« 日立ネイリスト変死事件その2 | トップページ | 仙台女性殺害事件その2 »

2007/06/18

栃木保険金詐欺事件その3

続報です。
1)調べによると、容疑者(経営者)の会社事務所は2003年1月7日に放火され、全焼した。県警の調べに対し、複数の容疑者が、放火で火災保険を受け取ることが発案されたのは02年夏ごろだったと供述。容疑者(経営者)と従業員らが事務所で話し合いを続けた、などと話しているらしい。

2)倉庫が放火された事件で、県警は17日、非現住建造物等放火の疑いで、同市氏家、大工、59歳容疑者を新たに逮捕した。これでこの事件の逮捕者は5人目となった。
逮捕された59歳容疑者は容疑を否認している。

3)警察は女性の首吊り事件は絞殺されたとの見方を強めているようだ。
遺体には首を絞めたことを疑わせる顔のうっ血と溢血(いっけつ)などがあった。

こうなると、問題は証拠と言う事になる。
女性の件については今のところ状況証拠のみなんだよね。

続報を待ちましょう。

07/07/07追記
非現住建造物等放火の罪で起訴された5人全員について、失火に見せかけて火災保険金約605万円をだまし取ったとして、県警は6日までに詐欺容疑で逮捕状を請求した。県警は、貸家を所有する58歳被告が犯行を計画して指示し、ほかの4人はその意図を知った上で犯行に加担したとみている。

参考リンク
栃木保険金詐欺事件その2
栃木保険金詐欺事件その4

|

« 日立ネイリスト変死事件その2 | トップページ | 仙台女性殺害事件その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日立ネイリスト変死事件その2 | トップページ | 仙台女性殺害事件その2 »