« 千葉英会話講師殺害事件その7 | トップページ | 筑波山不明遺体の謎その2 »

2007/04/08

筑波山不明遺体の謎

4月7日午後2時20分ごろ、茨城県つくば市筑波の筑波山中で、放置されていた毛布から人間の後頭部のようなものが露出しているのを、山菜採りに来ていた近くの58歳女性が見つける事件が発生した。

警察の調べによると、遺体は身長1メートル75ぐらいの男性で、腐敗が進んでいた。カーキ色のジャンパーにジーパン姿で、靴を履いておらず、毛布にくるまれていた。

現場は県道笠間つくば線沿いで、遺体は道路から約6メートル下の斜面にあった。
近くから所持品とみられる物は見つかっていない。

さて、この事件ですが、私が興味を持ったのは1月に発生したバラバラ事件の下半身が発見された場所から3kmぐらいしか離れていない点です。
今のところ関連はわかりません。
ただ、筑波山周辺で4ヶ月で2件の殺人事件や遺棄事件が起きています。
この周辺の方は今後も注意が必要ですね。

続報を待ちましょう。 

|

« 千葉英会話講師殺害事件その7 | トップページ | 筑波山不明遺体の謎その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千葉英会話講師殺害事件その7 | トップページ | 筑波山不明遺体の謎その2 »