« 横浜女児刺傷事件 | トップページ | 大阪湾女性遺棄事件その4 »

2007/05/26

光市母子殺害差し戻し審開始

弁護団は被告人の精神鑑定を行ったらしいが、私は弁護人にこそ、精神鑑定が必要なんじゃないか?と怒りと共に疑問が浮かんできました。

今回の弁護団の主張はと言うと(一部大きなところを書くと)

1)強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた。 口を塞ごうとして誤って首を絞めてしまった。

2)乳児は泣き止ますために首に蝶々結びしたら死んでしまった。

3死後に姦淫したことは、被告が死者を生き返らせようと思ってやった蘇生の儀式だった。

正気なのか?と思ったのだが・・・やはり正気なんだろうね。

そこで冷静になって考えてみると、別の見方ができる。
こんな奇奇怪怪な主張をしなければ成らない程、弁護側は追い詰められていると言う事ですね。
弁護側の目的は単純に死刑を回避したいだけだと思います。つまり一か八かの賭けに出ている。
そう、普通の弁護手法では死刑を回避できないと判断したと私は推測しています。

こう考えると、死刑を回避できるかも?と考えているだろう被告人も哀れに見えてきます。
弁護団は死刑の判決が出た時、なんと被告人に説明するのだろうか?
少々興味のあるところですね。

もともと今回の差し戻し審の目的は死刑を回避する正当な理由があるのか?
と言う点に絞られているので、弁護団の主張がその理由に該当するのか?を裁判官がどう判断するのか・・・・時期に答えはでます。
裁判の行方に注目です。

|

« 横浜女児刺傷事件 | トップページ | 大阪湾女性遺棄事件その4 »

コメント

こんにちは~

自分はこの事件に関しては、報道自体に疑いを持っています
ネタ元としてはこのあたり
http://moura.jp/scoop-e/chokugen/special/060607/index.html
になるのですが、どうも陪審員制度導入を前に世論の感情の
着地点を探りつつ、かつ、●察にとっては目障りな左よりの
弁護士連中を黙らせて・・的な意図の匂いを感じてしまいま
す。

被告人が犯した罪は紛れも無い事実であるわけで、極刑が相
応しいという意見は同意できるのですが、どうにも今回の場
合は刑を決定するプロセスにおいて悪しき前例を作ってしま
う危険性も孕んでいる・・ということで。。。

投稿: ROM専 | 2007/05/29 15:16

国民の権利デス】光市母子殺害事件 キチクな弁護団に懲戒請求を出しましょう。興味のある方は参照願います↓
http://www34.atwiki.jp/tyokai-seikyuu/pages/1.htm

投稿: Ultima Thule | 2007/06/02 23:11

ROM専さん、Ultima Thuleさん、こんばんは
ROM専さんへ
裁判員制度が導入されると量刑の判断が大きく変わるでしょうね。
今回の事件のようなケースでは報道によって裁判員の判断が傾く可能性は十分にあるでしょうから、このあたりが裁判員制度では注意が必要な点かもしれませんね

Ultima Thuleさんへ
懲戒請求のページは盛り上がっているようですね。
参考になりました。

投稿: ASKA | 2007/06/04 01:25

恐れ入ります

投稿: Ultima Thule | 2007/06/07 21:49

被告は、1審の被告質問で、「作業服を着て水道屋さんになった気分で気取って戸別訪問しました。人と話したかったのです。」「弥生さんが部屋に入れてくれて予想外のことにびっくりしました。」「パニックになって、なんとか黙らせようとしているうちに、首を絞める羽目になったのです。」「そのころはゾンビとかホラーを信じていて、死んだ人間が生き返ると本気で信じていたので生き返って暴れないようガムテープでしばりました。」等言っています。つまり当時から本当は否認事件であり、今現在の言い分とそう変わらなかったのです。もともと調書にも「ドラえもん」も「のび太」も出ているそうです。
1審の弁護人が「争わない。」と述べ、調書を被告に差し入れもせず見せもせず「証拠採用に同意。」してしまったから、こういう間違いになってしまったというのが真相です。
おそらくずっと傍聴している本村さんは気付いています。だからこそ焦って世論を味方にして潰そうとしているのでしょう。
しかもわれわれマスコミは今そのことを報道するのが怖くてできません。

投稿: 司法記者 | 2007/07/10 20:45

司法記者さん、こんばんは
この事件もいづれ判決がでますから、判決を待つ事にしましょう。
どんな結果になっても、世間を騒がせたこの事件はノンフィクションライターの方が詳細な事件の本を書いてくれるでしょう。

投稿: ASKA | 2007/07/10 23:03

司法記者さん、こんばんはー

答えるのに窮するようでしたら無視してください。

被告が遺族である本村さんのことを「調子にのりすぎ・・」と揶揄
したという被告が知人に対して宛てた手紙の存在は事実なのでしょ
うか?

文面から察するに

>おそらくずっと傍聴している本村さんは気付いています

被告には精神異常が認められる、と認識していいのでしょうか?

投稿: ROM専 | 2007/07/10 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横浜女児刺傷事件 | トップページ | 大阪湾女性遺棄事件その4 »