« 化学工場爆発事故 | トップページ | 光市母子殺害差し戻し審開始 »

2007/05/26

横浜女児刺傷事件

5月25日JR横浜駅の地下街で2歳の女児が女に刺され重症を負う事件が起きている。
刺されたのは横浜市中区の28歳主婦の2歳長。
傷害の現行犯で逮捕された新潟県三条市林町、老人介護施設職員29歳女性容疑者が、神奈川県警の調べに、「自分の前を子供が歩いていた。かまれると思って自分を守るために刺した」と、意味不明な供述をしているようだ。

事件は25日午前10時40分ごろ、横浜市西区のJR横浜駅東口地下街「ポルタ」の噴水前で、地下街の噴水を見ていたところ、背後から近づいてきた容疑者に女児が突然抱きかかえられた。母親が「何するんですか」と言うと、同容疑者は無言のまま、いきなり果物ナイフで女児の背中の右側を1回刺したという。母親と一緒にいた男児にけがはなかった
女は母親の悲鳴で駆けつけた非番の鉄道警察隊の警察官ら3人に取り押さえられ、神奈川県警戸部署が傷害の現行犯で逮捕した。

県警によると、容疑者は24日から行方が分からなくなり、同市内に住む53歳母親から新潟県警三条署に家出人捜索願が出ていた。同容疑者は以前、横浜市内の短大に通っていたため、土地勘があったとみられる。(一部報道では家出した時に横浜に来たともある)

調べに対し、容疑者は三条市でナイフを購入。同日夜に三条市を出て、横浜駅近くのサウナで1泊したと供述している。

容疑者は2月ごろから三条市内の老人介護施設で調理などを担当していたが、精神的な不調を訴えて大型連休明けから休みがちだった。

犯行直後の目撃者の話では、母親がしゃがんで女児と男児を抱え、もう一方の手で女の腕を押さえていた。
女の片手には血のついた果物ナイフが握られていた。女は最初、逃げようと暴れていたが、男性3人に取り押さえられるとすぐにおとなしくなり、うつろな表情で床にあおむけで倒れたという。その後、駆けつけた警察官に抱きかかえられながら連行された。

刺された女児には通行人の看護士の女性が走り寄り、タオルで止血するなどの応急措置が施されたという。

さて、こんな所なんですが・・・・
通り魔事件は過去にも沢山あります。
何処で事件が起こるのか全くわかりませんし、今回の場合は2歳の女児が刺されています。
被害者に何か問題があったとは思えませんね。

人通りの多い地下街でこんな事件が起きるとは・・・池袋の通り魔事件もそうだけど・・・
そう言えば、飲食店で食事中に店員に拉致されてレイプされてしまう事件などもありましたね。

「自分の身は自分で守れ」と常々思っているのですが、こうなると守る以前に危険を察知する勘とか洞察力などが必要なのかもしれません。

「木の芽時」には精神と肉体が不安定になる事が多いと言われていますから、この時期は要注意かもしれませんね。

07/09/13追記
横浜地検は13日、傷害の現行犯で逮捕され殺人未遂と銃刀法違反の疑いで調べていた29歳無職女(新潟県三条市)を不起訴処分にした。同地検は、心神喪失で刑事責任を問えないと判断したとの事。
同地検は同日、心神喪失者医療観察法の適用を横浜地裁に申し立てた。同地裁は申し立てを受け鑑定入院命令を出した。

|

« 化学工場爆発事故 | トップページ | 光市母子殺害差し戻し審開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 化学工場爆発事故 | トップページ | 光市母子殺害差し戻し審開始 »