« 埼玉夫婦殺害事件の謎! | トップページ | 埼玉夫婦殺害事件の謎!その2 »

2007/02/23

鹿児島公選法違反事件の謎!

平成15年に鹿児島で起きた公選法違反事件で今日、被告12人全員に無罪の判決がだされた。

事件の概要はこうだ。
平成15年の鹿児島県議選で公選法違反(買収)の罪に問われた同県志布志市の元県議、61歳男性やその妻、被買収側の住民ら計12被告の判決で、鹿児島地裁は23日、全員に無罪(求刑懲役1年10月~6月)を言い渡した。

裁判長は「客観的証拠は全くなく、買収資金の原資も解明されていない」と指摘。「7世帯しかない山間部の小集落で複数回の買収会合を開き、多額の現金を配って選挙運動をすることの実効性には疑問がある」と、検察側が主張した事件の存在そのものを事実上否定した。

4回の会合が開かれたと自白した6被告の供述調書については「実際には存在しなかったと考えられる会合が、さもあったかのように具体的、迫真的に表現されている」と信用性を否定。
その上で「長時間の取り調べの末、捜査官の強圧的な誘導に迎合した結果、供述した」と結論付けたとの事。

12人のうち7人は一貫して否認。捜査段階で自白調書に署名した被告はそれぞれ「警察の筋書き通りの自白を強いられた」と公判で否認に転じ、自白調書の任意性や信用性が争点となっていた。

検察側は元県議が15年2月から3月、妻58歳らと志布志市の集落で4回の会合を開き、住民らに計191万円を渡して票の取りまとめを依頼したと主張。弁護側は「買収会合は開かれておらず、事件は県警と検察のでっち上げだ」と反論した。

事件をめぐっては、元県議の親族で別の買収容疑で逮捕された後、不起訴処分になった61歳男性が「家族の名前を書いた紙を踏ませられた」と訴えた訴訟で、鹿児島地裁が1月、暴力的に自白を迫った違法性を認定し、県に60万円の支払いを命じている。ほかにも男女8人が「うその自白を強要された」と提訴し、審理中だと言う。

さて、判決の通りなら冤罪どころか事件その物が捏造されたような印象すら浮かんでくるね。

捜査員も検察官も人間なので間違いはあるかもしれないのだが・・・ちと事件の構図に問題があるような気がするんだよね。

私が疑問な点は幾つかあるのだが
1)事件を捜査するきっかけは何だったのか?
当然、警察は事件の情報を受けて捜査を開始したはずなんだよね。その情報はどこからきたのか?

2)現場の捜査員はなぜ、強引な捜査をしたのか?
渡したと言われる現金の出所、元県議のアリバイ、そもそも7世帯しかない場所での買収など事件性を考えると疑問な点は幾らでもあったはずだよね。
そんな中で自白強要なんて、捜査員は1人ではなかったはずなんだけどね。

3)検察官はなぜ、事件を見抜けなかったのか?
2)にも関連するんだけど、そもそも証拠が自白のみで補強証拠もないなのだから不起訴処分にもできたはずだよね。

今の段階ではなんとも言えないがどこかに作為や策謀はなかったのか?と言うのが大きな疑問だね。
今後の報道に期待しましょう。

07/03/08追記
鹿児島地検は8日、「地裁が認定したアリバイを覆すのは困難」として控訴を断念することを正式に発表した。

記者会見した次席検事は当時の捜査のずさんさを認めたうえで、被告側に「長期間拘束したことを申し訳なく思う」と謝罪したようだ。判決は10日に確定するとの事。

検察当局は当時の担当検事に対し、「(県警への)チェック機能を果たせなかった」として異例の指導を行う。また、県警も捜査を指揮した警部(56)ら2人を8日付で厳重注意処分とした。

4年間の苦痛がただの厳重注意処分だけでは、納得できないだろうな。

|

« 埼玉夫婦殺害事件の謎! | トップページ | 埼玉夫婦殺害事件の謎!その2 »

コメント

曽於郡区 【定数 : 3 】投票率 : 72.72%
17196 自民 現
16472 自民 現
13312 無所属 新
11205 自民 現

これが当時の結果ですね。この県はどうなのかわかりませんが、
田舎町の選挙は都会のそれとは違って生活そのもので、
記名投票同然の背景があるでしょうし、そうなると命がけで・・

この県は年上や目上の者にたてつくことをよしとしない気風が残っているのでしょうか。
それならそれだけに上のものの思考行動は大切でしょうね。

近年、田舎へ移住して農業やボランティアの真似事をやりながら
人生を全う希望の人々が増えている(地方の陰謀?)ようですが、
なかなかねえ・・・

投稿: ナガイ | 2007/02/25 10:56

私は何か県警と地検に圧力があったのではないかと思っています。
このあたりは今後の報道に期待したいのですが・・・

投稿: ASKA | 2007/02/25 12:39

こんにちは!

>県警と地検に圧力があったのではないか

同意見です。が

>今後の報道に期待

所謂「国策捜査」の一環としての圧力であれば、我々一般市民には
事実が明かされることの無いまま・・となりそうな気がします。

投稿: ROM専 | 2007/02/26 15:59

撤回です。

対抗する政党が推す候補が立っているわけでもないですし、土地的
に国策とつながる妙味さも見えません。

自分のは誇大妄想ですね。

投稿: ROM専 | 2007/03/01 08:55

この事件には関わりないことですが、
田舎町の選挙には金の受け渡しの噂が絶えませんね。
弁当を貰ったら現金も入っていたとか。
田んぼの畦の水路に現金が入ったウイスキー壜が置かれていたとか。

それが、少額も少額です。千円だとか、せいぜい5千円程度の話。
1円を嗤うつもりは毛頭ありません。卑しいことを言いますが、
ぼくも一度ぐらい貰ってみたいものだとも内心思っています。

そんな少額をなぜギャング映画みたいにやりとりするんでしょうか。
それは多少は挨拶や土産は礼儀だという風習もあるとは思うのですが、
共犯意識で固めたいという意識もあると思うのです。
そんなことなら地元出身の警察官は百どころか千も承知でしょう。
にも関わらず、万円の単位で配ったことを原因とする奇想天外の事件構想。
この誤謬はどこから来ているのかをこくりこくりと考えるこの頃です。


投稿: ナガイ | 2007/03/02 17:46

そうですね、この事件で「得をする人間」とか「メリットがある人間」はごく限られているはずだと思うのですが・・・
6万円と言うのは確かに高額ですね。
6万円を更に分配して票を集めて欲しいと言う話を捏造しようとしたのかな?
でも、集落が7世帯ぐらいしかない所のはずだから、数が合いませんよね。

投稿: ASKA | 2007/03/02 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 埼玉夫婦殺害事件の謎! | トップページ | 埼玉夫婦殺害事件の謎!その2 »