« 杉並親子殺害事件の謎!その5 | トップページ | 茨城バラバラ事件の謎!その9 »

2007/02/18

杉並親子殺害事件の謎!その6

続報です。
1)容疑者は「(犯行は)どの家でもよかった」と話しているようだ。

2)容疑者の自宅からは血の付いたナイフが見つかっているが、凶器は被害者宅のナイフを使用し、自分のナイフは犯行に使用しなかったと話しているらしい。

3)事件後も行きつけのゲームセンターに通い詰めていたらしい。

4)容疑者は1年ほど前から、最寄りのJR荻窪駅近くのゲームセンターに週に5日は姿を見せ、午前11時ごろから約2~3時間、対戦型ゲームに興じる姿が目撃されていた。

5)顔見知りのゲーセンの常連に「ナイフやモデルガンを集めている」と話していたようだ。ゲームの合間の常連客との会話も楽しんでいる様子だったという。

さて、こんな所だね
1)の「どの家でもよかった」と言うのはちと疑問だね。
「被害者宅の勝手口の鍵が開いている事を知っていた」と言う話をどう解釈するかと言う所で、「どの家もよかったが、勝手口の鍵が開いている被害者宅が一番入りやすかった」と考えるのが自然のように思う。

2)これもかなり疑問なんだけど、犯行に自宅のナイフは使用していないのに、自宅のナイフから被害者の血液が検出されたのはどう説明するのか?
その話を肯定するなら、犯行後に被害者の血が付着した手や手袋で自宅のナイフを触った為に、犯行に使用していないナイフにも被害者の血液が付着してしまった。と言う所かな。
いずれにしても、この点はかなり重要な項目になるので警察も追求するだろう。

さて、問題は4)だね。
週5日は「午前11時ごろから約2~3時間、対戦型ゲームに興じる姿が目撃されていた。」
この点が疑問なんだよな。
容疑者はゲームが好きでゲーセンに通っていたんだろう?そして、そのゲームは「対戦ゲーム」だった。

これのどこが疑問かと言うと「対戦ゲームには相手が必要」と言う事なんだよな。
つまり、平日の昼間と言うのは基本的にゲーセンに客が少ない時間帯なんだよね。
対戦ゲームが好きな人は当然の事ながら、対戦する事を目的にゲーセンに行くんだよね。
いろんな人と戦いたいとか、強い人と戦いたい、連勝したいなんて事が面白いんだけど・・・・
だらか、人の集まる時間帯を狙ってゲーセンに行くはずなんだよ。
一般的にゲーセンの対戦コーナーがにぎわうのは、平日なら夕方から22時ぐらいまでかな。
土日でも昼過ぎからだろう。

平日の「午前11時ごろから約2~3時間」この時間帯にゲーセンで対戦をしている人は外回りの営業マンとか、自営業、夜勤明け、無職など時間を持て余した人が多いのじゃないかな?(私の経験だけど)

その意味では彼がその時間帯に対戦していた相手はかなり少ない人数で、多分、毎回同じメンバーと言う事だと思う。

彼がチームなどを作っていてチームのメンバーで練習時間を決めて集まっていたのなら話はわかるのだが・・・
その時間帯に集まれる人間はやはり無職の人と言う事になるだろうし、全員がお金はそれほど持っていないだろう。
お金を使ってゲーセンで練習というのはちと考えにくいと思うのだが・・・
コマンド入力の練習だけなら、家庭用ゲーム機でもできるしね。

まとめると、私の疑問は「彼の目的は対戦する事ではないのではないか?」と言う事。
彼がゲーセンに通っていたのは「友達に会う為」じゃないのかな?

そう考えると彼が1年間大学を休学した事や殆ど大学に通わなかった理由は何か?が再度浮かび上がってくるね。
彼は大学で人間関係がうまく行かないなどの悩みを持っていなかったのかな?

参考リンク
杉並親子殺害事件の謎!その5
杉並親子殺害事件の謎!その7

|

« 杉並親子殺害事件の謎!その5 | トップページ | 茨城バラバラ事件の謎!その9 »

コメント

お昼を境にした2〜3時間て、場所にもよるでしょうが、お昼休みの会社員がけっこういたりしません?知り合いから「昼休みは会社の同僚達とゲームセンターに行く」って話を聞いてビックリたまげた事があります。私はやっぱり(2)がかなり疑問。続報に期待ですね。

投稿: kishi | 2007/02/18 22:48

荻窪の北口にゲーセンがあり、真向かいにパチンコ屋もあります。
昼間は確かに誰もいなくらい、少ないです。
パチンコ屋の方がより多いと思う。毎日通りませんが...
週5日もゲーセンに行く...狭い環境で極少数の友達と遊ぶ。
将来性がなく、マンネリ化した生活

>「友達に会う為」
含みをもたせた言い方のような気がするのですが...

投稿: maipenrai | 2007/02/18 23:41

大学時代の友達で「必ずゲーセンにいるヤツ」っていました。
私の大学時代だから、もうずいぶん昔のことですけどね。
電話すると、いつでも必ずゲーセンにいる。大学生なんだが…
そいつの家も金持ちでしたね。
というか…テレビなんかにもたまに出るある専門職の大家の息子…

なんか「ゲーセンに住んじゃう」みたいな感覚なのかな。
そいつは、少なからずゲーセン友達みたいなのがいて、一緒によく
対戦ゲームやってたみたい。
メンツは浪人生、大学生、フリーターといったところかな。
いずれも自分の金ではない、というか親が生活支えている連中ですね。
そんな人間関係というのも世の中にはある…

多分、大分鬱屈した生活だったんでしょうね。

投稿: 迷探偵ニャンコ | 2007/02/19 00:46

情というものが何故か感じられない

バーチャル・仮想世界に漂い、段々人の痛みを感じなくなったのでは…
小学校の作文
「皆は理科室はこわいというけれど、僕は好きだ」確か、そういう文章だったと思う。
高校のクラブは物理部・目立たないおとなしい生徒だったという。
ここまでは、電車通学もなく、ひとり遊びでも良かった。
彼は辛い受験戦争もなく、推薦で大学へ入学。
神田駿河台は学生が多く、環境が大きく変わりコミュニケーションの難しさを知ったのかも…
勉強にもついていけなったのかも…病気があったのかもしれない。

地元でゲーセン。たぶん中学高校でも通っていたのだと思う。
ナイフやエアーガンを友達に見せびらかしたのは、性格の弱さの現われで
たぶん友達は引いてしまうんじゃないかな。
自分の悩みを打ち明ける友達がいたのか疑問。(友達との接し方が表面的?)
徐々に内向的になり自ら世界を狭くしてしまったのかと思う。
(家族環境はもっとも重要ですが、情報がないのでわかりません)

投稿: maipenrai | 2007/02/19 17:08

みなさんこんにちは!

親はどうだったのでしょうね?

なんとなく・・高圧的な親(特に父親)を想像してしまうのですが・・。

投稿: ROM専 | 2007/02/19 18:36

家庭環境、どうなのでしょうね。人の家をとやかく言える立場でもないけど…、親は一流企業に勤め、高級住宅街の豪華な一軒家に住まう友達の家に遊びに行ったとき、家の豪華さに比べて室内の雑然とした様子にちょっと引いたことがあります。単に散らかっていると言っても、家族の賑やかな様子を思い浮かべさせる家もあるけど、この犯人の家の外観などは「んー…?」と感じる部分もありましたね。まぁニュースでちょっと映っただけだからよくわからないけど…。

投稿: kishi | 2007/02/19 20:48

みなさん、こんばんは
>maiさんへ
特に含みはありません、なんて言うか彼にはゲーセンで知り合った人たちしか友達と言える人がいないのかな?と言う意味ですね。

家庭環境については、今週末の週刊誌あたりが書いてくれると思いますので、そちらに期待ですね。

ただ、ホントに厳しい親なら、彼は学校に行かないまでも行くフリをしてゲーセンに行くんじゃないかな?と思いました。

それから、ナイフやモデルガンに興味を持つのは男子高校生あたりなら興味を持つ人も多いだろうなと思います。
ただ、実際にコレクションするとなるとお金がかかりますから、普通は雑誌を買うぐらいで収まると思います。

投稿: ASKA | 2007/02/19 21:30

皆さんこんばんわんこ!

家庭環境といわず家族環境にしたわけをちょっと重視!
週刊誌が書いてくれるから私は言いません。

今日の巡回パトロール...終了!!!
皆様、お騒がせいたしました。スミマセン。。。

投稿: maipenrai | 2007/02/19 21:59

皆様こんばんは
そろそろ、週刊誌がこの話題をとりあげてきました。
週干文春 「ええっ殺人犯が一ヶ月で3人」日大のユーウツ
ゴシップネタでもなく、今までのマスコミ情報にはない鋭さがあります。
>高圧的な親(特に父親)
厳しい面もあるが、逆に過保護のようだ(文春)。物・金を与えてしまい甘えさせたのでしょうか?
将来父の会社を長男が継ぐ…そのプレッシャーに耐えられなかったのかもしれませんね。
>この犯人の家の外観などは「んー…?」
外観上は極普通の家に見えます。マンションを持ち不動産業を営む父親のイメージを
マスコミが資産家とキャッチコピーをしたのでしょう。
又、彼はある飲食店店長に、マスコミの記者だと偽って聞き込みをしたようです。(文春)

このサイトを見ていたのも不思議ではないのでしょう。少年Aさん…
(>は、前の方のコメント)

投稿: maipenrai | 2007/02/23 21:57

maiさんこんばんは
私もその記事は読みました。飲食店に取材の件はちょっと驚きですね。どうしれそんな事をしたのか理由が知りたいです。

それから、もっと驚いているのは、この事件があまり報道されていない事ですね。昨日までの段階では時間が無いので取材が間に合わないのかな?と思ってましたが・・・
昨日の週間新潮はまったく扱っていませんし、かろうじて1ページ載せた文春にしても飲食店の取材の件以外はそれほど、目新しい報道はなさそうです。

何か報道を自粛しているような気もしますが、もっとも渋谷のバラバラ事件のように世間が騒ぐような事件でもないので、売れない記事は書かないだと言う事なのかな?

投稿: ASKA | 2007/02/23 22:20

ASKAさんこんばんは
昨日夜9時頃帰宅したのですが、警察のパトロールがなんとなく
ピリピリしているようなんです。気のセイかもしれませんが...

投稿: maipenrai | 2007/02/24 00:05

自粛も何も世間では誰も関心ないのが実情では?
事件に、背景なし。一大問題性なし。連鎖性なし。驚愕の異常性なし。損失なし。
許すまじという怒りなく、ほんと怖いこと・・って感じでしょ。
社会の誤謬は、損失なしという部分かな。

投稿: ナガイ | 2007/02/24 07:14

みなさんこんにちは!

現場付近の空気感はネコバニラの語りから察しようとずうっと眺めて
いますがどうもよくわかりません(笑or苦)

遠巻きに見ているもの(自分の場合)にはナガイさんの言う

>世間では誰も関心ないのが実情

なのかな・・と見えてしまいます。これはでも怖いことですよね・・。

投稿: ROM専 | 2007/02/24 10:00

余談です。
5年前の9月、青梅街道沿い(荻窪警察署から300m位)
夕方の6時頃、チカンに遭遇…普通のチカンは逃げると
思うけど、このチカンさんは追いかけてくるのです。
もう、半端じゃなく \(◎o◎)/!ムンクの叫び
手が震えて110番もかけられず、叫んでも誰も助けてくれない。
人が大勢いたのにもかかわらず…走って走って警察署近くで
やっと警察官に助けられた。大捕り物、現行犯逮捕。
取り押さえられ現場で面通しに立ち会った。
そばにいたオバサンの一言!
「なんだ、チカンかー」の言葉が私は一番こわかった。
皆さん、鈍感力もいいけれど明日は我が身かもしれませんよ。

投稿: maipenrai | 2007/02/24 16:09

↑それは、からの2行消してください。
申し訳ありません。ASKAさん...

投稿: maipenrai | 2007/02/28 21:22

すみません。今日になって気づきました。
maipenraiさんが被害者だったのですね。

とても怖い体験でしたね・・・。無事で何よりです。

投稿: ROM専 | 2007/03/01 18:36

女心をくすぐるお言葉有難う御座います。
私の胸はどうってことない単純なもの...
こんなつまらない話ですが、若い女性に何かの
たしになればと思いまして。。。
この事件には直接関係はないのですが、至近距離ということで
自己防衛していても被害をこうむる世の中。
そう、感じて頂けたらいいかなあ。

尚、桃井の事件もう少し書きたいのですがお時間下さい。
(期待しないで下さい。大したことないです。)

投稿: maipenrai | 2007/03/01 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 杉並親子殺害事件の謎!その5 | トップページ | 茨城バラバラ事件の謎!その9 »