« 足立女性バラバラ事件 | トップページ | 足立女性バラバラ事件その2 »

2007/06/14

栃木保険金詐欺事件

2003年1月に栃木県さくら市(旧喜連川町)で、会社事務所が全焼した火災で、県警捜査1課とさくら署は14日、同市早乙女、自動車修理販売業、58歳男性容疑者ら3人を非現住建造物等放火の疑いで逮捕した。
58歳容疑者は火災後、火災保険約600万円を受け取っており、県警は保険金目当ての放火の可能性が高いとみて詐欺容疑でも追及している。

調べでは、58歳容疑者はすでに同容疑で逮捕されていた元従業員の47歳男性容疑者(日光市上鉢石町)らと共謀し、03年1月7日午前2時半ごろ、同町葛城の自身の会社事務所に放火し、木造平屋建て約25平方メートルを全焼させた疑い。58歳容疑者は否認しているという。
火災後、事務所に住み込んでいた47歳容疑者が行方不明になっていた。
今年に入り所在が判明し、任意で事情聴取したところ、「(58歳容疑者に)報酬をもらい、火を付けた」などと供述したため、県警は13日、47歳容疑者を同容疑で逮捕していた。

また、火災の翌年の2004年には、58歳容疑者の二男(当時7歳)が県営住宅の4階ベランダから転落して死亡している。近くに凧が落ちており、転落事故として処理されたようだ。
今年2月には同容疑者の41歳妻が同容疑者の自宅兼工場で首をつって死亡している。
しかし、踏み台に使ったと思われる脚立についていた油が妻の靴下(6/15修正)には付着していないなど不審な点もある。

二男の死の翌月には8000万円の生命保険金が同容疑者に支払われたという。
妻には9000万円の生命保険が掛けられており、同課は関連を調べているようだ。
この妻の件について保険会社は支払いを停止している。

さて、こんな事件ですが・・・
私も含めて皆さんの想像通りの事件だとしたら、久しぶりに鬼畜な事件だね。
続報を待ちましょう。

07/06/15追記
放火の実行役として逮捕された同県日光市上鉢石町、ホテル従業員47歳男性容疑者が「報酬として20万円をもらった」と供述していることが15日、わかった。

火事は2003年1月7日未明、58歳容疑者の事務所で起きた。47歳容疑者は当時、石油ストーブをつけたまま寝て火事に気付き、窓から逃げたと説明。ズボンの両ひざには灯油の丸いシミがあり、47歳容疑者は「逃げる時にストーブにつまずいて付いた」と話していた。

参考リンク
栃木保険金詐欺事件その2

|

« 足立女性バラバラ事件 | トップページ | 足立女性バラバラ事件その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 足立女性バラバラ事件 | トップページ | 足立女性バラバラ事件その2 »