« 栃木保険金詐欺事件 | トップページ | 栃木小2刺傷事件 »

2007/06/15

足立女性バラバラ事件その2

続報です。
1)男性容疑者は「男女関係を巡るトラブルが原因で女性を殴ったら死んだ」と供述しているらしい。浮気が原因で殴ったと言う事だな。

2)共謀したとして逮捕された内縁の妻は、男性容疑者と被害者が同居する家に4月に転居していたことも判明した。

3)近所の人によると、被害者は女性容疑者が4月に入居する際、荷物搬入を手伝い「部屋が余っているので貸す」と話していたらしい。男性容疑者は2人目の妻の被害者と4年前に離婚後、2人の女性と結婚。女性容疑者以外にも交際する女性がおり、5月には交際相手から「殴られてけがをした」と被害届が出されていた。

どうも、起こるべきして起きた事件という気もするね。
ひとつの家に一人の男性と二人の女性が暮らすなんて、トラブルが起きないはずがないと思う。

ただ、「浮気が原因で殴った」と言うのはどちらの浮気なんだろう、男性容疑者の浮気を被害者がなじったのか?それとも、被害者の浮気を男性容疑者が怒ったのか?

続報を待ちましょう。

08/04/10追記
判決公判が10日、東京地裁で開かれた。裁判長は「被害者の人格を無視した卑劣で悪質な犯行」として、男性容疑者に懲役10年(求刑懲役13年)を言い渡した。

被告は「自分の暴行で死亡したのではない」と傷害致死を否認していたが、裁判長は「被告の暴行以外に美穂さんの死因は見当たらない」と退けた。
その上で、「被害者が浮気していると邪推して暴行し死亡させた。身勝手で自己中心的な動機に酌量の余地はない」と断じた。

判決によると、被告は昨年5月27~28日、自宅で同居していた被害者の頭部を素手で殴るなどして死亡させた。また同年6月4日、別の同居の女性(35)=死体損壊罪で猶予付き有罪確定=と、被害者の遺体をのこぎりなどで切断した。

別の同居女性は既に死体損壊罪で有罪が確定していたんだね。

|

« 栃木保険金詐欺事件 | トップページ | 栃木小2刺傷事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 栃木保険金詐欺事件 | トップページ | 栃木小2刺傷事件 »