« 会津母親殺害事件その9 | トップページ | 横浜女児刺傷事件 »

2007/05/24

化学工場爆発事故

5月23日午後5時55分ごろ、三重県四日市市塩浜町、三菱化学四日市事業所内にある化学薬品会社「新菱サービス」の工場の蒸留プラントが爆発する事故が起きています。

三重県警や同事業所によると、半導体などの精密機器を洗う薬品の濃縮作業中に突然爆発した。
爆発は半導体などを洗浄する溶剤の製造のための、酢酸エチル除去タンクか、アルコール加温用タンクのどちらかで起きた。
火災などは発生せず、近くの施設にいた三菱化学の研究員3人が軽傷を負った。
負傷したのは事業所内で勤務する男性(40)と中国人男性の研修生(43)、女性(25)。いずれも打撲程度の軽傷という。

爆発の衝撃でプラントのスレートの屋根と側面の壁が破損したほか、現場から約200メートル離れた北伊勢上野信金塩浜支店の2階窓ガラス(縦約2メートル、幅約1メートル)2枚が割れ、支店前の歩道に落下した。周辺の住宅11軒のガラスも割れた。

|

« 会津母親殺害事件その9 | トップページ | 横浜女児刺傷事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 会津母親殺害事件その9 | トップページ | 横浜女児刺傷事件 »