« 杉並親子殺害事件の謎!その9 | トップページ | 杉並親子殺害事件の謎!その10 »

2007/03/22

岩手母娘不明事件の謎!その18

続報です。盛岡地裁で求刑がありました。

強盗殺人、死体遺棄などの罪に問われた青森県五戸町上市川、塗装業、30歳被告に対し、検察側は22日、盛岡地裁(杉山慎治裁判長)の公判で、死刑を求刑した。

検察側は「仕事はしたくないが金は欲しいという動機は身勝手極まりない。落ち度のない命を一方的に奪っており、極刑に処するほかない」と述べた。

論告などによると、若被告は06年7月19日午後3時ごろ、被害者宅に侵入。強盗と乱暴を目的に同日夕方まで待ち伏せし、仕事から相次いで帰宅した2人を両手で首を絞めるなどして殺害した。その後、室内や2人の車から現金2万2000円とゲーム機など78点(約4万4800円相当)を盗んだ。2人の遺体は同町内の山林に別々に遺棄した。

判決は4月24日に言い渡される。

さて、いよいよここまできたかな。
強盗目的で2人を殺害しているし、性的暴行も目的にしているので死刑の求刑は妥当な所だろう。
問題は判決だな。情状酌量の材料も無いし、求刑通りの判決になる可能性が高いと思うがどうなるか・・・

判決に注目しましょう。

|

« 杉並親子殺害事件の謎!その9 | トップページ | 杉並親子殺害事件の謎!その10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 杉並親子殺害事件の謎!その9 | トップページ | 杉並親子殺害事件の謎!その10 »