« 栃木小1殺害事件再考、その17 | トップページ | 出会い系少女監禁事件 »

2007/05/05

大阪ジェットコースター事故

5月5日午後0時50分ごろ、大阪府吹田市千里万博公園の遊園地「エキスポランド」で、走行中のジェットコースター「風神雷神2」(6両編成、乗客22人)の2両目の車輪が脱落し、車体が左側に傾いて、レール沿いに設置された緊急避難用通路の鉄柵に衝突する事故が起きている。

この事故で2両目に乗っていた若い女性一人が鉄柵に首を挟まれるなどして即死したほか、男女2人が重傷、19人が軽傷を負った。
また、事故を目撃した12人が気分の悪さを訴え、病院で手当てを受けたようだ。

調べなどでは、コースターは定員24人。立ったまま乗車し、全長1050メートルのコース上を最高時速75キロでアップダウンを繰り返す。
事故の際は、本来の停車位置の約200メートル手前で2両目の車軸が折れ、そのまま約100メートル走行した地点で脱輪した。
車輪はその後、車体から外れて地上に落下していた。

今の段階でははっきりと事故原因は発表されていないが、今回の事故の原因は車軸が折れた結果脱輪した事にあるんだろうと思われる。

問題はこの事故が未然に防げたのか?と言う事になるのだが・・・
点検整備で発見する事は出来なかったのか?事故を予見する事ができなかったのか?
このあたりに注目ですね。

続報を待ちましょう。

|

« 栃木小1殺害事件再考、その17 | トップページ | 出会い系少女監禁事件 »

コメント

事件じゃなく事故を扱うのは珍しいですね。
事故が起こった場合責任よりも全ての原因を特定する方が再発防止に役立つらしいですが
関わってる人間は皆なんらかの責任があるため難しいそうです。

投稿:   | 2007/05/06 04:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 栃木小1殺害事件再考、その17 | トップページ | 出会い系少女監禁事件 »