« 埼玉夫婦殺害事件の謎!その6 | トップページ | 暴走事件の行方その2 »

2007/03/14

多摩コンクリ詰め事件の謎!その5

続報です。
1)交際相手だった中国出身の40歳女性容疑者(殺人容疑で再逮捕)が昨年10月、司法書士に「被害者に貸した金の代わりに家をもらえないか」と相談していたことが分かった。

2)同居していた64歳被告(詐欺罪などで起訴)に「被害者宅で(男性被告、10歳の長女との)3人で住みたくて殺した」と話していたとらしい。警視庁多摩中央署捜査本部は家が目当てで被害者を殺害した可能性もあるとみているようだ。

3)これまでの調べでは、被害者が容疑者に借金の事実は確認されていない。

・・・ちと驚くな。
容疑者は被害者のコンクリ詰のある家で家族の幸福を夢見ていたとは・・・
もっとも、過去には白骨化した遺体と10年以上も暮らしていた事件もあったけどさ・・・

この事件が起きなくても、いずれ違う事件を起こしていたかもしれないね。

参考リンク
多摩コンクリ詰め事件の謎!その4
多摩コンクリ詰め事件の謎!その6

|

« 埼玉夫婦殺害事件の謎!その6 | トップページ | 暴走事件の行方その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 埼玉夫婦殺害事件の謎!その6 | トップページ | 暴走事件の行方その2 »