« 山形警官窃盗事件 | トップページ | 多摩コンクリ詰め事件の謎!その5 »

2007/03/14

埼玉夫婦殺害事件の謎!その6

続報です。別件で逮捕された男が接見した弁護士に犯行を認める話をしているようだ。

1)接見した弁護士に「借金を申し込みに行ったが断られた上、罵倒(ばとう)されたため、頭にきて殺した」と話しているらしい。

2)弁護士によると、男は借金を断られた後、ご主人を殺害。その後、奥さんを殺した。奥さんの手足を縛った針金は仕事用に、たまたま上着のポケットに入れていたといい、「無我夢中で縛った」と話しているようだ。

3)ご主人の財布が無くなっていることについては「財布は盗んでいない」と話したようだ。

さてとこんな所だね。
弁護士に話したらしいが、警察の取り調べで話していないのかな?
借金を断られて、カッとなって殺害か・・・よくある話だな。
罵倒されてカッとなったらしいが、凶器は何だったのかな?
激して犯行に至ったのなら、現場にあった物か自分が身につけていた物だろう。
そのあたりが、この話の信憑性を判断する手がかりになるかもね。

参考リンク
埼玉夫婦殺害事件の謎!その5
埼玉夫婦殺害事件の謎!その7

|

« 山形警官窃盗事件 | トップページ | 多摩コンクリ詰め事件の謎!その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山形警官窃盗事件 | トップページ | 多摩コンクリ詰め事件の謎!その5 »