)逮捕後夫婦の口座には計5万円しか残高がなかったという。

口座に5万円しかなかったと言うがそれも仕方ないだろう。
彼女にとっては、人生の岐路だ。全財産をなげうっても逮捕されたくなかったんだろう。
ずいぶん熱心に証拠隠滅をしたように見えるが、しかしどれもリスクの高い行動だし、その場しのぎって感じだね。

| | コメント (0)

茨城バラバラ事件の謎!その5

続報です。遺体からあらたな情報が出てきたようだ。
1)遺体の切断部には新聞紙と布が詰められていた。

2)新聞は埼玉県内で発行された地元新聞だった。

3)布は白い無地のタオルだった。

4)遺体発見現場は埼玉から5kmほどの地点だった。

偽装か?・・・しかし、それなら身元を全く隠さないのも変だから、偽装ではないだろう。
さて、警察は被害者の身元がまだ分からないのかな?
被害者が全く世間と関わりの無い引きこもりのような生活をしていたのなら別だが、普通の成人男性なら友人や家族がいるのが自然だよな。
そうなら、似顔絵が発表された日に警察に情報が入っていると思う。

今は捜査の真っ最中かな?
容疑者の絞込みと言う所だろうか・・・・

もし、今も身元情報が無いのであれば、その理由を考えなければならないな。
ごめんなさい、調べたら全国から39件の情報が寄せられているようだ。

犯人逮捕に期待です。

参考リンク
茨城バラバラ事件の謎!その4
茨城バラバラ事件の謎!その6

| | コメント (0)

世田谷女性殺害事件の謎!その4

続報です。証拠隠滅計画があったようだね。
殺人容疑で逮捕された同僚の28歳アルバイト店員が、事件の翌朝、現場に放火しようとしていたようだ。

もうコメントする気にもなれないけどな・・・

07/01/20追記
帰宅した被害者を絞殺した後、昼ごろまで室内に居座った。その後、逃走する途中で、手袋をはめていなかったことに気づき、「指紋が残っている」と室内の放火を考えた。
火をつけるためか食用油を購入していたようだ。

容疑者が現場で火をつけようとしていた時、偶然、被害者の家族が訪ねてきて、応答が無い事から管理人さんの所へ鍵を借りに行った隙をついて、部屋から逃亡したようだ。

07/06/30追記
殺人と強姦(ごうかん)致死の罪に問われた、元同僚の28歳被告の判決公判が28日、東京地裁であった。

裁判長は被告に求刑通り無期懲役を言い渡した。

参考リンク
世田谷女性殺害事件の謎!その3

| | コメント (0)

世田谷一家殺人事件再考その62

年末年始で情報を整理していたのですが、警視庁のHPにも書かれているある情報について少々疑問に思っている事があります。
警視庁の事件概要のページこちらの事件当日の情報で

「午後11時前後に、被害者宅から「争う声」がしたのを近所の人が聞いています。」

この「争う声」が疑問の一つです。

それともう一点Wikiのページのその他にある

「別の住民は午後11時30分頃、被害者宅から「ドスン」と言う大きな物音がするのを聞いていた」

この二つの情報が私を悩ませています。

まず、これらを考える前提条件ですが、
A)11時前後の「争う声」は犯人と争う声だと考えています。
B)11時30分頃のドスンと言う音はみきおさんが階段から転落した音か泰子さんがハシゴから墜落した音だろう。

こう考えています。

そこで何を悩んでいるかと言うと
1)ドスンと言う音はなぜ1回なのか?
このドスンと言う音は前提条件のB)の通りならば、2回しているはないのか?
もちろん、聞いた住民が単に聞き逃したのかもしれないけれど、事件当時は現場周辺に家は4世帯しかないんだよね。
偶然、通行人が聞くとは思えない、時間帯などからこの住民は家にいた時に聞いていると思うのが自然だよね。

2)なぜ、「言い争った」のか?
犯人と被害者が言い争う事ってあるのかな?
時間の経過から考えると、言い争った後に殺害していると言う事だと思うんだよね。
金目当ての強盗なら、犯人「金を出せ!」、みきおさん「金はやるから出て行ってくれ」と言う感じかな。
もし顔見知りなら、みきおさん「なぜ、こんな事をする?」、犯人「お前のせいなんだよ」他にも色々妄想はできるけどね。
問題は長時間言い争うような状況ならば、3階の泰子さんが気付くはずだろう?
今考えられているのは階段に血痕があった事からみきおさんは階段の上の方で犯人に襲われていると思う。
話は3階の泰子さんには筒抜けだったのではないかな?

今の所、言い争う声が11時前後、「ドスン」が11時30分頃、数字だけ見れば10分から30分ぐらいの時間があったと言う事になるよね。

ここからはいつもの妄想なんだけどね。疑問をうtまく説明する為の妄想を一つ
1)犯人は最初から家族全員を殺害するつもりで、探し物を盗みに入った。

2)侵入してすぐ、一番近くの部屋にいた長男を殺害する。

3)次に1階に向かう途中でみきおさんと階段で遭遇し、その場で包丁で切りつけ
「アレをだせ!」と脅す、みきおさんは「渡すから殺さないでくれ」と懇願する。
「アレは何処にある、場所を教えろ!」みきおさんは階段を下りて1階の階段脇の引き出しを指差して「この引き出しにある」と答える。

4)場所を知った犯人はこれで「アレ」は手に入ったと思い、最初の予定通り、みきおさんを殺害する。(みきおさんは、大きな声で3階の泰子さんや子供が起きないように、悲鳴はあげられなかった。最初のやりとりだけが大きな声だった。あるいは泰子さんは起きていたが、子供を守る為に息を殺して潜んでいた。)

5)犯人1階、2階に人がいない事を確認し3階に向かい泰子さんと長女を襲う。

6)犯人が2階に下りた隙に逃亡しようとするが、ハシゴから墜落(ドスンの音になる)

7)一家全員を殺害して一息ついた犯人がアレのあるはずの引き出しを見てみると、探していた「アレ」が見つからなかった。
みきおさんは、時間を稼ぐ為に嘘を言っていた。

8)逆上した犯人は遺体を損壊する。「アレがなければ俺はおしまいだ」って感じかな。

9)その後は自分で「アレ」を探す為にあちこちを探しまわった。

10)見つかったか見つからなかったかは不明だが、家捜しの途中で発見した現金を契機に犯人の興味はその後、お金を盗む事に移っていた。

11)最後にキャッシュカードをみつけ、その暗証番号を推理していた。
そこで時間が過ぎてしまう。

実は他にもう一点、どうして風呂場に書類を散乱させたのか?が疑問なんだけどね。
もしかして、「アレ」は水に関係する物なのか?と思ったりしてます。

そのあたりはまた、今度考えてみましょう。

| | コメント (10)

2007/01/15

茨城バラバラ事件の謎!その4

続報です。遺体を包んでいたシートが判明したようだ。
1)遺体を包んでいたのは「黒マルチ」と呼ばれる黒い農業用ビニールシートだった。

2)男性は殺害から数十分以内に切断されたことも判明した。

犯人像については容疑者が逮捕されてから書く事にするが、それ以外についは随時書いていく事にする。

ここまで分かっている情報から殺害の状況を推理すると
A)被害者は雑煮を食べた後、1時間以内に殺害されている。

B)被害者は首をヒモで絞められ窒息死している。

C)殺害の直後(10分以内)に鋭い刃物やのこぎりで胴体を切断されている。

D)遺体は川沿いの土手に黒い農業用シートに包まれて遺棄されていた。

遺体の遺棄現場のニュース映像など見ると、工場の近くで川を挟んだ反対側には交通量の多い県道が通っているようだね。
そして、遺体は土手にそのまま置かれていた。
犯人はどうして、遺体をそのまま放置したのかな?
あの場所では必ずいづれ発見されるだろう?
犯人は例え遺体が発見されても、自分に捜査は及ばないと考えていたのではないか?
被害者や犯人は遺棄現場からかなり遠い場所に住んでいたのではないかな?
(新宿バラバラ事件ではあまり離れていなかったかな、もっとも都市部と田舎では距離感はちょっと違うかな)

それからもう一つ、殺害直後に胴体だけ(今発見されているのはね)を切断する理由は何か?
これがこの事件のポイントかもしれないね。

捜査の進展に期待しましょう。

参考リンク
茨城バラバラ事件の謎!その3
茨城バラバラ事件の謎!その5

| | コメント (0)

新宿バラバラ事件の謎!その9

続報です。容疑者の供述内容です。
1)容疑者は、切断した遺体の胴体部分をキャリアーケースに入れてタクシーに乗り、自宅から約3キロ離れた新宿区内の路上に捨てた。これについて「どこでもよかった」と話している。

2)下半身の遺棄場所に自宅から約300メートルの民家敷地を選んだことについては「木立があって薄暗い場所だから」と話している。以前から場所は知っていいたようだね。

3)頭部はバッグに入れ、自宅近くの小田急線代々木八幡駅から電車で町田市に行き、日暮れ時に公園の植え込みに埋めた。「知っている場所ではない」と話している。

4)殺害直前の状況について昨年12月12日に被害者が帰宅したのは午前4時ごろ。かなり酒に酔った状態で、寝室で就寝中の容疑者を起こしたという。この時、2人は激しい言い争いになり、その後、被害者は、普段から寝場所に使っていたリビングで眠り込んでしまった。容疑者が、被害者の頭部をワインの瓶で何度も殴って殺害したのは、この直後だったと話しているようだ。

こんな所だね。情報は色々出てきていると言う事は容疑者が色々な話をしていると言うことだね。
この様子だと事件の真相にも辿りつけるかもしれないが・・・・
容疑者側だけの証言となると、何かまずそうな気がする、裏付け捜査は慎重にお願いしたいですね。

| | コメント (2)

2007/01/14

世田谷一家殺人事件再考その61

今回はこの事件での性的暴行の可能性について考えてみよう。
私としては、ある面から見たらそれがあっても不思議ではないだろうと思う。
それは、この事件が「快楽殺人」とみればその可能性もあると言う事だね。

この事件では残虐な殺害方法、過度の遺体損壊から快楽殺人説もあったと思う。

まずは肯定する材料から見てみよう。
A-1)残虐な殺害方法、過度の遺体損壊

A-2)殺害後の長期の滞在時間からそれを行う時間は十分にある。

A-3)被害者の中には暴行の対象になりそうな女児、男児、成人女性がいる。

A-4)一家全員が殺害されている為、戦利品などとして持ち去られた物があったかもしれない。(下着など持ち去られていても分からない)

A-5)快楽殺人が目的ならば殺害対象の人間が在宅中を狙ったと考えると不自然ではない。

次に否定する材料を挙げてみよう。
B-1)着衣の乱れや、犯人の体液など性的暴行を連想させる報道が無い。

B-2)警察のプロファイリングの結果が「当時1人ぐらしで、金に困っていた18歳から35歳の男」と言う事(性的暴行があったのなら、異常性向者と言う結果になるのではないか?)

B-3)快楽殺人の特徴と言われる、儀式などの痕跡、事件の戦利品の持ち去りなどが見られない。(年賀状は戦利品にはならないだろう?しかし、家族が全て死亡している為、下着などが持ち去られても把握できないのかもしれない)

B-4)書類を散乱している点など、快楽殺人では説明できない点がある。

とこんな所かな。
この中で私が重視しているのはB-2)です。警察は全ての情報を握っているわけで、現場に性的暴行の痕跡があれば、見逃さないでしょう。
警察は性的暴行は秘密にしなければならないが、嘘の犯人像を発表するわけにもいかない。
犯人を逮捕しなければならないので、犯人像は間違っていないと思います。
この点から、もし性的暴行があったのであれば、犯人像は「異常性向者」と言うキーワードを含んだ物になりそうな気がします。

細かい点では殺害の順番が現在の大筋の見方として長男、みきおさん、最後が泰子さんと長女の順だと仮定すると。

長男を生前に暴行するには抵抗される可能性や騒がれる可能性が高いので、死後の暴行の可能性が高いと思います。
で死後の暴行については、奈良の小1殺害事件が参考になりますが、遺体に特徴的な傷が残っていました。(その傷だけでは性的暴行を連想できないような傷です)
この点で長男の遺体に目立った外傷が無い点が否定する材料のように思えます。

最後にまとめると、今ある情報から見ると性的暴行や快楽殺人については可能性は低いと思います。
しかし、傷口から体液が検出されたと言った情報が出てくれば、可能性は格段に上がると思います。

| | コメント (7)

渋谷短大生バラバラ事件その6

続報です。両親の代理人の話によると、容疑者の進路について、「3浪もしているのだから、そろそろ別の道を探してもよいのではないか?」と言う話を父親が容疑者にしていたようだね。

常識的に考えれば、両親がそう考えてもおかしくないよね。
とは言え、本人の中では気持ちの整理が着かなかったんだろうな。
小さい頃から、歯科医を目指していて、3年も受験を続けているわけだから、ここで止めたら今までの努力は何?と疑問に思ってり、親に見離されたと思っても不思議ではないな。
この言葉は3浪してからではなく、進路を考える時期に話しておけば、結果は違ったかもしれないね。

近いうちに過去のバラバラ事件などについてもまとめてみたいね。

参考リンク
渋谷短大生バラバラ事件その5
渋谷短大生バラバラ事件その7

| | コメント (2)

2007/01/13

新宿バラバラ事件の謎!その8

続報です。隠蔽工作の情報が続々でてくるな。
1)昨年12月22日、自宅リビングルームにあったソファとタンスを粗大ゴミとして処分していたようだ。

2)昨年12月22日、リフォーム業者に壁と床の張り替え工事を電話で申し込んでいたようだ。

3)リフォーム工事は12月29日に実施され。壁紙は張り替えだったが、フローリングは新しいものを古いものの上に敷いたとの事。

4)フローリングをはがしたところ、下から血液反応が確認された。

5)家具類はすでに都が回収し、粉砕処分されていた。

6)容疑者は12月12日、自宅で被害者を殺害。リビングルームにシートを敷いて遺体をのこぎりで切断したと話している。

7)事件後、容疑者は自宅の窓を全開にして生活するなど、殺害後の室内のにおいを気にしていたようだ。これについて訪ねてきた友人に「飼っている犬の出血のにおいがするかもしれない」などと、嘘の話もしていたようだ。

8)昨年末から年始にかけ、被害者の安否を心配する複数の友人らから自宅への訪問を打診された際、「新潟の実家にいる」とウソを言って断っていたようだ。

9)1月4日には、都内の量販店からセメント2袋を購入していたが、その用途は判明していないとの事。

こんな所だね。
しかた無いだろうね、衝動的に殺害したものの、遺体は消えてはくれないし、一人では運ぶ事もできない。
困ったあげくに解体したのは良いが、現場は血だらけなんだからね。
殺人事件の連鎖反応と言う所かな。

あとは彼女が全てを話してくれる事を期待したいね。

| | コメント (0)

茨城バラバラ事件の謎!その3

続報です。被害者の似顔絵が公開されました。
1)司法解剖の結果、男性の胃には、もちや野菜が大量に残っていた。

2)遺体はポリ袋ではなく風呂敷状のシート(長さ2メートル、幅1メートル)に包まれていたことが判明。シートには粘着テープが張られていた。

3)男性は殺害された直後に、鋭利な刃物などで切断された可能性が高いようだ。

4)遺体の似顔絵が公開されました。

こんな所だな。
さて、似顔絵の件だが捜査の動きを推理できるかもしれないね。いつもの妄想だけどさ。
遺体の情報から、性別、年齢、血液型が分かった捜査陣は当然、茨城県内の失踪者リストと照合したと思うんだよね。
ところが、条件が合致する失踪者は見つからなかった。
そこで、隣接する県の県警に捜査を依頼すると共に、似顔絵を公開して一般からの情報を求めている。
と言った所かな・・・・あたりまえの事のようだが、問題はこれからだ。

可能性は二つ考えられるよね。
A)被害者は茨城県内に住んでいたが、捜索願いは出されていない。
B)被害者は県外に住んでいた。

公開された似顔絵から捜査陣に情報が集まっているだろう。

他にも書きたい事はあるが、容疑者が逮捕されてからにするよ。

続報をまちましょう。

参考リンク
茨城バラバラ事件の謎!その2
茨城バラバラ事件の謎!その4

| | コメント (0)

2007/01/12

新宿バラバラ事件の謎!その7

続報です。いろいろな隠蔽工作をしたようだね。
1)殺害後の12/15日午前9時ごろに家出人捜索願を出した。
「12月11日に出勤のため家を出たまま帰らない」と説明。届け出が遅れた理由を聞かれると、夫婦の不和などを持ち出し「これまでも何日か帰宅しないことがあった」と話した。身体的特徴については「大きな病気をしたため胸に手術の跡がある」とうそを言っていたようだ。

2)容疑者の説明では帰宅していないはずの12月12日早朝、自宅マンションの防犯ビデオに被害者が映っていた。

3)捜査本部は切断遺体と被害者の母親のDNA鑑定を極秘に実施し、親子関係とともに身元を確認した。

4)殺害当日には、被害者が帰宅しなかったと伝えたうえで勤務先に出社の有無を電話で問い合わせていた。

5)容疑者は「昨夏、ひどい暴行を受けて殺害を決意した」と話している。
容疑者は05年6月、「夫から暴力を受けた」と目黒区の病院で治療を受けていた。病院の通報を受けて目黒署員が事情を聴いたところ、原因は夫の家庭内暴力だと話したらしい。

6)2人は、結婚半年後の2003年秋ごろから言い争いが絶えず、互いに離婚を口にするようになったようだ。最近は、2人とも正式に離婚の手続きを始めようとしていたらしい。

7)殺害直前、帰宅した被害者と口論になっていたらしい。

8)夫婦にはそれぞれに交際相手がおり、互いに不信感を募らせていたらしい。調べに対し容疑者は「いろいろあったが、彼は一度として本当に謝罪する気持ちをみせなかった」と話しているようだ。

9)遺体発見後に被害者の携帯電話から友人に、「迷惑かけてごめん」とのメールが送られていたことが分かった。被害者の携帯電話は昨年12月12日から電源が切られて通じなくなっていた。ところが今年に入り、複数の友人の携帯電話に「いろいろ迷惑かけてごめんなさい。みんなに合わせる顔がありません」とのメールが届いたらしい。
(どうやらメールで偽装工作をしたようだね)

10)解体について「身元を隠す目的もあった」と話している。

こんな所だな。殺害は衝動的だった。遺体の処分に困り解体して遺棄した。
ここまでくると、もう開き直るしかなかったんだろうね。
必死に出たトコ勝負の偽装をしたんだろうな。

しかし、折角離婚話が進んでいたのなら、何も殺害しなくても良かったと思うのだが・・・
双方に交際相手がいるなら、気持ちは離れているのだから、別れるのも難しくないと思うのだが・・・・
男女の仲は難しいね。

| | コメント (0)

茨城バラバラ事件の謎!その2

続報です。
1)殴られた痕跡や刺し傷がなく、遺体の首に外部から力が加わってできたとみられる皮下出血の跡が見つかったようだ。

2)遺体は、死後2、3日程度経過。切断面の状況から、へそのあたりを鋭利な刃物やのこぎりなどで切断したとみられる。

3)両腕は胴体の前でひも状のもので縛られていた。(死後に縛られた可能性があるようだ)

4)ポリ袋の中や遺棄現場周辺の血痕は少量だった。

5)現場周辺からは他にも二つのポリ袋が見つかっているが、遺体が入った袋より以前に捨てられたとみられ、事件との関連ないと思われる。

6)司法解剖の結果、死因は首を絞めら事による窒息死だった。食後1時間以内に殺害された可能性が高い。

7)血液型はO型と判明。年齢は40~60歳とみられ、髪は3、4センチ程度の短髪で、白髪交じりらしい。

こんな所だね。
手が縛られていたのは体の前で死後の可能性があるようだ。
そうなると、拉致監禁と言うのも可能性は低くなったな。

参考リンク
茨城バラバラ事件の謎!
茨城バラバラ事件の謎!その3

| | コメント (0)

渋谷短大生バラバラ事件その5

続報です。弁護士が記者会見をしたようだ。
弁護士によると
1)容疑者は12月30日午後、木刀で被害者の頭を殴りつけたが、その後も2人で家族や生活態度などについて1時間にわたり話し続けたらしい。

2)被害者は事件直前の12月27日か28日に母親と夕食をめぐり激しい口論をしており、そのことも話したという。
(事件前の昨年12月27日か28日の朝、被害者から「ご飯はいらないから」と言われた母親(57)が、「夕食を外で済ます」と思い、容疑者を含む家族4人で食事を取った。その後、被害者が姿を見せ、「なぜ夕食を知らせてくれなかったのか」と母親と口論になったらしい。)


3)話している間、容疑者は血を流して「寒い」と震える被害者の肩にタオルをかけたが、「夢がないね」の一言で逆上し、タオルで首を絞めたという事らしい。

4)容疑者は被害者について「高慢でヒステリック。恩知らずだった」と話している。

5)事件については「悔やんでも悔やみきれない」と話しているという。

さて、こんな所だが内容に疑問があるな・・・・
特に1)の殺害にいたるまでの経緯が私にはちょっと信じられないんだよね。
理由は簡単なのだが、木刀で頭部を殴られた後、はたして被害者は話し合いなどできる状態だったのだろうか?と言う点だ。

頭部の傷は陥没するほどの傷だったとすると、相当大量に出血していたのではないかな?
頭と言うのは小さい傷でも派手に出血するから、陥没するほどとなると、かなり大量に出血していたと思うんだよね。
さらに、痛みは想像を絶するだろう。
自分の頭から出血した血で体は血まみれ、そんな状況では、私ならまず「救急車を呼んでくれ」と懇願してしまうな。

もし、この通りだとしたら、容疑者は救急車を呼ぶことができたかな?
救急車を呼べば、自分の犯行が発覚してしまうからね。
頭部の陥没が生前の物なのか?興味のある所だね。

さて、最後になるが、週間新潮買いました・・・・立ち読みでよかったかもな
記事の賞味期限が切れるまで詳細を書くのは控えます。
とりあえず、私が気になった点をメモしておく
A)両親は2軒のデンタルクリニックを経営しており、容疑者は2軒目を継ぐ予定だった。

B)容疑者は大晦日から12日の予定で受験強化合宿に参加していた。
この時、被害者の下着を持ち込んでいたらしい。

A)については長男がいるからムリして歯科医にならなくてもよいのでは?と思っていたのだが、環境は整っていたんだね。

B)この点は性的な物を連想するのだが・・・
容疑者も21歳の男性だからね、そんな事があっても不思議ではないと思うが・・・
これだけではまだ、情報不足だな。

続報を待ちましょう。

しかし、最近は弁護士が記者会見をするのが流行りなのかな?

参考リンク
渋谷短大生バラバラ事件その4
渋谷短大生バラバラ事件その6

| | コメント (0)

2007/01/11

新宿バラバラ事件の謎!その6

続報です。容疑者の供述が出てきました。
1)犯行について「一刻も早く目の前から取り去ってしまいたいと思った」と話しているようだ。

2)容疑者は、遺体を遺棄した後の昨年12月下旬には、床や壁紙を張り替えるなど自宅の大掛かりなリフォームをしており、隠蔽工作の可能性があるようだ。

3)発見された頭部は、容疑者がワインの瓶で殴って殺害した際にできたとみられる陥没の跡が確認されたとの事。

4)解体した理由として「1人で運ぶには想像以上に重かった」などと話しているようだ。

5)発見されていない遺体の両手首については「生ゴミと一緒に捨てた」と話しているようだ。

6)殺害から2日後の12月14日に切断に使ったのこぎりとゴミ袋、スコップを購入。
自宅のリビングルームで切断した。
12月15日夜から16日未明にかけ、新宿区の路上でゴミ袋に入れた胴体を、渋谷区の民家敷地で下半身を捨てた。
さらに同17日ごろ、町田市の公園でスコップを使い、頭部を埋めたらしい。
これらの道具を殺害後に用意していることから、殺害は衝動的だったようだ。

| | コメント (0)

茨城バラバラ事件の謎!

1月11日午後2時頃、茨城県坂東市矢作の矢作川河川敷で「川の土手に黒の袋があり、中に人肌のようなものが見える」と近くの食品工場の会社員から通報があった。

ごみ袋とみられる黒色のポリ袋に、切断された成人男性の裸の上半身が入っていた。

1)袋は市道から約2~3メートル下った土手の斜面上にあった。

2)遺体は頭部から腰までで、両手が縛られ下半身は切断されていた。

3)死後数日が経過していると見られ、目立った外傷は確認されなかったようだ。

4)遺体は裸だった。

5)身元は不明で30~60歳とみられる。

6)中肉で白髪交じりの短髪、無精ひげにも白いものが交じっているようだ。

7)遺体はへそから上で切断され内臓が出ないように、切断面には布か紙のような物が詰められているらしい。

8)袋の上部は縛られていたが、穴が開いていて遺体が見えたらしい。袋には粘着テープがついていたようだ。

9)現場は利根川の芽吹大橋から北東約1キロにある田園地帯。市道は行き止まりになっている。
発見現場は県道の橋から約50メートル離れた土手の上で、食品工場に通じる道路脇の草むらの中。周囲を高さ1メートル以上のススキで囲まれており、道路からは見えにくい場所のようだ。

10)現場近くで、遺体が入っていたのと同じような袋が2個、閉じられた状態で見つかり、警察が調べている。

さてこんな所なのだが、この事件はちょっと変だね。
2)の内容が気になるよ。他の事件でも書いたが、バラバラにする目的は身元を隠す為か運搬しやすいようにする為なのだが、この事件ではどうやら、上半身と下半身の2分割ぐらいしかしてないようだ。
しかも、切断しているのが胴体だからね。
手間が掛かる部分で切断している、それでいて内蔵が出ないように細工するなど妙な感じだよ。

そして、両手が縛られているのも妙だね。拉致監禁した上で殺害していると言う事だろうな。そうすると、衝動的な事件ではないような気がするが・・・
死因は何かな?

続報を待ちましょう。

参考リンク
茨城バラバラ事件の謎!その2

| | コメント (0)

新宿バラバラ事件の謎!その5

続報です。遺体の身元が判明しその妻が逮捕されたようです。
1)遺体の身元は渋谷区富ケ谷1の外資系証券会社30歳男性社員と特定した。

2)32歳の妻が遺体遺棄容疑で逮捕された。

3)夫を殺害後、のこぎりで遺体を切断し、新宿と渋谷に捨てた。口論が絶えず、暴力をふるわれていた」と話しているらしい。
渋谷区の雑貨店でのこぎりなどを買い、自宅で遺体を切断したらしい。

4)帰宅した夫の頭をワインの瓶で殴り殺害したと殺害を認める話もしているようだ。

2007/1/11追記(以下の5,6,7)
5)容疑者の供述に基づき町田市原町田4の公園で見つかっていなかった被害者の頭部を発見した。

6)切断した遺体について「胴体は旅行用キャリアーケースに入れ、タクシーで捨てに行った。下半身は同じケースに入れて台車で運んだ。頭部は電車で運び、町田市の公園に穴を掘って埋めた」と話している。

7)2人は03年3月に結婚し、マンションで2人暮らし。「結婚半年後から口論するようになり、生き方が合わなかった。夫から自分を否定することを言われ、暴行も受けたことから殺意を抱いた」と動機を話しているようだ。

こんな所だね、最初に発見されたのが新宿だったので、もっと別の組織犯罪などを考えていたのだが、(私の中の)セオリー通りの展開だったか・・・
下半身を近くに捨てて、上半身は離れた新宿に捨てたのかな?
詳細は続報を待つ事にしましょう。

| | コメント (1)

渋谷短大生バラバラ事件その4

今回は週間文春での特集記事について書いてみる。しかし、記事の賞味期限が切れるまでは詳細を書くのは控えます。
とりあえず、私の気になった点だけをメモしておきます。記事が読みたい方は週間文春を購入するなり、立ち読みするなりしてください。

1)高校時代の容疑者は成績が良くなかったようだ。宿題もやらず遅刻も多かったようだ。
 私としてはこの情報は重要な項目だと思っています。進学を考える時期に彼は成績が良くなかった。歯学部に進学したいと言う彼の希望と実際の彼の成績はかなり離れていたと言う事だろうな。
それでも、彼は希望に向かって3浪したわけだ。彼はこの年末年始はどんな気持ちでいたのかな?

2)遺体の解体は頭部、両肩、股関節、大腿部など間接部分を中心に15の部分に解体したようだ。
 この情報も欲しいと思っていた。15と言う数字は首が1箇所で他の部分は左右対称に7箇所ずつと言う事だろう。
ここまでの情報では、首(1)、手首(2)、肘(2)、足首(2)、膝(2)、肩(2)、股関節(2)ここまでの合計が13箇所、残り2箇所が分からないな。
胸(2)を加えて15なのかな?

2007/1/11追記
勘違いしてますね、切断個所の数ではなく、分割された数が15ですね。
頭部(1)、上半身(1)、下半身(1)、手首(2)、肘(2)、肩(2)、足首(2)、すね(2)、太もも(2)で計15と言う事だね。

それから、週間新潮の特集も読むつもりです。

参考リンク
渋谷短大生バラバラ事件その3
渋谷短大生バラバラ事件その5

| | コメント (0)

2007/01/10

渋谷短大生バラバラ事件その3

今回は私がこの事件に対して疑問に思う事をメモして置きます。
まずは続報です。
1)事件前、被害者は家庭での言葉遣いや態度について、両親に厳しくしっ責されていたようだ。
被害者が短大に通いながらタレントを目指していたことについて、両親は容認していたが、事件直前、被害者の家庭内での態度や言葉遣いを巡り、両親が「なぜ親や兄たちの立場をもっと考えられないのか」などとしかり、言い争いになっていたらしい。

2)被害者は事件の数日前、友人に対して「家庭の中で大きなトラブルが起きている」と話していたらしい。

3)死因について、頭部を木刀で殴打したが致命傷にならず、タオルで首をしめ、浴槽に沈めて窒息死させたとの見方が強いようだ。

4)容疑者は大学歯学部を目指し3浪中で「『受験生なんだから』と言われ続けていた」と話しており生活面などで強い制約を感じていたらしい。

5)Nステの報道では被害者は容疑者から日常的な暴力を受けていたらしいとの情報もあるが、他のメディアでは報道されていないので信憑性に難あり。

さて、こんな所かな。
世間では家族が家族を殺害して遺体をバラバラにした事をショッキングに受けとめている方も多いかもしれないが、私は家族が家族を殺害して遺体をバラバラにする事については違和感を感じていないんだよね。

ここ数年はバラバラ事件も頻発しているせいもあるけど、10年以上も昔の事件だと「バラバラ事件は親しい人間を疑え」と言うのが捜査のセオリーだったりする。
そんな意味でこの点には違和感は無いのだが、それ以外の点には少々違和感と言うか疑問があるんだよな。列挙すると

A)遺体の解体が細かすぎる点
 以前にも書いたけど、遺体を解体する目的は遺棄する場合に都合よく運搬する為だったり、遺体の身元を隠す為と言うのがセオリーだよね。
その方向から見ると、この事件では解体が細かすぎるし、頭髪や胸、足首などはどちらの目的にも合致しないと思う。

その意味では、解体には別の目的があったのではないか?もしかすると、解体自体が目的だったのではないか?とさえ思えてくる。

B)容疑者の行動に一貫性が無い点
 犯行に使った木刀や包丁などを洗剤で洗い、返り血を浴びた衣服も洗濯している。廊下の血痕などもふき取っている点は入念な犯行の隠蔽工作のように見えるよね。
ところが、肝心の遺体はビニール袋に詰めただけで、部屋に放置している。
氷で冷やしたり、家人に臭うかもと話したりしてはいるが、どうみてもおかしいよね。
この点がどうも矛盾というか、一貫性が無い行動に見える。
容疑者はもしかすると、家族は警察に通報しないのではないか?と考えていたのかなとも思うぐらいだ。あるいはメンタルに問題があるのか?とも思える。

今のところ、この2点が私の疑問な点です。

参考リンク
渋谷短大生バラバラ事件その2
渋谷短大生バラバラ事件その4

| | コメント (3)

2007/01/09

世田谷一家殺人事件再考その60

予想以上にいろいろな意見や推理が出てきたところで、一度整理したいと思います。
一つに絞ると言うのではなく、色々な意見や推理を掲載しようと思います。多くの推理を掲載する事で情報発掘の効果も出てくるかもしれません。

とりあえず、細かい事まで掘り下げると書くのが難しくなると思いますので、大雑把にポイントを絞って書いて頂きたいと思います。

ポイントとしては
1)動機あるいは犯人像
2)家族全員を殺害した理由
3)書類を物色した理由
4)PCを操作した理由
5)長時間現場に留まった理由
6)現金を盗んだ理由
7)この説のポイントや弱い所など
このあたりかな?(他にこれは外せないと言うのがあればコメントください)

特に期限は決めないので、思いついた時書いてください。整理して別ページに掲載したいと思います。

| | コメント (47)

2007/01/06

世田谷一家殺人事件再考その59

続報です。
現場に長女にいなちゃんの血が付着したティッシュが落ちていたことがわかった。母親の泰子さんが自らも負傷しながら、にいなさんを介抱するのに使ったとみられる。

ティッシュが発見された場所が不明だけど、3階のロフトで襲われて2人は負傷したと思われますから、3階で一度現場を犯人が離れた時に手当てしたんでしょうね。

持参した柳刃包丁が折れたので代わりの文化包丁をキッチンに取りに行っている時だったんじゃないかな?

| | コメント (42)

渋谷短大生バラバラ事件その2

続報です。殺害の状況が分かってきました。
1)容疑者が被害者になじられた後、被害者は3階の洗面所で顔を洗っている所を容疑者に木刀で数回殴られていた。

2)被害者になじられた後に容疑者は自室でひもや木刀などの凶器を準備していたらしい。

3)被害者の遺体は頭髪、胸、下腹部が切り取られていたようだ。

4)切り取った胸部などは「流し台のディスポーザー(生ごみ処理機)で処分した」と話しているようだ。

5)遺体はほとんどが関節部分で切断されていたが、胸部と下腹部が切り取られていた。また、頭髪は短く切られていたとの事。

6)切断した遺体を「後で捨てるつもりだった」と話している。切断に使ったのこぎりと文化包丁は洗い、返り血を浴びた着衣は洗濯したらしい。

7)殺害状況については「頭を殴ったが、気絶した後で起き上がったので首を絞めた」と話している。

8)自宅2階廊下の床などに付着した血痕をふき取っていたらしい、遺体を切断したとみられる風呂場からも、血液反応はほとんど出なかったようだ。

だいぶ、殺害の状況が分かってきたね。
頭部が陥没するほどの傷なので、最初から殺害するつもりで頭部を殴ったんだろうね。
それと、もう一つは解体の様子が通常のバラバラ事件とは違いますね。
普通のバラバラ事件では持ち運ぶ事や身元を隠す事を目的にしているだけど、今回は頭髪や胸、下腹部などおよそそれらと関係の無い部分も解体している。

性別の象徴を切り取って遺体の性別を隠そうと言う意図かもしれないが、歯学部を目指す彼ならば、当然DNAから性別が分かる事は知っていたはずでしょ?
さらに指紋などが削られたと言う事も報道されていないので、身元を隠そうとしたと言うのもなさそうだし。

私が思うに、怒りや嫉妬などを晴らす為だったのではないかな?
被害者の女性のシンボルを切り取り損壊する事で被害者により屈辱を与えたいと言う事だったのではないだろうか?
それだけ激しい感情が彼の中に渦巻いていたんだろうね。

奈良の母子放火殺害事件もそうだけど、家族の中でも加害者の心の中を他の家族が誰も気付かなかった事が事件の原因だと思うね。
この事件でも「家は長男が継ぐから、おまえは好きな道に進め」と一言あれば、この事件は起きなかったと思うのだが・・・・

容疑者はいろいろな事を話しているので、事件の全容も解明されるでしょう。
続報を待ちましょう。

参考リンク
渋谷短大生バラバラ事件
渋谷短大生バラバラ事件その3

| | コメント (2)

2007/01/05

長野女性変死事件の謎!その7

続報です。指名手配されていた男性が逮捕されました。
死体遺棄容疑で指名手配していた元交際相手で住所不定、41歳元暴力団組員を神戸市内で逮捕した。

調べによると、容疑者は昨年11月25日未明~28日昼ごろ、被害者の遺体をレンタカーで運び、松本市安曇の林道わきに捨てた疑い。容疑者は「知らない」と否認しているらしい。

1月4日夜、兵庫県警が容疑者の車を神戸市内で発見、5日になって現れた容疑者を捜査員が取り押さえたとの事。

さて、やっと逮捕されたね。
しかし、この報道で気になる事がある。容疑者は自分の車を持っていたらしいと言う点だけどね。
被害者は自分でレンタカーを契約している。もし、2人がデートするつもりなら、男性の車を使うのではないかな?
最初から殺害する事を計画していたのなら、自分の車を使って証拠や目撃証言を残すよりも被害者にレンタカーを借りさせ、それを使った方が都合が良いよね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
長野女性変死事件の謎!その6
長野女性変死事件の謎!その8

| | コメント (0)

渋谷短大生バラバラ事件

1月3日午後9時ごろ、東京都渋谷区の62歳歯科医師方の3階の1室で、短大生の20歳長女の切断された遺体が見つかり、歯科医師が警視庁代々木署に届ける事件が発生した。

遺体は十数カ所に解体されており黒と透明の3つのポリ袋に分けて入れられ、袋の口を縛ってクローゼット近くに置かれていた。刃物で切断されたとみられ、着衣はなかった。3日夜、57歳母親が室内の異臭に気付き、発見した。

被害者宅は、被害者と両親のほか、大学生の23歳長男と二男の5人暮らしだった。
祖父と両親は歯科医師。長男も都内の有名私大の歯学部に在学。
被害者は短大に通いながら映画や舞台に出演していたようだ。

母親と長男は12月30日午後3時ごろ、東北地方の帰省先に向かった。その際、被害者は母親とインターホン越しに会話したが、その後の消息は分かっていない。12月31日午後には二男が予備校合宿のため、神奈川県に出発。12月31日深夜に父親も遅れて帰省した。被害者は外泊する事もあり、異常には気付かなかった。

両親と長男が自宅に戻った1月2日深夜には、玄関や窓は施錠されており、物色された形跡もなかったという。

そしてこの事件で逮捕されたのが、21歳の二男だった。
もともと被害者の長女(容疑者からみると妹)とは折り合いが悪く、「妹と仲が悪くなり、家の中でも避け、この3年は話をすることもなくなった」と話しているようだ。
「被害者がテレビを見ている居間に行った時、なじるような言葉をかけられた」のが直接のきっかけのようだね。

被害者の言葉について容疑者は「一生懸命勉強しているのに、いくら勉強してもだめだという意味に受け止めた」と話しているらしい。

司法解剖の結果、遺体には、首を絞められた際に生ずる所見がみられ、肺には水が含まれていることが分かった。このことから、絞殺や、浴槽に沈められたことによる溺死の可能性が考えられる。
被害者の頭部は一部陥没するほどの傷が残っていたほか、顔にも数回殴られた跡があり、両目には首を絞められた際に出来る出血が見られた。肺からは、生前に大量の水が入った形跡も確認されており、亜澄さんは激しい暴行を繰り返し受けたり、水に沈められたりした結果、死亡したとみられる。

遺体の切断に使ったのこぎりと文化包丁について容疑者は「洗って血を流した」と話している。のこぎりは自分の部屋に、包丁は台所にあったもので、遺体の切断後、それぞれの保管場所に戻したと話しているらしい。
犯行後、父親に「サメが死んだのでにおいがするかも」と話していた。

容疑者の卒業した高校の関係者の話では容疑者は2歳年上の兄が在籍する系列大学の歯学部への進学を希望していたようだ。容疑者は3浪中だった。

今の所分かっているのはこのぐらいだね。
さて、この事件だけど、本人は相当精神的に追い詰められていただろうな。
3浪中、今年ダメならストレートで入学した人たちは卒業する年齢(2007/1/10訂正、歯学部は最低就業年数は6年です)だし、家族は絵に書いたようなエリートだもんな。
被害者も映画や舞台に出演するなど充実した生活を送っていたようだし。

いづれにしても、精神的に追い詰められている人間には、例え家族や仲の良い友人でも迂闊な言動は避けるべきだな。
遺体の状況からみて、相当酷い暴行を受けたようだし、不用意な言葉に逆上して感情が爆発してしまったようだね。
しかも、遺体を10個所以上に解体しているのは単に遺体の処理に困ったと言うだけではないかもしれない。

そして、遺体をポリ袋に詰めて口を縛っただけで、部屋に放置しているのも理解できないな。
予備校生で講義がある為に遺棄する時間が無かったのかもしれないけど、部屋から異臭がしたら、やはり処分しようと思うのが主婦だと思う。被害者は成人女性だから40kg程度は重さがあるだろう。不審に思えば中を見るだろうな。

続報を待ちましょう。

参考リンク
渋谷短大生バラバラ事件その2

| | コメント (4)

2007/01/04

世田谷一家殺人事件再考その58

今回は犯人の侵入経路と犯行時刻について考えてみたい。
被害者宅の見取り図警視庁HP(被害者宅の写真)を参照してほしい。

被害社宅へ侵入する経路を挙げると
1-1)1階玄関
1-2)1階玄関脇の上下スライド式の窓
1-3)1階ガレージ側の窓
1-4)1階机側の窓
1-5)1階机側の玄関側窓
2-1)2階正面玄関上の出窓
2-2)2階ベランダ側の窓
2-3)2階リビングの窓その1
2-4)2階リビングの窓その2
2-5)2階キッチンの窓
2-6)2階トイレ側納戸の窓
2-7)2階トイレの窓
2-8)2階トイレ前の窓
2-9)2階風呂場の窓
3-1)3階ハシゴ側の窓
3-2)3階ベッド側の窓

ここから、侵入可能な窓を絞り込んでいくと
まず1階の状況ですが警視庁HPの写真や雑誌(週刊現代、実話ナックルズ)に掲載された写真を見ると。
・1階机側の2枚の窓(1-4と1-5)は格子があって侵入できない。(雑誌写真)
・1階ガレージ側の窓はベランダの支柱が邪魔で侵入できない。
・1階正面玄関側の窓は上下スライド式の窓でガラスを大きく割らないと侵入は難しい

つまり1階からは玄関の合鍵を持っていないと実際の侵入は難しいと思います。
次に3階に飛びますが、3階はその高さから侵入するには足場が無く、侵入はムリだと思います。

で残るのが2階ですが
2-1)2階正面玄関上の出窓(足場が無く侵入できない)
2-2)2階ベランダ側の窓  (ガレージの車を台にすれば侵入可能)
2-3)2階リビングの窓その1(ブロック塀を足場にしても侵入は難しい)
2-4)2階リビングの窓その2(ブロック塀を足場にしても侵入は難しい)
2-5)2階キッチンの窓    (条件付で可能性はあるかも)
2-6)2階トイレ側納戸の窓 (フェンスを足場にしても高すぎて侵入できない)
2-7)2階トイレの窓     (フェンスを足場にしても侵入は難しい)
2-8)2階トイレ前の窓    (フェンスを足場にしても侵入は難しい)
2-9)2階風呂場の窓    (実際の侵入路、湯沸かし器の室外機を足場にする)

実際の侵入路である風呂場の窓以外にもベランダの窓からも侵入は可能だと思う。
ただし、鍵が掛かっている場合には窓を割らなければならないけどね。

もう一つ2階のキッチンの窓の鍵が開いていれば、侵入できたかもしれない。
ここは、ブロック塀の上にのり、エアコンの室外機を足場にすれば、非常に難しいとは思うが可能性はゼロでは無いと思う。
ただし、事件当時1階にはみきおさんが居たわけで、窓の外で物音がすれば不審者に気付く可能性は高いと思う。

その意味では2階の風呂場側の窓は1階のみきおさんから一番遠い場所になるな。

侵入するだけなら2階のベランダからも侵入可能だろうね。
ただし、車のボンネットや屋根に乗った時に音がする可能性が高いので、そのあたりを避けた可能性もある。
また、2階のベランダ側の部屋には礼君が寝ていたわけで、物音に子供が起きてしまう可能性を避けたとも思える。
でも、それは家族が何時何処にいるかを犯人が知っていた場合だよな。
最初から殺害するつもりならば、気にする必要も無いと思うが・・・

普通に考えればより侵入の簡単なベランダから侵入しそうな気がするね。
多分、犯行時は礼君が寝ていた部屋は真っ暗かベビー球の明るさぐらいしかなかったと思う。子供が寝る時に照明を明るく点けているとは思えないんだよね。
もっとも、子供が暗闇を怖がるので照明を点けたままにしていた可能性もあるけどね。

このあたりを考えると、犯人は音を立てて家人に気付かれる事を嫌ったのだろうか?と言う疑問も浮かんでくるね。
最初から殺害するつもりなら、気にする必要もないと思うが、この犯人の場合は衣類を畳んだり、アイスのカップを重ねたりと几帳面な面もあるので、犯人の性格とも思える。

最後に犯行時刻だけど、私は昼間、家人が留守中に侵入しても何かを盗むだけなら可能だと考えていました。
しかし、侵入経路の2階の風呂場は公園側から丸見えだし、ベランダ側は通りに面している上に隣家の玄関の横になるので、どちらの場合も難しいだろうね。
つまり、「侵入は人目につかない夜しかなかった」と言う事だろうな。
その意味では、犯人は玄関の合鍵を持っていなかったと言う点は言えるかもしれない。
玄関なら昼間でも侵入は可能だと思う。

そして、家人が起きている時を選んだ理由だけど、家族全員が寝静まった深夜では逆に侵入時の物音が気になると犯人は考えたのかもしれない。
ますます、犯人が神経質で几帳面な人間に思えてくるのだが・・・・
しかし、実際には大胆で残虐な殺害方法をとっている。
この2面性が犯人に繋がるヒントになるかな?

| | コメント (14)

2007/01/02

遺留品と持ち去られた物

この事件で現場に残された遺留品と現場から持ち去られたと思われる物をリストアップしてみました。

遺留品

品名 サイズ 備考
トレーナー Lサイズ 身ごろ部分が薄い灰色(洗濯を繰り返した痕跡があり、色あせクリーム色に見える)、両袖と丸首が紫色のラグラン袖。綿製、
都内では京王線沿線のカジュアル専門店でしか販売していなかった。
帽子 灰色、毛糸織り、黒色ライン入り
ヒップバック 26×20×11 深緑色、ふた付き、内側には20個所以上の刃物によると思われる傷があった。
マフラー 緑色地、赤と橙色の格子模様
手袋 フリーサイズ 黒色、5本指
ジャンパー Lサイズ 黒色
スニーカーの足跡 28cm 韓国製スラセンジャー
ハンカチ 45cm角 黒色、2枚、無印良品、1枚は切れ込みがあり包丁の柄を包んでいたと思われる。もう1枚は3角に折られて、マスクやバンダナとして使用したと思われる。結び目や犯人の血液も付着していた。また刃物によると思われる多数の傷もあった。
柳葉包丁 刃渡り21cm
推定全長約30cm
関孫六 銀寿、メーカー希望価格¥3420、犯行で刃は欠けていた。
香水 フランス製 「ドラッカーノアール」、凶器を包んでいたハンカチについていた
指紋 渦状紋
血液 A型
ジャンパーの砂 ジャンパーのポケットから三浦半島の砂、枯葉、飼料を食べていた鳥の糞
ヒップバックの中の物質 カリフォルニアの砂(当初ラスベガスの砂漠の砂と言われていた)、三浦半島の砂、微小なガラス球(印刷機の汚れ防止用フィルムに使用する)、チタン酸バリウム、1億4000年前のモナザイト、金属シリコン、ニッケル、銅の細かい粒
ヒップバックの表面 ヒップバックの表面に硬水に溶けやすい洗剤の成分が検出された。

持ち去られた物

品名 備考
トレーナー デサント製トレーナー
現金 20万円(塾の授業料)
年賀状 2000年の一家へ宛てた年賀状が見つかっていない。前年までの数年分の年賀状は残っていた。

・柳刃包丁については当初報道では7千円の価格で報道された時もある。
・衣類はきちんと畳まれていた。
・血液からはタバコや酒の成分は検出されなかった。

| | コメント (14)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »