« 茨城バラバラ事件の謎!その6 | トップページ | 世田谷一家殺人事件再考その66 »

2007/01/26

茨城バラバラ事件の謎!その7

続報です。予想通り下半身と上半身は同一人物と断定されたようです。

1)司法解剖とDNA鑑定の結果、遺伝子情報や切断面が一致した。

2)遺体は50歳前後で、上半身と下半身は鋭利な刃物で切断されていた。血液型はO型で身長約175センチ、盲腸の手術痕があった。

3)死後約2週間

4)目立った外傷はない。

5)下半身の発見現場の足元付近には血痕のついた黒いビニールシートがあった。

こんな所だね。
死後2週間と言うのは24日に下半身が発見された日から2週間だろうね。
そうすると、1/10ぐらいと言う事だね。
上半身は1/11に発見されているので、上半身は遺棄後1日程度で発見されたと言う事だろうね。
1/10(水)、前後1日ずれても1/9(火)、1/11(木)いずれにしても平日だね。

死亡が食後1時間ぐらいだから、死亡時刻はほぼ3パターンだよね。
A)朝食後、8時から9時ごろだろうね。
B)昼食後、13時から14時ごろだろうね。
C)夕食後、19時から21時ごろかな。

他の情報とあわせて考えると、いろいろ想像できるけど・・・・

やはり問題は未だに被害者の身元が分からない事だね。
似顔絵を公開してしばらくたつよな。
13日に公開しているからもう2週間ほど経つ。

被害者が日本国内に住んでいて、社会と関わりをもって生活していたのなら、何らかの反応があるはずだ。
警察は身元を掴んでいないのか?それとも、身元を掴んでいて発表していないのか?
どちらかな。

犯人逮捕に期待です。

参考リンク
茨城バラバラ事件の謎!その6
茨城バラバラ事件の謎!その8

|

« 茨城バラバラ事件の謎!その6 | トップページ | 世田谷一家殺人事件再考その66 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茨城バラバラ事件の謎!その6 | トップページ | 世田谷一家殺人事件再考その66 »