« 世田谷強殺事件その6 | トップページ | 苫小牧連続動物虐待事件 »

2007/07/26

多摩コンクリ詰め事件の謎!その8

続報です。
被害者の口座から現金を不正に引き出したとして、詐欺罪などに問われた無職64歳男性被告の判決公判が25日、東京地裁八王子支部で開かれ、裁判長は「あまりにも安易だが、従属的な犯行だった」として、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

男性被告は「女性被告が被害者の承諾を受けていたと思った」と無罪を主張していたが、裁判長は「自らが被害者であることを装って払い戻しを請求し、銀行員をだまして現金を交付させた」として退けたとの事。

64歳なんだから、どうなるかぐらい予想できたと思うのだけどね。
次は女性被告の判決がどうなるかと言う所だね。

参考リンク
多摩コンクリ詰め事件の謎!その7
多摩コンクリ詰め事件の謎!その9

|

« 世田谷強殺事件その6 | トップページ | 苫小牧連続動物虐待事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷強殺事件その6 | トップページ | 苫小牧連続動物虐待事件 »