« 大牟田遺体放置事件その2 | トップページ | 筑波山不明遺体の謎 »

2007/04/05

千葉英会話講師殺害事件その7

続報です。
3月25日の朝2人を容疑者の自宅マンションまで乗せたタクシーから降りる時に容疑者は4、5分したら来て欲しいと言っていたようだ。

さて、ここまで分かっている事から考えると、この事件は少なくとも、被害者が死亡する事は容疑者にとって想定外の事だったようだね。
1)タクシーの運転手さんに4、5分後に来て欲しいと話している事。
2)遺体を隠蔽する為の物は自宅にあったバスタブだった事。
3)逃亡用に現金を用意していない事。

さて、ここからはいつもの妄想です。
容疑者の性格と言うか考えかたについてですが・・・・
私は容疑者は意外にプライドの高い人間ではないか?と考えています。

理由は幾つかあるのですが
・大学を受けなおしている点
・就職していない点
・遺体の隠蔽、逃亡までの時間が長い点

根拠と言うほどの物でもなく、言ってみれば私の「勘」に近いんですけどね。

それで逃亡からそろそろ2週間経つと言うのに未だに足取りもつかめない。
現金も持たずに、友人の少ないだろう彼がこれほど長く姿を消していられるだろうか?
と言うのは疑問ではないだろうか?

例えば、仮に彼が殺害に関わっていたとしたら、プライドの高い彼が「殺人犯」として逮捕される事を良しとしないのではないか?と私は考えています。

彼が唯一それから逃れる方法があります。
逮捕される前に自殺してしまう事です。
国外逃亡なんて事もあるが、彼はそれほどの資金もツテも無いだろう。

そう考えると、プライドの高い彼は遺体が発見される事も良しとしないでしょうから、遺体が発見されない方法を取るでしょうね。

関東方面で有名な自殺スポットとしたら、やはり「富士の樹海」ではないだろうか?
遺体が発見されにくいと言う条件にも合致するしね。

あくまで私の妄想です。
生きていたら出頭してください。

参考リンク
千葉英会話講師殺害事件その6
千葉英会話講師殺害事件その8

|

« 大牟田遺体放置事件その2 | トップページ | 筑波山不明遺体の謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大牟田遺体放置事件その2 | トップページ | 筑波山不明遺体の謎 »